青森県30代投資信託ブロガー作!つみたてNISAとiDeCoを使った資産形成ガイド

東北投信

リンクユニット




積立NISA(つみたてNISA)

【初心者歓迎】これから「つみたてNISA」を始めたい人向けのまとめ記事あれこれ

投稿日:2019年4月3日 更新日:

ここでは改めて「つみたてNISA」の特徴をまとめてみたいと思います。

主な特徴は割とどこのサイトでも読めるので、どちらかといえばよくある誤解ややめたくなった時の話のほうを重点的に紹介します。

★つみたてNISAの主な特徴

  • 年間40万円までの投資を最大20年間継続可能
  • 運用で得た利益には税金がかからない
  • 金融庁が選択した優れた投資信託のみ投資できる

詳しくは:つみたてNISAの概要 | 金融庁

記事を書いてる筆者(@instockexnet )は2014年から投資をはじめ、つみたてNISAは制度開始と同時にスタートしました。

様々な運用を試した上で個人的には一番「しっくり」きている投資ですので、あなたとも一緒につみたてNISAのお話ができたら、と思います。

同じ初心者向けコンテンツということで、こちらもどうぞ。

【初心者歓迎】つみたてNISAに関心があるならチェックしておきたい5つの「よくある勘違い」

この記事では、筆者(@instockexnet )がネット等を見てて「誤解しているな」と思った、つみたてNISAのよくある誤解点・勘違いされやすいポイントを紹介します。 筆者は2014年から投資信託の …

続きを見る

[スポンサーリンク]

つみたてNISAの始め方

つみたてNISAを利用できる金融機関

  • 日本全国の銀行(地方銀行含む)
  • 窓口のある証券会社
  • インターネット証券(ネット証券)

ネットでは「つみたてNISAはネット証券でやろう」と言われますが、そもそもつみたてNISA対象の投資信託はかなり優秀なものが選別されていますので、ゆうちょやメガバンク、地方銀行で始めてもそう大差はありません

正直、使い慣れた銀行を利用するのでも良いと思います。

強いてあげれば、ネット証券ならポイントサービスがあったりするので、その付加特典の分だけお得ってぐらいです。

筆者はSBI証券でつみたてNISAをやっています

筆者は2014年からSBI証券ユーザーということもあって、同証券で2018年1月からつみたてNISAをはじめました。

SBI証券や楽天証券のようなネット証券の場合には、パソコンやスマホを通じて商品を選び、積み立て設定を行ないます。

東北投信筆者のつみたてNISAの運用実績推移
【実績公開】30代筆者「つみたてNISA」運用方針解説!2019年6月Update!!

2018年から始まった「つみたてNISA」。 あなたはもう運用を始めていますか? 金融機関選びとか、投資する商品選びとか、悩ましい部分も多いですよね。 というわけで、以下では30代筆者(@instoc …

続きを見る

積み立てる金額は1ヶ月あたり最大3.3333万円まで

つみたてNISAで毎月積み立てられる金額は、1ヶ月あたり最大3.3333万円までです。

これは上限が3.3333万円と決まってるだけで、必ずしも毎月この金額を積み立てる必要はありません。

例えば毎月2万円でも良いですし、もっと少なく3,000円から始めるのもOK!

「つみたてNISA」と「3000円投資生活」。最高の組み合わせじゃないですか

今年、2018年から始まった「つみたてNISA」。 あなたはもう利用を始めていますか? 筆者(@instockexnet )は今月20日に初回の積み立てをおこなう予定です! ところで、最近ちらほらある …

続きを見る

筆者の2018年のつみたてNISAは毎月2万円でやっていました。

この金額にした理由は、単に家計的な理由で、毎月2万円までなら積み立てても問題ないと判断したからです(それでも、12月はお金が足りなかった)。

そんな感じで、毎月3万円と言わず、無理のない金額を設定すれば良いと思います。

具体的な商品はどれを買えばいい?

つみたてNISAのオススメ商品については以下の記事で解説しています。

SBI証券のつみたてNISA設定件数ランキング
【2019年3月】つみたてNISAオススメ商品ランキング@東北投信版【積立NISA】

先につみたてNISAオススメ商品ランキングの結論だけ載せると以下の通りです。 つみたてNISAオススメファンド順位表(2019年3月) ランク ファンド名 投資先 1位 eMAXIS slim 先進国 …

続きを見る

ゆうちょ、メガバンク版はこちら。

メガバンク
田舎の投信ブロガー厳選!?銀行で始める「つみたてNISA」オススメ商品ランキング

先に銀行でのつみたてNISAオススメ商品ランキングの結論だけ載せると以下の通りです。 つみたてNISAオススメファンド順位表(2019年3月・銀行版) ランク ファンド名 投資先 1位 つみたて先進国 …

続きを見る

つみたてNISAを始める前に知っておきたい、よくある誤解

元本保証の貯金ではない

つみたてNISAは投資した元本そのものが値動きする

つみたてNISAで買った投資信託は投資した元本部分が値動きしますので、元本に利息がつく定期預金などとは異なります。

しばしば「貯金感覚で始めよう」との記述を目にしますが、これは「毎月お金を残すつもりで」というマインド的なことを言ってるのであって、決して「つみたてNISAは貯金と同じだよ」という意味ではないのでご注意ください。

「つみたてNISAを貯金感覚でやろう」に潜む罠。定期預金と混同すると危険だよ!

