つみたてNISAとiDeCoを中心にした投資信託の長期投資ブログ

東北投信

リンクユニット




ネット証券・ネットバンク

-

「新生銀行の積立投信でTポイントを毎月10ptを貰える話はお得?」を検討してみた話

投稿日:

新生ポイントプログラム

新生銀行で毎月5,000円以上の積立投信を行なうと、毎月10ポイントのTポイントを貰えると聞いて、ちょっと口座開設を考えた筆者。

この記事で、その投資は妥当なのか検討してみました。

★あらすじ

SBI証券でTポイント投資が始まったのをきっかけに、「いかにTポイントを集めるか」を探しているのです。

結論から述べると、(理想的な条件下では)積立開始7ヶ月目まではTポイントをもらったほうがお得です。

ですが、選べる投資信託の都合上、7ヶ月を超えて継続すると、SBI証券や楽天証券で低コストのファンドを運用したほうがお得になります。

わざわざ半年毎に解約を繰り返すのも微妙なので、この話はスルーしようと思います。

ちなみに、口座開設者向けのキャンペーンもありますので、関心があればチェックしてみてください。

<新規口座開設のお客様限定>新生ポイントプログラム | 新生銀行

[スポンサーリンク]

新生銀行の積立投信のサービス詳細

毎月5,000円以上の積立で10ポイント貰える!

細かいところは公式サイトを見ていただくとして、新生銀行で投資信託を積み立てるメリットは以下の通り。

  1. 毎月5千円からの投信積立(つみたてNISA含む)で毎月10ポイント付与
  2. 毎月5千円からの投信積立(つみたてNISA含む)で新生ステップアッププログラムのゴールドステージにステップアップ

出典:投資信託 | 新生銀行

ステップアッププログラムとは、ATMの出金手数料無料や、振り込み手数料優遇などの、ネット銀行では「よくある」サービスです。

毎月5,000円以上の積み立てを行なうと、この「新生ゴールド」の優遇サービスを受けられます。

新生銀行のステップアッププログラム

新生銀行のステップアッププログラム(出典:https://www.shinseibank.com/powerflex/relationship/)※2019年11月13日時点

積み立てで貰えるポイントは、以下から選べます。

  • Tポイント
  • dポイント
  • nanacoポイント

今回はTポイントを貰い、SBI証券などで投資に利用できたら嬉しいですね、という話です。

注意点として、月2件以上積み立てたり、積立金額を増やしたりしても、貰えるポイントは10ポイントのままです。

積み立てできる商品

商品リストはこちらから。

ファンド検索 | 新生銀行

つみたてNISAを利用しない場合には、野村インデックスファンドシリーズ(Funds-i)が良いと思います。

野村インデックスファンドシリーズ(Funds-i)

当初、野村つみたて外国株投信なども選べると思っていたら、これはつみたてNISA専用ファンドで、つみにー利用者以外は購入できません。

Funds-iは2016年頃までは、eMAXISシリーズ(slimではない)やSMTシリーズ(三井住友トラストAM)の商品などとともに紹介されていた商品で、当時の有名な低コスト商品でした。

2019年現在では約0.44~0.605%という信託報酬に眩暈がするかもしれませんが、これでも昔は良く選ばれてた商品なんですよ!

Funds-iは銀行でも売っているので、信託報酬の値下げは難しいですねw

「新生銀行でTポイント目的の投資は妥当か」検証する

ここでは「新生銀行で毎月10ポイントのTポイントを得るために、毎月5,000円積み立てる投資は妥当なのか」というみみっちい検証をします。

今はFunds-iよりも低コストに運用できる商品もありますから、毎月10ポイントを貰う代わりに高額の信託報酬を支払っていては意味がありません

ここではそれを数値的に検証してみようという話です。

検証条件:2つ債券ファンドに毎月5000円積み立て、信託報酬差に注目

今回は、以下の2つの条件で計算し、両者の信託報酬の差がどうなるかを計算してみます。

  • SBI証券や楽天証券でeMAXIS slim 国内債券インデックス(信託報酬:0.132%)に毎月5,000円積み立てる
  • 新生銀行で野村インデックスファンド・国内債券(Funds-i 国内債券)(信託報酬:0.44%)に毎月5,000円積み立てる

