景気サイクルと株式資産の関係からつみたてNISAの商品選びを考える

3. 商品選択と組み合わせ




最近、個人的には各資産と景気サイクルとの関係を重視しています。サイクルというとハワード・マークス氏的な感じですが、まさにそんな感じです。

最重要項目にまちがいなく一番近い要素は、市場サイクルを理解することだ。これまで私が知り合ったすぐれた投資家の大半は、サイクルの一般的な動き方と、「今、サイクルのどこに位置しているのか」を察知する類まれな感覚を身につけている。

出典:市場サイクルを極める 勝率を高める王道の投資哲学 | Amazon

つみたてNISAの場合、景気サイクルに応じて商品を流動的に変えることはできない(し、やらないほうが良い)のですけど、長期の積立投資の中で景気サイクルの強い局面に賭けたいのか、景気サイクルの弱い局面に備えたいのかの観点から商品を選ぶことはできそうだと思ったわけです。

っていうお話を紹介したく思います。

効率的フロンティアとかそういう話は見てません。あくまで各株式資産と景気との関係だけです。

[スポンサーリンク]

株式資産と景気サイクルの関係

景気が良いほど全世界株式が強く、景気が悪いほど米国株が強い

まず、先進国株式全世界株式(日本を含む)新興国株式の3つの投資信託のパフォーマンスを紹介します。2021年8月末までのものです。

eMAXIS slim 先進国株式とeMAXIS slim 全世界株式(オールカントリー)の成績を比較したもの

※この3つについては、詳しい解説を以下の記事で行ってます。

先進国株式と全世界株式のどちらを選べばいい?
結論から述べると、この記事では全世界株式をオススメしたいと思います。 今回は高齢化や産業の変遷などのファンダメンタル的な話は抜きに、2018年から2021年までのパフォーマンスの推移だけを見て、...

これを見ると、ある局面では「新興国株式 > 全世界株式 > 先進国株式」となり、またある局面では「新興国株式 < 全世界株式 < 先進国株式(さっきと逆)」になっていることがわかります。

で、ここから先進国株式と全世界株式の差と米国の10年債の関係を見たものが以下です。

eMAXIS slim 先進国株式とeMAXIS slim 全世界株式(オールカントリー)の成績の差分を取ったもの

米国債金利の下落局面では先進国株式が強く、逆に金利上昇局面では(微妙なところもありますが)全世界株式が強いとの関係になっています。

これってたまたま偶然ではなく、景気状況の変化が株式のパフォーマンスにも反映されていると思うんです。

以前も紹介しましたが、新興国株式が強い時は米ドルが弱く、物価(コモディティ価格)が上がりインフレが加速している状況です。

逆に、景気が失速してくると、相対的に先進国株式が強くなります。

JPモルガンアセットマネジメントの資料によると、景気が失速してきたときに相対的に強くなるのは米国株だそうです(下図)。

景気状況と株式資産のパフォーマンスの関係

出典:Guide to the Marketsの資料を基に改変

というわけで、ここまでの話をまとめると、投資の成績を向上させるなら「景気が悪い時ほど資産を米国株に集めたほうが良く、景気が良い時ほど資産を全世界株式に分散させたほうが良い」との関係が描けます。

ただ、冒頭でも述べたように、つみたてNISAは景気サイクルに応じて商品を流動的に変えることに向いてないので、景気のどの局面にウェイトを置くかを基準に商品を選ぶのはどうでしょうかってお話になります。

主な投資信託と景気サイクルを結びつけると

一部想像で語りますが、たぶんこんな関係になると思います。

★景気拡大期に強い資産(※番号が小さいほどパフォーマンスを期待できる商品です)

  1. 新興国株式クラス:eMAXIS slim 新興国株式インデックス
  2. 全世界株式クラス(小型株含む):楽天・全世界株式インデックス・ファンド
  3. 全世界株式クラス(小型株除く)eMXAIS slim 全世界株式(オール・カントリー)
  4. 先進国株式クラス:eMAXIS slim 先進国株式インデックス
  5. 米国株式クラス(小型株含む):楽天・全米株式インデックス・ファンド、SBI・V・全米株式インデックス・ファンド
  6. 米国株式クラス(小型株除く):eMAXIS slim 米国株式(S&P500)

