口座開設から積立の終わり方まで。状況別道案内はこちら
   







【祝】つみたてNISAの投資信託購入期限が2042年まで延長されました

基礎知識を知りたい

2020年3月につみたてNISAを含む所得税改正案が成立し、投資信託の購入期限が2042年まで延長されることが決まりました。今後、30日以内にこの改正案は施行されます。

法律は、法律の成立後、後議院の議長から内閣を経由して奏上された日から30日以内に公布されなければなりません。

出典:法律の原案作成から法律の公布まで | 内閣法制局

公式情報待ちなところもありますが、おそらく2018年から始めている人は、最大で1000万円の非課税枠を利用できるようになるようです。

人生の状況に合わせて、うまく活用していきたいですね!

[スポンサーリンク]

つみたてNISAの5年延長が決定!

「所得税法等の一部を改正する法律案」が今月27日に可決され、つみたてNISAの5年延長が決まりました。

やったね!

非課税累積投資契約に係る非課税措置の勘定設定期間を令和24年12月31日まで5年延長する。

出典:所得税法等の一部を改正する法律案要綱 | 財務省

ちなみに、一般NISAの改正案も同時に成立しています。

個人投資家向けの優遇税制「NISA」について、仕組みを見直したうえで、投資期限が切れる2024年以降も、5年間延長することが盛り込まれています。

出典:未婚のひとり親の税負担軽減など 新年度税制改正関連法が成立 | NHKニュース

主な変更点は以下の通り

  • つみたてNISA口座の開設期限は2037年末から2042年末までに変更されます
  • 投資信託の購入期限は2037年末から2042年末までに変更されます

2023年までにつみたてNISA口座を開設すると、非課税枠800万円を利用可能です。

これまでと変わらない点

  • 投資信託の利益が非課税となる期間は、購入した年から20年間のままです

法改正後もこれまでの解説通りに、購入した年から20年経過すると、つみたてNISA口座から課税口座に移管されます。下記イラストの通りに、毎年20年後の自分に「仕送り」するようなイメージです。

つみたてNISAの20年後の終わり方を知りたい
★つみたてNISA(20年後)の最新5記事 つみたてNISAにロールオーバ...

つみたてNISAは20年後の自分への仕送り

出典:筆者作成

2018年から始めた人はちょっとお得に??

公式情報待ちなところもありますが、2018年からつみたてNISAを始めている人は、実質非課税枠が「1000万円」になるようです。

2018年の制度スタート時から利用している私のような投資家も、投資可能期間が5年延長され、投資拠出額枠が200万円増えるようです。

(中略)

ただし、ある年に投資した元本利益の非課税期間が最大20年なのは変わらないので、時限がきたら課税口座に払い出されます。同時期に非課税の恩恵を受けられる投資元本は最大800万円のままです(40万円の非課税投資枠×20本)。

出典:つみたてNISA既利用者も投資可能期間5年延長…ジュニアNISA廃止も資金拘束撤廃…新NISA誕生 | いつか子供に伝えたいお金の話

これは、2018年から始めた人も、これから始める人も、2042年まで投資信託を購入できるように変わるからです。なので、引き続き、実質非課税枠を満額利用できたのは2018年から満額利用してきた人のみ、ということになります。

一方、1年あたりの非課税期間は20年のままですので、2018年に買った投資信託の非課税運用は従来通りに2037年末までです。といったあたりから、「非課税で運用中の投資信託の投資額上限は800万円のまま」となります。

ややこしいですねw

購入可能期間が伸びても、方針は変わらず

2042年までに伸びたからと、何か変えることは特にないのかなと。必要に応じて積み立てを行っていくのみです。

ちなみに2042年って何歳なんでしょうね!

というのも、2042年に積み立てを開始すると、その非課税期間が終わるのは、20年後の2061年末です。今から41年後ですので、さすがに健康で生きてるかちょっと自信がない(苦笑い

ただ、つみたてNISAは「必ず積み立てなければいけない」といった性質のものではないので、年齢的に「もういいかな」と思ったら、積み立てないのもありだと思います。

そのあたりは2040年頃にまたこのブログで議論しましょう。

今まで作ったマクロとか直さなきゃ。。。

[スポンサーリンク]

まとめ

  • つみたてNISAの5年延長が確定。つみたてNISA口座は2023年まで開設可能に
  • 投資信託は2042年まで購入可能。おそらく2018年から始めている人には実質「1000万円」の非課税枠を利用していることに
  • 年齢や将来の状況によっては、2042年まで投資信託を買い続けないのも1つの手

ちなみに個人的には、非課税運用の期間を20年から延長してほしい気もします。そうすると、元本割れで終わる確率が低くなるからです。

新しい法律が成立したばかりだけど、今後の法改正にも期待ですね!

この記事に関連するキーワード

ニュース・話題

コメント

運営者が承認するまでコメントは表示されません。

  • 投資信託やETFは元本保証ではありません。
  • 本コンテンツで紹介している金融商品が、将来値上がりするとは限りません。
  • 記事執筆時点の情報に基づくため、最新の情報とは差異が生じる可能性があります。
  • 記事を参照したことで生じた損失の補填や保証は一切行いません。
タイトルとURLをコピーしました