つみたてNISAとiDeCoを中心にした投資信託の長期投資ブログ

東北投信

リンクユニット




積立NISA(つみたてNISA)

つみたてNISAは「苦行」。配当も株主優待も貰えない。でも積み立てるのはやめない!

投稿日:

改めて述べるまでもありませんが、「つみたてNISA」を含むインデックス投資は結構「苦行」です笑

  • 20年継続することを前提に制度設計されています。20年ってすごく長い
  • 分配金や配当金などは出ないのが標準的です。「配当金を貯めて何かに使う」というイベントがありません
  • 投資信託なので、株主優待は当然ありません

投資に対するポジティブなイメージって配当金や株主優待を想像されることが多いので、それに比べると「つみたてNISA」はどうしても地味なのです。

でも、筆者はつみたてNISAはやめないよ、って話。

お金さえ入金し続ければ、市場平均の運用成績を期待できるのですから

「貯金感覚でやろう」とも言われる所以ですね。

「つみたてNISAを貯金感覚でやろう」に潜む罠。定期預金と混同すると危険だよ!

ツイッターで、「(つみたてNISAを含む)インデックス投資は貯蓄に近い感覚」という発言を見たので、この話に思ったことを紹介します。 この発言の趣旨はわかるのですが、つみたてNISA初心者がこれを真に受 …

続きを見る

[スポンサーリンク]

投資をやっているとこんな「皮算用」をしたくなる

まぁ投資やってなくてもよく考える話ですがw

やっぱり運用したお金で何かしたこととか、贅沢とか考えることってあると思うんです。

エアカナダ

時期にもよりますが、10~15万円ほどあればカナダへの往復航空券(エコノミークラスですけど)を購入できます。

それをもし配当だけで賄うならば、というお話ですね。

「つみたてNISAは分配金も株主優待もない」のが標準

20年ってめっちゃ長いよね

2019年8月現在、「つみたてNISAでの積立投資は配当金も分配金も株主優待も一切出ない」のが標準的な運用スタイルです。

つみたてNISA対象商品のうち、アクティブファンドやETFなどで出ているケースもありますが、一般的な商品はインデックス運用で分配金を出さずに複利運用を行なっています。

複利
つみたてNISAで分配金を貰ったら再投資すべき?受け取るべき?

つみたてNISAで分配金を貰ったら、再投資しましょう。 分配金を貰わないファンドであっても、注文時に「再投資」を選んでおきましょう。 そのほうがより早く、より大きな資産を築くことになりますよ! 以下で …

続きを見る

eMAXIS slim 先進国株式インデックスファンドの運用報告書
つみたてNISAは本当に複利で運用されてるの?

今日のお題は「つみたてNISAは本当に複利で運用されてるの?」 最初に答えを述べておくと、つみたてNISAでは、私たちが購入している投資信託の内部で複利運用されています。 投資信託の運用にはいろいろと …

続きを見る

言うまでもなく、つみたてNISAはこの運用を20年間継続します(仮に20年目に買ったファンドの非課税期限が切れるところまでを含めると計40年です)。

20年と言えば、すごく長いです。

  • 子供が生まれた年につみたてNISAをはじめたら、最初の非課税期限がきたとき、子供は20歳になり、最後の非課税期限がきたときには40歳になっています
  • もし、子供ではなく子犬を飼いはじめたのなら、非課税期限が終了する前に、その犬は天寿を全うするかもしれません
  • 20年前のヒット曲、覚えていますか??もしかしたら、まだあなたは物心ついていない時かも

これほどの期間、分配金やら配当金、さらには株主優待のような投資イベントと無縁になるのがつみたてNISAの1つの特徴です。

言い換えれば:20年間運用して資産が増えても生活は変わらない

つみたてNISAでは、積み立てたことによって資産が増えていったとしても、分配金がでないために、基本的な生活は何も変わりません

先に述べたように、「配当金で航空券を取って旅行する」といった運用は期待できず、「ただ資産だけが増えて行く」という変化を辿ります。

もちろん途中で売却して利用することもできますが、つみたてNISAは少なくとも15年かそれ以上は運用することを前提にすべきだと思います。

このあたりが(つみたてNISAを含む)インデックス投資は苦行とか修行とか感じてしまう所以ですよね。

つみたてNISAの「マシュマロ」は20年後まで我慢、なのです。

それでも非課税期間が終わるまで積み立てるのを止めないっ!

