「投資信託」 一覧

投資信託の運用や各種商品、シミュレーションの結果などをまとめます。

以下のサブカテゴリがあります。

アセットアロケーション:「アセットアロケーションは将来の運用成績をほとんど決めてしまう」と言われます。このカテゴリでは、アセットアロケーションの組み方・考え方などを解説します。

インデックス投資:指数(インデックス。日経平均株価やTOPIXのこと)に連動する投資のことを「インデックス投資」といいます。インデックス投資の始め方や特徴などを解説します。

ベンチマーク:指数(インデックス。日経平均株価やTOPIXのこと)が連動する比較対象「ベンチマーク」について解説します。MSCIコクサイインデックスとかきっとよく目にするはず。

モンテカルロシミュレーション(乱数シミュレーション):乱数を用いて投資信託の将来を予測します。投資信託の運用成績は必ずしも乱数で予測できるものではありませんが、将来を考える際に有用です。

ロボアド(アドバイス型):投資信託の商品選びに利用できるロボアドとその使い方などを解説します。WealthNaviやTHEOなど、運用型のロボアドの話はしません。

楽天カード:投資信託の運用を強力にバックアップする楽天カード。その魅力や、カード利用までの流れ、注意点などを解説します。

年齢別:年齢別の投資信託運用について考えます。

ファンド解説:ニッセイ外国株式インデックスや世界経済インデックスファンドなど、具体的な投資信託の解説はこちらのカテゴリで行なっています。

書籍:投資信託関連の書籍を紹介します。

100円投資:投資信託の最小投資額は100円から。お得なポイント制度などと絡めて紹介します。

3000円投資生活:2016年にベストセラーになった書籍を参考に、運用方法や運用上の注意点などを考えます。

カテゴリ一覧

MSCIエマージングと、ACWI、Worldとの比較

【ベンチマーク】「MSCIエマージングマーケットインデックス」の特徴。中国等の新興国株式に投資できるよ

MSCIエマージングマーケットインデックス(Emerging Market Index)は中国や台湾・韓国などの株価から算出される指数です。日本は含まれません。主に新興国の株価動向を見る際に使われると …

インデックスファンド海外株式の運用成績の比較

MSCIコクサイインデックス(為替ヘッジあり)とヘッジなしとの比較

ネットを(それなりに)探したものの、MSCIコクサイインデックス(為替ヘッジあり)の年次データが見つからなかったので、日興アセットマネジメントの2つの投資信託 日興インデックスファンド海外株式(ヘッジ …

【つみたてNISA】iFree外国株式インデックス(為替ヘッジあり)の特徴。リスクを抑えたいあなたへ

「iFree外国株式インデックス(為替ヘッジあり)」は為替ヘッジつきのMSCIコクサイインデックス連動ファンドの2番手になります(1番はたわらノーロード 先進国株式<為替ヘッジあり>)。ヘッジつきファ …

iFree外国株式インデックス(為替ヘッジなし)

【つみたてNISA】iFree外国株式インデックス(為替ヘッジなし)の特徴。銀行でも購入できる便利な奴!

結論から述べると、「iFree外国株式インデックス(為替ヘッジなし)」は地味な存在ながら、意外と良い運用成績と地方銀行でも購入できる優れた商品です。ネット証券を利用するならばeMAXIS slim 先 …

たわらノーロード NYダウ

たわらノーロード NYダウの評価と比較!20年積み立てたら将来いくらに?

「たわらノーロード NYダウ」はダウ工業株価に連動する投資信託の1つ。つみたてNISAには対応しないのが難点ですが、特定口座で「超過利益を取る」目的での運用に適しています。非課税で運用したい場合にはi …

MSCI ACWIの投資範囲

【ベンチマーク】MSCI ACWI(オールカントリーワールドインデックス)の特徴。先進国と新興国の株式に投資

MSCI ACWIは先進国と新興国の計47カ国の株式から構成される株価指数です。MSCIコクサイインデックスに比べるとマイナーな感のある指数でしたが、eMAXIS slim 全世界株式(オール・カント …

ルーレットとモンテカルロ法

それでもインデックス投資は金融工学を駆使して考えたい

2019/04/05   -インデックス投資

りんりさん(@SandP500ETF )のブログを読んでいて、ちょっと思ったことがあったので記事にしたいと思いました。 株式市場はロシアンルーレット いや、ロシアンルーレットよりもっとたちが悪いと私は …

eMAXIS slim 先進国株式インデックスに適した最小分散ポートフォリオを求める

eMAXIS slim 先進国株式インデックスを含めた投資信託のポートフォリオを考えてみた

eMAXIS slim 先進国株式インデックスと言えば、日本を除いた先進国株式に投資を行なう商品で、インデックスファンドの代表的な商品の1つです。 この記事では、eMAXIS slim 先進国株式イン …

楽天・バンガード・ファンド(米国高配当株式)

つみたてNISAでは楽天VYM(楽天・米国高配当株式インデックス・ファンド)は買えない話

結論から述べると、楽天VYM(楽天・米国高配当株式インデックス・ファンド)はつみたてNISAの対象外です。 一般NISAを利用して購入するか、おとなしく別のファンド(例えば、楽天・全米株式インデックス …

たわらノーロードplusシリーズ

金融工学を用いて運用する「たわらノーロードplus」シリーズ3ファンドの特徴

結論から述べると、「たわらノーロードplus」シリーズは純資産の少なさとコストの大きさがちょっと気になるアクティブファンドです。 通常はつみたてNISA対象のインデックスファンドを買っておけば十分です …

2019年版。債券クラスの特徴とアセットアロケーションへの取り入れ方

アセットアロケーションを組む際に、各資産クラスの特徴を知っておくと、無から配分を考えるよりかはいくぶん選びやすくなるはずです。 弊サイト(東北投信)では、過去にも債券の話を書いてきましたが、ここで一度 …

たわらノーロードplus 国内株式高配当最小分散戦略の基準価額・純資産

たわらノーロードplus 国内株式高配当最小分散戦略の特徴。低ボラティリティで高いリターンを目指す!?

結論から述べると、たわらノーロードplus 国内株式高配当最小分散戦略よりもニッセイTOPIXインデックスファンドやeMAXIS slim 国内株式(TOPIX)などの、つみたてNISA対象のインデッ …

最小分散ポートフォリオ算出ツール

「最小分散ポートフォリオ算出ツール」リリースのお知らせと利用時の注意点

最小分散ポートフォリオとは指定したリターンに対して、最もリスクが小さくなるポートフォリオのことを言います。 リスクが小さくなるため、価格の触れ幅が小さくなり(低ボラティリティ)、その結果市場の平均リタ …

効率的フロンティア上のアセットアロケーションを求めてみた

ツールを使って効率的フロンティアに近いアセットアロケーションを求めたところ、国内の株式・債券と先進国REIT、新興国株式というちょっと微妙な組み合わせのアセットアロケーションが求まりました。 真似をす …

FTSE NAREIT All REITs Index

アセットアロケーションにREIT(不動産投資信託)を含めるかどうかを評価してみた

結論から述べると、REIT(リート。不動産投資信託)を含めることで、リターンを保ったままリスクを低減することができます。 債券や株式のような伝統的な資産に比べると歴史が短いものの、アセットアロケーショ …

Copyright© 東北投信 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.