LINE

ブログ「東北投信」の更新情報をLINEとTwitterで配信しています♪(LINEはあなたの個人名は見えませんのでお気軽に追加してね!)

記事への質問は、コメントフォーム(記事の下にあります)・LINE・Twitter・お問い合わせフォームをお使いください。

リンクユニット




インデックス投資 投資信託の銘柄

欧州(EU)株に投資するインデックスファンドを買いたい!

投稿日:2019年1月18日 更新日:

表題の通りです。

例えば、先進国株式のインデックスファンド(eMAXIS slim 先進国株式インデックスとかニッセイ外国株式インデックスファンド)を購入すると、投資したお金の半分以上はアメリカ株式で運用されることになります。

これは、もともと米国株の時価総額が圧倒的に多いことに起因しているのですが、言い換えれば「それって本当に世界分散投資って言えるの?」と思ったのです。

例えば、アセットアロケーションの大部分を先進国株で運用する筆者の投資国は以下の通り。

アセットアロケーション
アセットアロケーションを分析できるピザ屋「ピザロ!!」リリースしました

前回の記事で紹介したアセットアロケーション分析ツール「ピザロ」をリリースしました。 アセットアロケーション分析ツール 「ピザロ!!」 by 東北投信 誰でも無料で使えますので、 すでにインデックスファ …

続きを見る

色が濃いほど投資割合が高く、アメリカに依存していることがわかります。

じゃあ、アメリカと日本以外の先進国市場にももっと投資しようよ

ってのが今回のお話で、特に先進国が集まっているEU(欧州)の株式に投資しようと考えたのです。

というわけで、以下、欧州株への投資を少し考えてみたく思います。

今回は欧州株に投資できるファンドとして、

  • SMT 欧州株配当貴族インデックスオープン
  • フィデリティ欧州株ファンド(これはアクティブファンドでつみたてNISA対応)

の2つを挙げたいと思います。

[スポンサーリンク]

そもそも欧州株へ投資できる投資信託ってどのくらいあるの?

欧州へ投資できる投資信託は70本(SBI証券取り扱い本数)

2019年1月18日現在で、SBI証券で「欧州」を含む投資信託は70本あります。

内訳は、

  • 株式:21本
  • 債券:31本
  • REIT:9本
  • バランスファンド:9本

このうち、インデックスファンドは4本で、つみたてNISA対象の投資信託は1本です。

インデックスファンド4本

  • SMT 欧州株配当貴族インデックスオープン
  • インデックスファンド欧州リート(毎月分配型)
  • 欧州株式指数ファンド
  • eMAXIS 欧州リートインデックス

つみたてNISA対象の1本

  • フィデリティ欧州株ファンド(これはアクティブファンド)

他にもファンドはありますが、とりあえずの選択肢としてはこのあたりが候補になるかと思います。

なお、

  • インデックスファンド欧州リート(毎月分配型)
  • eMAXIS 欧州リートインデックス

は株式ではないので、残りの

  • SMT 欧州株配当貴族インデックスオープン
  • 欧州株式指数ファンド
  • フィデリティ欧州株ファンド(これはアクティブファンド)

が今回の投資候補になりそうです。

この3ファンドの成績はいかに?

モーニングスターのデータベースを利用して、以下の3ファンドとMSCIコクサイインデックス(日本除く)を比較してみました。欧州株式ファンドの成績比較

  • 橙:SMT 欧州株配当貴族インデックスオープン
  • 赤:フィデリティ欧州株ファンド(これはアクティブファンド)
  • 緑:欧州株式指数ファンド
  • 青:MSCIコクサイインデックス

SMT 欧州株配当貴族インデックスオープンの運用歴がまだ1年程度と短いので比較期間もわずか1年です。

これによると、過去1年間の成績は欧州株式よりもMSCIコクサイインデックスのほうが良かった

つまり、MSCIコクサイインデックスの主な構成国は米国と欧州、一部オセアニアなので、特に米国株式の成績のよさ(いわゆるFANG銘柄)が目立ったものと思います。

あれ、欧州株に投資するメリットなくね?w

しかし、来年も「欧州株<MSCIコクサイインデックス」となるとは限らないので、この成績を鵜呑みにしてはいけないのです。

地域分散性を考えたら、欧州株に投資するメリットは十分にあります。

MSCIコクサイインデックス抜きで考えると、アクティブファンドであるフィデリティ欧州株ファンドが最も成績が良く、SMT 欧州株配当貴族インデックスオープンが続きました

