青森県投資信託ブロガー作!つみたてNISAとiDeCoを使った資産形成ガイド

東北投信




ネット証券で資産運用

あなたの初めての資産運用(や資産形成)、どのような商品を選び、どう始めれば良いかご存知ですか?

始めだと、何をどうすればよいのか分からないですよね。

しかも、それを誰かに表立って話す機会もないため、他人がどこでどんな運用しているかもわかりません。

困りましたね。

だから「お金の専門家」と連想しやすい銀行に行きたくなるのもわかります。

銀行で話を聞きながら運用をしたら儲かりそうな気がしますし、なんだか安心できますよね。

しかし、しかしちょっと待ってください。

銀行での運用は決して勧められないのです。彼らが必ずしも溢れる投資の知識を持っているとは限らないからです(銀行員の本業は私たちに投資のアドバイスをすることではありません)。

筆者はあなたに、証券会社、特にインターネット専業の「ネット証券」を通じて資産運用することをオススメします。

ネット証券とは営業窓口のない、インターネット上の店舗のことです。窓口がない点を不安に感じるかもしれませんが、各社ともメールや電話サポートを受け付けていますので、困ったらいつでもサポートを受けられます。

筆者はSBI証券(と住信SBIネット銀行)を利用しています。地方に住んでいても、使いやすい証券会社なんです。


SBI証券のウェブサイトを今すぐ見る

以下では、

  • なぜ銀行で資産運用をしてはいけないのか
  • ネット証券で資産運用するとはどういうことか

を紹介していきます。

[スポンサーリンク]

なぜ銀行での資産運用はダメなのか

通常、銀行での資産運用は非効率的な運用を強いられます。

  • そもそも資産運用に適した商品が無い
  • 銀行では株式が買えない(株主優待や配当金のチャンスを逃してる)
  • 投資信託を購入する際に手数料面で不利(手数料を支払うなんてめっちゃ損)

金融庁のモデルケースでは、銀行の言いなりに資産運用をしてしまうと損をしてしまう、という試算も出ています。

ついつい身近の銀行を利用したくなりますが、それは優れた選択ではないことを知って欲しいなと思います。

あと、昼間働いていると銀行行く暇って無いですよね

ネット証券とは

インターネットベースで取引を行う証券会社のことです。 インターネット上のオンラインショッピングサイト「Amazon」の証券会社版とお考えください。

そもそも、上述の通り、昼間働いていると、銀行や証券会社の窓口に行く時間ないと思います。

そこで、ネット証券の登場です。

ネット証券は、地域や場所によらず、インターネットに繋がる場所ならば均等にサービスを受けられるからです。

ネット証券はパソコンやスマホから利用する

あなたもパソコンスマホを利用しているはず。

ネット証券の取引もパソコンやスマホから行います。

例えば、以下はとあるネット証券が提供する株式の取引画面(これはデイトレード向き)。ネット証券を通じて取引する場合には、こういった証券会社が提供する取引アプリを使うのです。

一方、以下はスマホの取引アプリ。

スマホアプリももちろんネット証券各社が提供するアプリを利用できます。

ネット証券なら原則24時間利用できる

ネット証券ならインターネットから24時間利用できるため、昼間の仕事とバッティングしません。

例えば夜、仕事から帰ったあとに株式の注文を出すことも可能です。

ネット証券でも株主優待や配当金はもらえる

株主優待や配当金ももちろんもらえます。

おすすめはSBI証券か楽天証券

インターネットでサービスを提供する証券会社は複数あるものの、以下のいずれかに口座を開設すれば間違いないです。

  • 楽天証券
  • SBI証券

筆者はSBI証券ユーザーです。

もともと株式を買うつもりはなかったのですが、「高利回りの預金サービスはないかな」って思って調べたところ、SBI証券と住信SBIネット銀行の両社が提供する「SBIハイブリッド預金」を見つけたんです。

このハイブリッド預金を利用するために、SBI証券と住信SBIネット銀行の両社の口座を開設しました。

そこから先は、「ちょっと株を買ってみようかなー」って好奇心が沸いてしまい、気がついたら株や投資信託を中心とした運用スタイルになっていました。

SBI証券のおすすめポイント

まだ資産運用を始めていないあなた!あなたのお金の悩みはありませんか? 将来のためには資産運用をしたほうがよいのか? でも資産運用をして損をするには不安だ よく「老後の備えを」と言われますが、その備え方 …

続きを見る

昔の筆者と同じように、SBI証券って投資経験の無い人が利用することが多いんですよね。

SBI証券と楽天証券の強い優位性

下表は、ネット証券のうち、特に著名な5社での主要サービスをまとめたものです。

商品名 SBI証券 楽天証券 マネックス証券 カブドットコム証券 松井証券
国内株式の取扱い
投資信託の取扱い
投資信託の最小投資額
100円
100円
100円
500円
100円
投資信託本数
2352
2276
953
983
90
個人向け国債の取扱い
×
×
入金方法
4
3
2
4
2
口座開設数
約350万
約200万
約150万
約100万
約100万

