青森県投資信託ブロガー作!つみたてNISAとiDeCoを使った資産形成ガイド

東北投信




LINE

ブログ「東北投信」の更新情報をLINEとTwitterで配信しています♪(LINEはあなたの個人名は見えませんのでお気軽に追加してね!)

記事への質問は、コメントフォーム(記事の下にあります)・LINE・Twitter・お問い合わせフォームをお使いください。

忍者ボタン

積立NISA(つみたてNISA)

つみたてNISA利用時に世界恐慌(ウォール街大暴落)が来たら?運用成績はどうなる?

投稿日:2018年11月26日 更新日:

常に最悪の状況を考慮し、それに備えを打っておくことが、優れた投資家として成功する秘訣だと、筆者は思います。

そこで今回は、ウォール街大暴落クラスの世界恐慌が来たら、つみたてNISAで運用している資産はどうなるか、をシミュレーションにて考えてみました。

ウォール街大暴落とは1929年に発生した株価大暴落のことで、その後は世界恐慌から混沌とした時代が続き、世界大戦にまで進んだのは周知の通りです。

ウォール街大暴落(ウォールがいだいぼうらく、Wall Street Crash)は、1929年に発生した株価大暴落である。単に株価大暴落 (Stock Market Crash)、大暴落 (Great Crash) ともいう。ペコラ委員会によって原因が調査された。一般には世界恐慌のきっかけとされている。(中略)

最初の暴落は1929年10月24日(木曜日)に起こったが、壊滅的な下落は28日(月曜日)と同29日(火曜日)に起こり、アメリカ合衆国と世界に広がる前例の無い、また長期にわたる経済不況の警鐘と始まりに急展開した。株価大暴落は1か月間続いた。

出典:ウォール街大暴落 (1929年) | wikipedia

今回は、この恐慌期間のダウ平均株価の年次リターンをモンテカルロシミュレーションに組み込み、

  • つみたてNISA運用から5年目
  • つみたてNISA運用から15年目

にそれぞれ、同クラスの暴落が発生したら、運用成績はどうなるかを求めてみました。

以下で議論する話はシミュレーションで、あなたの将来の成績を保証するものではありません

[スポンサーリンク]

今回やりたいシミュレーション

前提知識:世界恐慌(1929~1932年)で株価はどのぐらい下がった?

ダウ工業株価1915-1950

出典:https://www.macrotrends.net/1319/dow-jones-100-year-historical-chart

海外のサービス「macrotrends」より引用した、1915年から1950年までのダウ工業株価のチャートがこちら。

1929年9月に5,020.55ドルをつけていたダウ工業株価は、およそ4年間値下がりし続け、1932年6月に796.57ドルまで値下がりしました。

年次リターンは、

  • 1929年:-17.17%
  • 1930年:-33.77%
  • 1931年:-52.67%
  • 1932年:-23.07%

と、夢も希望もない相場が4年間も継続しています。

現在のダウ工業株価が25,000ドル近いことを考えると、長期投資こそ大正解だったのですが、今後似たような相場が発生したときに、運用を継続できるかは怪しいですよね。

2018年10月の株価下落とか「序の口」だからね

2018年10月は1ヶ月で株価が10%程度下落し、今年つみたてNISAをきっかけに投資を始めた方には、試される月となりました。

が、1929年の相場では、わずか1日で10%以上の下げを記録しており、相場の崩れ方の規模が違うことがわかります。

週明けの28日(月曜日)、最初の「ブラックマンデー」にはより多くの投資家が市場から引き上げ、その日のダウ工業株平均は13%下落するという記録的なものになり、再び大規模な株価崩壊が起こった。