★景気後退期に強い資産(※番号が小さいほどパフォーマンスを期待できる商品です)

  1. 米国株式クラス(小型株除く):eMAXIS slim 米国株式(S&P500)
  2. 米国株式クラス(小型株含む):楽天・全米株式インデックス・ファンド、SBI・V・全米株式インデックス・ファンド
  3. 先進国株式クラス:eMAXIS slim 先進国株式インデックス
  4. 全世界株式クラス(小型株除く)eMXAIS slim 全世界株式(オール・カントリー)
  5. 全世界株式クラス(小型株含む):楽天・全世界株式インデックス・ファンド
  6. 新興国株式クラス:eMAXIS slim 新興国株式インデックス
小型株比率から見る楽天VTIとeMAXIS slim S&P500の米国株ファンド比較
米国株式ファンドのうち、楽天・全米株式インデックス・ファンドとeMAXIS slim 米国株式(S&P500)のどちらを選ぶかについて、小型株部分に注目しながら考えていきます。 最初に結...
小型株比率から見る楽天VTとslimオールカントリーの全世界株式ファンド比較
eMAXIS slim 全世界株式(オール・カントリー)と楽天・全世界株式インデックス・ファンドの全世界株式ファンドのどちらを選べばよいか、というお話。この「楽天全世界 vs eMAXIS slim ...

日本株は書いてないのですが、先ほどのJPモルガンアセットマネジメントの資料を考えると、新興国株式クラスの次に景気連動性が高そうですね。

ちなみに、こういう景気サイクルでパフォーマンスが変わる理由は、景気に敏感な銘柄の影響と考えられます。

米国大型株(S&P500)はどんな時も安定的な大企業が多いのに対し、小型株や新興国の企業が含まれる全世界株は景気で業績が大きく変わる銘柄も多くなると予想できます。

保守的なら米国株、積極的なら全世界株

というわけで、ここまで述べた関係から商品を選べるんじゃないかと思うんです。

★景気サイクルを考慮した商品選び

  1. どんな時も安定的なリターンを期待するならeMAXIS slim 米国株式(S&P500)
  2. 景気加速時の高リターンを期待するならeMXAIS slim 全世界株式(オール・カントリー)

特に新興国株式の比率は景気加速時のリターンに影響するので、もっと高いリターンを期待するなら3地域均等型GDP型という選択も視野に入ります。

2021年現在は、世界の株式の価格相関性が強く、どんなに広く分散しても損をするときは等しく損をすることが多いです。一方、特に米国のグローバル企業は世界中に売り上げを分散させているため、米国株を持つことで間接的に世界分散であるとの考え方も理解できます。

なので、世界景気のどんな局面に備えたいかで分散の度合いを変えると良いんじゃないかと思ったところです。

[スポンサーリンク]

まとめ

  • つみたてNISAで選べる主な株式資産と景気サイクルの関係をチェック
  • 景気拡大期~加速時には全世界株式に広く分散すると高いリターン。景気のピークを越えると米国株が相対的に優れる(分散しすぎない方が良い)
  • どんな時も安定的なリターンを期待するならeMAXIS slim 米国株式(S&P500)。景気加速時の高リターンを期待するならeMXAIS slim 全世界株式(オール・カントリー)

1990年以降のリターンでは米国株に軍配が上がります。これは直近GAFAMの強さもあると思うんですけど、「全世界株式が景気連動性が高い→株安時の下落が大きい→運用効率が米国株に劣る」て関係もある気がします。

全世界株式と米国株式のどっちに投資すればよい?2020年時点の考えをまとめる
例えば、つみたてNISAの商品選びにおいて、「全世界株式と米国株式のどっちに投資すればよい?」という質問をよくいただきます。 今回は過去30年の相場を参考に、全世界株式と米国株式のどちらに投資す...

なお、サイクルの話をもっと詳しく知りたければ、ハワード・マークス氏の本もチェックしてみてください。

市場サイクルを極める 勝率を高める王道の投資哲学 | Amazon