つみたてNISAとiDeCoを中心にした投資信託の長期投資ブログ

東北投信

リンクユニット




アセットアロケーション

【不定期観測】1年前と現在のアセットアロケーションを比較してみよう

投稿日:2019年10月27日 更新日:

投資で他人がどんな金融商品を持っているかは結構気にする方が多いと思います。

うちではあまり保有商品の話を書いていないのですが、たまたまちょうど1年前にアセットアロケーションの記事を書いていたので、今回はそれから1年経ってどう変化したかをチェックしてみようと思い、この記事を書いてみました。

30代筆者のアセットアロケーション(2018年10月26日現在)
30代筆者のアセットアロケーションを分析してみた。今後の運用方針も紹介

アセットアロケーション(資産配分)てなかなか決めるの難しいですよね。 「他人はどうしてるんだろう?」って気になりませんか? しかも、株価が下落する相場が続いたりすると「今の自分の運用って正しいのかな」 …

続きを見る

なお、宣伝ですが、アセットアロケーション分析に役立つツールも公開しています。

  • ピザロ:保有するインデックスファンドと評価額からアセットアロケーションに変換
  • アセロラ:入力されたアセットアロケーションから過去と将来の運用成績予測(JPモルガンAMの予測データを引用)
  • 最小分散ポートフォリオツール:入力された利回りでリスクを最小化したアセットアロケーションを提案(割と適当な結果が出ます)

では本題。

[スポンサーリンク]

現在保有しているもの

前回まで割と適当な基準で含めたり含めなかったりしていたので、今回から時価評価額が1,000円以上のものを計算に加えることにしました。

見よ!この何を考えて買っているか良くわからないファンドの組み合わせを!

※割とマジで買ってるものから、かなりジョーク的に買っているものもあるので、みなさんは真似をしないように

三菱UFJ国際投信のブロガーミーティングに参加してるくせに、まともに資金を入れているeMAXIS slimはオールカントリーぐらいですw

しかも、新規設定時にご祝儀で買った程度。

ちなみに、毎月きっちり積み立てているのは以下の3つです。

(eMAXIS slimを買うような)ネット上の投信ブロガーの運用にはまったく追従していませんが、最終的に投資している地域はほとんど同じなのだから、そこまで一緒に揃える必要はないでしょ、といったところです。

あと、信託報酬の引き下げに右往左往するのもめんどうなので、それを理由に乗り換えることはありません。

現在のアセットアロケーション

1年前よりリスクが減りました

2019年10月時点のアセットアロケーション(出典:筆者作成)

1年前と現在のアセットアロケーションの比率
2018年
10月
2019年
10月
日本債券 8.9 11.1
先進国債券 7.7 8.8
新興国債券 2.4 3.6
日本株式 4.5 6.6
先進国株式 66.5 55.2
新興国株式 4.5 7.6
日本REIT 1.5 2.1
先進国REIT 4.0 4.8
その他 0 0
30代筆者のアセットアロケーション(2018年10月26日現在)
30代筆者のアセットアロケーションを分析してみた。今後の運用方針も紹介

アセットアロケーション(資産配分)てなかなか決めるの難しいですよね。 「他人はどうしてるんだろう?」って気になりませんか? しかも、株価が下落する相場が続いたりすると「今の自分の運用って正しいのかな」 …

続きを見る

先進国株式の比率が減り、他の比率が上がったのはDCニッセイ外国株式インデックス(iDeCo)の一部を預金にスイッチングし、金融危機時の追加投資資金として退避させたためです。

これでいつでも追加投資できるぜ!

このリバランスでリスク・リターンは以下にように変わりました。

1年前と現在のアセットアロケーションから求めたリスク・リターン
2018年
10月
2019年
10月
リターン 5.12% 4.94%
リスク 15.97% 14.85%
見込み最大損失額 26.8% 24.8%

アセロラ利用。元データはJPモルガンAMの超長期マーケット予測2019に基づく。リターンは平均リターンベース

DCニッセイ外国株式インデックスを売った結果、債券比率が19%から23.5%に増え、去年よりもリスクを抑えた配分になりました。

割と「8資産均等型 + 先進国株式」みたいなアセットアロケーションになっていて、保有している商品は違えど、実は似たような比率で運用されている方も結構いらっしゃるのでは?と思います。

ちなみにETFなども含めると、先進国株比率(というか米国株比率)はもう少し下がります。

東北投信では触れていませんが、比較的お金を入れているETFは東証REIT指数連動型上場投信(1343)やiシェアーズMSCIカナダETF(EWC)などです。

純金を入れてみようかな(←思いつき)

