青森県投資信託ブロガー作!つみたてNISAとiDeCoを使った資産形成ガイド

東北投信




LINE

ブログ「東北投信」の更新情報をLINEとTwitterで配信しています♪(LINEはあなたの個人名は見えませんのでお気軽に追加してね!)

記事への質問は、コメントフォーム(記事の下にあります)・LINE・Twitter・お問い合わせフォームをお使いください。

リンクユニット




質問

質問「信託報酬と積立額。大切なのはどっち?」

投稿日:2019年2月12日 更新日:

まり様より質問をいただきましたのでご紹介します。

こんばんは。まりと申します。
ブログの記事、いつも楽しく拝読しております。4月から会社に確定拠出型年金制度が導入されることになりました
iDeCoに入ろうかと勉強していた矢先でしたので、渡りに船と思ったのですが会社のラインナップですとインデックスファンドの信託報酬が国内株式先進国株式ともに0.22%ほどとeMAXIS Slimsなどより若干割高でした。
とは言え管理費等が会社持ちの点や拠出できる金額上限がiDeCoよりも多いと言うことで半ば諦めの境地です。
(信託報酬0.5%とかだったら会社に「ふざけるな」と文句を言うところなのですが……)今回メールいたしましたのは完全に諦めをつける為に試算をお願いしたいと思ったからです。⦅条件⦆

  • 投資比率・日本株式(TOPIX連動)3:先進国株式(MSCIコクサイ連動)7
  • iDeCoの場合:拠出額月1万2000円、信託報酬0.11%
  • 企業DCの場合:拠出額月2万7500円、信託報酬0.22%

これで30年間長期分散投資を続けたら中央値や見込額にはどの程度差が出るのでしょうか

お手隙の際で構いませんので、試算していただけないでしょうか。
(個人的には信託報酬も大切ですが、拠出額も結果を左右すると理解しています

また、これは完全に厚かましいお願いだと分っているのですがあの便利なピザロくんに以下のインデックスファンドを取り入れていただくことはできますか?

《三菱UFJ信託銀行》

  • 三菱UFJ国内債券インデックスファンド(確定拠出型年金)
  • 三菱UFJ DC国内株式インデックスファンド
  • 三菱UFJ DC海外債券インデックスファンド
  • 三菱UFJ DC海外株式インデックスファンド

会社のラインナップには他にもファンドがあるのですが、検討するに値しないターゲットイヤー型バランスファンドばかりなのでこれしかないと頭を抱えています。

以上となります。
お忙しいなか恐れ入りますが、よろしくお願いいたします。

品揃えや信託報酬が微妙とのことで、お気持ちお察しいたします。

企業型DCの話はちょっと前にも質問にいただいたのですが、筆者が知る限り、信託報酬や品揃えにこだわるというケースは少ないようですね(今のところ、聞いたことない)。

おそらく、導入の担当者が投資のことがよく分からず、セールスの話をそのまま取り入れているためだと思います。

とはいえ、積立額がiDeCoを利用する場合の2倍以上になっていて、一部の問題点をカバーできるほどの輝きを放っています。

以下、詳細な比較を紹介しますが、明らかに企業DCのほうが有利な結果になっており、「積立額って信託報酬よりも大切だなー」と感じるところです。

一緒に見ていきましょう。

[スポンサーリンク]

というわけで、シミュレーションしてみる

シミュレーションは投資信託の運用成績が正規分布になることを前提に、1万回の乱数シミュレーション(モンテカルロ法)を行ないます。

ただし、実際の投資信託の運用成績はきれいな正規分布にはなりませんので、この乱数で得られる結果には再現性に限界があることはご了承ください。

TOPIXの前日比から作るQ-Qプロット
【モンテカルロ】投資信託の運用成績は本当に正規分布になるのか検証してみた

過去2つの記事で、モンテカルロ法を用いた投資信託の将来の予想元本割れ率の推移を紹介しました。 投資信託の将来予測において、モンテカルロシミュレーションを利用する際には、その運用成績が正規分布になること …

