口座開設から積立の終わり方まで。状況別道案内はこちら
   







【出口戦略】「目標金額を達成したら売却する」という考え方

目標金額を達成したら売却するのも一つの考え方終わり方を知りたい

積み立てた投資信託を将来どうするか」、いわゆる出口戦略は結構気になるところですよね。その理由の1つには、「誰でもこうすれば上手くいく」といった公式的な考え方が少ないことも挙げられると思います。

この記事では、出口戦略の1つとして、「目標金額を達成したら売却する」という考え方を紹介します。これは、老後にいくら必要なのかといった計算をしっかり行う必要がある一方で、資産をリスクに晒さないため、多くの人が「考えやすい・なじみやすい」方法でもあります。

インフレリスクを避けるために、売却後に別のローリスク資産に乗り換えるのも一案です。

では、一緒に見ていきましょう!

[スポンサーリンク]

流動的な評価額を換金して「固定」する

「目標金額を達成したら売却する」という考え方の根本には、投資信託の価値は常に流動的で、必ずしも増えるとは限らないことが挙げられます

例えば、老後に2000万円が必要だとして、インデックスファンド海外株式(為替ヘッジなし)に毎月4万円ずつ積み立てたとしましょう。2001年から積み立てた場合、2020年2月には評価額が2,000万円を超え、目標金額をクリアできます。

目標金額を達成したら売却するのも一つの考え方

出典:筆者作成

ですが、ご存じの通りに2020年3月には株式市場のクラッシュが発生し、2000万円の評価額は一時1300万円まで減ります。元本が割れてないとはいえ、目の前で700万円ものお金がわずか数日で減っていくのを見るのは結構辛いと思います。

加えて、「せっかく一度は2000万円をクリアしたのに、また運用を継続しなければいけない」という心境にもなると思います。こういったショックは、資産形成期に体験するよりも、資産形成の末期のほうが辛く重くなるかもしれませんね。

だから、目標金額を達成した時点で即時に売却し、その評価額を固定することにも1つのメリットがあると思うのです。

特徴:値動きから解放されるが、インフレリスクは残る

この「換金戦略」はどういったメリット・デメリットがあるのかを考えてみましょう。

あなたがFIRE(金銭的自立に基づく早期リタイア)に関心があれば、「4%戦略」もご存じだと思います。インデックスファンドを毎年4%ずつ取り崩すことで、資産運用を継続しながら、生活費を得ようとする考え方です(定率売却についてはこちら)。

定率売却のように運用を継続することは、それだけ資産を市場のリスクにさらしますので、2020年3月のような相場でお金を減らす可能性も出てきます。その点で、「目標金額を達成したら換金する」考え方は、市場リスクから解放されるため、「相場でお金が減ったらどうしよう」といった悩みから解放されるのです。

しかし、換金戦略にもデメリットはあります。

現金(日本円)の価値は他の資産と相対的に決まりますので、特に円安を伴う物価上昇に負ける点が挙げられます。そのため、すべてを換金するのではなく、一部を運用し続けたり、よりリスクの低い資産に乗り換えるのも1つのアイディアです。

参考までに、2000万円を達成直後にうち1000万円を国内債券ファンドに乗り換えると、2020年3月の下落幅は約半分に抑えられます。これでもお金がへる怖さは少し軽減できるのです。

目標金額を達成後に資産の半分を国内債券に切り替えた場合

出典:筆者作成

でも、資産を守るという意味では、もっと大胆に「換金→ローリスク資産へ乗り換え」を検討してもよいかもしれませんね。

デフレ下にあったバブル以降の日本においては現金を持つのが一番でした。将来もデフレが支配的ならば、無理に運用を継続するよりも換金したほうが妥当だと思います。

[スポンサーリンク]

まとめ

  • リスク資産で老後資金を作ろうとすると、資産の増減は避けられない。目標金額達成後に暴落して資産を失う可能性もある
  • 目標金額を達成したら、即時に換金することで、それまで積み上げた資産を保全できる
  • 「資産は現金のみ」もリスキーなので、他のローリスクな資産で運用を継続するのも一案

投資信託の出口戦略は、結局「自分がどういうところを目指そうか」といった考え方に大きく影響受けると思います。

「FIREしたい」「SNSで人気者になりたい」「資産を子供に引き継ぎたい」と考えるなら、巨額の資産を運用し続けることが大切です。ですが、単に老後を穏やかに過ごしたいのであれば、「目標金額を達成したら売却」にも分があると思います。

あなたはどうお考えでしょうか。

他の出口戦略の記事はこちらから。

出口戦略(投資信託の売却・老後資金への活用)に関する解説一覧
投資信託の売却を「出口戦略」と呼ぶことがあります。特に、つみたてNISAやiDeCoを使って投資信託を積み立てた場合には、将来「どう現金化し、どのように生活に生かすか」と考える日が必ず来るはずです。 ...

この記事に関連するキーワード

出口戦略(積立投信の売却・老後資金への活用)

コメント

運営者が承認するまでコメントは表示されません。

  • 投資信託やETFは元本保証ではありません。
  • 本コンテンツで紹介している金融商品が、将来値上がりするとは限りません。
  • 記事執筆時点の情報に基づくため、最新の情報とは差異が生じる可能性があります。
  • 記事を参照したことで生じた損失の補填や保証は一切行いません。
タイトルとURLをコピーしました