少し前に筆者のTwitterのTLで純金の話が話題になりました。

一般に純金は株式や債券との相関性が低いため、大きく利益を得るよりもポートフォリオの値動きを安定させる効果を期待できます

最近は相場が不安定だったこともあって、純金の値上がりのニュースの機会も増えていますし、純金投資の本も増えていますね。

8資産バランスに純金を加えた9資産均等配分
質問「「8資産バランスファンド + 純金」の9資産均等アセットアロケーションを評価してください」

読者様から質問を頂いたのでご紹介します。 8資産均等型のバランス投信を買いつつ9資産目として特定口座でゴールドのETFを買うのはどうなんでしょうか? slimバランス 88% 純金上場信託(1540) …

続きを見る

純金は配当金など、経済活動の産物をまったく生み出さないため、インフレ耐性程度の値上がりしか期待できません。

なので、積極的に投資するのは控えたいと思いますが、日々の値動きを監視するためにポートフォリオに入れておくのも良いかなとも思い始めました。

ちなみに、先日のブロガーミーティングの話によれば、低コストな投信でコモディティは難しいそうです。

というわけで、本当に純金に投資するなら、「金の果実」を使うと思います。

「金の果実」シリーズ|三菱UFJ信託銀行

参考までに、現アセットアロケーションに10%純金を入れると、以下のようになります。

現在のアセットアロケーションに純金を加えると
純金なし 純金10%
リターン 4.94% 4.80%
リスク 14.85% 14.12%
見込み最大損失額 24.8% 23.4%

アセロラ利用。元データはJPモルガンAMの超長期マーケット予測2019に基づく。リターンは平均リターンベース

いつもの言葉を貼っておこう

と、いろいろ思うところはあれど、筆者程度の運用額でアセットアロケーションの細部にこだわってもまったく意味がないわけで。

お約束の加谷さんの記事を貼っておきますわ。

I氏の運用金額は約100万円だそうである。
100万円を株式で、しかもリスク・リターンを計算するといった相当の手間をかけて運用し、数%のリターンを得てI氏は何をしようというのだろうか?
(中略)

ポートフォリオはお金持ちのための理論
I氏はリスクの意味も、ポートフォリオの意味も分かっていないのである。ポートフォリオを組んで意味があるのは億単位以上のお金を運用する投資家だけである。

出典:どこかでリスクはとらなければならない | お金持ちの教科書

まあ、でもいろいろ考えるのも楽しいからいいじゃないw

[スポンサーリンク]

まとめ

これは日記なのでまとめはありません。

また気が向いたらご紹介しましょう。

参考になりましたら、応援クリック(応援タップ)お願いします!

にほんブログ村 株ブログ つみたてNISAへ
にほんブログ村へ

フッタ広告3

将来のお金の不安を解決するなら「つみたてNISA」がオススメ!!

「2000万円問題」に備えるべく、筆者も毎月積み立てています。

数ある資産運用でつみたてNISAを選ぶ意義はこちら
なぜ「つみたてNISA」を選ぶの?筆者が知人達に勧めている本当のところ

筆者が利用しているSBI証券の口座開設手順はこちら
SBI証券の口座開設方法。開設に要する時間やよく疑問に思うところなど

他の証券会社もチェックするなら
【2019年11月】つみたてNISAオススメ証券会社3選

【2019年11月】今月の投資信託&つみたてNISA関連キャンペーン【ネット証券5社】

2019年11月1日現在で行なわれている、ネット証券5社のつみたてNISAや投資信託関係のキャンペーンをまとめてご紹介。 キャンペーンを機会に口座開設するのも良いし、既に口座をお持ちの場合でもエントリ …

続きを見る

リンクユニット下




アドセンス関連ユニット



本日の人気記事

本日の人気記事

注意事項

  • 金融商品の時価は変動しますので、投資元本を割り込む可能性も承知の上で投資するようになさってください。
  • 本コンテンツで紹介している金融商品は、将来必ず値上がり・利益が生じるとは限りません。
  • 筆者調査の上で記事を執筆しておりますが、記事には不備・間違いが含まれる可能性がございます。必ず、あなたご自身が確認するようになさってください。
  • 記事執筆時点の情報に基づくため、最新の情報とは差異が生じている可能性がございます。記述と現況が異なる場合には、現況を優先いたします。
  • 記事を参照したことで生じた損失の補填や保証などは一切行いません。

-アセットアロケーション

Copyright© 東北投信 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.