青森県投資信託ブロガー作!つみたてNISAとiDeCoを使った資産形成ガイド

東北投信




LINE

ブログの更新情報をLINEとTwitterで配信しています♪(LINEはあなたの個人名は見えませんのでお気軽に追加してね!)

記事への質問は、コメントフォーム(記事の下にあります)・LINE・Twitter・お問い合わせフォームをお使いください。

忍者ボタン

SBI証券 質問

質問「SBI証券を使うと貯まる「SBIポイント」の利用登録すべき?アドバイスください」

投稿日:2018年8月20日 更新日:

質問を頂いたので、紹介します。

はじめまして。貴サイトを拝見し投資に関心を持ちました。今回SBI証券と住信SBIネット銀行を同時開設しました。

これからはじめの一歩を踏み出すのですが、1点迷っていることがあります。

SBIポイントを登録するかどうかです。

SBIポイントは別サイトになっており、なんだか違和感を感じてしまうのですが、あまり気にすることなく申し込んでも大丈夫でしょうか。

年会費等も今ひとつわかりにくいです。これにつきましてアドバイスいただけましたらうれしいです。よろしくお願いいたします。

SBIポイントとは以下のサイトのことですね。

SBIポイント | SBIグループのポイントサイト

たしかに、正直聞いたことないサービスですし、なぜか別サイトになってて怪しさもありますし、サービスの詳細もよくわからないまま申し込むのは不安に感じますよね

そこで本記事では、SBIポイントに関するサービスなどを改めて紹介!

最初に述べておくと、「絶対使おうとは言いませんが、登録しておくとちょっぴりお得」程度にメリットはあります。

SBIポイントは通販と旅行系の提携サイトが多いので、ネットを通じて物を買ったり宿泊手配を取ったりすることがあれば、利用してよいと思います。

[スポンサーリンク]

そもそも「SBIポイント」って何よ?

SBIポイントとは上場企業の子会社が運営するポイントサイト

SBIポイントはSBI証券ら住信SBIネット銀行などを従えるSBIホールディングスのポイントサイトで、SBIポイント株式会社が運営しています。

SBIポイント株式会社

SBIホールディングス自体は上場企業なので、SBIポイント株式会社は上場企業傘下の子会社が運営する企業、という位置づけになります。

おさらい:ポイントサイトとは

ちなみにポイントサイトとは、使ったことがあると分かるとイメージ付くと思うんですけど、

  • カードや口座開設などを申し込んだり
  • チケットやサービスの予約を申し込んだり

と、サービスを利用すると独自のポイントが貯まるサイトのことです。

「げん玉」とか「モッピー」とか有名です。

ポイントを貯めることで商品や現金と交換できたりと、利用者にとって利益となる還元を見込めます

なお、ポイントサイトの実体は、広告費の一部をユーザーに還元するアフィリエイトサイトのようなもので、ポイントサイト内に掲載されるサービスの利用を促すためにポイント制度を導入しています。

ほぼ無名(笑)のポイントサイト

さて、SBIポイントはほぼ無名のポイントサイトです。

グーグル検索でもなかなか出てこないですし、アフィリエイト広告もやってないので誰も紹介しないから・・・笑

しかし、SBIポイントは、SBI証券ユーザーがSBIポイントにポイント口座を開設して利用するとお得、という特典があるので、会員数は約67万人もいます(コーポレートサイトのSBI iDの人数より)。

ただ、人数ベースなら、SBIポイントを使っていないSBI証券ユーザーのほうが多いんです。

SBI証券ユーザーは口座開設数ベースで400万人いるはずなので、そのうちの一部の人が使ってるというわけですね。

SBIポイントの利用上のメリット

SBIポイントを交換しよう

出典:https://corporate.sbipoint.jp/

基本は他のポイントサイト同様に、ポイントを貯めるといろんなものに交換できる点が挙げられます。

現金に交換できる

SBIポイントは、たまったポイントを現金に交換できます

金融機関 ご指定の全国の金融機関
(ゆうちょ銀行を除く)
住信SBIネット銀行
交換レート 1P=0.8円 1P=0.85円
交換単位 100P 50P
最小交換P 1,000P 500P
最大交換P 1回あたり30,000P 1回あたり50,000P
交換予定日 お申込みから3営業日
交換手数料 165円 0円
振込返却手数料 165P 51P
組戻手数料 864P