続きを見る

リスクとリターンを求める

今回は、myINDEXの資産配分ツールを使って、「日本株式(TOPIX連動)3:先進国株式(MSCIコクサイ連動)7」のリスクとリターンを求めます。

TOPIX70%・MSCIコクサイ30%のアセットアロケーション

出典:myINDEX(私の資産配分ツール)

  • リターン:4.6%
  • リスク:17.1%

このリターンから信託報酬を差し引くと以下の通りになります。

信託報酬差し引き後のリスクとリターン
iDeCo 企業DC
信託報酬 0.11% 0.22%
リターン 4.49% 4.38%
リスク 17.1% 17.1%

ちなみに:無料で使える乱数シミュレータ

投信アシスト

投信アシストの「将来シミュレーション」を利用すると、以下で述べる乱数シミュレーションを利用できます。

計算条件等の違いから、筆者の算出する結果とは少々異なる可能性があるでしょうが、ご自身で計算したい場合には試してみてください。

この条件で乱数シミュレーションを行なうと

では、この条件で30年間積み立てたものとしてシミュレーションします。

単純に現金を積み立てた場合には、30年後の資産はそれぞれ以下の通りになります。

  • iDeCo:432万円(= 12,000円 × 12ヶ月 × 30年)
  • 企業DC:990万円(= 27,500円 × 12ヶ月 × 30年)
30年後の運用成績の比較
iDeCo
(低信託報酬)
企業DC
(高信託報酬)
積立元本 432万円 990万円
中央値
(実現利回り)
741万円
(3.4%)
1,682万円
(3.3%)
平均値
(実現利回り)
911万円
(4.5%)
2,040万円
(4.4%)
最頻値
個数
(実現利回り)
543万円
19個
(1.5%)
1,113万円
12個
(0.8%)
最大値 9,721万円 19,689万円
最低値 91万円 97万円
30年後
元本割れの確率
17.9% 18.4%

当然っちゃ当然ですが、毎月2倍以上の金額を積み立てできる企業DCのほうが、最終的に良い成果になります

「信託報酬は低いものを選びましょう」とは言われますが、それ以上にインデックス投資はやはり投資額に最終成果が左右されます。

ここは信託報酬にこだわらず、大きな金額を投入できる企業DCを選んだほうが良いです。

個人がiDeCoで頑張るよりも、ほぼ確実によい成果が期待できると思います。

iDeCoにいくら積み立てたら企業DC以上の成績になるか?

せっかくなので、iDeCoにいくら積み立てたら、企業DC以上の運用成績を出せるのか、も計算してみました。

その結果、毎月2.65万円(30年間で954万円)積み立てると、ほぼ企業DCの結果と同じになります(ただし、自営業者を除き、毎月2.65万円を積み立てることはできません)。

企業DCの運用成果と同じ成績を得るためには
iDeCo
積立元本 954万円
(毎月2.65万円)
中央値
(実現利回り)
1,667万円
(3.5%)
平均値
(実現利回り)
2,046万円
(4.6%)
最頻値
個数
(実現利回り)
836万円
15個
(-%)
最大値 16,113万円
最低値 192万円
30年後
元本割れの確率
17.3%

この結果から、信託報酬0.11%の差は30年間で毎月1,000円分の積立額の差になりそうだとわかります。

信託報酬0.2%と0.1%の差は「正直、そこまででもない」と個人的には感じる結果です。

なお、両者の差が0.5%を超えてくると、信託報酬の差が最終的な損益に明らかに影響を与えてきます。

信託報酬の差が投資信託の運用成績をこんなにも変える

Photo by ぱくたそ 信託報酬とは、投資信託の運用期間中に発生する手数料です。年率x%で計算され、おおよそ「あなたの投資額 × 信託報酬の率」で概算できます。 将来の信託報酬率も公表されているた …

