青森県投資信託ブロガーが作る、つみたてNISAとiDeCoの資産形成ガイド

東北投信




LINE

ブログの更新情報をLINEで配信しています♪(当方からはあなたの個人名などは見えませんのでお気軽に追加してね!)

記事への質問は、コメントフォーム(記事の下にあります)・LINE・お問い合わせフォームをお使いください。

忍者ボタン

SBI証券 積立NISA(つみたてNISA)

SBI証券でつみたてNISAや投資信託の積み立てを始めよう!

投稿日:2018年3月4日 更新日:

あなたが資産形成の方法に関心があるなら、「つみたてNISA」や「積立投信」は超現実的な方法です。

ここでは、350万人以上が利用しているネット証券最大手の「SBI証券」を利用して、「つみたてNISA」や「積立投信」を始めるメリットを紹介します。

このブログでたまに書いてますが、筆者もSBI証券ユーザーで、「つみたてNISA」も利用しています。

その経験を生かし、投資信託の設定方法に関する動画も作成していますので、やり方がわからないときにはぜひ参考になさってください。

以下、SBI証券で投資信託を始めるメリットなどを一緒に見ていきましょう。

[スポンサーリンク]

SBI証券で「つみたてNISA」や積立投信を始める3つのメリット

「3000円投資生活」もびっくり!最少投資額は100円から

SBI証券では、「つみたてNISA」もただの積立投信も全て、最少「100円」から開始できます

2016年にベストセラーとなった書籍「3000円投資生活」では、3000円からの積み立てを推奨していました。

が、「3000円すらも高額だ。もっと少額から投資してみたい」と考える方もいらっしゃるはず。

そこで、SBI証券の100円積立の出番です。

初めての投資は100円で試してみればいいのです。

それで

  • もっともっと積み立ててみたいと思うなら増額を
  • やっぱり投資は合わないなと思うなら、積み立てを止める

と判断すればいいのです。

購入日に迷わない「毎日積立」

SBI証券では投資信託を毎日積み立てる「毎日積立」に対応しています

「投資信託は何日に積み立てるのが一番良いのか」は初めて投資信託を購入される方のよくある悩みです。

投資で不利益を被ったら困りますよね。

できるだけ大儲けできる日に積み立てたい!

そこで、毎日積立の出番です。

これにより、「いつ積み立てるか」は問題ではなくなりました。

加えて、投資のタイミングを最大限に分散させることで、一番高いところで買ってしまう可能性を減らせるのです。

運用をお得にするSBIポイント

SBI証券で投資信託を購入するとSBIポイントが付与されます

SBIポイントはマイルやTポイント、そして現金に交換できる、SBIグループのポイントサービスです。

特に「つみたてNISA」や積立投信向きの投資信託は、分配金が出ないため、毎月ただひたすら積み立てるだけになりがちです。

そこで、分配金の代わりに付与されたSBIポイントを利用して、ちょっぴりお得な思いをしよう、という話です。

SBIポイントは購入した投資信託の残高に応じて付与されますので、たくさん投資信託を買うほどお得です。

資産形成についでにポイントを貯めてみませんか?

筆者はSBI証券を利用しています

筆者の「つみたてNISA」はSBI証券を利用しています。

積立先は「三井住友・DCつみたてNISA・全海外株インデックスファンド」です。

やり方・買い方は動画を見てね

「つみたてNISA」を設定する場合

SBI証券の「つみたてNISA」の設定方法は動画で紹介していますので、やり方がわからないときはご覧ください。

普通の積立投信を始める場合

SBI証券で「つみたてNISA」を利用しない場合の積立方法も動画化しております。

オススメはある?どの商品を積み立てればいい?

オススメは「つみたてNISA」の対象になっている投資信託です。

あなたが「つみたてNISA」を利用しないにしても、投資する投資信託は「つみたてNISA」対商品をオススメします。

理由として、「つみたてNISA」対象の投資信託は、特に低コストで、効率よく運用できる商品が認定されたからです。

言い換えれば、選択に失敗する可能性がほとんどないのです。

SBI証券では「つみたてNISA」対象投信のほとんどを扱っており、ネットで話題になっている投資信託も簡単に購入できます

チェックして欲しいオススメ商品

主にチェックして欲しい商品は以下の通り。

  • ひふみプラス:テレビで話題沸騰した好成績ファンド
  • eMAXIS slim 先進国株式インデックス:先進国株式に投資する商品の中で最も低コストを実現した投資信託
  • 楽天・全世界株式インデックス・ファンド:「投信ブロガーが選ぶ!Fund of the year 2017」の1位に選ばれた待望の投資信託

