つみたてNISAとiDeCoを中心にした投資信託の長期投資ブログ

東北投信

リンクユニット




投資信託の銘柄解説

-, ,

「ひふみワールド」に飛びつく前に。外国株のアクティブファンドは難しいのだ

投稿日:2019年9月14日 更新日:

ひふみワールド

9月26日から募集が始めるひふみワールドは買いか」という検索でうちに来た方がいるので、記事にしたいと思います。

結論から述べると、さすがに現時点では未知数すぎてなんともいえないので、最初は様子を見てから判断をするのが賢明です。

運用が始まって1年ぐらい時間を置いてから買うかどうかを考えても良いと思います。

筆者がツイッターでやったアンケートだと買わない人が多いですね。

★インタビュー結果(記事執筆時点)

  • 買う:9%
  • 買わない:57%
  • 階段を登って降りる(※):11%
  • 結果だけ見る:23%

※これは「ジョジョ」のネタ

[スポンサーリンク]

「ひふみワールド」の概要

信託報酬や純資産などの基本情報

ひふみワールドの特徴(2019年9月14日時点)
購入手数料 0%
(ノーロード)
信託報酬
実質コスト
1.6280%(消費税10%)
信託財産留保額 0%
換金手数料 0%
運用期限
(償還日)
無期限
(償還なし)
基準価額
純資産(ベビー)
純資産(マザー)
-億円
-億円
SBI証券ランキング
つみたてNISA
設定件数
対象外

EDINETの有価証券届出書はこちら。

ひふみワールド(有価証券届出書) | EDINET

長期保有で信託報酬割引き

ひふみワールドでは「資産形成応援団」というサービス名で、長期投資時の信託報酬割引きを実施するようです。

  • 保有期間5~10年:年率0.1%割引き
  • 保有期間10年~:0.25%割引き

10年を超えて保有した場合には、実質1.23% + 税が信託報酬になりますね。

投資対象は日本を除く世界株式(グロース株中心?)

ひふみワールドの投資対象は、日本を除く世界株式で、先進国(アメリカや欧州など)のほか、新興国(中国や台湾、東南アジアの国など)も投資対象に含まれます。

ベンチマークは設定されませんが、実質的にはMSCI ACWI(除く日本)と比較することになります。

ポートフォリオにおける株式の組み入れ比率は50~100%の間で調整されて運用されます。

ひふみワールドの株式組み入れ比率

なお、為替ヘッジは行ないませんので、株式比率が高まるほど値動きも大きくなる可能性があります。

資料では、「ハラハラ・ドキドキ感をできるだけ軽減する」と書かれているので、そこは株式と現金の比率を調整することでカバーするのだと思います。

「成長企業に投資する」と記載されていることから、グロース株への投資がメインになると予想されます。

「グロース株」とは、企業の売り上げや利益の成長率が高く、その優れた成長性ゆえに株価の上昇が期待できる株式のことで、「成長株」とも呼ばれます。革新的な商品やサービスを通じて市場シェアを拡大し、増収増益を続けているような企業が多く、一般に投資家の人気が高いという特徴があります。ひところのIT株のように、ほんの数年で株価が数倍~数十倍に上昇するものも珍しくありません。(中略)

しかし逆に、成長率が予想を下回ったり、増収増益が途絶えた場合などには、株価は下落に向かいやすくなります。多くの企業では、事業規模の拡大や競合企業の市場参入にともない、成長率は鈍化する傾向にあります。つまりPERが高いグロース株への投資は、その企業がよほどの成長余力を備えていない限り、リターンにつながりにくいといえるのです。

出典:「グロース株」と「バリュー株」について、それぞれの意味と投資上の注意点を教えてください。 | man@bow

購入を決める前にちょっと待とう

外国株(グローバル株式)のアクティブ投信は難しいのだ

これは東証マネ部の記事がわかりやすいので、紹介しておきましょう。

「アクティブファンドがインデックスに勝てない」根拠とは? | 東証マネ部

出典:インデックスに負けているアクティブファンドの比率(https://money-bu-jpx.com/news/article005485/)

出典:アクティブファンドの生存確率(https://money-bu-jpx.com/news/article005485/)

この記事によると、

  • 92%のグローバル株式ファンドが10年後にインデックスの成績を下回っている
  • 10年後に生存しているグローバル株式ファンドは64%

という厳しい事情が示されています。

これについて、引用先の記事では、

  • 外国株の情報は限られており、日本株ほどには銘柄選定がうまくできていない
  • 信託報酬の高さ

の2点が挙げられています。

また、東証マネ部の過去記事(2017年)では、レオスキャピタルワークスを率いる藤野氏の以下のようなコメントも紹介されています。

レオス・キャピタルワークスの藤野英人氏によると、日本では米国に比べてアクティブファンドが勝てる余地がまだ残されているという。「米国では資本市場における競争が激しく、企業も市場の選別に絶えず晒されている。一方、日本の市場はそこまでの競争にはなっておらず、市場によって選別・淘汰されて然るべき企業がそのまま残っていることから、それらを保有しなければインデックスに勝てる確率も上がる。」とのことだ

出典:海外事例から見るアクティブファンド選別法 | 東証マネ部

この時点でひふみワールドの構想があったのかはわかりませんが、海外市場の難しさを物語る発言だと感じます。

eMAXIS slim 全世界株式(除く日本)を年平均1%以上上回る成績を出さなければいけない

MSCI ACWI(除く日本)に連動する商品の1つにeMAXIS slim 全世界株式(除く日本)があります。

この商品は、日本を除く全世界株式を投資対象としていて、その信託報酬は0.1296%(2019年9月14日現在)とかなり低く抑えられています。

単純に考えれば、ひふみワールドは毎年平均1%以上、eMAXIS slim 全世界株式(除く日本)よりも高い利回りを出さなければ、信託報酬の高さ故にこの商品のパフォーマンスに負けることになります。