続きを見る

もし、0.5%以上だったなら「ふざけるな」と文句入れても良かったと思いますw

ここから学べること:信託報酬も大切だが、それ以上に積立額にもこだわろう

今回の結果が示すように、わずかな信託報酬の差よりも、毎月の積立額の大小が、最終的な損益に大きな影響を与えます

まり様の場合は、「会社が掛け金を拠出する企業DCを始める」といった話でしたが、個人が運用を行なう場合にも、信託報酬に右往左往するよりも、いかに「毎月多くのお金を投資できるか」を意識したほうが良いと思います。

例えば、2019年2月現在で特に低コストのファンドにeMAXIS slimシリーズがありますが、今後このシリーズよりも低い信託報酬を掲げるファンドが登場する可能性は大いにあるわけです。

新たな低コストファンドが登場すると「乗り換えたほうがいいのかな」「そのまま運用し続けようかな」と迷いが生じますが、将来の損益はさほど変わらないだろう、という話です。

極端な物言いをすれば、その迷う時間すら無駄な可能性が高いです。

なぜなら、実質コストを0.1%単位で事細かに調べたり、比較検討したりする時間を使って、副業にでも励み、そのお金を積み立て代金として準備したほうが、将来儲かる可能性が高いからです。

繰り返しますが、iDeCoやつみたてNISAなどのインデックス投資で、毎月投資できる金額の大きさは重要です

[スポンサーリンク]

まとめ

  • 質問者様の要望に応じて、同じアセットアロケーションで積立額と信託報酬の異なる2つのケースを評価した
  • その結果、信託報酬の差が0.11%程度なら、最終的な運用成績は、運用コストよりも毎月の積立額に大きく依存することがわかった
  • iDeCoやつみたてNISAなど、毎月の積み立てで資産を築くなら、低コストファンドの信託報酬引き下げ競争に右往左往せず、毎月の積立額を最大化できるように努めよう

ピザロは3月アップデート予定です

最後に余談として。

あの便利なピザロくんに以下のインデックスファンドを取り入れていただくことはできますか?

ピザロをご利用いただきまして、ありがとうございます!!

ピザロは2019年3月にアップデート予定です。

★アップデートで実装予定の機能

  • 対応ファンドの追加(今の倍ぐらいにしたいと思っています)
  • いくつかバグの修正
  • 入力したアセットアロケーションから将来成績を予想する乱数シミュレーションの追加

今後の機能強化にご期待ください!

フッタ広告3

将来のお金の不安を解決するなら「つみたてNISA」がオススメ!!

老後破綻に備えるべく、筆者も毎月積み立てています。

筆者が利用しているSBI証券の口座開設手順はこちら
SBI証券の口座開設方法。開設に要する時間やよく疑問に思うところなど

SBI証券で今やってるキャンペーン
【2019年2月】SBI証券の積立投信キャンペーンに参加して最大10,000円獲得!?「つみたてNISA」も対象だよ!(2019年2月28日まで)

他の証券会社もチェックするなら
投資信託を買いたいあなたへオススメする証券会社3選


【口座開設料・維持費無料】SBI証券のキャンペーンを今すぐチェック

アドセンス関連ユニット



本日の人気記事

本日の人気記事

スポンサーリンク

[スポンサーリンク]



注意事項

  • 金融商品の時価は変動しますので、投資元本を割り込む可能性も承知の上で投資するようになさってください。
  • 本コンテンツで紹介している金融商品は、将来必ず値上がり・利益が生じるとは限りません。
  • 筆者調査の上で記事を執筆しておりますが、記事には不備・間違いが含まれる可能性がございます。必ず、あなたご自身が確認するようになさってください。
  • 記事執筆時点の情報に基づくため、最新の情報とは差異が生じている可能性がございます。記述と現況が異なる場合には、現況を優先いたします。
  • 記事を参照したことで生じた損失の補填や保証などは一切行いません。

-質問

Copyright© 東北投信 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.