口座開設から積立の終わり方まで。状況別道案内はこちら
   







投資信託を使った純金積立は毎月3000円から。楽天カード積立でやります

毎月3000円で純金投資商品を選びたい

最近熱く語ってる純金投資の話の続きです。

★純金投資に関して、これまで検討したことのあらすじ

  • バックテストでポートフォリオに純金を加えると、リスクが下がりリターンが向上した
  • 純金はインフレ耐性、というよりは危機への耐性がある
  • もし、現在の純金価格の推移が、将来の「現金のゴミ化(=インフレ)」を暗示するなら、それに備えたい
  • 2020年4月現在では「純金現物への転換」は求めないので、とりあえず純金に連動する投資信託で運用する

詳しくは以下の純金のタグページからご覧ください。

純金・ゴールドの解説と記事一覧
純金は希少な金属の1つで、古来から宝飾品のほか、通貨の代わりとしても利用されてきました。現在は金メッキなど、産業用にも利用されています。 ★「純金・ゴールド」の最新3記事 ...

今回は、今まで記事のネタ(3000円投資生活)用に3,000円ずつ積み立てていた楽天全世界株式インデックスファンドの積み立てをやめ、その資金を純金連動の投資信託に割り振ろうと思います。また、楽天カード払いを利用することで、1%のポイント還元を疑似的な配当としてみるつもりです。

あとは、為替ヘッジの有無の検証を行った後に、積立設定を行おうと思います。

[スポンサーリンク]

純金ファンドへの積立は毎月3,000円で

純金への積み立ては毎月3,000円にします。3,000円投資生活ならぬ、3,000円純金生活です。

「3,000円」という理由は特にないんですが、そもそもこれ以上お金を積み立てると積立貧乏になってしまう(笑)ので、3,000円投資生活で買っていた楽天全世界株式インデックスファンド世界経済インデックスファンドのうち、楽天全世界のほうをやめようと思います。

世界経済インデックスファンドを残す理由は、すでに2年以上積み立ててることもあって(たった3,000円だけど)やめるのがもったいなくなりましたw

できれば、全部積み立てを継続したいのですが、このコロナ騒動の中で少なからず収入減の影響を受けているので、楽天全世界株式インデックスファンドは諦めます。

積み立ては楽天カード払いで購入します

ポイント還元を「疑似配当」とする

ところで冒頭で述べたように、今回は純金に連動する投資信託を楽天カード払いにて積み立てようと思います。

覚えていますか?楽天カード払いのメリット。

★楽天カード払いで投資信託を積み立てるメリット

  • 支払額の1%を楽天ポイント還元
  • カード決済なので、積み立て忘れがない
  • 積立日が決められているので、迷わない
楽天カードの解説と記事一覧
楽天カードは「審査難易度の低いカード」として知られていますが、今なら楽天証券とペアで使うことでかなりお得に利用できるようになりました。 例えば、楽天カードを利用して投資信託の積み立てを行なうと、積み立...

純金投資のデメリットの1つは「配当が付かないこと」です。多くの投資家さん(特に株式のみを選好する方)は、この配当がないことを理由に純金投資に否定的な方も多いです。

そこで、楽天カード払いのポイント還元を疑似的な配当とすることで、純金投資を継続するモチベーションとします。

ちなみにたまったポイントは1478などの高配当ETF買いに使うつもりです。

積立額が少ないので貴金属会社のサービスは使わないよ

ちなみに貴金属会社で純金積み立てを行う時も、最低額は毎月3,000円から、みたいですね。以下は書籍「毎月3000円で純金投資」から引用した、著名な貴金属会社の積み立てサービスの特徴です。

主な貴金属会社の純金積み立てサービス
積立単位年会費手数料
(3000円積立時)
田中貴金属3,000円以上
1,000円単位
店頭:1080円
ネット:無料
2.5%
三菱マテリアル3,000円以上
1,000円単位
店頭:864円
ネット:864円
3%
TOKURIKI3,000円以上
1,000円単位
店頭:1080円
ネット:1080円
2.5%

出典:【AERA with MONEY】毎月3000円で純金投資 (AERA増刊)

ただ、毎月3,000円の積み立てで年会費払ったり、毎回積み立ての度に手数料取られたりするのはきついですね。ここはやはり以下のような考え方で運用したほうが良いと思います。

★純金投資の手数料を抑えるには

  • 投資信託やETFなど、低コストの純金連動の商品に積み立て
  • あるタイミングで換金して、現物転換できるサービスへ乗り換え

というわけで、あとは積み立てる商品を決めるだけです。

といっても、一応「iシェアーズゴールドインデックス・ファンド(為替ヘッジなし)」にすると下記記事では述べてるんですけど、一応為替ヘッジの効果のぜひもチェックしたいので、それを踏まえて決めたいと思います。

投資信託を通じて純金(ゴールド)に投資します!商品を選んでみました
いろいろ思うところあって、純金価格に連動する投資信託を購入することにしました。株式を選好する投資家さんには以下のように言われることもありますが、個人的にはアセットアロケーションに純金を加えるメリットが...

[スポンサーリンク]

まとめ

この記事は日記みたいなものなので、これといったまとめはありません。

個人的に純金のこと熱く語りたくなるのは、純金が好きだからかもしれません。

昔、投資とか資産運用とかに興味を持った時にみていたものの1つが純金積立でした。その時は結局、「純金には配当がない」という理由で選ばなかったものの、貴金属への投資は定期的に始めたくなることが多い気がします。

投信で運用してお金貯めたら、その売却代金で金貨とかバーとかほしいですね

他の純金の話題は以下のタグページからご覧ください。

純金・ゴールドの解説と記事一覧
純金は希少な金属の1つで、古来から宝飾品のほか、通貨の代わりとしても利用されてきました。現在は金メッキなど、産業用にも利用されています。 ★「純金・ゴールド」の最新3記事 ...

この記事に関連するキーワード

純金・ゴールド

コメント

運営者が承認するまでコメントは表示されません。

  • 投資信託やETFは元本保証ではありません。
  • 本コンテンツで紹介している金融商品が、将来値上がりするとは限りません。
  • 記事執筆時点の情報に基づくため、最新の情報とは差異が生じる可能性があります。
  • 記事を参照したことで生じた損失の補填や保証は一切行いません。
タイトルとURLをコピーしました