口座開設から積立の終わり方まで。状況別道案内はこちら
   

運営者情報

PCまわり

この記事は主に執筆者のどうでも良い話を書いてます。

LINEのサポートの話は→ユーザーサポート

執筆者への問い合わせは→お問い合わせフォーム

[スポンサーリンク]

このサイト「東北投信」について

本サイトは「東北投信(とうほくとうしん)」といいます。

ぜひ覚えてね!

2018年に始まった「つみたてNISA」を中心に、投資信託の運用にまつわる話を中心に解説しています。

東北投信ではLINEを使って毎週金曜日か土曜日に更新情報を配信していますので、お気に召しましたら、ぜひご登録くださいませ。

友だち追加

LINEのサポートの話は→ユーザーサポート

無料で使える分析ツール作ってます!

アセットアロケーション分析ツール 「ピザロ!!」

資産形成将来シミュレータ 「アセロラ!!」

【計算機】老後資金を投資信託で準備する際の簡易資産形成シミュレータ
window.onload = function () { document.getElementById('calculate2').onclick = button_click_...
【計算機】年金見込額の試算と老後資金を準備するための積立額のシミュレータ
老後資金って心配ごとですよね。 もう準備していますか?それともまだ様子見で考え中ですか? 今回、紆余曲折あって老後資金の計算機を作ってしまったので、この記事にて紹介します。 もともと...

エクセルで計算ツールを作ると、その存在を忘れる(笑)ので、無料で使えるウェブツールを作りました。

2019年はこの手のツールを増やしていこうと思ってます。

2020年こそは増やしていこうと思いますw

いつも記事書いてる人

青森つみたてNISA勉強会にて。

武部未来(理学博士・3級ファイナンシャルプランナー技能士)

経歴など

日本でも特に金融知識が無いことで有名な青森県出身の30代個人投資家(兼業)です。2020年で個人投資家歴は7年目で、つみたてNISAをはじめ、少額ながら様々な金融商品の取引を行ってきました。

ツイッターはこちら。

https://twitter.com/instockexnet

東北投信以外にもいくつかウェブサイトを運営しています。

積立NISA(つみたてNISA)非公式攻略ガイド
「積立NISA(つみたてNISA)非公式攻略ガイド」では、実際につみたてNISAを利用している筆者(@instockexnet )が、つみたてNISAの制度や商品選択などを解説しています。投資経験者だからこそ書ける、「投資の実際のところ」と
みらいのカナダ株式投資大作戦!
カナダ株投資専門ブログ!カナダの株式市場や銘柄、実際の運用成績などを紹介します

取材実績

資産形成の方針・実績など

筆者のつみたてNISAやiDeCoの利用状況

投資信託(インデックス投資) + 株主優待 and/or 配当金銘柄の長期カナダ株式の保有」にて資産形成を図っています。最近は、「つみたてNISA」と「iDeCo」を中心に考えていることが多いです。

資産運用全体の方針と体験談↓

筆者の運用体験談
ここでは筆者の実際の運用の方針や運用成績の話を紹介しています。といっても、基本的に投信の積み立てなので、あんまり面白いことは書いてませんが。。 ★「筆者の運用体験談」の最新3記事 ...

2020年の目標↓

1年の計は元旦にあり!2020年に達成したい7つのことを発表します
こんにちは、みらい(@instockexnet )です。 これは筆者の日記なので、読んでも学びも驚きも特になにもありませんw 例年、ふんわりとした目標を立てては、その後の忙しさでだいたい忘...

