東北投信

非課税制度:つみたてNISA | iDeCo
注目ワード:米国株式 | 新興国株式 | eMAXIS slim | 8資産均等型 | ゴールド | レバレッジファンド

新着記事

ビットコイン先物ETF(BITO)を買ってみた
JPX日経400インデックスに連動する投資信託のおすすめはどれですか?
ネタで契約したKindle Unlimitedが最強すぎてつらい(雑談回)
マネックス・アクティビスト・ファンドのパフォーマンスを見てみる
国内債券インデックスファンドのおすすめはどれですか?
グローバルESGハイクオリティ成長株式ファンド(為替ヘッジなし)についてチェックしてみた
投資信託のウェブ体験セミナーを受けてみた(雑談回)
NEXT FUNDS インド株式指数・Nifty 50連動型上場投信(1678)のパフォーマンスを見てみた
ベイリー・ギフォード世界長期成長株ファンド(ロイヤル・マイル)のパフォーマンスを見てみる
つみたてNISAの利益ってどれくらいになるの?
楽天証券の定期売却を設定してみた
インデックス投資関連本がセール中!このチャンスを逃さないで!
感想:史上最強の投資家バフェットの教訓
景気サイクルと株式資産の関係からつみたてNISAの商品選びを考える
レバナス(iFreeレバレッジNASDAQ100)を取り崩したら毎月いくら生活費にできる?




SNSアカウント

Twitter(ツイッター)

  • @instockexnet:つみたてNISAとカナダ株中心にツイート。メインはこちら。
  • @MiraiGoldshare:ゴールドを中心とするコモディティ関連をツイート。

Instagram(インスタグラム)

インスタグラム(みらいあせっと)

筆者の体験談

筆者の運用体験談を紹介しています。つみたてNISAなどの損益を見たい場合にはこちらをご覧ください。

基礎知識を学ぶ

これからつみたてNISAやiDeCoなどを始める方にとって必要な投資の知識をまとめています。

応用知識を学ぶ

ドルコスト平均法などモンテカルロシミュレーションなど、インデックス投資の少し専門的な話題はこちらで解説しています。

金融機関を選ぶ

これからつみたてNISAやiDeCoなどを始める方が、金融機関を選ぶ際に必要なことやおすすめの金融機関などをまとめています。

単刀直入に言うと、つみたてNISAは楽天証券を、海外ETFや米国株等はSBI証券を選ぶと、豊富なサービスを受けられます。

商品選び・組み合わせを考える

投資信託やETFの比較や、選ぶ際に必要なことをまとめています。

オススメ商品から探す

主なインデックスファンドについて、過去のパフォーマンスや信託報酬から、運用に適した商品を比較・検討してみました。

よくある疑問から探す

絞り込み検索から選ぶ

And検索です。チェックした条件すべてに当てはまるものだけ表示されます。

主な資産クラスから探す

国内株式 | 国内債券 | 国内REIT(不動産投資信託)

先進国株式 | 先進国債券 | 先進国REIT(不動産投資信託) | 米国株式 | 米国債券 | カナダ株式 | カナダ債券 | 欧州株式

新興国株式 | 新興国債券 | 中国株式 |シンガポール株式 | インド株式パキスタン株式

全世界株式3地域均等型 | GDP型 | 全世界債券 | 全世界REIT(不動産投資信託)

純金・ゴールド | 暗号通貨・ビットコイン

4資産均等型 | 8資産均等型 | バランスファンド

主な商品シリーズから探す

eMAXIS slim | eMAXIS | i-SMT | iFree | iTrust | Smart-i | SMT | たわらノーロード | つみたてんとう | ニッセイ・インデックスパッケージ | マイパッケージ | 楽天バンガード | 野村インデックスファンド | 雪だるま | <購入・換金手数料なし>

スマートベータ・ESGから探す

スマートベータ

ESG

運用中に悩むこと・リバランス

既に運用をされている方が、ポートフォリオの見直し・リバランスをする際に必要な事柄をまとめています。また、運用中のよくある悩みも紹介しています。

運用の終える・老後資金に生かす

将来の投資信託等の売却・換金と生活への生かし方などを紹介しています。「老後資金を利回りx%で運用しながら生活すると、定期預金よりもx年長持ちする」という安易な議論が間違いであることも紹介しています。

取材・セミナー等

取材やセミナー等の記事を紹介しています。カンさんのインタビュー記事や青森つみたてNISA勉強会関連はこちらです。

便利ツール

ポートフォリオからアセットアロケーションの算出はピザロを、将来シミュレータはアセロラをお使いください。

開発に関する話題

投資信託の口数を計算するツールもあります。