出典:ウォール街大暴落 (1929年) | wikipedia

何度も脅すようですみませんが、これが投資の怖いところではありますね。

モンテカルロシミュレーションへの組み込み

では、この世界恐慌のデータをモンテカルロシミュレーションに組み込みます。

ケース1:5年目に大恐慌が発生する

5年目から9年目の運用成績を、大恐慌当時の年次リターンに置き換え、残りの成績を乱数にて決定します。

20年後の成績をチェックし、元本は割れているのか、利益はどのくらい出ているのか、を調べます。

ケース2:15年目に大恐慌が発生する

15年目から19年目の運用成績を、大恐慌当時の年次リターンに置き換え、残りの成績を乱数にて決定します。

20年後の成績をチェックし、元本は割れているのか、利益はどのくらい出ているのか、を調べます。

シミュレーションの共通部分

シミュレーションの基本的な条件は以下の通りです。

  • リターン:6%
  • リスク:18%
  • 積立額:12万円 / 年(毎月1万円。計算の都合上、年初に一括で12万円積み立てるものとする)
  • 試行回数:1,000回

このリスクとリターンは先進国株式・米国株式・日本株式・全世界株式などを購入した際に取りうる運用成績です。

なお、毎月1万円の積み立てで、利回り6%・リスク無しに運用できた場合、20年後終了時点の成績は468万円です。

20年後の損益を計算してみた

ケース1:5年~9年目に大恐慌が発生する場合

シミュレーション結果の表

以下がシミュレーションの結果です。

運用20年目の予想成績(5年目に大恐慌が発生)
評価額
積立元本 240万円
中央値 243万円
複利
(リスクゼロの場合)
468万円
平均値 275万円
最頻値 242万円
最大値 895万円
最低値 45万円

資産の推移をグラフにするとこんな感じ

以下は、いくつかの毎年の資産の値動きをグラフ化したものです。

つみたてNISA運用5年目で世界恐慌が発生するケース

  • 太い赤線:6%の理想的な複利
  • 太い白線:元本(下回ると元本割れ)
  • その他の線:シミュレーションの1番から20番までの運用成績の推移

世界恐慌2年目(6年目)時点で100%のデータが元本割れに陥り、恐慌終了後(9年目以降)も元本に戻らないデータが多数残ります。

20年目の元本割れの確率

20年目に元本割れで終わる確率は47.2%でした。

以下の記事では、実際の指数の過去20年のデータを利用して、20年後の元本割れの確率を13.4%~23.16%と求めており、それよりもはるかに高いことが分かります。

S&P500、TOPIX、MSCIコクサイインデックス、MSCIエマージングマーケットインデックスの予想元本割れ率の推移
【モンテカルロ】資産クラス別(S&P500、TOPIX、先進国株式、新興国株式)の予想元本割れ率の推移を求めてみた

この話は昨日の続きです。 昨日の記事では、シャープレシオを0.1刻みでモンテカルロ法を走らせて、各値での元本割れ率の推移を求めました。 これをツイッターで紹介したところ、りんりさん(@SandP500 …

続きを見る

実際は投資信託の運用ですから、底値圏で積み立てを継続することで、この計算よりももう少し早く元本割れは回復すると予想されます。

それでも年単位での元本割れは避けられません。

ケース2:15年~19年目に大恐慌が発生する場合

シミュレーション結果の表

以下がシミュレーションの結果です。

運用20年目の予想成績(15年目に大恐慌が発生)
評価額
積立元本 240万円
中央値 102万円
複利
(リスクゼロの場合)
468万円
平均値 106万円
最頻値 96万円(!)
最大値 275万円
最低値 32万円

資産の推移をグラフにするとこんな感じ

以下は、いくつかの毎年の資産の値動きをグラフ化したものです。

つみたてNISA運用15年目で世界恐慌が発生するケース

  • 太い赤線:6%の理想的な複利
  • 太い白線:元本(下回ると元本割れ)
  • その他の線:シミュレーションの1番から20番までの運用成績の推移

つみたてNISA運用5年目で発生するよりも、かなり大打撃になります。

20年目の元本割れの確率

20年目に元本割れで終わる確率はなんと99.6%

最頻値は96万円(144万円の元本割れ)と、正直救われません・・・。

15年目ぐらいで相場が怪しい場合には、一度利益確定して良いのかもしれませんね

暴落時はどうすればいいの?