基本的に、債券への投資は不要(相場的な理由もあって)と考えており、現金・預金と株式を中心に保有しようと考えています。株式そのものはリスクの高い商品ですが、例えば株式1に対して現金を99の割合で保有すれば、資産全体で見ればローリスクです。

ただ、こういったブログを運営している以上、債券の買い方や分配金の入金を知るために、米国債や個人向け国債などの債券もわずかに保有しています。

書籍「アセットアロケーションの最適化」を読んで、少しはポートフォリオに債券を入れたほうが良いという考えになりました。ただ、国内債券の利回りはほぼ0なので、為替ヘッジの先進国債券などにも目をむけています。

なお、カナダ株は完全に趣味の世界です。詳しい話は「みらいのカナダ株式投資大作戦」で紹介しています。

みらいのカナダ株式投資大作戦!
カナダ株投資専門ブログ!カナダの株式市場や銘柄、実際の運用成績などを紹介します

ブログ運営上の作業風景などの紹介

PCまわり

左側(メインディスプレイ)に運営サイトを、右側(サブディスプレイ)にツイッターアカウント(@instockexnet )を表示させています。手前側にあるAndroidとiPadのタブレットは株取引アプリの利用やレビューなどに使っています。

筆者は音楽活動もしており、かれこれ18年ぐらい歴があります。大学生の頃に1990年ごろの中古シンセを買い集めた時期があって、「捨てられない青春」としてサブディスプレイの下に鎮座しています。古いのでもう動かないかもw

中央にあるCDはイベントで作った自作CDです。15人ぐらいの人を集めて、筆者主催で開催したものです。音楽の話はもう1つのアカウント(@planet_f108 )で話すことが多いです。

筆者自身も投資をやってるので、いろいろ投資本は買い集めています。

東北投信運営者の本棚 東北投信運営者の本棚

東北投信運営者の本棚

運用はほぼ投資信託中心ですが、購入する本のテーマは投資信託以外にも株や債券やらいろいろ買っています。やっぱ、いろいろ買いたいじゃないですか。

本棚の中にある、加谷珪一さんの「お金持ちの教科書」は、投資に目覚めたきっかけになった書籍の1つです。この本を読まなかったら、今このブログは存在しなかったかもしれません。

投資本以外は趣味で買った本、若年無業者の就職関係の本、筆者のおなかのダイエット(笑)の本です。

20代までは特に読書の好きな人間ではありませんでしたが、お金や投資の話が好きになってからは、それ関係の本を頻繁に買うようになりました。電子書籍にはなかなか慣れない人間なので、未だ現物としての書籍のほうが好きです。kindleで買うのは「執筆中、記事に必要だから買いたい」とスピードを重視する時だけです。

投資を始めた理由と投資信託メインになった理由

投資を始めた理由は、「脱サラしよう」→「脱サラしたら収入ないじゃん」→「投資だ!」とかなり短絡的な思考で、2014年に20万円で株を買い始めました。投資を始めた当初は、短期で株を売買してました。

普通は「株ってどこで買うの?」「株買うお金なんてないじゃん」って思うもんなんですが、筆者はアホだった(笑)ので、そこまで深慮しなかったようです(笑)また、退職前提なので、「会社にバレたらどうしよう」もまったく恐れませんでした。

生まれて初めて買った株式はハニーズ(レディース向けの服飾チェーン)。そのとき買った株はもちろん売りましたが、今もハニーズの株主です。

投資を始めて4ヶ月目ぐらいの頃、株でロスカットが遅れて投資額の10%を失ったため。といっても、20万円しか投資してないので、たかだか2万円の損(笑)なんですが、結構ショックでご飯も喉を通らず、会社で同僚に愚痴ってました。

そのショックを受けたあと、次第に短期で株を売り買いすることから、中長期で株を持つことを覚え、同時に新しい金融商品も買ってみようと思って、投資信託に手を出した次第です。

最初は毎月分配型とか気にせず買ってましたが、インデックスファンドにも関心を覚え、いろいろ勉強した結果、インデックスメインになりました。インデックスの原理主義者ではないので、今でも毎月分配型も買いますよ?

さすがに2019年現在は2万円の含み損ではビビることもなく。「リスク許容度は大切」と言いますが、経験を積むことでも許容度のレベルは変わるんですね。

タイトルとURLをコピーしました