アセットアロケーション(資産配分)の解説一覧

アセットアロケーション(資産配分)の解説一覧アセットアロケーション(資産配分)

アセットアロケーション(Asset Allocation)とは、資産形成を行う際の「資産配分」のことです。日本の株式や海外の債券など、様々な資産(アセット)をどのように割り当てる(アロケーション)するか、を考えます。

★アセットアロケーションの最新5記事

あなたのアセットアロケーション(資産配分)に「信念」はどのくらい含まれる?
GDP比率を考慮したアセットアロケーションに価値はあるか。というお話
上昇相場でアセットアロケーションをより高リターンなものに変更したい時は慎重になろう
8資産均等型のアセットアロケーションが「8資産均等配分」である理由
「相場の後追い」でアセットアロケーションを変更してはいけない

アセットアロケーションと似た言葉である「ポートフォリオ」とは、具体的な金融商品の組み合わせのことを指します。

解説アセットアロケーションとポートフォリオの違い。運用を始める前に決めるのは

一般には、最初にアセットアロケーションを決め、それを実現する為に具体的な商品でポートフォリオを作ります。最初にアセットアロケーションを決める理由は、その配分であなたの将来の損益が決まってしまう可能性が高いからです。

アセットアロケーションを考える際のポイントはできるだけ値動きが連動しない資産を組み合わせると、お互いの値動きを打ち消しあい、リターンを取り出しやすくなります。

主なアセット(資産)の特徴
資産特徴解説記事
国内債券ローリスク
ローリターン
国内株式ハイリスク
ハイリターン
国内REITハイリスク
ハイリターン
先進国債券ミドルリスク
ミドルリターン
先進国債券(コロナ相場)
先進国株式ハイリスク
ハイリターン
先進国株式解説(為替ヘッジ)
先進国REITハイリスク
ハイリターン
先進国REIT解説
新興国債券ミドルリスク
ミドルリターン
新興国債券(ドル vs 現地通貨)
新興国債券(コロナ相場)
新興国株式ハイリスク
ハイリターン
新興国株式解説(コロナ相場)
純金ミドルリスク
ミドルリターン
純金解説
ビットコインハイリスク
ハイリターン
ビットコイン解説

ちなみに筆者のアセットアロケーションはこちら。

解説30代筆者のアセットアロケーションを分析してみた。今後の運用方針も紹介

アセットアロケーションの記事一覧

スポンサーリンク
アセットアロケーション(資産配分)

あなたのアセットアロケーション(資産配分)に「信念」はどのくらい含まれる?

つみたてNISAやiDeCoなどを通じて長期投資しようと思ったとき、どうしても「選んだ商品・選ばなかった商品」の取捨選択が行われます。将来、もし「選ばなかった商品」の相場が盛り上がったとき、あなたは誘...
アセットアロケーション(資産配分)

GDP比率を考慮したアセットアロケーションに価値はあるか。というお話

最近「全世界のGDP比率を考慮した投資信託」の話題をちらほら聞くので、GDP比率のアセットアロケーションについて考えてみたというお話。具体的には以下の商品がGDP比率で配分が決まるものです。 ...
全世界株式
アセットアロケーション(資産配分)

上昇相場でアセットアロケーションをより高リターンなものに変更したい時は慎重になろう

例えば、2020年5月のような上昇相場では、周囲で「儲かった」「お金がすごい増えた」といった話を聞くことが増えてきます。 そんな時、あなたの資産があまり増えてなかったりすると、なんだか置いてきぼ...
スポンサーリンク
アセットアロケーション(資産配分)

8資産均等型のアセットアロケーションが「8資産均等配分」である理由

2020年3月の相場以降、8資産均等型に関するツイートを見かけることが多いので、ちょっと記事にすることにしました。説明不要、eMAXIS slim バランス(8資産均等型)などのことですね。 基...
2020.06.03
アセットアロケーション(資産配分)

「相場の後追い」でアセットアロケーションを変更してはいけない

この記事は「アセットアロケーションは途中で変更してもよい」の続きです。運用途中でアセットアロケーションを変更したくなることはあっても、「相場の後追い」での変更はおすすめしません。 「相場が下落し...
アセットアロケーション(資産配分)

