青森県八戸市の30代投資信託ブロガーが作る資産形成ガイド

東北投信




LINE

ブログの更新情報をLINEで配信しています♪(当方からはあなたの個人名などは見えませんのでお気軽に追加してね!)

忍者ボタン

OneTapBUY

OneTapBUYの「積み株」を始めると最大10万円当たるキャンペーン(2018年4月6日まで)

投稿日:2018年3月29日 更新日:

スマホから簡単に株が買える「OneTapBUY」から、嬉しいキャンペーンのお知らせ。

4月6日までに同社のサービス「積み株」を使って、アメリカ企業の株式に総計1万円以上積み立てると現金があたるかも!

そこで、本記事では「積み株」のキャンペーン概要と、まだ「積み株」を使ったことがないあなたに向けて、サービス概要やメリット・デメリット、ライバルとも言える「つみたてNISA」との比較などを紹介。

なお、最初に述べておくと、OneTapBUYの口座開設から取引開始までに1週間ぐらいかかるので、今から口座開設ではまず間に合いません

正直キャンペーン期間が短すぎますってw

ので、次回以降のキャンペーンに参加するためにも、ぜひぜひ今のうちに「積み株」の仕組みについて、一緒に押さえていきましょう。

ちなみに、今からでも間に合うSBI証券のキャンペーンは→SBI証券の積立投信キャンペーンに参加して現金を当てよう!「つみたてNISA」も対象だよ!(2018年4月30日まで)

[スポンサーリンク]

キャンペーン概要

  • 2018年3月26日~4月6日までにOneTapBUYの「積み株」を初めて買い付けること
  • 買い付け金額は期間内に合計1万円以上
  • キャンペーンに当選すると10万円 × 1人 or 1万円 × 10人

期間内に1万円以上、積み株の設定を行うと、キャンペーンの抽選対象になります。

当選人数が少ないものの、そもそも参加者自体も多くないと思うので、積極的に参加していきたい内容です。

なお、キャンペーン内容には記述がありませんが、キャンペーン終了後は積み立てを止めても問題ないと思われます。

積み株ってどんなサービスよ?

毎月1回1000円からアメリカの有名企業に投資

ところで、OneTapBUYの「積み株」ってどんなサービスよ?ってあなたに簡単に概要を紹介。

  • 投資信託の積み立てのように、毎月定額で株式を買い付けるサービス
  • 積立対象はOneTapBUYが選んだアメリカ企業30銘柄
  • 積立額は1回1,000円から。ただし、みずほ銀行の引き落としを使っている場合には1回1万円

積立対象はアメリカの有名企業です。

最近はFANG(ふぁんぐ。フェイスブック、アマゾン、ネットフリックス、グーグルの頭文字)と呼ばれ、持てはやされているフェイスブック、アマゾン、グーグル(アルファベット)のほか、テスラやマイクロソフト、インテルなど、有名29企業の買い付けが可能です。

なお、筆者は将来の黒字化に期待しつつ、テスラでも買っとこうかと思います。

アメリカ市場全体にも投資できる

また、SPDR S&P500というETFにも積み立て可能です。

S&P500とは、アメリカの有名な500企業から構成される指数のことで、時価総額ベースでは市場全体の約8割を占めています。

「どの企業に投資すればいいんだろう」

って思ったなら、SPDR S&P500を利用するのが簡単です。

ちなみに投資信託のiFree S&P500インデックスも、同じ指数に連動する商品ですね。

「積み株」のメリットとデメリット

メリット:アプリから少額投資!有名企業の株も買えちゃう

  • スマホアプリからアメリカの株を買える(SBI証券や楽天証券ではスマホアプリから米国株を買えない)
  • FANGを中心に株価が高く、金額的にちょっと買いにくい

アメリカの株を買うなら、SBI証券や楽天証券などからでも取引できます。

が、SBI証券も楽天証券もアメリカの株取引用のアプリはなく、PCサイトからの取引ですので、特にスマホユーザーにとっては辛いかもしれません。

また、FANGを中心に株価が高くなってきため、小分けで積み立てて買う方が金銭的に楽です。

といっても、例えばアマゾンも1株約1,400ドル(日本円で約15万円)なので、日本株に比べたら安いんですけどね。

それでも、結構な投資経験がなければ、15万円で海外の株を買うのは勇気がいるのではないでしょうか。

そんなときに積み株なら、1回1,000円から投資できますね、という手軽さなんです。

ちなみに、

  • 配当金:保有株数に応じて支払われます(しかし、アマゾンのように配当を出さない企業もあります)
  • 株主優待:アメリカ企業にはもともと株主優待制度がありません

ので、あなたが積み株で利益を出すためには、

  • 配当金を受け取る(配当金を出す企業に限る)
  • 値上がりしたところで売却し、値上がり益を受け取る

という使い方になります。

デメリット:お金の入金方法。手数料をかけずに入金するには?

