運用の終わり方・出口戦略

運用の終わり方・出口戦略6. 運用の終わり方

投資信託の売却を「出口戦略」と呼ぶことがあります。特に、つみたてNISAやiDeCoを使って投資信託を積み立てた場合には、将来「どう現金化し、どのように生活に生かすか」と考える日が必ず来るはずです。

★「運用の終わり方・出口戦略」の最新5記事

楽天証券の定期売却を設定してみた
オルカンに10万円投資して年4%取り崩したら何年継続できるか試してみる
「目標金額を達成したら投資信託を売却する」という考え方
投資信託の定率売却の特徴とシミュレーション
投資信託の定口売却の特徴とシミュレーション
投資信託の主な取り崩しの考え方
取崩方法メリットデメリット
定口売却受取期間を固定受取金額が変動
定額売却受取金額を固定株安時の取崩が大きい
想定よりも早く資産がなくなる
定率売却資産を減らさずに取り崩し
(取崩率の微調整が必要)
受取金額が変動
期待利回りの低い商品が増えている
一括売却売却時の資産を保全できる物価上昇に弱い
将来必要な資産の見積りが必要

ちなみにつみたてNISAの終わり方を知りたい場合は以下の記事もご覧ください。

解説20年後につみたてNISA口座から特定口座に移管される流れを詳しく解説する

6. 運用の終わり方

楽天証券の定期売却を設定してみた

少し前に「オルカン」を定期売却したらどうなるか、みたいな記事を書いていましたが、今回はその続編です。実際に定期売却の設定を行ったので、そのあたりの話題を紹介します。 結論から述べると、1...
楽天証券
6. 運用の終わり方

オルカンに10万円投資して年4%取り崩したら何年継続できるか試してみる

定期積立の話題は溢れているけど、定期取り崩しの話はあまり見かけないので、少額でやってみたらどうなる?ってちょっと思いました。これをツイートしたところ、意外と反響があったので、じゃあ実際にやってみようか...
eMAXIS Slimシリーズ全世界株式
6. 運用の終わり方

「目標金額を達成したら投資信託を売却する」という考え方

「積み立てた投資信託を将来どうするか」って気になるところですよね。 その理由の1つには、「誰でもこうすれば上手くいく」といった公式的な考え方が少ないことも挙げられると思います。 この記事で...
2020.07.21
6. 運用の終わり方

投資信託の定率売却の特徴とシミュレーション

この記事は、例えば老後にどうやって投資信託を売却して生活費を得るのが良いのか、「出口戦略」を検証するものです。 今回は「定率売却」についてシミュレーションしたく思います。ここでは、投資信託の評価...
2020.07.20
6. 運用の終わり方

投資信託の定口売却の特徴とシミュレーション

この記事は、例えば老後にどうやって投資信託を売却して生活費を得るのが良いのか、「出口戦略」検証するものです。 今回は「定口売却」についてシミュレーションしたく思います。定口売却とは、投資信託の購...
2020.07.20
6. 運用の終わり方

投資信託の定額売却の特徴とシミュレーション

この記事は、例えば老後にどうやって投資信託を売却して生活費を得るのが良いのか、「出口戦略」を検証するものです。 ここでは、その手法の1つである「定額売却」について解説します。例えば将来「投信を毎...
2020.07.21
6. 運用の終わり方

セゾン投信の取り崩しシミュレーション(セゾン号の道しるべ)を鵜呑みにしないように

セゾン投信が提供する長期投資のシミュレータ(セゾン号の道しるべ)を使ってみたのですが、「新興国株式を買っておけば老後安泰」という結果になってしまうので、「いやいや、それは違うだろう」ってことで記事にし...
2020.07.21
セゾン投信便利ツール・計算機
6. 運用の終わり方

投資信託のシャープレシオと老後資金の定額売却できる年数の関係

今回は乱数シミュレーション(モンテカルロ法)を利用して「投資信託のシャープレシオと老後資金の取り崩し可能年数の関係」を求めました。 シャープレシオとは リスク(標準偏差)1単位当たりの超過リターン...
2020.07.22
モンテカルロ(乱数)シミュレーション