※投信マイレージなど、付与されたTポイントの再投資は考えない

計算条件は以下の通りです。

  • 国内債券の利回りは月利0.0667%(価格変動は考えない)
  • 信託報酬は単純に12分割し、毎月支払う金額に注目する

この条件で計算し、2つの投資信託で実際に支払う信託報酬差が10円以内なら、Funds-i 国内債券を購入して10ポイントを受け取ったほうがお得、という話です。

計算結果:7ヶ月目まではTポイントを貰ったほうがお得

計算結果は当然のようにeMAXIS slim 国内債券インデックスのほうが低コストな運用になります。

例えば、120ヶ月経過時(総積立額は60万円)の時、slim 国内債券は1ヶ月あたり68円の信託報酬がかかるのに対し、Funds-iは224円のコストがかかります。

下記グラフが示すように、運用期間が長く、積立額が増えるほど、支払う信託報酬の差は顕著になります。

投資信託は低コストな商品を選べ」と声高に言われるわけですね。

eMAXIS slim 国内債券とFund-i 国内債券に毎月5000円ずつ積み立てた時に支払う信託報酬(筆者計算)

さて、この計算では約8ヶ月運用すると、eMAXIS slim 国内債券インデックスとFunds-i 国内債券の信託報酬差が10円超えます。

つまり、約半年の積み立て運用ならば、Funds-i 国内債券を購入して10ポイントもらったほうがお得になることが分かりました。

半年間積み立てて、積立額が少ないうちに売却し、またゼロから積み立てなおすような運用ですね。

セコいわりにお得さがすごいしょぼいけどw

結論:筆者には不要だったようです

というわけで、「新生銀行で毎月5000円の積み立てでTポイントを10ポイント貰える」サービスは筆者には不要でした。

還元率も0.2%ですから、楽天証券の足元にも及ばない!!

[スポンサーリンク]

まとめ

  • 新生銀行で毎月5,000円以上の積立投信を実行すると、Tポイント10ptを貰える。Tポイント以外にもdポイントやnanacoポイントでも良い
  • 新生銀行で選択できる低コストインデックスファンドは「Funds-i」シリーズ。2015~2016年ごろまで低コストファンドの定番シリーズの1だった
  • 現在はSBI証券や楽天証券でより低コストのファンドを買ったほうが、トータルで儲かる。ただし、開始7ヶ月目までは10ポイントもらったほうがお得

せこい真似はせず、他の方法を探しましょう(´・ω・`)

新生銀行には口座開設者向けのキャンペーンもありますので、関心があればチェックしてみてください。

<新規口座開設のお客様限定>新生ポイントプログラム | 新生銀行

参考になりましたら、応援クリック(応援タップ)お願いします!

にほんブログ村 株ブログ つみたてNISAへ
にほんブログ村へ

フッタ広告3

将来のお金の不安を解決するなら「つみたてNISA」がオススメ!!

「2000万円問題」に備えるべく、筆者も毎月積み立てています。

数ある資産運用でつみたてNISAを選ぶ意義はこちら
なぜ「つみたてNISA」を選ぶの?筆者が知人達に勧めている本当のところ

筆者が利用しているSBI証券の口座開設手順はこちら
SBI証券の口座開設方法。開設に要する時間やよく疑問に思うところなど

つみたてNISAの定番「楽天証券」をチェックするなら

楽天カードで投資信託を積み立てるメリット
2019年から「つみたてNISA」を始めるなら、一番クールでお得な証券会社はどこ?

あなたが気持ちを新たに2019年から「つみたてNISA」を始めるなら、どの証券会社を利用すれば良いか、を一緒に考えます。 といっても、つみたてNISAが始まった2018年初に比べると、2018年10月 …

続きを見る

他の証券会社もチェックするなら
【2019年11月】つみたてNISAオススメ証券会社3選

【2019年11月】今月の投資信託&つみたてNISA関連キャンペーン【ネット証券5社】

2019年11月1日現在で行なわれている、ネット証券5社のつみたてNISAや投資信託関係のキャンペーンをまとめてご紹介。 キャンペーンを機会に口座開設するのも良いし、既に口座をお持ちの場合でもエントリ …

続きを見る

リンクユニット下




アドセンス関連ユニット



本日の人気記事

本日の人気記事

注意事項

  • 金融商品の時価は変動しますので、投資元本を割り込む可能性も承知の上で投資するようになさってください。
  • 本コンテンツで紹介している金融商品は、将来必ず値上がり・利益が生じるとは限りません。
  • 筆者調査の上で記事を執筆しておりますが、記事には不備・間違いが含まれる可能性がございます。必ず、あなたご自身が確認するようになさってください。
  • 記事執筆時点の情報に基づくため、最新の情報とは差異が生じている可能性がございます。記述と現況が異なる場合には、現況を優先いたします。
  • 記事を参照したことで生じた損失の補填や保証などは一切行いません。

-ネット証券・ネットバンク
-

Copyright© 東北投信 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.