アセットアロケーションは途中で変更してもよい

「アセットアロケーションは途中で変更してもよい」と筆者は思っています。今の配分を頑なに堅持する必要はないと思うのです。 特に現在の配分が、運用を始める前に決めたものならば! 個人的にアセッ...
アセットアロケーション(資産配分)

【アセットアロケーション】コロナ禍相場から見る「新興国債券は不要?」疑惑

2020年3月の債券価格の推移をツイートしたところ、新興国債券に関するコメントをいただいたので、この記事にまとめることにしました。 新興国債券、最大で20%近く下がってたのか。 これだとリスク...
2020.05.07
2020年の株式市場クラッシュ 新興国債券
アセットアロケーション(資産配分)

【アセットアロケーション】コロナ禍の相場から考える先進国債券の投資の方針

前回は新興国株式のことを記事にしたので、今回は2020年の市況に基づいて、アセットアロケーションにおける先進国債券のことを紹介します。東北投信のサイト内検索では不思議と債券のことを検索する方が多いんで...
2020.05.07
2020年の株式市場クラッシュ 先進国債券
アセットアロケーション(資産配分)

【アセットアロケーション】コロナ禍の相場から考える新興国株式の投資の是非

アセットアロケーションを決める際、「新興国株式に投資するか」はよくある疑問の1つです。そこで今回は2020年の1月から4月までのクラッシュ相場を例に考えてみましょう。 実は、2020年4月末時点...
2020.05.07
2020年の株式市場クラッシュ 新興国株式
アセットアロケーション(資産配分)

アセットアロケーションに新興国債券を加えるなら現地通貨建てと米ドル建てのどっちがいいの?って話

マニアックな話ですが、新興国債券に投資する投資信託やETFには「現地通貨建て」と「米ドル建て」の2種類があります。 ★新興国債券には2種類ある! 現地通貨建て:新興国債券を発行した...
新興国債券
アセットアロケーション(資産配分)

アセットアロケーションに純金(ゴールド)を加えたらインフレ対策になるか?というお話

最近、将来のインフレを懸念する話が出てきているので、改めてインフレ対策について考えてみたというお話です。 以前書いた記事では、「株式がインフレヘッジにはならず、ゴールド(純金)や預金(短期金利に...
2020.04.23
ニュース・話題 純金・ゴールド
アセットアロケーション(資産配分)

暴落相場ではアセットアロケーションの分散よりも現金比率の重要度が高い

結論から述べると、現在の相場は「キャッシュイズキング(Cash is king。現金こそ最強)」を実感させられる状況が続いています。「いくらアセットアロケーションをこねこねしても、現金を持っている人に...
2020.04.06
2020年の株式市場クラッシュ ニュース・話題
アセットアロケーション(資産配分)

アセットアロケーションに為替ヘッジつきの先進国株式を加えるのはどうなの?

以前の記事では、アセットアロケーションに為替ヘッジ付きの債券(先進国債券)を加えるメリットとデメリットなどを紹介しましたが、今回は為替ヘッジ付きの先進国株式をどうするかを考えたいと思いました。 ...
2020.04.06
先進国株式 為替ヘッジ
アセットアロケーション(資産配分)

【私の切り札】アセットアロケーションに為替ヘッジ付き先進国債券を加える魅力

「アセットアロケーションの組み方」は初心者から経験者までいろいろ悩むところですし、議論の尽きない、奥の深い話ですよね。そんな悩めるみなさまへ、今回は「アセットアロケーションに為替ヘッジ付きの海外債券を...
2020.04.06
先進国債券 為替ヘッジ
アセットアロケーション(資産配分)

ビットコインをアセットアロケーションに組み入れるかどうかを考えてみた

これは筆者の好奇心を見たすためだけのネタです。 例えばアセットアロケーションにビットコインを組み入れたら、資産全体の価格変動を抑えつつ、効率的に資産は増えるのかどうかを考えてみたいと思いました。...
2020.03.19
暗号通貨・ビットコイン
スポンサーリンク