  • みずほ銀行の口座と連携したときの積立額「1回1万円以上」は高い
  • みずほ銀行以外の利用者は振り込み入金が必要

1回1万円以上はともかく、「みずほ銀行以外の利用者は振り込み入金が必要」はちょっと面倒です。

前もって何回か分を先に入金し、足りなくなってきたらまた振り込み、といった手順が必要です。

なお、入金先は口座開設時に与えられた各個人用の振込口座(みずほ銀行口座)です。

振込手数料は、あなたが振り込もうとする銀行の手数料に依存しますので、

  • みずほ銀行に口座開設し、積み株の引き落とし口座として登録する
  • みずほ銀行に口座開設し、みずほマイレージクラブ(クレジットカード発行)会員になる
  • 他のネット銀行などに口座開設し、指定回数の振込無料サービスなどを使う(例えば住信SBIネット銀行)

のいずれかを選ぶのが良いと思います。

筆者は住信SBIネット銀行の振り込み手数料無料を使って、指定口座に振り込みの予定です。

余談:積み株と「つみたてNISA」どちらがいい?

  • より大きな利益を得たいなら積み株(ただし、大損の可能性もある)
  • より安定的に資産形成したいなら「つみたてNISA」

「積み株」は「初心者でもアメリカの有名企業の株式を買える」というノリでアピールしていますが、資産形成の観点から考えると「どの株を買うか」がちょっと難しいところ。

その点で、「どれを買っても、まぁ外さないだろう」という「つみたてNISA」のほうが本当は初心者向きだと筆者は考えます。

が、「つみたてNISA」はなんだか聞いたこと無い商品ばっかだし、アメリカの株を買ってる!という「キラキラ感」もまったくないので、気分的に盛り上がれないのがネックかもしれません。

いや、やっぱ「オレって投資家なんだ!」って気分って大切だと思うんですよね

もし、そう感じるなら「積み株」がオススメです。

[スポンサーリンク]

まとめ

  • 2018年3月26日~4月6日の間に、OneTapBUYの「積み株」で合計1万円以上積み立てを行うと、抽選で現金プレゼント
  • 積み株で積み立てられる企業はアメリカの有名企業29社とアメリカ市場の値動きを示す指数(S&P500)の合計30種
  • スマホアプリからアメリカ企業の株式を購入できる点で、既存のネット証券のサービスを上回る。資産形成しつつ投資家気分を味わいときに

本サービス以外にも、OneTapBUYでは厳選された日本株の取引サービスなども用意しています。

いずれも、1,000円や10,000円といった分かりやすい金額で購入できますから、ネット証券の複雑そうな仕組みにうんざりするならオススメです。

フッタ広告3

「つみたてNISA」を始めるならSBI証券がオススメ!!

投資信託の残高に応じてSBIポイントを貰えるのでお得に運用できるんです。

オススメしたいポイントはこちら
SBI証券でつみたてNISAや投資信託の積み立てを始めよう!

口座開設手順はこちら
SBI証券の口座開設方法。開設に要する時間やよく疑問に思うところなど

今やってるキャンペーン
SBI証券の積立投信キャンペーンに参加して現金を当てよう!「つみたてNISA」も対象だよ!(2018年4月30日まで)

他の証券会社もチェックするなら
投資信託を買いたいあなたへオススメする証券会社3選


SBI証券のキャンペーンを今すぐチェック

リンクユニット




アドセンス関連ユニット



本日の人気記事

本日の人気記事

スポンサーリンク

[スポンサーリンク]



注意事項

  • 金融商品の時価は変動しますので、投資元本を割り込む可能性も承知の上で投資するようになさってください。
  • 本コンテンツで紹介している金融商品は、将来必ず値上がり・利益が生じるとは限りません。
  • 筆者調査の上で記事を執筆しておりますが、記事には不備・間違いが含まれる可能性がございます。必ず、あなたご自身が確認するようになさってください。
  • 記事執筆時点の情報に基づくため、最新の情報とは差異が生じている可能性がございます。記述と現況が異なる場合には、現況を優先いたします。
  • 記事を参照したことで生じた損失の補填や保証などは一切行いません。

-OneTapBUY
-

Copyright© 東北投信 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.