3. 商品選択と組み合わせ

3. 商品選択と組み合わせ

「VFH(Vanguard Financials ETF)に今すぐ投資を検討すべき」は本当?

VFH(Vanguard Financials ETF。金融セクターに投資する海外ETF)の過去のパフォーマンスを見ながら、今後の投資の是非を考えてみます。 Vanguard Financial...
米国株式
3. 商品選択と組み合わせ

PayPay証券でレバレッジドバランスファンドごっこを始めてみる

インスタで「PayPay証券(旧:OneTapBuy)の投稿が見たい」というお話をたまに頂くので、PayPay証券の取り扱いETFを使って「レバレッジドバランスファンド」ごっこでもやろうかと思ってます...
レバレッジドバランスファンド
3. 商品選択と組み合わせ

NASDAQ Q-50(次世代50)の過去パフォーマンスを調べてみた

NASDAQ 100と同時に、サイト内検索で増えてきたのが「NASDAQ Q-50」です。このインデックスは「QQQN」、または「iFree NEXT NASDAQ次世代50」のベンチマークとして使わ...
米国株式
3. 商品選択と組み合わせ

NASDAQ 100(ナスダック100)インデックスの過去のパフォーマンス等をまとめます

SNSでは「QQQ」や「eMAXIS NASDAQ100 インデックス」「iFree NASDAQ100 インデックス」等の「NASDAQ 100 インデックス(ナスダック100インデックス)」に連動...
米国株式
3. 商品選択と組み合わせ

アクティブファンドを使ってアジア圏の新興国株式に投資する

最近「新興国株式はアクティブファンドでの運用に向いているのでは?」と感じ、書いた記事です。例えば、アジア圏をテーマにすると、「フィデリティ・アジア株・ファンド」や「JPMアジア株・アクティブ・オープン...
新興国株式
3. 商品選択と組み合わせ

ゴールドと物価連動債(インフレ連動債)の関係

先日、ゴールドとアメリカの物価連動債(インフレ連動債)について面白い関係のグラフを見つけたので紹介したいと思います。それは最近15年ほどのゴールドのリターンは、アメリカの物価連動債(インフレ連動債)に...
純金・ゴールド
3. 商品選択と組み合わせ

1990年以降の米国リート(不動産投資信託)の価格推移と保有期間リターン

リート(REIT / 不動産投資信託)の長期チャートってあまり見たことが無いよね?ということで調べてみました。今回は米国リートのベンチマークの1つである「FTSE Nareit Equity REIT...
先進国リート
3. 商品選択と組み合わせ

全世界株式と米国株式のどっちに投資すればよい?2020年時点の考えをまとめる

例えば、つみたてNISAの商品選びにおいて、「全世界株式と米国株式のどっちに投資すればよい?」という質問をよくいただきます。 今回は過去30年の相場を参考に、全世界株式と米国株式のどちらに投資す...
全世界株式 米国株式
3. 商品選択と組み合わせ

小型株比率から見る楽天VTIとeMAXIS slim S&P500の米国株ファンド比較

米国株式ファンドのうち、楽天・全米株式インデックス・ファンドとeMAXIS slim 米国株式(S&P500)のどちらを選ぶかについて、小型株部分に注目しながら考えていきます。 最初に結...
米国株式
3. 商品選択と組み合わせ

小型株比率から見る楽天VTとslimオールカントリーの全世界株式ファンド比較

eMAXIS slim 全世界株式(オール・カントリー)と楽天・全世界株式インデックス・ファンドの全世界株式ファンドのどちらを選べばよいか、というお話。この「楽天全世界 vs eMAXIS slim ...
2020.12.11
全世界株式
3. 商品選択と組み合わせ

つみたてNISAで全世界株式を選んだ理由

しばしば「なぜ、つみたてNISAで全世界株式を選びましたか」と聞かれるので、現在の考えなどを紹介します。 歴史上、米国株と他の市場は交互にバブル・株価の低迷が起こっているように見えます。そのため...
2020.12.13
つみたてNISA 全世界株式
3. 商品選択と組み合わせ

新興国株式インデックスと銅(Copper)価格は一緒に上昇中

最近、銅の価格が上昇しています。銅先物価格を見ると、コロナショックのあった2020年3月に2.02ドルを付けた後、記事執筆時点で3.2995ドルまで上昇してきました。 ここで注目したいのは銅の価...
新興国株式
3. 商品選択と組み合わせ

ゴールドの価格がずるずる下落。今後どう投資していくか

ゴールドは2020年8月に1オンスあたり2075ドルを付けたあと、3か月ほどゆるゆると下落相場が続いています。投資家も勢いが弱まってきており、最近は「これからゴールドを買うのか!?」「売るべきですか?...
純金・ゴールド
3. 商品選択と組み合わせ

【2020年】つみたてNISAのおすすめ全世界株式ファンドは?

2020年10月末時点でつみたてNISA(積立NISA)対象の全世界株式インデックスファンドのうち、おすすめできる銘柄を解説します。 全世界株式に投資するものは、日本を含むもの、日本を除くもの、...
2020.12.09
おすすめ商品 つみたてNISA 全世界株式
3. 商品選択と組み合わせ

【2020年】つみたてNISAのおすすめ先進国株式ファンドは?

2020年10月末時点でつみたてNISA(積立NISA)対象の先進国株式ファンドのうち、おすすめできる銘柄を解説します。先進国株式に投資できるファンドは多く、つみたてNISAが始まる前から多数の商品が...
おすすめ商品 つみたてNISA 先進国株式