青森県30代投資信託ブロガー作!つみたてNISAとiDeCoを使った資産形成ガイド

東北投信

リンクユニット




質問

質問「フリーランスの老後費用対策。積み立てに適したファンドはどれだと思いますか」

投稿日:2019年2月25日 更新日:

読者さまよりご質問を頂いたのでご紹介します。

はじめまして、このたびつみたてNISAを始めようと思いまして、ブログを参考にさせていただいています。
現在、バランスファンド(4資産均等型)にするか、株式100%運用でいこうか迷っており、ご相談させていただきたく思いました。自分で決めなくてはいけないことなのですが、一般的な社会人とは異なり、低所得かつ不安定な状況でして、そんな人間がどうすればいいのか、アドバイスをいただければ幸いです。

私の現状は以下のとおりです。

  • 年齢44歳
  • フリーランスのため、年収が安定しない。平均して200万円前後
    (収入が上がらないため転職活動中、それでも年収300万円くらいが限度かと)
  • 国民年金加入で、過去に数年間免除を受けていたため、将来の年金額は6万円/月を下回る見込み
  • 手元に1300万円ほどあり、うち生活防衛費を300万円と見込んでいる
  • 独身、子なしで、この先大きな支出があるとすれば両親(80歳)の介護費用
  • 生命保険会社の個人年金に加入しており、60歳で満額540万円入る予定
  • 様々なツールで計算した結果、リスク許容度はいずれも5段階で「3」(いろいろ考えているうちに自分の許容度がわからなくなり、ツールに頼りました)

当初は初心者ということもあり、安全策をとってニッセイの4資産均等型でいこうと思っていたのですが、こちらのブログのhttps://blog.tacos-heaven.xyz/2018/04/15-14/ を拝見して、なるほどと思い、考えが変わりつつあります。
他方、https://blog.tacos-heaven.xyz/2018/05/30-11/ も拝見し、つみたてNISAで全損した時、自分の場合、老後の生活は成り立たないだろうと思いました。やっぱり株式100%は危険かなと…。ちなみに、“手順1”は、「人生設計の基本公式」で計算して数字を出せたのですが、老後を暮らす資金が月額「100,926円」と出てしまい、家賃を含め、これでは生活が成り立ちません。そこで思考がストップしてしまい、”手順2”に進めずにいます。

武部様が作成された「老後資金を求める計算機ツール」を使うと、65歳までに毎月 8.9 万円の積み立てが必要と出ます。現在は実家(賃貸)で両親と同居のため、月10万円の貯金ができています。ただ、お恥ずかしい話ですが、両親に資産がまったくなく、今後は私が貯蓄から介護費用等を出さなくてはならなくなるため、数年後には月2,3万の貯金も危うくなる可能性があり、非常に不安です。

こうしたなか、自分では以下の3通りを考えてみました。

  • 株式100%にし、積立額を1万円/月にする(残り数万円は楽天の優遇金利を利用して定期預金に)
  • 株式100%にし、余裕がある今のうちは積立額を33,300円/月にして、生活が危うくなったら額を減らす
  • あくまで安定をねらい、バランスファンド(4資産均等型)にし、積立額を33,300円/月にする

これをご覧になって、武部様がどのような印象をお持ちになったかお伺いしたいのですが、いかがでしょうか。株式100%が怖いなと思う一方、個人年金と定期預金で投資の分散はできているため、つみたてNISAでは株式100%にしてもいいのではないかとも思います。また、少しくらい損をしてもいいからリターンがほしいという気持ちもあります。自分には盲点がいくつもあると思います。そもそも迷いどころが間違っており、まったくあさっての方向の考え方をしているようでしたらどうぞご指摘ください。

長文大変失礼いたしました。よろしくお願いいたします。

フリーランスの将来のお金の話って不安がいっぱいですよね(筆者も自営業(フリーランス)なので)。

老後の社会保障が手薄なため、自分できちんと備えておかないといけないという・・・。

最近、個人投資家がこぞって買う本の1つに「人生100年時代の年金戦略」という書籍があります。

人生100年時代の年金戦略 | Amazon

質問者様に限らず、将来(老後)のお金のことで悩んでる方はこの書籍をご覧になってみてください

さて、では質問の話に参りましょう!

