青森県30代投資信託ブロガー作!つみたてNISAとiDeCoを使った資産形成ガイド

東北投信

リンクユニット




アセットアロケーション

【アセットアロケーション】米国株式と相性のよい資産クラスはどれか

投稿日:2019年3月22日 更新日:

結論から述べると、日本国債か先進国債券の為替ヘッジファンドがもっともリスクの低くなる組み合わせです。

他の商品は相関性が高いので、米国株が下落すると、同じように価格が下がる可能性があります。

では、詳しく解説。

アセットアロケーションを考える際に、資産の組み合わせは最終的な損益に影響してきます。

できればリスクを抑え、リターンを最大化できるような組み合わせを実現できたらいいですね。

というわけで、今回は米国株と相性のよい資産クラスを探し、どの程度の比率で保有するのが効果的か、を求めてみました。

計算の元データとして、JPモルガンAMの超長期マーケット予測2019を利用しています。

J.P.モルガンの超長期マーケット予測 | JPモルガンアセットマネジメント

米国株に投資する投資信託と言えば、iFree S&P500 インデックスeMAXIS slim 米国株式(S&P500)などがありますね。

[スポンサーリンク]

相性の良い組み合わせ = 逆相関にある資産クラス

ここでは相性のよい組み合わせを、逆相関関係にある資産クラスと定義します。

2つの資産の収益率相互の連動性の関係をいい、相関係数(マイナス1からプラス1の範囲で動く)によって表される。2つの資産の収益率が同じような動きを示す時は正の相関関係といい、逆の動きを示す時は負の相関関係(逆相関ともいう)という。また、全く関係なくバラバラに動く場合は、無相関という。相関係数が低い資産を組み合わせると互いにリスクが相殺されることから、単一の資産に比べて、同じ収益率をより低いリスクで狙うことが可能になる

出典:相関関係 | 企業年金連合会

2つの資産クラスが逆相関にある場合、うまく組み合わせることで高リターンを維持しながら、価格変動リスクを下げることが可能になります。

価格変動リスクが下がると、運用効率(シャープレシオ)が高まりますので、元本割れの確率、または利回りが理想的な複利より低くなる可能性も下げられます。

米国株式と相性の良い組み合わせ = 日本国債か為替ヘッジ付きの外貨建て債券

JPモルガンの予測データより、米国大型株式と逆相関関係にあるものをピックアップすると以下の通りです。

米国株式と相性の良い資産クラス
資産クラス名 為替ヘッジ 相関係数
(マイナス値は逆相関)
日本国債 -0.34
米国短期債券 -0.30
米国総合債券 -0.24
先進国債券 -0.37
先進国債券
(除く日本)
-0.34
グローバル債券 -0.22
グローバル債券
(除く日本)
-0.19

ご覧のように、日本国債、もしくは先進国債券の為替ヘッジ付き商品が米国株と相性の良い資産クラスです。

投資信託に為替ヘッジは必要か

投資信託を選ぶ際に考えたいのが為替ヘッジの有無です。 ・・・と、書いても、正直なんのこっちゃって感じですよねw 為替ヘッジってなんだろう? 円安や円高とどう関係あるのかな? ヘッジのありとなしはどちら …

続きを見る

日本債券や先進国債券を含む債券をアセットアロケーションに加えるかどうかの議論は以下の記事をご覧ください。

2019年版。債券クラスの特徴とアセットアロケーションへの取り入れ方

アセットアロケーションを組む際に、各資産クラスの特徴を知っておくと、無から配分を考えるよりかはいくぶん選びやすくなるはずです。 弊サイト(東北投信)では、過去にも債券の話を書いてきましたが、ここで一度 …

続きを見る

あと、表には載せていませんが、純金も米国株式とはやや相関がない(0.10)資産クラスと評価されています。

為替ヘッジを除くと正の相関に

なお、日本国債を除く外貨建て債券については、為替ヘッジなしの商品を選ぶと正の相関になります

例えば、日本を除く先進国債券と米国大型株式の相関は0.70と、かなり明確な相関があります。

これは債券の商品性よりも、リスクオフ局面で円高になりやすい、日本特有の事情が効いているものと予想できます。

相関係数と有効フロンティアの関係
つみたてNISAは本当に分散投資?どの商品も似たような値動きしてない??

