青森県投資信託ブロガー作!つみたてNISAとiDeCoを使った資産形成ガイド

東北投信




LINE

ブログの更新情報をLINEとTwitterで配信しています♪(LINEはあなたの個人名は見えませんのでお気軽に追加してね!)

記事への質問は、コメントフォーム(記事の下にあります)・LINE・Twitter・お問い合わせフォームをお使いください。

忍者ボタン

初めての投資信託

100万円で投資信託の運用を始めたい。さて、どうする?

投稿日:

お金を貯めたら100万円ぐらいになったので、投資を始めたい」と考える方って多いと思います。

その際に困るのが投資先や運用方法ですよね。

  • どの金融商品を選んで
  • その中のどんな商品に対して
  • どんなタイミングで投資するか(一括で投資するのか、積み立てて投資するのか)

そこで、今回は「100万円を投資信託で積み立てて運用しよう」という投資プランを紹介します。

漠然と「100万円の投資先って何がいいかな」とお考えでしたら、本記事がお役に立つはずです。

[スポンサーリンク]

100万円の運用方法。一括投資と積立投資のどちらがいいの?

さっそく乱数で10年間の運用をシミュレーションしてみましょう。

計算条件:10年間で100万円を運用する

一括投資と積立投資で、それぞれ100万円を運用したときに、10年後の損益の違いを求めます。

  • 一括投資:最初に100万円投資して、10年間そのまま運用
  • 積立投資:毎年10万円ずつ投資して、10年後まで運用

また、今回はリターンを5%、リスクを10%として考えます。

この数値は、中間的なリスクを取る、バランスファンドの運用を考えたときにあり得る数値です。

なお、計算回数は1万回で、筆者作成のモンテカルロシミュレーションツール(エクセルVBA)を利用しています。

計算結果

一括投資の場合:平均評価額162万円(儲けは62万円)

100万円を一括投資で10年間運用した場合の損益
計算回数 10,000回
運用年数 10年
総投資金額 100万円
最高評価額 461万円
(+361万円)
最低評価額 37万円
(-63万円)
平均評価額 162万円
(+62万円)
元本割れ回数 745回
元本割れ確率 7.45%

積立投資の場合:平均評価額132万円(儲けは32万円)

100万円を毎年10万ずつ積み立てて10年間運用した場合の損益
計算回数 10,000回
運用年数 10年
総投資金額 100万円
最高評価額 290万円
(+190万円)
最低評価額 55万円
(-45万円)
平均評価額 132万円
(+32万円)
元本割れ回数 950回
元本割れ確率 9.50%

まとめると

もしも100万円を投資信託に投資したら

  • 一括投資のほうが平均評価額と最高評価額が多い(儲けが多い)
  • 積立投資のほうが最低評価額が多い(損失が少ない)
  • 元本割れ率は、一括投資のほうが低い(両者の差は2%ほど)

基本的に大きく儲けたいなら一括投資すべきで、大きな損失を回避したいなら積立投資すべきです。

元本割れの確率が、一括投資のほうが少なくなったのは予想外でしたが、筆者のシミュレーションツールは投資信託の厳密な運用までを反映していませんので、この2%は意味のある差でないと思います。

そのため、

  • 儲け重視なら一括投資
  • 損失回避重視なら積立投資

で良いと思います。

積立投資を利用した、100万円の投資信託運用方法

筆者が積立投資をオススメする理由

個人的には、損失回避を重視して、100万円を毎月定額積み立てしながら運用することをオススメしたいと思っています。

  • 積立投資なら、投資を止めたくなった時に、少額で撤退できる
  • 税制非課税制度(つみたてNISAやiDeCoなど)は、積み立てて運用することを前提としている

100万円を一括で投資できる「一般NISA」もありますが、その非課税期間は短く、投資信託で「勝ちにいく」運用にはあまり向いていません。

それよりなら、多少の利益を捨てたとしても、積み立てでなるべく堅実に利益を狙うことを個人的にはオススメしたいのです。

100万円一括投資したら、老後は全て安泰ってほどの利益が得られるわけでもないですし。

こんな運用はどう?