ご覧のように、商品取扱数で優位性があるのがSBI証券と楽天証券です。

特にSBI証券は口座開設数が圧倒的で、もっともよく選ばれるネット証券と言っても過言ではないと思います。

どんな資産運用をすれば良いか

筆者個人は積立投信をオススメいたします。ネット証券では2017年現在で特に優れた商品がたくさんあります。

  • ニッセイの購入・換金手数料なしシリーズ(2016年で投信ブロガーによく選ばれていた商品)
  • 大和のiFreeシリーズ(購入・換金手数料なしシリーズのライバル)
  • 世界経済インデックスファンド(資産運用の定番ファンド)

お金がないと資産運用できない気がしますが、積立投信なら毎月100円から始めることができます

現実的には、毎月1万円などを積み立てて、将来に備えるのが良さそうですよね。

積立投信ってどうなの?運用開始から1年経った現状を簡単に紹介

様々な資産運用の手法の中で、積立投信の名を知り、その実行を検討しているあなたにこの記事をささげます。 筆者は約1年前の2016年6月から、今積み立てている投資信託への積み立てを開始しました。 そこで、 …

続きを見る

もちろん、ネット証券なら株式も買えます。あなたの地元企業の株主優待を狙うのも1つの運用方法ですね。

まだ持ってないの?イオン株主優待。初心者なら絶対知りたい充実の内容

あなたは普段イオン系列の店舗を使ってますか? では「イオンの株主優待ってすごい!」って噂を聞いたり、ネットで見たりしたことはありませんか? 実は個人投資家に超人気の株主優待がイオンの株主優待だったりし …

続きを見る

ネット証券は何円から投資できるか

最低100~500円です(先の表を参照)。

ネット証券のすぐれた特徴として、少額から投資できる(かつ少額なのに手数料がかからない or 小さい)メリットがあります。

もしあなたが、「資産運用やーめた」と思ったときに、少額投資ならいつでもやめやすいんです。

今後、継続するかどうかわからない資産運用において、お試し運用ができる、とお考えください。

資産運用のよくある失敗談に、初めての投資なのに銀行員の話に乗せられて数百万円の大金を一括投資してしまったという話があります。

ですが、ネット証券ならそんな失敗はありません。

少額で投資を始め、合わないと思ったら撤退すればよいのです。

入出金の方法

いくつか方法があります。

提携銀行に口座を開設する

楽天証券は楽天銀行、SBI証券は住信SBIネット銀行、と両証券会社はそれぞれ提携のネット銀行を持っています。このネット銀行を利用すると入出金が手軽です。

  • ゆうちょATMやファミマのイーネットから入金
  • ウェブ操作で銀行から証券会社へ振替

両行には地方銀行の数倍の利率で運用できる預金サービスもあるので便利です。

そして、これが一番コストがかからない方法です。

ゆうちょ銀行

両行に口座を開かない場合にはゆうちょ銀行に口座を持っておくと便利です。

  • 即時入金サービス(インターネットからの操作。送金手数料無料)
  • 通常の振込み(ATMやインターネットバンキングから)
  • ゆうちょ銀行振替入金(SBI証券のみ)

など選べます。

地方銀行からネット証券に入金したい場合

証券口座開設者専用の入金用口座番号宛に地方銀行から振り込みます

他行への送金手数料が発生します(手数料額はあなたのお使いの銀行に依存)。頻繁に繰り返すのはおすすめできません。

よくある質問

口座開設から運用開始までどのくらい時間がかかる?

およそ1週間程度です。

口座開設申し込みには10〜30分程度かかります。ウェブから申し込み後、数日後で書類が届きます。

口座開設に必要なもの

個人を証明するものとして免許書などの身分書コピー(もしくは証明書を写した写真)が必要になります。

また、マイナンバーの登録が必要ですのでお手元にご用意ください。通知カードでも大丈夫です。

口座開設にお金かかる?

無料です。

口座維持費も無料です。ので、使わなくても放置して大丈夫です。

[スポンサーリンク]

まとめ

  • おすすめはSBI証券か楽天証券。あなたが楽天ショッピングや楽天トラベル利用者なら後者を
  • 1000円以内で投資を開始できる。商品数が豊富で、銀行よりも有利な運用ができる
  • 入金はゆうちょの口座があると便利。住信SBIネット銀行や楽天銀行などの提携銀行を利用するのも可能

あなたが地方や田舎に住んでいると、この手の話をする機会がないと思いますが、運用をしている人はすでに始めているんです。

あなたもちょっと試してみませんか?それとも銀行の資産運用で消耗し続けますか?


SBI証券のウェブサイトを今すぐ見る


楽天証券のウェブサイトをみる

投稿日:2016年11月7日 更新日:

執筆者:Mirai Takebe

Copyright© 東北投信 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.