リバランスに関する解説一覧

リバランスに関する解説一覧

2つ以上の投資信託を保有した時に、その保有比率を調整することを「リバランス(rebalancing)」と言います。特に損失への備えを重視する投資家にとっては、リバランスを行うことでハイリスクになりすぎたポートフォリオを見直せます。

★「リバランス」の最新3記事

つみたてNISAの「ノーセルリバランス」は気休めの効果しか得られない
投資信託のリバランス(保有比率の調整)の必要性を考えてみる
つみたてNISAの損失発生時のポートフォリオの見直しの話

リバランスは「投資信託の運用成績が悪いから行うもの」ではありません。当初計画した資産配分や投資信託の保有比率と現在の状況を比較し、問題がある(将来発生するかもしれない損失に耐えられない)と判断したときに実行するものです。

解説投資信託のリバランス(保有比率の調整)の必要性を考えてみる

スポンサーリンク
6. 運用中に悩むこと・リバランス

つみたてNISAの「ノーセルリバランス」は気休めの効果しか得られない

過去の投資信託の基準価額データを利用して、つみたてNISAの長期投資をシミュレートしました。つみたてNISAは始まってまだ3年目で、私たちにはまだまだたくさんの時間があります。 その時にどのよう...
2020.07.29
つみたてNISA リバランス
6. 運用中に悩むこと・リバランス

投資信託のリバランス(保有比率の調整)の必要性を考えてみる

最初に述べておくと、この記事は半分自分のために書いてるので、何か明確な結論は出ませんw 東北投信では「長期投資」を謳ってるのですが、これまで投資信託のリバランスの話を一切書いてきませんでした。 ...
2020.07.18
リバランス
6. 運用中に悩むこと・リバランス

つみたてNISAの損失発生時のポートフォリオの見直しの話

今日は「つみたてNISA」のポートフォリオの見直しについて、紹介します。既に運用されている方向けの記事です。 😆最近、#つみっプ で「ポートフォリオの見直しは、どれくらいの頻度で...
2020.08.20
つみたてNISA ポートフォリオ リバランス 損失・借金
スポンサーリンク
\シェアしてください/