  1. 住信SBIネット銀行や楽天銀行など、高金利預金サービスを使える銀行口座に100万円入金
  2. 積立投信の引き落とし先として、入金先のネット銀行口座を指定する
  3. あとは、勝手に積立投資されるのをほったらかしておくだけ

ネット銀行の高金利預金サービスを使えば、最大0.1%前後の金利でお金を運用できます

例えば、イオン銀行の預金サービスなら、イオンカードセレクトを発行するなど、条件を満たすことで、金利0.12%までアップします。

ついでに預金口座に入れておくわけですから、「いざ」という時には、そこからお金を出金して使うこともできます

100万円を全額投資信託に固定してしまうよりも、その方が運用に慣れつつ、急な出費にも備えつつ運用できると思うのです。

投資先の投資信託は何がいい?

つみたてNISA対象投信から選ぶことをオススメします。

少なくとも、高額な手数料で、あなたにとって不利な運用を強いられることはなくなります。

【つみたてNISA】対象商品一覧とその解説リンク(2018年10月現在)

以下のリストは、2018年10月07日現在で、金融庁のウェブサイトにて公表されている、つみたてNISA対象商品一覧です。 つみたてNISAの対象商品 | 金融庁 詳しい解説記事を作成している場合には、 …

続きを見る

SBI証券のつみたてNISA設定件数ランキング
【2018年10月時点】つみたてNISAオススメ商品ランキング@東北投信版

筆者の独断と偏見で選んだ、「つみたてNISA」のオススメ商品ランキングを発表したく思います。 こういうランキングで安易に投資先を選ぶのは良くないのですが、現在のつみたてNISA対応商品はすでに100本 …

続きを見る

[スポンサーリンク]

まとめ

  • 100万円を投資信託で運用した場合、より大儲けできるのは一括投資。より損失を少なくできるのは積立投資
  • 筆者個人は積立投資をオススメ。高金利のネット銀行などに100万円を入金し、毎月引き落としで積み立てておこう。緊急時の出費にも対応できるぞ
  • 100万円の投資先はつみたてNISA対象投信を選ぼう。手数料面で不利な運用を迫られることはなくなる

この話は、筆者が実際に「100万円ほどを運用したいけど」と相談された内容に基づくものです。

おそらく似たような状況で運用を考える方ってたくさんいらっしゃると思うので、そういった方々の参考になればと思います。

ちなみに、その場ではいろいろ話を伺った上で、SBI証券と住信SBIネット銀行のペアをオススメしておきました

住信SBIネット銀行にお金を入金し、そこからSBI証券に引き落として積み立てる、といった感じですね。

SBI証券なら、定期的に積立投信のキャンペーンもやってますから、100万円を積み立てて運用するなら候補としてチェックしておくとお得ですよ!

フッタ広告3

「つみたてNISA」で投資信託を買うならSBI証券がオススメ!!

投資信託の残高に応じてSBIポイントを貰えるのでお得に運用できるんです。

口座開設手順はこちら
SBI証券の口座開設方法。開設に要する時間やよく疑問に思うところなど

今やってるキャンペーン
SBI証券の「つみたてNISA口座開設キャンペーン」で現金プレゼントを狙おう(2018年10月31日まで)

他の証券会社もチェックするなら
投資信託を買いたいあなたへオススメする証券会社3選


SBI証券のキャンペーンを今すぐチェック

リンクユニット




アドセンス関連ユニット



本日の人気記事

本日の人気記事

スポンサーリンク

[スポンサーリンク]



注意事項

  • 金融商品の時価は変動しますので、投資元本を割り込む可能性も承知の上で投資するようになさってください。
  • 本コンテンツで紹介している金融商品は、将来必ず値上がり・利益が生じるとは限りません。
  • 筆者調査の上で記事を執筆しておりますが、記事には不備・間違いが含まれる可能性がございます。必ず、あなたご自身が確認するようになさってください。
  • 記事執筆時点の情報に基づくため、最新の情報とは差異が生じている可能性がございます。記述と現況が異なる場合には、現況を優先いたします。
  • 記事を参照したことで生じた損失の補填や保証などは一切行いません。

-初めての投資信託

Copyright© 東北投信 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.