逆に考えると、信託報酬0.1%台で新興国含めて低コストに投資できる点はとても素晴らしいことで、そこに挑戦するひふみワールドのその挑戦意欲もまた素晴らしいことだと思います。

実際に運用が始まってから購入しても遅くない

というわけで、高い信託報酬が霞むほどの高いパフォーマンスになるかは、実際に運用が始まってみなければわかりません

これまでの一般的なグローバル株式ファンドは長期でインデックスに負ける確率が高いので、これまでの定説を元に考えれば買わないのが正解です。

しかし、かつてひふみ投信 + ひふみプラスがTOPIXを大きくオーバーパフォームしたのは周知の通りですし、丁寧な調査活動もまたテレビで取り上げられたとおりです。

TOPIXをオーバーパフォームしたのは中小型株を買っていたためで、最近は純資産が増えすぎてうまく運用できていないそうですね。

海外株も、中小型株中心に買って行くのかもしれませんね。

それがうまく機能するかどうかは、運用が始まってから見極めても良いと思います、ということで、今は様子見と個人的に思うわけです。

なお、運用報告会やセミナーなども開かれるでしょうから、その点はただ高い信託報酬を払うだけの他社無名グローバル株式ファンドとは異なる点だと思います。

個人的には買わないです

ネタでいくらかお金を投じるのは構わないですけど、ひふみワールドを運用の中核にすることはないです。

現在なら、例えば経費率0.03%のVOO(バンガードS&P500ETF)とかを低コストに購入できる時代ですから、「世界各国の市場にアクセスする」という意味では海外ETFで十分だと思っています。

加えて、個人的には海外の魅力的な商品を「自分で探したい」ので、やっぱり「ひふみワールド」は違うなと思っています。

まあ、投資オタクなんでしょうねw

ひふみワールドの購入方法

ひふみ投信ウェブサイトへの口座開設が必要です。


つみたて投資なら【ひふみ投信】(公式サイト)

購入は1,000円以上からで、一般NISAを利用して購入することも可能です(他金融機関にNISA口座を開設していない場合)。

2019年9月26日~2019年10月7日が当初募集期間で、その後はその時点の基準価額で購入することになります。

当初募集期間とは?

新たな追加型投資信託が運用を開始する前に、投資家からの購入申し込みを受ける期間。
設定時の基準価額(通常1万円)で購入できるため、運用成績が分かりやすくなります。単位型投資信託の購入タイミングは、募集期間だけです。

出典:当初募集期間 | 大和証券

すでに「ひふみ投信」の口座開設している方にはパンフが届いていると思います。

[スポンサーリンク]

まとめ

  • ひふみワールドの投資先は日本を除く世界株式。おそらくグロース株中心になると予想。グロース株は大きく成長すると株価が数倍にも増えるが、もともと成長することが株価に織り込まれていることも多い
  • 統計でみると、グローバル株式ファンドの大半はインデックスに負ける。そもそも10年間存続していないケースも少なくない
  • 運用が始まって少し様子を見てから購入しても遅くない。今、慌てて購入を申し込む必要は無い

ちなみに保有銘柄数を抑えると、ハイリスクハイリターンになるものの、うまく回ればインデックスの成績を上回りやすくもなります。

運用開始後の月報で確認してみると、将来の推移を予測する上での参考になるかもしれませんね。

参考になりましたら、応援クリック(応援タップ)お願いします!

にほんブログ村 株ブログ つみたてNISAへ
にほんブログ村へ

フッタ広告3

将来のお金の不安を解決するなら「つみたてNISA」がオススメ!!

「2000万円問題」に備えるべく、筆者も毎月積み立てています。

数ある資産運用でつみたてNISAを選ぶ意義はこちら
なぜ「つみたてNISA」を選ぶの?筆者が知人達に勧めている本当のところ

筆者が利用しているSBI証券の口座開設手順はこちら
SBI証券の口座開設方法。開設に要する時間やよく疑問に思うところなど

つみたてNISAの定番「楽天証券」をチェックするなら

楽天カードで投資信託を積み立てるメリット
2019年から「つみたてNISA」を始めるなら、一番クールでお得な証券会社はどこ?

あなたが気持ちを新たに2019年から「つみたてNISA」を始めるなら、どの証券会社を利用すれば良いか、を一緒に考えます。 といっても、つみたてNISAが始まった2018年初に比べると、2018年10月 …

続きを見る

他の証券会社もチェックするなら
【2019年11月】つみたてNISAオススメ証券会社3選

【2019年11月】今月の投資信託&つみたてNISA関連キャンペーン【ネット証券5社】

2019年11月1日現在で行なわれている、ネット証券5社のつみたてNISAや投資信託関係のキャンペーンをまとめてご紹介。 キャンペーンを機会に口座開設するのも良いし、既に口座をお持ちの場合でもエントリ …

続きを見る

リンクユニット下




アドセンス関連ユニット



本日の人気記事

本日の人気記事

注意事項

  • 金融商品の時価は変動しますので、投資元本を割り込む可能性も承知の上で投資するようになさってください。
  • 本コンテンツで紹介している金融商品は、将来必ず値上がり・利益が生じるとは限りません。
  • 筆者調査の上で記事を執筆しておりますが、記事には不備・間違いが含まれる可能性がございます。必ず、あなたご自身が確認するようになさってください。
  • 記事執筆時点の情報に基づくため、最新の情報とは差異が生じている可能性がございます。記述と現況が異なる場合には、現況を優先いたします。
  • 記事を参照したことで生じた損失の補填や保証などは一切行いません。

-投資信託の銘柄解説
-, ,

Copyright© 東北投信 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.