出典:https://sbipoint.jp/point/cashback

例えば、住信SBIネット銀行経由なら、最少500P(= 425円相当)から交換できます。

他社のポイントと交換できる

SBIポイントを他社ポイントへ交換

出典:https://sbipoint.jp/point/exchange/use

以下の5サービスのいずれかのポイントに交換できます。

  • Tポイント:500→500
  • ANAマイレージクラブ:700→200
  • JALマイレージバンク:900→300
  • Pex(他のポイントサイト):500→4000
  • nanaco(電子マネー):500→500

出典:https://sbipoint.jp/point/exchange/use

マイルとか使ってれば結構嬉しく思う方もいるかも(筆者は使ってない)

食べ物や家電と交換できる

たぶん、これが本命だと思いますが、様々なブランド品の家電や食べ物(肉・お米・お酒・デザートなど)とポイントを交換できます

ルンバとかダイソンのタワーファンとかありますし、洗剤詰め合わせセットなどの実用品なども選べます。

これらのポイント交換だけで生活できたりしたら、めっちゃお得ですね!

SBIポイントの利用上のデメリット

存在を忘れる(笑)

SBI証券とSBIポイントでサイトが分かれているので、だいたい存在を忘れますw

特に投資額が少ないうちは、ポイントは簡単には貯まりません

なので、ポイントを貯めようと意気込んでも、かなり時間がかかることになり、そのうち存在を忘れます。

最低500ポイントまで貯めないと使い道がない

500ポイントから交換できる現金や他社ポイントを除くと、家電などとの交換には最低でも4,000~5,000ポイント必要です。

それ以外は募金しか使い道がないです。

正直、買い物など使い道の多い楽天スーパーポイントのほうが使いやすいです。

SBIポイントのため方

SBI証券のサービスを利用する

SBI証券のサービスを利用するとポイントが貯まります

証券口座開設

SBI証券口座を開設すると一律100ポイント貰えます。

国内株式(現物取引)

手数料体系をスタンダードプランを利用した場合、月間で支払った手数料の1.1%に相当するポイントを貰えます。

投資信託取引

投資信託の月間保有額に応じてポイントを貰えます。

つみたてNISAでの投資信託も対象ですが、つみたてNISA対象投信はポイントの倍率がかなり低めに設定されています

金・プラチナ取引

月間で支払った取引手数料の1%に相当するポイントを貰えます。

つみたてNISAを利用してポイントを貯めるなら

つみたてNISA対象投信は、料率が低いものの、SBIポイントの対象になっていますので、毎月積み立てを継続し、残高を増やすことを目指しましょう

例えば、eMAXIS slim 先進国株式なら、付与率は残高の0.03%(年率)です。

仮に10万円投資すると年間30ポイントと微妙なところですが、200万円に達すると年間600ポイントと、毎年現金交換が可能になります。

つみたてNISAに限らず、投資信託の残高を利用してポイントを貯めるのが一番簡単だと思います(他は手数料かかりますし)。

SBIポイントを通じて、他社サービスを利用する

出典:https://mall.sbipoint.jp/site/detail/000004946

SBIポイントのウェブサイトから他社サービスに遷移して、サービスを利用することでポイントを獲得できます

例えば、上記画像では「じゃらん(旅行予約サイト)」を例示していますが、

  1. SBIポイントのウェブサイトにて、任意のサービスの紹介ページを開く
  2. 「サイトを移動してポイントを貯める」をクリックして、そのサービスのページへ移動
  3. サービスの利用申し込み(じゃらんの場合は、宿泊予約など)

と利用することで、ポイントが貯まります。

楽天とかヤフーショッピングとか、ネットショッピングしているなら、この方法を使って貯めるとポイントが貯まりやすくてオススメです。

SBIポイントのサービス利用にお金はかかる?

