口座開設から積立の終わり方まで。状況別道案内はこちら
   

出口戦略(投資信託の売却・老後資金への活用)に関する解説一覧

出口戦略(投資信託の売却・老後資金への活用)に関する解説一覧

投資信託の売却を「出口戦略」と呼ぶことがあります。特に、つみたてNISAやiDeCoを使って投資信託を積み立てた場合には、将来「どう現金化し、どのように生活に生かすか」と考える日が必ず来るはずです。

★「出口戦略(売却と老後資金への活用)」の最新3記事

【出口戦略】「目標金額を達成したら売却する」という考え方
【出口戦略】投資信託の定率売却の特徴とシミュレーション
【出口戦略】投資信託の定口売却の特徴とシミュレーション

売却時に「利益を最大化しての一括換金は難しい」と考えたほうが良いです。というのも、換金するタイミングでの相場状況はわからないからです。そこで、通常は定口売却や定率売却など、タイミングをずらした換金を考えることが多いと思います(積み立てて買うのと同じ考え方ですね!)。

投資信託の主な取り崩しの考え方
取崩方法メリットデメリット
定口売却受取期間を固定受取金額が変動
定額売却受取金額を固定株安時の取崩が大きい
定率売却資産を減らさずに取り崩し
(取崩率の微調整が必要)
受取金額が変動
期待利回りの低い商品が増えている
一括売却売却時の資産を保全できる物価上昇に弱い可能性
将来必要な資産の見積りが必要

ちなみにつみたてNISAの終わり方を知りたい場合は以下の記事もご覧ください。

解説20年後につみたてNISA口座から特定口座に移管される流れを詳しく解説する

解説つみたてNISAの出口戦略なんて極めて簡単な話だった

スポンサーリンク
終わり方を知りたい

【出口戦略】「目標金額を達成したら売却する」という考え方

「積み立てた投資信託を将来どうするか」、いわゆる出口戦略は結構気になるところですよね。その理由の1つには、「誰でもこうすれば上手くいく」といった公式的な考え方が少ないことも挙げられると思います。 ...
出口戦略(積立投信の売却・老後資金への活用)
終わり方を知りたい

【出口戦略】投資信託の定率売却の特徴とシミュレーション

この記事は、例えば老後にどうやって投資信託を売却して生活費を得るのが良いのか、いわゆる「出口戦略」を検証するものです。今回は「定率売却」についてシミュレーションしたく思います。ここでは、投資信託の評価...
2020.05.12
出口戦略(積立投信の売却・老後資金への活用)
終わり方を知りたい

【出口戦略】投資信託の定口売却の特徴とシミュレーション

この記事は、例えば老後にどうやって投資信託を売却して生活費を得るのが良いのか、いわゆる「出口戦略」検証するものです。 今回は「定口売却」についてシミュレーションしたく思います。定口売却とは、投資...
2020.05.12
出口戦略(積立投信の売却・老後資金への活用)
終わり方を知りたい

【出口戦略】投資信託の定額売却の特徴とシミュレーション

この記事は、例えば老後にどうやって投資信託を売却して生活費を得るのが良いのか、いわゆる「出口戦略」を検証するものです。 ここでは、その手法の1つである「定額売却」について解説します。例えば将来「...
2020.05.12
出口戦略(積立投信の売却・老後資金への活用)
出口戦略(積立投信の売却・老後資金への活用) 特定口座
終わり方を知りたい

セゾン投信の長期投資シミュレーション(セゾン号の道しるべ)を鵜呑みにしないように

セゾン投信では、2019年11月1日から長期投資のシミュレータ(セゾン号の道しるべ)を提供開始しました。早速筆者も使ってみたのですが、「新興国株式を買っておけば老後安泰」みたいな結果になってしまうので...
2020.04.05
セゾン投信 便利ツール・計算機 出口戦略(積立投信の売却・老後資金への活用)
20年後の終わり方を知りたい

つみたてNISAの出口戦略なんて極めて簡単な話だった

つみたてNISAの出口戦略なんて極めて簡単な話でした。 シミュレーションとかそういうものは必要ないぐらいに。 「20年後に儲かっていれば贅沢をする。損をしていれば清貧に暮らす」 たっ...
2020.04.09
出口戦略(積立投信の売却・老後資金への活用)
終わり方を知りたい

【モンテカルロ】投資信託のシャープレシオと老後資金の取り崩し可能年数の関係

「老後資金を利回りx%で運用しながら生活すると、定期預金よりもx年長持ちする」といった議論がよく行なわれます。 しかし、投資は毎年安定的に同じリターンを生み出すわけではないので、このライフプラン...
2020.03.31
モンテカルロ(乱数)シミュレーション 出口戦略(積立投信の売却・老後資金への活用)
終わり方を知りたい

【モンテカルロ】老後資産の取り崩しモデル。ローリスク商品なら何年運用できる?【出口戦略】

前の記事では、比較的リスクの高い「全世界株式」を利用して、老後資産の取り崩しをシミュレーションしました。 そこで今度はローリスクな商品(いつものごとく、4資産均等型)を例に、資産取り崩し...
2020.03.31
バランスファンド モンテカルロ(乱数)シミュレーション 出口戦略(積立投信の売却・老後資金への活用)
終わり方を知りたい

【モンテカルロ】全世界株式で老後の生活費を運用したら何年生活を維持できる?【出口戦略】

老後の生活費がどうなるかって多くの方の関心事だと思います。収入がどれくらいあるかもわからないし、足りない生活費を補填する方法も「これだ!」という決め手がないというかなんというか。 そこで、その老...
2020.04.06
モンテカルロ(乱数)シミュレーション 全世界株式 出口戦略(積立投信の売却・老後資金への活用)
[銘柄解説] 投資信託

ローリスク投資信託(ニッセイ・インデックスバランスファンド(4資産均等型))を使った将来の出口戦略

前回の記事に引き続き、投資信託の取り崩し、いわゆる出口戦略の話を考えます。 前回の記事で扱った「ニッセイ外国株式インデックスファンド」は商品としては素晴らしいですし、購入者も多い...
2020.03.05
ニッセイアセットマネジメント バランスファンド 出口戦略(積立投信の売却・老後資金への活用)
終わり方を知りたい

【出口戦略】先進国株式ファンド(ハイリスクハイリターン商品)を利用し、将来の取り崩しを試算する

今まで、投資信託の積み立てのことばかり考えてきたので、今回は「出口戦略」とも呼ばれる、投資信託の取り崩しの話を考えます。 ただ、 ある時に一括で売却するのか 長く運用しながら、必...
2020.03.31
先進国株式 出口戦略(積立投信の売却・老後資金への活用)
スポンサーリンク
\シェアしてください/
タイトルとURLをコピーしました