口座開設から積立の終わり方まで。状況別道案内はこちら
   







セゾン投信の長期投資シミュレーション(セゾン号の道しるべ)を鵜呑みにしないように

長期投資シミュレーション~セゾン号の道しるべ~終わり方を知りたい

セゾン投信では、2019年11月1日から長期投資のシミュレータ(セゾン号の道しるべ)を提供開始しました。早速筆者も使ってみたのですが、「新興国株式を買っておけば老後安泰」みたいな結果になってしまうので、「いやいや、それは違うだろう」ってことで記事にしたいと思ったのです。

セゾンの投信を買うメリットすらないw

定期的に書く話ですが、価格変動(リスク)を考慮しないシミュレーションは常に理想的で、現実よりも話が上手く行き過ぎる結果がでます。それを鵜呑みにして、まったく同じように運用しようとすると、ほぼ確実に失敗しますので、その注意喚起のつもりで、何が問題かを解説します。

以下、セゾン号の道しるべの資産の取り崩しシミュレーション(2019年11月1日時点の機能)を例に紹介します。

なお、他の出口戦略の記事に関心を持ちましたら、以下よりご覧下さい。

出口戦略(投資信託の売却・老後資金への活用)に関する解説一覧
投資信託(特に長期にわたって積み立てたインデックスファンド)の売却を「出口戦略」と呼ぶことがあります。特に、つみたてNISAやiDeCoを使って投資信託を積み立てた場合には、将来必ず「どう現金化し、ど...

では、一緒に見ていきましょう!

[スポンサーリンク]

問題点:資産はシミュレーションよりも早く枯渇するだろう

簡単な機能の紹介と問題点

実際の使い勝手は試していただくとして、ここでは老後取り崩しシミュレーションをスクリーンショットで紹介します。

長期投資シミュレーション~セゾン号の道しるべ~ | セゾン投信

長期投資シミュレーション~セゾン号の道しるべ~

資産取り崩しシミュレーション(セゾン号の道しるべ)(出典:https://saison-am-lifeplan.milize.com/asset

ご覧のように、入力できるのは

  • 年齢
  • 金融資産
  • 取り崩し額
  • 想定利回り

の4つです。

例えば標準状態の設定でシミュレーションを行なうと以下のような結果を得られます。

★標準状態の設定

  • 年齢:60歳
  • 金融資産:3000万円
  • 取り崩し額:毎月10万円
  • 想定利回り:3%

長期投資シミュレーション~セゾン号の道しるべ~

資産取り崩しシミュレーション(セゾン号の道しるべ)(出典:https://saison-am-lifeplan.milize.com/asset

この結果は、本来運用せずに毎月10万円を取り崩すと、60歳から25年後の85歳で資産が枯渇しますが、資産を利回り3%で運用しつつ取り崩すと、なんと105歳まで資産が長持ちしますよ、ということを示します。

資産運用すれば「人生100年時代」にも十分耐えられるというのです。

この結果だけ見たら、老後は資産運用しましょうって気になりますよね。

実際にはもっと短期間に資産は枯渇する可能性

しかし、投資には価格変動があるため、このシミュレーションどおりに都合良く取り崩すことはできません

以下は利回り3%ですが、11%のリスク(価格変動)を想定して10,000回の取り崩しシミュレーションを行なったものです。やはり毎月10万円(1年間で120万円)の取り崩しを仮定しています。

利回り3%、リスク11%で毎月10万円ずつ取り崩し

3000万円を運用し始めてマイナスの評価額(= 資産枯渇)になるまでの年数(出典:筆者作成)

利回り3%、リスク11%で毎月10万円ずつ取り崩し

3000万円を取り崩しながら運用したときの20年後の評価額の分布。赤いバーは資産枯渇(出典:筆者作成)

筆者の計算結果によると、60歳から運用を始めて20年後(80歳時点)で約4%のデータは3000万円を全て失います。なんと運用せずに毎月10万円を取り崩すよりも早く資産がなくなってしまったのです。

同様に、3,000万円が枯渇するピークは約30年後(90歳時点)で、セゾン投信のシミュレーションで得られた105歳まで資産が持たない可能性があるのです。

重要な点として、資産の増加スピードは運用する資産の残高に大きく影響されます。

例えば運用開始後から数年後に金融危機のような大きく資産を減らすイベントがあった際に、定額取り崩しでは資産の回復を待たずに毎月出金してしまうため、その後の株価上昇時に資産の戻りが少なくなってしまうのが原因です。

老後、相場に恵まれれば資産は長持ちし、相場に恵まれなければ資産は早く枯渇する、というわけですね。

ちなみに、より価格変動の大きい新興国株式でシミュレーションすると20年で資産が枯渇する確率はさらに高くなります。しかし、セゾン投信のシミュレータでは60年経っても資産が減らないことになってしまい、これでは「新興国株式に投資しておけばオッケー」という極めて危険な結果になってしまいます。