ツイッターで、「(つみたてNISAを含む)インデックス投資は貯蓄に近い感覚」という発言を見たので、この話に思ったことを紹介します。 この発言の趣旨はわかるのですが、つみたてNISA初心者がこれを真に受 …

続きを見る

金融庁お墨付きだから損をしない、は間違い

「貯金感覚」に似た勘違いで「金融庁お墨付きだから(損をしない)」と解釈されることもありますが、これも同じで金融庁は投資しやすい商品を選定したのであって、決して損をしないわけではないので、やはり注意が必要です。

  • 金融庁お墨付き → 金融庁は投資しやすい商品を選んだだけです。その商品を運用して損をすることもあります
  • リスクない → つみたてNISAも投資なので「損をするリスク」はあります
  • 非課税でおトク → これは間違いないのですが、つみたてNISAの場合には儲からないとお得にならないジレンマがあります
  • 長期で増える → これも間違いないのですが、厳密に値上がりしたり値下がりしたりしながら増えていく、というイメージです

念のため考えておきたい、ダメだったときのこと

もしもつみたてNISAに失敗したらどうなる?

投資の失敗というと、「借金」とか「人生が狂う」とか恐ろしく悪いイメージが先行しがちですが、つみたてNISAの運用に失敗しても、そこまで酷いことにはなりません。

せいぜい、投資したお金の何割かが失われるだけです。

  • つみたてNISAの運用に失敗しても、(自発的に消費者金融を利用しない限り)借金は絶対に抱えません
  • 借金はしないので、怖い人たちから督促の電話がかかってくることもありません
もしも「つみたてNISA」の運用に失敗したらどうなる?

2018年1月1日より「つみたてNISA」の制度が開始されました。 もうあなたは利用する証券会社や投資信託を選び終わっていますか? もし、あなたが初めて「つみたてNISA」を利用するのでしたら、 「運 …

続きを見る

つみたてNISAでいくら損失を抱えるかは概算できる

つみたてNISAでいくら損失を抱えるかはある程度概算できます。

リーマンショックの時のデータを利用すると、おおよそ以下のような感じです。

  1. 株式100%の投資信託:投資額の30~40%/年・・・ハイリスクハイリターン
  2. バランスファンド:投資額の10~20%/年・・・ミドルリスクミドルリターン
  3. 特にローリスクなバランスファンド:投資額の10%未満/年・・・ローリスクローリターン

「損をすると怖いな」と思うなら、リスクの低い商品に少額を積み立ててみると良いと思います。

どうしても運用をやめたくなったら「やめてもいい」

「つみたてNISAを最後まで継続しよう」と思い立って始めても、やはりやめたくなることもあると思います。

その場合には、つみたてNISAをやめることもできます

SBI証券のつみたてNISA設定画面
SBI証券でのつみたてNISAのやめ方・解約方法。どうしても「やめたい」ときに

この記事をご覧のあなたはきっと承知のとおり、2018年からはじまった「つみたてNISA」は1年目から試練の年のような状況になっています。 2月に一度急落し、そして10月にまたも株価の下落。 「つみたて …

続きを見る

  • つみたてNISAで買った投資信託を途中で売却することもできます → このお金は出金することができます
  • 売却後に、再度積み立てなおすこともできます

元本保証ではないので、いくらで解約できるかは時価で決まります

「いつやめてもいい」という点で、つみたてNISAは初心者向きだと思うんです。

もちろん、やめずに最後まで継続したほうが良いのは承知ですが、全ての人が最後まで継続できるとは限らないので。

キャンペーンやポイント特典を利用するとよりお得に

ネット上の個人投資家の多くがSBI証券や楽天証券等のネット証券を選ぶ背景には、特に両証券会社がキャンペーンやポイントサービスの拡充を進めているためです。

2019年4月時点の風潮だと楽天証券が選ばれやすいように思います。

★楽天証券を選ぶメリット

  • 楽天カードを利用した積み立てで楽天スーパーポイントの1%還元
  • つみたてNISAで積み立てた投資信託の保有残高に応じて楽天スーパーポイントプレゼント
  • 貯めた楽天スーパーポイントで投資信託を購入可能
楽天証券の口座開設方法。開設に要する時間や流れなどを紹介

初めての証券口座開設ってわからないことが多いんですよね。 住所・氏名はともかく、初めて聞く用語が出てきて、「どうしますか」って問われても、ほんとわからないんですよね。 せっかく投資に興味が向いたのに、 …

続きを見る

一方、SBI証券は口座開設(や投資信託の積み立て)で現金を貰える可能性があるキャンペーンが多いので、「ポイントよりも現金が欲しい」人向けです。

★SBI証券を選ぶメリット

  • 抽選で現金が当たるキャンペーンが多め
  • ネット証券首位の証券会社として、「みんなが選んでいる」という安心感がある
【2019年3月】SBI証券に「つみたてNISA」または「一般NISA」口座を開設し現金プレゼントを狙おう!