選択に困ったら「楽天・全世界株式インデックス・ファンド」で良いのではないか、と思います。

文字通りに全世界(日本もアメリカも含まれるよ!)に投資するため、「資産形成はこれだけで十分」ともいえる一品です。

株主優待投資などにも関心がある場合

株主優待投資などにも関心がある場合には、「楽天・全世界株式インデックス・ファンド」ではなく、「eMAXIS slim 先進国株式インデックス」や「野村つみたて外国株投信」がオススメです。

いずれの投資信託も日本へは投資しないため、

  • 日本企業への投資:あなたの好きな株主優待銘柄を
  • 日本を除く世界への投資:「eMAXIS slim 先進国株式インデックス」や「野村つみたて外国株投信」で

といった配分で運用できます。

どちらかと言えば、「eMAXIS slim 先進国株式インデックス」が投資初心者向きです。

SBI証券で「つみたてNISA」を始める方法

SBI証券への口座開設が必要です。

開設にまつわる疑問点などは下記の記事で紹介しています。

SBI証券の口座開設方法。開設に要する時間やよく疑問に思うところなど

初めての証券口座開設ってわからないことが多いんですよね。 住所・氏名はともかく、初めて聞く用語が大量に出てきて、「どうしますか」って問われても、ほんと訳わからないんですよね。 せっかく投資に興味が向い …

続きを見る

また、口座開設後の初回ログイン時に行う事柄は下記です。

SBI証券に口座開設を行ったら最初にやること

表題の通りです。 先日、SBI証券に口座開設を行った知人に「口座開設したけどどうすれば良いか」といろいろ聞かれましたので、その時に聞かれた質問内容を中心にご紹介します。 なお、口座開設手順は下記の記事 …

続きを見る

筆者はSBI証券を日常的に利用していますので、不明点などあればお問い合わせフォームからお声かけください。

キャンペーンも利用しよう!

SBI証券では「つみたてNISA」にまつわるキャンペーンを不定期的に行っていますので、期間中に申し込むと少しお得な思いをできるかも。

SBI証券の「つみたてNISA口座開設キャンペーン」で現金プレゼントを狙おう(2018年8月31日まで)

あなたはご存知ですか。つみたてNISA(積立NISA)のこと。 つみたてNISAは、2018年1月から始まった投資信託の積み立てのみで利用できる非課税制度のこと。 これを利用すると、 最長20年の投資 …

続きを見る

証券会社のキャンペーンは、一般のキャンペーンより参加者の母数が少ないため当選しやすいです。

筆者は普段のキャンペーンはさっぱりですが、証券会社のキャンペーンは既に4~5回ほど当選しています。

ぜひこの機会を逃さずにご利用ください!


SBI証券のつみたてNISAを今すぐ見る

[スポンサーリンク]

まとめ

  • SBI証券で「つみたてNISA」や積立投信を始めるメリットは、「100円からできること」「毎日積み立てられること」「ポイントがつくこと」
  • 「つみたてNISA」を利用しないにしても、「つみたてNISA」対象投信を選ぼう。困ったら「楽天・全世界株式インデックス・ファンド」をチェック
  • 証券会社のキャンペーンを利用して口座を開設しよう。参加者の母数が少ないため、当選しやすい

資産形成の方法に迷ったら「つみたてNISA」を始めよう。

そして、「つみたてNISA」はぜひSBI証券で。

フッタ広告3

「つみたてNISA」で投資信託を買うならSBI証券がオススメ!!

投資信託の残高に応じてSBIポイントを貰えるのでお得に運用できるんです。

口座開設手順はこちら
SBI証券の口座開設方法。開設に要する時間やよく疑問に思うところなど

今やってるキャンペーン
SBI証券の「つみたてNISA口座開設キャンペーン」で現金プレゼントを狙おう(2018年8月31日まで)

他の証券会社もチェックするなら
投資信託を買いたいあなたへオススメする証券会社3選


SBI証券のキャンペーンを今すぐチェック

リンクユニット




アドセンス関連ユニット



本日の人気記事

本日の人気記事

スポンサーリンク

[スポンサーリンク]



注意事項

  • 金融商品の時価は変動しますので、投資元本を割り込む可能性も承知の上で投資するようになさってください。
  • 本コンテンツで紹介している金融商品は、将来必ず値上がり・利益が生じるとは限りません。
  • 筆者調査の上で記事を執筆しておりますが、記事には不備・間違いが含まれる可能性がございます。必ず、あなたご自身が確認するようになさってください。
  • 記事執筆時点の情報に基づくため、最新の情報とは差異が生じている可能性がございます。記述と現況が異なる場合には、現況を優先いたします。
  • 記事を参照したことで生じた損失の補填や保証などは一切行いません。

-SBI証券, 積立NISA(つみたてNISA)

Copyright© 東北投信 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.