セゾン投信の取り崩しシミュレーション(セゾン号の道しるべ)を鵜呑みにしないように

長期投資シミュレーション~セゾン号の道しるべ~7. 運用の終わり方




セゾン投信が提供する長期投資のシミュレータ(セゾン号の道しるべ)を使ってみたのですが、「新興国株式を買っておけば老後安泰」という結果になってしまうので、「いやいや、それは違うだろう」ってことで記事にしたいと思ったのです。

長期投資シミュレーション~セゾン号の道しるべ~ | セゾン投信

セゾンの投信を買うメリットすらないw

投資信託の価格変動(リスク)を考慮しないシミュレーションは常に理想的で、現実よりも話が上手く行き過ぎる結果がでます。それを鵜呑みにして、まったく同じように運用しようとすると、ほぼ確実に失敗します

以下、セゾン号の道しるべの資産の取り崩しシミュレーション(2020年7月20日時点の機能)を例に紹介します。

では、一緒に見ていきましょう!

[スポンサーリンク]

簡単な機能の紹介

ここではセゾン号の道しるべのうち、老後取り崩しシミュレーションをスクリーンショットで紹介します。

長期投資シミュレーション~セゾン号の道しるべ~

出典:資産取り崩しシミュレーション(セゾン号の道しるべ)

セゾン号の道しるべに入力できるのは以下の4つです。

  • 年齢
  • 金融資産
  • 取り崩し額
  • 想定利回り

例えば標準状態の設定でシミュレーションを行なうと以下のような結果を得られます。

★標準状態の設定

  • 年齢:60歳
  • 金融資産:3000万円
  • 取り崩し額:毎月10万円
  • 想定利回り:3%

長期投資シミュレーション~セゾン号の道しるべ~

出典:資産取り崩しシミュレーション(セゾン号の道しるべ)

上記画像の結果は、本来運用せずに毎月10万円を取り崩すと、60歳から25年後の85歳で資産が枯渇しますが、資産を利回り3%で運用しつつ取り崩すと、なんと105歳まで資産が長持ちしますよ、ということを示します。

資産運用すれば「人生100年時代」にも十分耐えられるというのです。

この結果だけ見たら、老後は資産運用しましょうって気になりますよね。

問題点:資産は計算よりも早く枯渇するだろう

しかし、投資には価格変動があるため、このシミュレーションどおりに都合良く取り崩すことはできません

以下は利回り3%ですが、11%のリスク(価格変動)を想定して10,000回の取り崩しシミュレーションを行なったものです。やはり毎月10万円(1年間で120万円)の取り崩しを仮定しています。

利回り3%、リスク11%で毎月10万円ずつ取り崩し

3000万円を取り崩しながら運用したときの20年後の評価額の分布。赤いバーは資産枯渇(出典:筆者作成)

筆者の計算結果によると、60歳から運用を始めて20年後(80歳時点)で約4%のデータは3000万円を全て失います。なんと運用せずに毎月10万円を取り崩すよりも早く資産がなくなってしまったのです。

同様に、3,000万円が枯渇するピークは約30年後(90歳時点)で、セゾン投信のシミュレーションで得られた105歳まで資産が持たない可能性があるのです。

この理由は下記記事でも検証したように、リスク資産が価格変動を伴うからで、リターンに対して価格変動が大きいほど、取り崩し可能年数が短くなってしまいます。

投資信託のシャープレシオと老後資金の定額売却できる年数の関係
今回は乱数シミュレーション(モンテカルロ法)を利用して「投資信託のシャープレシオと老後資金の取り崩し可能年数の関係」を求めました。 シャープレシオとは リスク(標準偏差)1単位当たりの超過リターン...

ちなみに、新興国株式を参考にすると、セゾン号の道しるべでは60年経っても資産が減らないことになってしまいます。これでは「新興国株式に投資しておけばオッケー」という極めて危険な誤解を与えそうです。

長期投資シミュレーション~セゾン号の道しるべ~

出典:資産取り崩しシミュレーション(セゾン号の道しるべ)

「定額」での取り崩しは難しい

セゾン号の道しるべは「定額取り崩し」をシミュレートしたアプリです。

投資信託の定額売却の特徴とシミュレーション
この記事は、例えば老後にどうやって投資信託を売却して生活費を得るのが良いのか、「出口戦略」を検証するものです。 ここでは、その手法の1つである「定額売却」について解説します。例えば将来「投信を毎...

問題点として、定額売却は金融危機時により多くの「口数」を減らしてしまうため、相場の回復に弱いデメリットがあります。単刀直入に述べると、タンス預金よりも早く資産がなくなるかもしれないのです。

例えば60歳から90歳までと、ある決まった年数まで確実に資産を持たせたい場合には、「定口取り崩し」のほうが向いています

投資信託の定口売却の特徴とシミュレーション
この記事は、例えば老後にどうやって投資信託を売却して生活費を得るのが良いのか、「出口戦略」検証するものです。 今回は「定口売却」についてシミュレーションしたく思います。定口売却とは、投資信託の購...

例えば、投資信託の保有口数が300万口あるならば、これを取り崩したい期間(例えば300ヶ月)で割ることで1ヶ月あたり1万口ずつ売却するのです。1ヶ月ごとの得られる金額は投資信託の評価額次第ですが、早期に資産が枯渇する可能性はなくなります。

投資信託の保有口数

出典:筆者SBI証券口座

他にも、定率取り崩しという考え方もあり、これは定額と定口の中間的な結果になります。

投資信託の定率売却の特徴とシミュレーション
この記事は、例えば老後にどうやって投資信託を売却して生活費を得るのが良いのか、「出口戦略」を検証するものです。 今回は「定率売却」についてシミュレーションしたく思います。ここでは、投資信託の評価...

[スポンサーリンク]

まとめ

  • セゾン投信の長期投資シミュレーション(セゾン号の道しるべ)を使えば、積み立てシミュレーションと取り崩しシミュレーションを利用できる
  • 価格変動を想定していないため、得られる結果は極めて理想的なものになる。現実はシミュレーション結果よりも悪い可能性が高い
  • 老後取り崩しは定額よりも定口のほうが安心できる。定額は相場が悪いと予想よりも早く資産がなくなってしまう

なお、この手のシミュレーションはFPらのライフプラン作りでもよく利用されています。しかし、やはり価格変動を想定しない運用は計算がうまくいきすぎるので、注意してください。

投資はあくまで、「どこかのタイミングで損をするかもしれない」ことを前提にプランニングしたほうが安心です。

コメントは承認後に表示されます。