青森県30代投資信託ブロガー作!つみたてNISAとiDeCoを使った資産形成ガイド

東北投信

リンクユニット




アセットアロケーション

効率的フロンティア上のアセットアロケーションを求めてみた

投稿日:2019年3月23日 更新日:

ツールを使って効率的フロンティアに近いアセットアロケーションを求めたところ、国内の株式・債券と先進国REIT、新興国株式というちょっと微妙な組み合わせのアセットアロケーションが求まりました。

真似をするのは少し勇気が入りますw

では詳しく。

効率的フロンティアとは、最大限運用効率を高めた組み合わせを線上で示したものです。

要するに、リスクが低く、シャープレシオは高いため、元本割れの可能性が減り、より利益を獲得しやすい特徴を持つ組み合わせの集合です。

投資家が選択可能なポートフォリオの資産配分のうち、投資家にとって最も有利と考えられる選択肢の集合。同じリターンではリスクが最小に、同じリスクではリターンが最大になるような組み合わせを結んだ線上で表現される。

出典:効率的フロンティア(こうりつてきふろんてぃあ) | 野村證券

リスクとリターン、シャープレシオについては以下の記事で解説しています。

no image
投資信託におけるリスクとリターンとは何を示すのか

投資信託の話にはリスクとリターンという言葉がつきものです。 弊ブログでも、この2つのスコアを使って、投資信託の将来成績の予想などを行っています。 ので、知っておいて欲しい言葉として説明します。 リスク …

続きを見る

効率的フロンティアについては以前、こんな記事を書きました。

有効フロンティア
アセットアロケーションの効率的ポートフォリオ。どこまでこだわる??

りんりさん(@SandP500ETF )の記事を読んで、ちょっと思ったところなので、検証してみました。 (VTI)米国株と全世界株式(除く米国)の「最も適切な資産配分」と「意外な罠とは?」(VT) | …

続きを見る

効率的フロンティア

効率的フロンティアに近づけてもあまり意味が無いよ(そのフロンティアは一時的なものだから)」というものですが、それでもやはり効率的フロンティア上の資産配分がどんなものかは気になるもの。

というわけで、それを求めてみたという話です。

今回は将来シミュレータ「アセロラ」のデフォルトデータ(= JPモルガンAMの超長期マーケット予測2019)を利用し、各利回りで効率的フロンティア上にできるだけ近づけた資産配分を求めてみました

J.P.モルガンの超長期マーケット予測 | JPモルガンアセットマネジメント

この話はインプットするデータによって結果が大きく異なる点にご留意ください。

[スポンサーリンク]

利回り別。最も低リスクとなるアセットアロケーション

今回は、

  • 国内債券
  • 国内株式
  • 国内REIT
  • 先進国債券
  • 先進国株式
  • 先進国REIT
  • 新興国債券
  • 新興国株式

の8資産を使い、ターゲットとなる利回りに近く、かつ、その中でシャープレシオが最も高い(= リスクが最も低い)アセットアロケーションを求めました

以下で紹介するアセットアロケーションは数値上はそうなるものの、実際に効率的に運用できる配分かは保証しません

なお、各資産の刻みは10%なので、結構粗めです。

利回り1%

利回り1%に近い効率フロンティア上のアセットアロケーション

利回り1%で効率的フロンティアに近い資産配分
資産 割合
国内債券 90%
国内株式 10%

この配分では、

  • リターン:1.18%
  • リスク:2.05%
  • 1年間の最大見込み損失額:投資額の2.9%

となりました。

国内債券主体のかなり安全性を追求した運用ですね。

債券の市況が微妙なのがネックですが、大損することはまず無いと思います(国内債券で大損したら、その時は国内中がパニックです)。

利回り2%

利回り2%に近い効率フロンティア上のアセットアロケーション

利回り2%で効率的フロンティアに近い資産配分
資産 割合
国内債券 70%
国内株式 10%
新興国株式 20%

この配分では、

  • リターン:2.38%
  • リスク:5.74%
  • 1年間の最大見込み損失額:投資額の9.1%

となりました。

国内債券主体ですが、先進国株式ではなく新興国株式を入れてくるあたりが攻めてます。

JPモルガンAMの超長期マーケット予測2019では先進国株式の利回りが低く見積もられているため、計算上も外れてしまいました。

現実的には新興国株式でなく先進国株式でも良いとは思いますね。

利回り3%

利回り3%に近い効率フロンティア上のアセットアロケーション

利回り3%で効率的フロンティアに近い資産配分
資産 割合
国内債券 50%
国内株式 20%
先進国REIT 10%
新興国株式 20%

この配分では、

  • リターン:3.18%
  • リスク:8.64%
  • 1年間の最大見込み損失額:投資額の14.1%

となりました。

先進国株式が選択されないのは、上述の通りインプットするデータの問題ですが、先進国REITを先進国株式に変えたなら、「まあ、ありかな」と思える配分です。

先進国REITをアセットアロケーションに含めるかどうかは最近記事にしてました。

FTSE NAREIT All REITs Index
アセットアロケーションにREIT(不動産投資信託)を含めるかどうかを評価してみた

結論から述べると、REIT(リート。不動産投資信託)を含めることで、リターンを保ったままリスクを低減することができます。 債券や株式のような伝統的な資産に比べると歴史が短いものの、アセットアロケーショ …