いくら筆者が新興国株好きといっても、そんな怖いことはできません・・・w

長期投資シミュレーション~セゾン号の道しるべ~

資産取り崩しシミュレーション(セゾン号の道しるべ)(出典:https://saison-am-lifeplan.milize.com/asset

【余談】
この手のシミュレーションはFPらのライフプラン作りでもよく利用されています。しかし、やはり価格変動を想定しない運用は計算がうまくいきすぎるので、注意してください。

老後は「定額取り崩し」よりも「定口取り崩し」がいい

定口取り崩しなら、目標年数まで確実に資産を確保できる

定額取り崩しは金融危機などの影響で資産残高が変わってしまい、予定の年数まで資産が持たないデメリットがあります。そのため、例えば60歳から90歳までと、ある決まった年数まで確実に資産を持たせたい場合には、「定口取り崩し」のほうが向いています

【出口戦略】投資信託の定口売却の特徴とシミュレーション
この記事は、例えば老後にどうやって投資信託を売却して生活費を得るのが良いのか、検証するものです。 昨日の記事では、投資信託の「定額売却」についてシミュレーションしたので、今回は「定口売却」につい...

例えば、投資信託の保有口数が300万口あるならば、これを取り崩したい期間(例えば300ヶ月)で割ることで1ヶ月あたり1万口ずつ売却するのです。1ヶ月ごとの得られる金額は投資信託の評価額次第ですが、早期に資産が枯渇する可能性はなくなります。

投資信託の保有口数

筆者SBI証券口座

投資信託の取り崩し方法
定額取り崩し定口取り崩し
特徴毎月一定額を取り崩しす毎月一定口数を取り崩す
メリット毎月の入金額が同じ一定期間確実に資産を保有できる
デメリット資産枯渇までの月数は相場次第毎月の入金額が異なる

他にも、定率取り崩しという考え方もあり、これは定額と定口の中間的な結果になります。

【出口戦略】投資信託の定率売却の特徴とシミュレーション
この記事は、例えば老後にどうやって投資信託を売却して生活費を得るのが良いのか、検証するものです。 今回は「定率売却」についてシミュレーションしたく思います。ここでは、投資信託の評価額のx%ずつ売...

詳しい取り崩しの比較は以下のタグページで解説しています。

出口戦略(投資信託の売却・老後資金への活用)に関する解説一覧
投資信託(特に長期にわたって積み立てたインデックスファンド)の売却を「出口戦略」と呼ぶことがあります。特に、つみたてNISAやiDeCoを使って投資信託を積み立てた場合には、将来必ず「どう現金化し、ど...

「全額使い切って死ぬ」のは結構難しい

この手の計算は、「自分が何歳まで生きるか」を仮定しなければいけないので、ちょっと難しいところでもありますね。現実的にはちょっと長生きすることを想定しておき、それより早く死んだら子供に相続するのが妥当でしょうか。

筆者のように独身だと相続とは無縁でしょうが・・・死んだ後のお金のことまで悩む必要はないと思いますw

[スポンサーリンク]

まとめ

  • セゾン投信の長期投資シミュレーション(セゾン号の道しるべ)を使えば、積み立てシミュレーションと取り崩しシミュレーションを利用できる
  • 価格変動を想定していないため、得られる結果は極めて理想的なものになる。現実はシミュレーション結果よりも悪い可能性が高い
  • 老後取り崩しは定額よりも定口のほうが安心できる。定額は相場が悪いと予想よりも早く資産がなくなってしまう

余談:投信を取り崩して生きるのか、高配当ETFなどに乗り換えるのか

資産が減っていくのを見るのが結構辛いって方っていらっしゃると思うんです。そういう場合には、あるタイミングで高配当株式や高配当ETFに乗り換えたほうが老後は安心かもしれません。

税金など含め、どちらが良いかは今後考えてみたいですね。

コメント

コメントは承認制です。運営者が承認するまで、投稿は表示されません。

  • 金融商品の時価は変動しますので、投資元本を割り込む可能性も承知の上で投資するようになさってください。
  • 本コンテンツで紹介している金融商品は、将来必ず値上がり・利益が生じるとは限りません。
  • 筆者調査の上で記事を執筆しておりますが、記事には不備・間違いが含まれる可能性がございます。必ず、あなたご自身が確認するようになさってください。
  • 記事執筆時点の情報に基づくため、最新の情報とは差異が生じている可能性がございます。記述と現況が異なる場合には、現況を優先いたします。
  • 記事を参照したことで生じた損失の補填や保証などは一切行いません。
タイトルとURLをコピーしました