ちょっと洞察にとんだコメントを見つけたので、紹介したく思います。 つみたてNISAについて教えてください。 投資初心者です。 最近の一時的なNYダウの下落の影響で日経平均株価も下落し、それによってほと …

続きを見る

米国株式と日本国債のバランスのよい比率を探す

というわけで、米国株式と日本国債を組み合わせたときに、もっとも低リスクになる比率を探してみました。

米国株式と日本債券のアセットアロケーション

  • 青線:相関係数-0.34で米国株式と日本国債のアセットアロケーションを組んだ場合の有効フロンティア
  • 赤線:相関係数0(両者に相関が無い場合)で米国株式と日本国債のアセットアロケーションを組んだ場合の有効フロンティア

およそ日本国債90%に対し、米国株式10%を保有すると、もっとも低リスクになります。

が、こんな比率で運用していては、米国株投資家とは言えませんねw

実際のところ、もっともリスクを下げられるのは2%程度で、米国株比率が高まるほど、リスクの低減は難しくなります。

仮に、日本国債20%に対し、米国株式80%を保有すると、リスクは相関がないケースに比べて約0.2%、正の相関がある場合にくらべて約0.5%減少します。

シャープレシオは0.002の減少ですので・・・正直分散しても分散しなくてもあんまり変わらない感じですね。

ちなみに他の為替ヘッジ付き債券を利用してもほぼ同じような結果でした。

この記事の内容を実現するには?

以下の投資信託を選ぶと、この記事での内容を再現できます。

米国株式

日本国債(または先進国債券の為替ヘッジ)

特に理由が無ければ、価格変動のない個人向け国債を利用するのも1つの案です。

[スポンサーリンク]

まとめ

  • 米国株式(大型株式)と逆相関になりやすい資産は日本国債か先進国債券の為替ヘッジ付きファンド。為替ヘッジが無い場合には、為替の影響で正の相関になりやすい
  • 米国株式と日本国債を1対9の比率で保有するともっとも低リスク。ただし、リスクの低減効果は結構少ない
  • リスク分散を考えつつ、iFree S&P500 インデックスやeMAXIS slim 米国株式(S&P500)を選ぶなら、eMAXIS slimやニッセイの国内債券ファンドも買っておこう

ちなみに、偉大なる投資家バフェットは「S&P500にBNDなどの米国短期債」といったポートフォリオを推奨しているそうです。

しかし、日本から為替ヘッジなしの米国債券に投資すると、米国株との相関性があるために、リスクオフ局面では両者の値下がり(正確には株安 + 円高)を経験するかもしれません。

もし、そのポートフォリオを日本で真似るなら、「S&P500 + 個人向け国債」あたりが無難だと思います(日本債券は相場が歪んでいるので)。

フッタ広告3

将来のお金の不安を解決するなら「つみたてNISA」がオススメ!!

老後破綻に備えるべく、筆者も毎月積み立てています。

筆者が利用しているSBI証券の口座開設手順はこちら
SBI証券の口座開設方法。開設に要する時間やよく疑問に思うところなど

SBI証券で今やってるキャンペーン
【2019年3月】SBI証券に「つみたてNISA」または「一般NISA」口座を開設し現金プレゼントを狙おう!(2019年5月31日まで)

他の証券会社もチェックするなら
【2019年4月】つみたてNISAオススメ証券会社3選


【口座開設料・維持費無料】SBI証券のキャンペーンを今すぐチェック

リンクユニット下




アドセンス関連ユニット



本日の人気記事

本日の人気記事

スポンサーリンク

[スポンサーリンク]



注意事項

  • 金融商品の時価は変動しますので、投資元本を割り込む可能性も承知の上で投資するようになさってください。
  • 本コンテンツで紹介している金融商品は、将来必ず値上がり・利益が生じるとは限りません。
  • 筆者調査の上で記事を執筆しておりますが、記事には不備・間違いが含まれる可能性がございます。必ず、あなたご自身が確認するようになさってください。
  • 記事執筆時点の情報に基づくため、最新の情報とは差異が生じている可能性がございます。記述と現況が異なる場合には、現況を優先いたします。
  • 記事を参照したことで生じた損失の補填や保証などは一切行いません。

-アセットアロケーション
-, , , , ,

Copyright© 東北投信 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.