続きを見る

利回り4%

利回り4%に近い効率フロンティア上のアセットアロケーション

利回り4%で効率的フロンティアに近い資産配分
資産 割合
国内債券 30%
国内株式 20%
先進国REIT 20%
新興国株式 30%

この配分では、

  • リターン:4.15%
  • リスク:12.29%
  • 1年間の最大見込み損失額:投資額の20.4%

となりました。

利回り3%のときと大して変わらないので、コメントすることがなくなってきました。

利回り5%

利回り5%に近い効率フロンティア上のアセットアロケーション

利回り5%で効率的フロンティアに近い資産配分
資産 割合
国内債券 10%
国内株式 30%
先進国REIT 20%
新興国株式 40%

この配分では、

  • リターン:5.18%
  • リスク:16.13%
  • 1年間の最大見込み損失額:投資額の27.1%

となりました。

「またか」という顔ぶれです。

先進国株式や先進国債券が含まれないのはなぜ?

JPモルガンAMの超長期マーケット予測2019では先進国株式と先進国債券のパフォーマンスが低く見積もられているので、機械的に求めると計算から外れてしまいます

国内株式と新興国株式でアセットアロケーションを組むのはなかなか攻めていると思うので、実際には先進国株式は含めたいですよね。

このあたりは過去データも利用して、もうちょっといろいろ遊んでみたいなと思いました。

現状ではちょっとマネをしても不安に思う配分ですw

[スポンサーリンク]

まとめ

  • 効率的フロンティアとは、同じリターンならばリスクが最少に、同じリスクならリターンが最大になる資産配分の集合である
  • ツールを使って効率的フロンティアに近いアセットアロケーションを求めたところ、国内の株式・債券と先進国REIT、新興国株式という微妙な組み合わせのアセットアロケーションが求まった
  • 無理に効率的フロンティア上のアセットアロケーションを求める必要は無い。効率的フロンティアは一時的なものだし、資産配分が効率的フロンティア上に無くとも資産形成はできる

余談:効率的フロンティア上のアセットアロケーションを求めるツールは今後リリース予定

実はこの記事の結果は筆者作成のツールにて求めました。

最小分散ポートフォリオ算出ツール
「最小分散ポートフォリオ算出ツール」リリースのお知らせと利用時の注意点

最小分散ポートフォリオとは指定したリターンに対して、最もリスクが小さくなるポートフォリオのことを言います。 リスクが小さくなるため、価格の触れ幅が小さくなり(低ボラティリティ)、その結果市場の平均リタ …

続きを見る

将来的には公開したいと思っていますが、多重ループ計算のために処理時間がかかるのがネック。

もうちょっとスムーズに算出できるようにしたいのですが・・・。

フッタ広告3

将来のお金の不安を解決するなら「つみたてNISA」がオススメ!!

老後破綻に備えるべく、筆者も毎月積み立てています。

筆者が利用しているSBI証券の口座開設手順はこちら
SBI証券の口座開設方法。開設に要する時間やよく疑問に思うところなど

SBI証券で今やってるキャンペーン
【2019年3月】SBI証券に「つみたてNISA」または「一般NISA」口座を開設し現金プレゼントを狙おう!(2019年5月31日まで)

他の証券会社もチェックするなら
【2019年4月】つみたてNISAオススメ証券会社3選


【口座開設料・維持費無料】SBI証券のウェブサイトを今すぐ見る

リンクユニット下




アドセンス関連ユニット



本日の人気記事

本日の人気記事

スポンサーリンク

[スポンサーリンク]



注意事項

  • 金融商品の時価は変動しますので、投資元本を割り込む可能性も承知の上で投資するようになさってください。
  • 本コンテンツで紹介している金融商品は、将来必ず値上がり・利益が生じるとは限りません。
  • 筆者調査の上で記事を執筆しておりますが、記事には不備・間違いが含まれる可能性がございます。必ず、あなたご自身が確認するようになさってください。
  • 記事執筆時点の情報に基づくため、最新の情報とは差異が生じている可能性がございます。記述と現況が異なる場合には、現況を優先いたします。
  • 記事を参照したことで生じた損失の補填や保証などは一切行いません。

-アセットアロケーション

Copyright© 東北投信 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.