積立投資を継続しよう

先にも述べたように、投資を継続することです。

世界恐慌では破壊的な株価の暴落が発生しましたが、その後は相場も回復しました。

1933年は年66.69%のプラスリターンになっており、第二次世界大戦が始まる1939年までの6年間のうち、5年はプラスリターンで終わっています。

ダウ工業株価が5,000ドルを回復したのは1958年で、何度か値下がりを挟みつつも、25,000ドルまで値上がりしてきました。

世界恐慌は記録的な暴落相場でしたが、現在の株価はそれよりも高い位置にあるのです。

つみたてNISA運用中に暴落に巻き込まれたら、含み損はどの程度の期間続くの?

つみたてNISAは、長く継続すれば儲かる可能性の高い投資です。 一方、一度暴落相場を経験すると、その損失は長く尾を引く可能性があります。 本記事では、もしもつみたてNISAを利用中に暴落相場を経験した …

続きを見る

つみたてNISA終了間際での暴落は対策が難しい

ケース2のように、つみたてNISA終了直前で暴落相場を経験すると、それまで運用して得た含み益を全て飛ばしてしまう可能性があります。

判断に悩みますが、15年も運用したら運用をやめることを考えても良いのかもしれません。

一番ダメなこと:下落相場の底で売ってしまう

一番ダメなのが、下落相場の底で売却してしまうこと

おそらく、もっとも損をして終わります。

「やれやれ売り」とも言いますが、売却するにしても、せめて相場の底は越えてからのほうが良いです。

購入した株が値下がりし、保有していたところ、相場の回復で買い値に近づいて、売却すること。「やれやれ」の気分を表す表現。市場的には、これらの売却が出ると、戻り基調にある株価の上昇を抑えることがある。

出典:やれやれの売り | 野村證券

[スポンサーリンク]

まとめ

  • 1929-1932年のダウ工業株価の相場を参考にシミュレーションを行い、つみたてNISAの運用にどの程度影響があるかを求めた
  • つみたてNISAの運用5年目で発生した場合、20年目で47.2%のデータが元本割れで終わる。この場合には運用を継続することを考えたい
  • つみたてNISAの運用15年目で発生した場合、20年目で99.6%のデータが元本割れで終わる。相場の雲行きが怪しい場合には、一度利益確定するのも1つの手かも

残り19年、なんとか穏やかな相場が続いてほしいですね。

フッタ広告3

将来のお金の不安を解決するなら「つみたてNISA」がオススメ!!

老後破綻に備えるべく、筆者も毎月積み立てています。

筆者が利用しているSBI証券の口座開設手順はこちら
SBI証券の口座開設方法。開設に要する時間やよく疑問に思うところなど

SBI証券で今やってるキャンペーン
【2018年12月】SBI証券に口座開設し「つみたてNISAキャンペーン」で現金プレゼントを狙おう!(2018年12月15日まで)

他の証券会社もチェックするなら
投資信託を買いたいあなたへオススメする証券会社3選


【口座開設料・維持費無料】SBI証券のキャンペーンを今すぐチェック

リンクユニット




アドセンス関連ユニット



本日の人気記事

本日の人気記事

スポンサーリンク

[スポンサーリンク]



注意事項

  • 金融商品の時価は変動しますので、投資元本を割り込む可能性も承知の上で投資するようになさってください。
  • 本コンテンツで紹介している金融商品は、将来必ず値上がり・利益が生じるとは限りません。
  • 筆者調査の上で記事を執筆しておりますが、記事には不備・間違いが含まれる可能性がございます。必ず、あなたご自身が確認するようになさってください。
  • 記事執筆時点の情報に基づくため、最新の情報とは差異が生じている可能性がございます。記述と現況が異なる場合には、現況を優先いたします。
  • 記事を参照したことで生じた損失の補填や保証などは一切行いません。

-積立NISA(つみたてNISA)
-

Copyright© 東北投信 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.