新興国株式の概要と記事一覧

「新興国株式」は中国株や台湾株、韓国株に代表される新興国に投資する資産クラスです。2000年代に大きく値上がりしました。投資信託を活用することで、新興国株式に低コストで広く投資できますが、ネット証券各社では特に中国株(香港株)とASEAN株を直接買うことも可能です。

新興国株式に投資できる主な商品
商品名公式サイト
個別株外国株取引サービス
(SBI証券等)
投資信託eMAXIS slim 新興国株式公式サイト
国内ETF2520
NEXT FUNDS 新興国株式
公式サイト
海外ETFSPEM
(SPDR新興国株式ETF)
公式サイト
3. 商品選択と組み合わせ

フィデリティ・アジア株・ファンドのパフォーマンスを見てみる

「フィデリティ・アジア株・ファンド」というアジアの有力株に投資できるアクティブファンドがあります。このファンドは1998年に運用が始まり、現在までに20年以上継続している歴史の長い商品です。 フ...
2021.08.23
新興国株式
3. 商品選択と組み合わせ

アクティブファンドを使ってアジア圏の新興国株式に投資する

最近「新興国株式はアクティブファンドでの運用に向いているのでは?」と感じ、書いた記事です。例えば、アジア圏をテーマにすると、「フィデリティ・アジア株・ファンド」や「JPMアジア株・アクティブ・オープン...
2021.09.14
新興国株式
3. 商品選択と組み合わせ

新興国株式インデックスと銅(Copper)価格は一緒に上昇中

最近、銅の価格が上昇しています。銅先物価格を見ると、コロナショックのあった2020年3月に2.02ドルを付けた後、記事執筆時点で3.2995ドルまで上昇してきました。 ここで注目したいのは銅の価...
新興国株式
3. 商品選択と組み合わせ

FTSE RAFI エマージングインデックスの特徴

「FTSE RAFI エマージングインデックス」はFTSE Russellが定めた新興国株式の株価指数で、「ファンダメンタルインデックス」を利用したスマートベータです。一般的な時価総額インデックスより...
ベンチマーク新興国株式
3. 商品選択と組み合わせ

つみたてNISAのおすすめ新興国株式インデックスファンドは?

つみたてNISA対象の新興国株式インデックスファンドを比較してみた、というお話です。もし「新興国株式に投資したいけど、よい投資信託がどれかわからない」と考えていましたら、この記事がお役に立つと嬉しいで...
2021.09.26
おすすめ商品つみたてNISA新興国株式
3. 商品選択と組み合わせ

新興国株式とドルインデックス(DXY)の関係

1988年以降の新興国株式と米ドルインデックス(DXY)の関係について紹介します。 ドルインデックスとは、ユーロ・円・ポンド・スイスフランなど複数の主要国通貨に対する米ドルの価値を指数化したものだ。...
2020.10.23
新興国株式
3. 商品選択と組み合わせ

DGRE(新興国株クオリティ配当成長ファンド)への投資を検討してみた

DGRE(ウィズダムツリー新興国株クオリティ配当成長ファンド)は米ウィズダムツリー社のETFで、新興国株式を対象とする、銘柄の「クオリティ」をファクターにしたETFです。 WisdomTree ...
2020.09.28
スマートベータ新興国株式
3. 商品選択と組み合わせ

XSOE(新興国株ニューエコノミーファンド)への投資を検討してみた

ウィズダムツリーのETF「XSOE(新興国株ニューエコノミーファンド)」を解説します。 WisdomTree Emerging Markets ex-State-Owned Enterprise...
2021.01.08
スマートベータ新興国株式
3. 商品選択と組み合わせ

新興国株式とコモディティインデックスの関係

1988年以降の新興国株式とコモディティインデックス(S&P GSCI Commodity Total Return)の関係について紹介します。 結論から述べると、コモディティインデック...
2020.10.31
新興国株式
3. 商品選択と組み合わせ

日経アジア300i指数と新興国株式指数に連動する2つの投資信託を比較

今回は中国・韓国・台湾などの新興国株式を中心に構成される「日経アジア300インベスタブルインデックス」に連動する投資信託と、一般的な新興国株式インデックスファンド(MSCIエマージングマーケットインデ...
2021.09.26
新興国株式
3. 商品選択と組み合わせ

【アセットアロケーション】コロナ禍の相場から考える新興国株式の投資の是非

アセットアロケーションを決める際、「新興国株式に投資するか」はよくある疑問の1つです。そこで今回は2020年の1月から4月までのクラッシュ相場を例に考えてみましょう。 実は、2020年4月末時点...
2020.08.21
2020年の株式市場クラッシュ新興国株式
3. 商品選択と組み合わせ

「つみたて新興国株式」で地元銀行から世界の成長国へ投資!

つみたて新興国株式は中国やインド、台湾などの新興国に投資する商品で、主に地方銀行などのつみたてNISAで利用できます。 マザーファンド部分はeMAXIS slim 新興国株式インデックスと共有し...
2021.09.26
つみたてんとうシリーズ新興国株式
3. 商品選択と組み合わせ

ニッセイ新興国株式インデックスファンドの特徴。将来予測や暴落シミュレーションなど

結論から述べると、ニッセイ新興国株式インデックスファンドは良い商品ですが、以下の2点で注意が必要です。 ニッセイ新興国株式インデックスファンドの純資産は少ない 新興国株式クラス自体...
2021.09.26
新興国株式
3. 商品選択と組み合わせ

MSCIエマージングマーケットインデックスの特徴

MSCIエマージングマーケットインデックス(Emerging Market Index)は中国株や台湾株・韓国株などの株価から算出される指数です。つみたてNISA対象のベンチマークで、多くの新興国株式...
2020.10.31
ベンチマーク新興国株式
3. 商品選択と組み合わせ

eMAXIS slim 新興国株式インデックスに毎月1万円投資したら20年後いくらに?

つみたてNISAでは先進国株式もののインデックスファンドが人気ですが、実は新興国クラスもそれなりに売れているって知ってました? この記事で紹介する「eMAXIS slim 新興国株式イン...
2021.09.26
eMAXIS Slimシリーズ新興国株式
\シェアしてください/