[スポンサーリンク]

投資信託はどれを選べば良いか

4資産で始めて、慣れたら変えても良い

さて、投資信託の商品選びは4資産均等型で始めて、運用に慣れて「もっとリスクを取っても大丈夫なのでは?」と思ったら先進国株式や世界株式に変えれば良いと思います。

つみたてNISAの良いところは、

  • いつでも始められる
  • いつでも運用商品を変更できる
  • いつでも積み立てを止められる
  • いつでも売却できる

と、売買に制限のつかないところです。

だから、最初に4資産で始めて、あとあと自身の感じ方によってより適切な商品を選びなおせば良いと思います。

結局、投資に対するリスク耐性は実際に運用してみなければ分からないものです。

それなら、最初はリスクを抑えて慎重に進める形で良いと思います。

なお、毎日証券口座を見ているとリスク耐性が無くなる(値動きに不安を感じやすくなる)ので、普段は仕事で忙しくしておくことをオススメします笑

積立額は満額で良い

現在1,300万円(これは現金ですよね?)をお持ちとのことですから、つみたてNISAでは満額積み立てを目指しても良い(毎月3.33万円)と思います。

上述の通り、つみたてNISAの積み立ては積立額の減額も停止もいつでも設定できますから、満額積み立てが難しくなったら減額 or 停止で良いと思います。

もし急な出費が必要な場合には、1300万円の資産から出せば、つみたてNISAを解約する必要はありません。

一方、1,300万円の資産が生命保険などでロックされた資産(解約すれば損失がでる資産)ならば、2万円をつみたてNISAへ、1万円を預金に残すのでも良いと思います(この金額の分け方には強い根拠はありません)。

両親の介護資金の問題

筆者は介護のことは詳しくないのですが、以前介護の仕事をしていた知人より「申請しないと貰えないお金」が結構あるらしい、と話を聞いたことがありました。

例えば自宅で介護用品を購入すると補助金が出るとか、そういう話だったと思います。

要介護になったらもらえる補助金は?介護に関わる費用の全て! | 保険の先生

鍼灸も… 自ら申請しないと貰えない「医療と介護のお金」 | 介護ポストセブン

こういうお金のことは事前に調べてみると良いと思います。

長い目でみると、知らずにただお金を支払ってしまうのとでは、大きな差が付いてしまうはずです。

筆者も調べないといけないな、と思ってるんですが、なかなか手が回りませんね。

介護制度の基本的なところは以下のページがわかりやすかったです(フリーランス向けではないのですが)。

必ず知っておきたい!介護保険の全知識まとめ | 保険の教科書

なお、介護のことを相談したい場合には、以下のような相談窓口がありますので、一人で抱えずに話を聞いてみると良いと思います。

介護についての疑問や悩みに応えてくれる窓口のなかでも、まず最初は市区町村の介護保険の担当窓口。「介護保険課」「高齢福祉課」など市区町村によって名称は異なりますが、窓口での対面相談や電話相談、公民館などでの出張相談会などを行っています。

次に相談先として頼りになるのが、地域包括センターです。この地域包括支援センターは、高齢者が可能な限り住み慣れた地域で安心して生活することができるよう、高齢者本人はもちろん、家族や地域の住民の相談に応えてくれるところ。全国で4,000以上、市区町村に必ず一つは設置されています。

また、各地域にある社会福祉協議会や都道府県の社会福祉士会も、相談先として利用したい存在です。

これらのほかにも、社会福祉法人、医療法人、NPO法人、ボランティア団体、一般企業など、さまざまなところが介護についての相談を受け付けています。

出典:介護をするにあたり、どんなところが相談に乗ってくれますか? | みんなの介護相談 Q&A | パナソニックのエイジフリー | Panasonic

[スポンサーリンク]

まとめ

  • 始めは4資産均等型で、慣れたら運用商品を変えても良い。実際のリスク許容度は積み立てを経験してみないとわからないので
  • 積み立ては満額で良い。つみたてNISAはいつでも積立額を変更できるし、一部売却して現金化することもできるので、お金が必要になった減額すればいい
  • 介護のお金のことは調べておこう。相談窓口もあるので、一人で不安を抱えずに相談してみよう

あとはメールでお返しいたします。

フッタ広告3

将来のお金の不安を解決するなら「つみたてNISA」がオススメ!!

老後破綻に備えるべく、筆者も毎月積み立てています。

筆者が利用しているSBI証券の口座開設手順はこちら
SBI証券の口座開設方法。開設に要する時間やよく疑問に思うところなど

SBI証券で今やってるキャンペーン
【2019年3月】SBI証券に「つみたてNISA」または「一般NISA」口座を開設し現金プレゼントを狙おう!(2019年5月31日まで)

他の証券会社もチェックするなら
【2019年4月】つみたてNISAオススメ証券会社3選


【口座開設料・維持費無料】SBI証券のキャンペーンを今すぐチェック

リンクユニット下




アドセンス関連ユニット



本日の人気記事

本日の人気記事

スポンサーリンク

[スポンサーリンク]



注意事項

  • 金融商品の時価は変動しますので、投資元本を割り込む可能性も承知の上で投資するようになさってください。
  • 本コンテンツで紹介している金融商品は、将来必ず値上がり・利益が生じるとは限りません。
  • 筆者調査の上で記事を執筆しておりますが、記事には不備・間違いが含まれる可能性がございます。必ず、あなたご自身が確認するようになさってください。
  • 記事執筆時点の情報に基づくため、最新の情報とは差異が生じている可能性がございます。記述と現況が異なる場合には、現況を優先いたします。
  • 記事を参照したことで生じた損失の補填や保証などは一切行いません。

-質問
-

Copyright© 東北投信 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.