【2020年】つみたてNISAのおすすめ新興国株式ファンドは?

3. 商品選択と組み合わせ




この記事では、2020年10月時点で、つみたてNISA(積立NISA)対象の新興国株式ファンドのうち、おすすめできる銘柄を解説します。

★新興国株式ファンドのおすすめ

  1. eMAXIS slim 新興国株式インデックス
  2. SBI・新興国株式インデックス・ファンド
  3. つみたて新興国株式

おすすめの根拠として、2018年から2020年10月までのパフォーマンスを測定し、信託報酬等の比較から割り出しています。

なお、新興国株式への投資の是非は以下の記事をご覧ください。

つみたてNISAで新興国株式は必要?不要?
「つみたてNISA(積立NISA)で新興国株式への投資は必要なの?」 割とよくある疑問なので一緒に考えましょう。 新興国株式は「経済成長が著しいので儲かりそう」「中国やロシアは政治体制に問...

では、一緒にみていきましょう!

[スポンサーリンク]

おすすめ商品

最初に、つみたてNISA対象商品のうち、新興国株式のおすすめ商品を挙げると以下の通りです。

★新興国株式ファンドのおすすめ

  1. eMAXIS slim 新興国株式インデックス
  2. SBI・新興国株式インデックス・ファンド
  3. つみたて新興国株式

1番目に挙げたeMAXIS slim 新興国株式インデックスは、純資産が多く、信託報酬も十分に低いため、このカテゴリの中で圧倒的に選びやすい商品です。ネット証券で新興国株式ファンドを買いたい方は、eMAXIS slim 新興国株式インデックスを選ぶのが無難です。

SBI・新興国株式インデックス・ファンドは、売れ行きがeMAXIS slim 新興国株式インデックスに劣る点を考慮して、2位としました。このファンドのベンチマークは他の商品と異なっているため、パフォーマンスにも影響しています。

3番目に挙げたつみたて新興国株式は、eMAXIS slim 新興国株式インデックスの兄弟的な商品です。銀行で選べることが多いので、ネット証券を使いたくない人にオススメします。

おすすめの根拠を解説

では、上記のおすすめ順とした根拠を、2018年から2020年までの信託報酬やパフォーマンスから解説していきます。主な比較商品は以下の通り。

★つみたてNISA対象の新興国株式ファンド(2018年1月時点で運用が始まっているもの)

  • たわらノーロード 新興国株式
  • <購入・換金手数料なし>ニッセイ新興国株式インデックスファンド
  • 野村インデックスファンド・新興国株式
  • 三井住友・DC新興国株式インデックスファンド
  • SMT 新興国株式インデックス・オープン
  • eMAXIS slim 新興国株式インデックス
  • eMAXIS 新興国株式インデックス
  • つみたて新興国株式
  • Smart-i 新興国株式インデックス
  • SBI・新興国株式インデックス・ファンド
  • iFree 新興国株式インデックス

コストとパフォーマンスの比較

まずは各新興国株式インデックスファンドの保有期間リターンと1日あたりの株価変動の大きさです。

新興国株式インデックスファンドの保有期間リターン

検証期間内でもっとも成績が良い商品はSBI・新興国株式インデックス・ファンド、もっとも成績が悪い商品はiFree 新興国株式インデックスでした。この2つ新興国株式ファンドは、それぞれFTSE Emerging Index、FTSE RAFI Emerging Indexをベンチマークに採用しており、他の一般的なファンドのベンチマーク(MSCI Emerging Market Index)とは異なるものです。

それ以外は三井住友・DC新興国株式インデックスファンド(このファンドの問題は後述します)を除くと、おおよそ似たパフォーマンスになっています。

次に保有期間内での元本割れ確率です。

新興国株式インデックスファンドの元本割れ確率

先ほど挙げたSBI・新興国株式インデックス・ファンドを除くと、eMAXIS slim 新興国株式インデックスがもっとも元本割れ確率を低く抑えられました

基本的に投資信託のパフォーマンスは信託報酬が低いほど高くなる傾向にありますので、eMAXIS slim 新興国株式インデックスのパフォーマンスが良くなりやすいのは当然です。

では各新興国株式インデックスのパフォーマンスと信託報酬の関係です。

新興国株式インデックスファンドのパフォーマンスと信託報酬

SBI・新興国株式インデックス・ファンドやeMAXIS slim 新興国株式インデックスといった低コストファンドのパフォーマンスが高めでした。その他の商品も健闘していますが、この2つが上回っています。

つまり、過去のデータに基づく限り、新興国株式の選択はSBI・新興国株式インデックス・ファンドかeMAXIS slim 新興国株式インデックスを軸に考えるのが無難です。2020年現在、純資産の多さや知名度・人気度合いを考慮すると、後者のほうが選ばれやすいですよね。

SBI・新興国株式インデックス・ファンドかeMAXIS slim 新興国株式インデックスか

SBI・新興国株式インデックス・ファンドは、ベンチマークにFTSE Emerging Indexを採用しており、新興国株式の大型株から小型株までを投資範囲とします(eMAXIS slim 新興国株式インデックスは大型株から中型株まで)。つまり、新興国を厳密にカバーするという点では、SBI・新興国株式インデックス・ファンドのほうが優れています

ただ、本商品はETFをマザーファンドにしており、運用に難が出る場合があります。そのため、運用会社がマザーファンドを有しているeMAXIS slim 新興国株式インデックスをおすすめしやすいです。

問題のありそうな商品

他の商品に比べて、トラッキングエラー(ベンチマークの値動きからどのくらい外れるか)が大きい可能性のある新興国株式ファンドとして、以下の3ファンドを挙げます。

★2020年まででトラッキングエラーの大きそうな商品

  • たわらノーロード 新興国株式
  • 三井住友・DC新興国株式インデックスファンド
  • Smart-i 新興国株式インデックス

特に三井住友・DC新興国株式インデックスファンドは、類似ファンドより基準価額の変動が明確に大きいため、指数のトラッキングに難があります。検証期間内の最終的な成績には大きな影響はなかったものの、長期的に影響を与える可能性もあります。

選び方のポイント

最後につみたてNISA対象商品の選び方も簡単に紹介します。

★つみたてNISA対象商品の選択のポイント

  1. 取引したい金融機関で扱っていること
  2. なるべく信託報酬が低いこと
  3. なるべく純資産が多いこと(目安は30億円以上)

今回比較した商品であれば、ネット証券で取引するなら、SBI・新興国株式インデックス・ファンドやeMAXIS slim 新興国株式インデックスがいずれも低信託報酬で純資産も豊富です。

一方、銀行で買いやすいつみたて新興国株式も比較的低信託報酬で純資産も持ってますね。

[スポンサーリンク]

まとめ

  • 新興国株式ファンドのおすすめとして、eMAXIS slim 新興国株式インデックスとSBI・新興国株式インデックス・ファンド
  • 前者は純資産が多く、信託報酬も低いのでネット証券利用時に選びやすい。後者は2020年までのパフォーマンスが最も優れていた
  • 銀行で買いたい場合には、つみたて新興国株式等が無難

もし、新興国株式ファンドへの投資を検討しているならば、この比較が役に立つと幸いです。

他のおすすめファンドについては以下の記事でも紹介しています。

【2019年12月】つみたてNISAオススメ商品ランキング@東北投信版【積立NISA】
先につみたてNISAオススメ商品ランキングの結論だけ載せると以下の通りです。 つみたてNISAオススメファンド順位表(2019年12月) ランク ファンド名 投資先 信託報酬 ...

コメントは承認後に表示されます。