「最小の労力で市場平均の結果を得られる」という利便さ

だからといって、筆者は別に「高配当株への投資がいい」とか「つみたてNISAやめます」とかは言いません。

筆者は20年間つみたてNISAを続けます

資産運用はやっぱり「つみたてNISA」が好き!

筆者はつみたてNISAを利用したインデックス投資が大好きです。 その昔、「つみたてNISAはまずまず」みたいな記事書いてすみませんでしたw ほったらかしで運用して良い(日々のメンテナンス不要) ほった …

続きを見る

  • ほったらかしできる。自分で勝てる銘柄を毎日探す必要がない
  • お金に困ったらいつでも止められる
  • 資本主義が続く限り、長期投資なら勝てる可能性が高いだろう

儲かる銘柄を探すために、毎日チャートを確認したり、業績をチェックしたりするのは、それはそれで結構大変です。

時間は限られているので、どこに時間を割り振りするかと考えたときに、最小のコストで「市場平均」の結果が得られるインデックス投資は魅力です。

しかも非課税のメリットがありますので、最終的なリターンは税金のだけブーストされる可能性もある点も強みです。

つみたてNISAは努力なしに利する「ずるい」投資

「「最小の労力で市場平均の結果を得られる」という利便さ」とは、努力なしに利する「ずるい」投資と言い換えることができるかもしれません。

もちろん、20年にわたって積み立て続けるのは一種の「努力」が必要です。

しかし、入金さえし続けていれば、それ以外に利益を得るための必要な努力はありません。

せいぜい、最初にアセットアロケーションを考えたりするぐらいです。

「入金投資法」と揶揄されることもありますが、それが「つみたてNISA」を含むインデックス投資の1つの特徴なのです。

[スポンサーリンク]

まとめ

  • つみたてNISAには分配金や配当金、株主優待のような「わかりやすい」投資イベントは無い
  • 20年積み立てを継続するのは結構大変。働いて収入を得続けなければいけない
  • 資本主義が継続する限りは、つみたてNISAは努力なしに利益だけを得られる「ずるい」投資になりうるだろう

結局のところ、投資と長く付き合って行くためには、

  • 退屈しのぎになる、定期的な投資イベント(配当金や優待など)
  • お金が増えていくこと
  • 手間がかからないこと

あたりを満たしていると強いんじゃないかと思います。

つみたてNISAは「定期的なイベント」がないものの、手間をかけずにお金を増やせる可能性がある投資です。

全てを満足に充足する投資はないので、時にはつみたてNISA以外の運用も組み入れながら、長く継続できるスタイルを目指すのがいいのかな、と思います。

参考になりましたら、応援クリック(応援タップ)お願いします!

にほんブログ村 株ブログ つみたてNISAへ
にほんブログ村へ

フッタ広告3

将来のお金の不安を解決するなら「つみたてNISA」がオススメ!!

「2000万円問題」に備えるべく、筆者も毎月積み立てています。

数ある資産運用でつみたてNISAを選ぶ意義はこちら
なぜ「つみたてNISA」を選ぶの?筆者が知人達に勧めている本当のところ

筆者が利用しているSBI証券の口座開設手順はこちら
SBI証券の口座開設方法。開設に要する時間やよく疑問に思うところなど

他の証券会社もチェックするなら
【2019年11月】つみたてNISAオススメ証券会社3選

【2019年11月】今月の投資信託&つみたてNISA関連キャンペーン【ネット証券5社】

2019年11月1日現在で行なわれている、ネット証券5社のつみたてNISAや投資信託関係のキャンペーンをまとめてご紹介。 キャンペーンを機会に口座開設するのも良いし、既に口座をお持ちの場合でもエントリ …

続きを見る

リンクユニット下




アドセンス関連ユニット



本日の人気記事

本日の人気記事

注意事項

  • 金融商品の時価は変動しますので、投資元本を割り込む可能性も承知の上で投資するようになさってください。
  • 本コンテンツで紹介している金融商品は、将来必ず値上がり・利益が生じるとは限りません。
  • 筆者調査の上で記事を執筆しておりますが、記事には不備・間違いが含まれる可能性がございます。必ず、あなたご自身が確認するようになさってください。
  • 記事執筆時点の情報に基づくため、最新の情報とは差異が生じている可能性がございます。記述と現況が異なる場合には、現況を優先いたします。
  • 記事を参照したことで生じた損失の補填や保証などは一切行いません。

-積立NISA(つみたてNISA)

Copyright© 東北投信 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.