欧州株式指数ファンドは2018年2月の急落後、パフォーマンスが冴えないですね。

じゃあ欧州株配当貴族ファンドにするよ

というわけで、今回は名前に惹かれて「SMT 欧州株配当貴族インデックスオープン」でも買って貴族になってみようかな。

記事タイトルが「インデックスファンドを買いたい」なので。

あ、いやでもフィデリティ欧州株ファンドも成績良くて悩むよね。

「欧州株配当貴族インデックスオープン」投資上の留意点

純資産が少なく、投資銘柄も少ない

「SMT 欧州株配当貴族インデックスオープン」の詳細は別記事で解説したいと思いますが、このファンド

  • 純資産が2.65億円しかない(マザーファンドも同じ)
  • 構成銘柄が38しかない(2018年12月時点)
  • 運用会社がファンドを乱発する三井住友トラストアセットマネジメント

ってあたりが、長期投資のリスクになるかと思います。

純資産の少なさや、三井住友トラストアセットマネジメントのファンドの乱発は将来の早期償還の可能性を暗示させます(お金が集まらない→運用方針みなおしまーす)。

また、構成銘柄数の少なさは、一般的なインデックスファンドよりもハイリスクハイリターンな結果になりやすいのです。

長期投資なら「フィデリティ欧州株ファンド」も悪くない

フィデリティ欧州株ファンドはつみたてNISA対象ファンドなので、おそらく今後19年間は継続して運用される可能性が高いです。

「アクティブファンドである」点は難しいのですが、早期償還リスクは少ないと思います。

ちなみに、こちらの構成銘柄数は51(2018年12月時点)と、SMT 欧州株配当貴族インデックスオープンよりは少し多め。

全体的に構成銘柄が少ないのは市場が小さいせいでしょうか。

[スポンサーリンク]

まとめ

  • つみたてNISAで投資できるような先進国株式ファンドに投資すると、その多くのお金がアメリカ株式で運用される。地域分散性を重視するなら、欧州株ファンドなども買ってみよう
  • 投資信託を利用して欧州株式に投資するなら、フィデリティ欧州株ファンドやSMT 欧州株配当貴族インデックスオープンなどがある
  • フィデリティ欧州株ファンドもSMT 欧州株配当貴族インデックスオープンも構成銘柄は少なめ。前者はつみたてNISA対象

ちなみに海外ETFには「VEA(バンガードFTSE先進国市場(除く米国))」や「SPDW(SPDRポートフォリオ先進国世界(除く米国))」といった、米国以外の先進国株式に投資できるETFもあります。

これらには日本株式が含まれますが、米国株式以外の投資割合を増やす、という意味で選択の可能性もありそう。

ただ、投資信託を通じて投資するとするならば、今回挙げた「フィデリティ欧州株ファンド」や「SMT 欧州株配当貴族インデックスオープン」が主な候補になりそうですね。

各ファンドの特徴はまた別の記事で紹介します。

フッタ広告3

将来のお金の不安を解決するなら「つみたてNISA」がオススメ!!

老後破綻に備えるべく、筆者も毎月積み立てています。

筆者が利用しているSBI証券の口座開設手順はこちら
SBI証券の口座開設方法。開設に要する時間やよく疑問に思うところなど

SBI証券で今やってるキャンペーン
【2019年3月】SBI証券に「つみたてNISA」または「一般NISA」口座を開設し現金プレゼントを狙おう!(2019年5月31日まで)

他の証券会社もチェックするなら
投資信託を買いたいあなたへオススメする証券会社3選


【口座開設料・維持費無料】SBI証券のウェブサイトを今すぐ見る

リンクユニット下




アドセンス関連ユニット



本日の人気記事

本日の人気記事

スポンサーリンク

[スポンサーリンク]



注意事項

  • 金融商品の時価は変動しますので、投資元本を割り込む可能性も承知の上で投資するようになさってください。
  • 本コンテンツで紹介している金融商品は、将来必ず値上がり・利益が生じるとは限りません。
  • 筆者調査の上で記事を執筆しておりますが、記事には不備・間違いが含まれる可能性がございます。必ず、あなたご自身が確認するようになさってください。
  • 記事執筆時点の情報に基づくため、最新の情報とは差異が生じている可能性がございます。記述と現況が異なる場合には、現況を優先いたします。
  • 記事を参照したことで生じた損失の補填や保証などは一切行いません。

-インデックス投資, 投資信託の銘柄
-, , ,

Copyright© 東北投信 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.