筆者も利用しているSBI証券で2019年5月31日までに「つみたてNISA」もしくは「NISA(一般NISA)」の口座を開設すると、抽選で2,000人に2,000円の現金プレゼント! この期に、SBI …

続きを見る

みんなこう思ってる!つみたてNISAに対する意見あれこれ

意外と不満派も多い!??

これは筆者ツイッターでのつみたてNISAに関するアンケート結果です。

★つみたてNISAに対する満足度は?

  • 満足している:25%
  • 可もなく不可もなく:31%
  • 不満がある:21%
  • 答えだけ見る:23%

※総投票数:447票

割と不満が多いようにも見えますが、リプライくれた方の話も紹介しましょう。

おおよそまとめるとこんな点が不満なところとして思われているようです。

★つみたてNISAの主な不満点

  • 非課税になる積立額をもっと増やしてほしい
  • 運用期限20年をもっと長くして欲しい
  • 選べる商品をもっと増やしてほしい or もっと減らしてほしい
  • スイッチングを利用できるようにしてほしい(※)

※スイッチングとは、iDeCoで採用されている、非課税枠を消費せずに別の投資信託を購入できる制度です

こちらは好意的な意見。

筆者はななしさんの意見にだいたい賛成です。

筆者の一番オススメできる投資は「つみたてNISA」です

筆者個人としては、つみたてNISAの制度はまあまあ満足しています。

本音を言えば非課税期間を40年ぐらい欲しい気もしますが、20年でも(おそらく)将来に向けた資産は作れると思っています。

こういうサイトを運営している手前、どうしても「将来のお金のことが不安で投資を始めたい」という話を相談されることも多いです。

そういった場合には、つみたてNISAをオススメすることにしており、「半年か1年やってみてダメならやめれば良い」とも伝えています。

普通に働いて、家族がいて、休日は両親や子供の相手をして、自分と家族の将来の幸せを願う、ごく普通の人たちが始める投資としては、つみたてNISAはいいんじゃないかな、と思います。

これまで株式やFX、ソーシャルレンディングにビットコインと様々な投資を試してきた上で、筆者が考える結論です。

資産運用はやっぱり「つみたてNISA」が好き!

筆者はつみたてNISAを利用したインデックス投資が大好きです。 その昔、「つみたてNISAはまずまず」みたいな記事書いてすみませんでしたw ほったらかしで運用して良い(日々のメンテナンス不要) ほった …

続きを見る

 

「じゃあ、つみたてNISAで何に投資すればいいの?」とは難しいところなので、そこは何かツールとか作りたいと思います。

[スポンサーリンク]

おわりに

東北投信では最近マニアックな記事ばかり増えてきたので、今一度つみたてNISAの始め方に役立つ記事をいろいろまとめてみました。

つみたてNISAを始める際に本記事が役立ちましたら幸いです。

東北投信では投資信託の将来予測や組み合わせなどを話を紹介していますので、つみたてNISA開始後もぜひご覧いただければと思います。

同じ初心者向けコンテンツということで、こちらもどうぞ。

【初心者歓迎】つみたてNISAに関心があるならチェックしておきたい5つの「よくある勘違い」

この記事では、筆者(@instockexnet )がネット等を見てて「誤解しているな」と思った、つみたてNISAのよくある誤解点・勘違いされやすいポイントを紹介します。 筆者は2014年から投資信託の …

続きを見る

フッタ広告3

将来のお金の不安を解決するなら「つみたてNISA」がオススメ!!

老後破綻に備えるべく、筆者も毎月積み立てています。

筆者が利用しているSBI証券の口座開設手順はこちら
SBI証券の口座開設方法。開設に要する時間やよく疑問に思うところなど

SBI証券で今やってるキャンペーン
【2019年3月】SBI証券に「つみたてNISA」または「一般NISA」口座を開設し現金プレゼントを狙おう!(2019年5月31日まで)

他の証券会社もチェックするなら
【2019年4月】つみたてNISAオススメ証券会社3選


【口座開設料・維持費無料】SBI証券のウェブサイトを今すぐ見る

リンクユニット下




アドセンス関連ユニット



本日の人気記事

本日の人気記事

スポンサーリンク

[スポンサーリンク]



注意事項

  • 金融商品の時価は変動しますので、投資元本を割り込む可能性も承知の上で投資するようになさってください。
  • 本コンテンツで紹介している金融商品は、将来必ず値上がり・利益が生じるとは限りません。
  • 筆者調査の上で記事を執筆しておりますが、記事には不備・間違いが含まれる可能性がございます。必ず、あなたご自身が確認するようになさってください。
  • 記事執筆時点の情報に基づくため、最新の情報とは差異が生じている可能性がございます。記述と現況が異なる場合には、現況を優先いたします。
  • 記事を参照したことで生じた損失の補填や保証などは一切行いません。

-積立NISA(つみたてNISA)

Copyright© 東北投信 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.