年会費・手数料などはかかる?

いいえ、無料です。

SBI iD(SBIポイント)会員登録は無料で行えます。

また、年会費等の費用は一切かかりません。SBI iD(SBIポイント)に会員登録することで、ポイントサービスである「SBIポイント」をご利用いただけます。

出典:SBI iD(SBIポイント)の会員登録や利用にお金はかかりますか? | SBIポイント

他に知っておくべきことは?

SBI証券や住信SBIネット銀行とは別サービスですので、そちらのユーザー番号(口座番号)やパスワードではログインできません

新規に登録が必要です。

不正を防ぐため、住所・氏名など個人情報の入力が求められます(この入力に不安を感じるようなら、サービスは利用しなくて良いと思います)。

また、初期設定では広告メールの配信が許可されており、1日1通か2通のメルマガが来ますので、不要ならばポイント口座開設後にマイページから配信を止めてください。

あと、公式が運営するツイッターもありますので、アカウントがあればフォローしても良いと思います。

https://twitter.com/sbipu

マンゴー美味しそうですね!

[スポンサーリンク]

まとめ

  • SBIポイントはSBIホールディングス傘下のSBIポイント株式会社が運営するポイントサイト。無名だが、利用者は約67万人と案外多い
  • SBIポイントを利用するメリットは、ポイントを貯めての現金や家電・食品などとの交換。デメリットは投資額が少ないうちはポイントが貯まりにくい
  • 手数料や年会費など、利用時の費用は一切発生しない。このサービスを利用せずとも、将来に向けた資産形成はできるので、関心があれば使ってみる程度で

「利用を強制される」みたいなことはありませんし、関心があれば使ってみる、で良いと思います。

通販と旅行系の提携サイトが多いので、ネットを通じて物を買ったり宿泊手配を取ったりすることがあればオススメです。

ポイントを貯めるための提携サイトはアカウントが無くても閲覧できますので、よく使うサービスがあれば登録してみてはいかがでしょうか

SBI POINT Mall

おまけ:筆者は使ってる?

使ってますよん。

投資額が少ないので、なかなかたまらないですねw

フッタ広告3

「つみたてNISA」で投資信託を買うならSBI証券がオススメ!!

投資信託の残高に応じてSBIポイントを貰えるのでお得に運用できるんです。

口座開設手順はこちら
SBI証券の口座開設方法。開設に要する時間やよく疑問に思うところなど

今やってるキャンペーン
SBI証券の「つみたてNISA口座開設キャンペーン」で現金プレゼントを狙おう(2018年8月31日まで)

他の証券会社もチェックするなら
投資信託を買いたいあなたへオススメする証券会社3選


SBI証券のウェブサイトを今すぐ見る

リンクユニット




アドセンス関連ユニット



本日の人気記事

本日の人気記事

スポンサーリンク

[スポンサーリンク]



注意事項

  • 金融商品の時価は変動しますので、投資元本を割り込む可能性も承知の上で投資するようになさってください。
  • 本コンテンツで紹介している金融商品は、将来必ず値上がり・利益が生じるとは限りません。
  • 筆者調査の上で記事を執筆しておりますが、記事には不備・間違いが含まれる可能性がございます。必ず、あなたご自身が確認するようになさってください。
  • 記事執筆時点の情報に基づくため、最新の情報とは差異が生じている可能性がございます。記述と現況が異なる場合には、現況を優先いたします。
  • 記事を参照したことで生じた損失の補填や保証などは一切行いません。

-SBI証券, 質問

Copyright© 東北投信 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.