つみたてNISA利用時に世界恐慌(ウォール街大暴落)が来たら?運用成績はどうなる?

ダウ工業株価1915-19505. 始めた後の応用知識




常に最悪の状況を考慮し、それに備えを打っておくことが、優れた投資家として成功する秘訣だと、筆者は思います。そこで今回は、ウォール街大暴落クラス(1929年)の世界恐慌が来たら、つみたてNISAで運用している資産はどうなるか、をシミュレーションにて考えてみました。

今回は、この恐慌期間のダウ平均株価の年次リターンを使って、同クラスの暴落が発生したら、運用成績はどうなるかを求めてみました。

★今回の検証

  • つみたてNISA運用から5年目に世界恐慌発生
  • つみたてNISA運用から15年目に世界恐慌発生

結果、年単位での含み損は避けられませんが、特に早期に発生する場合には、運用末期までに元本割れを回復できる可能性があります。

以下で議論する話はシミュレーションで、あなたの将来の成績を保証するものではありません

では、詳しく見ていきましょう!

[スポンサーリンク]

世界恐慌(1929~1932年)で株価はどのぐらい下がった?

最大80%近い下落を記録

ウォール街大暴落とは1929年に発生した株価大暴落のことで、その後は世界恐慌から混沌とした時代が続き、世界大戦にまで進んだのは周知の通りです。

ウォール街大暴落(ウォールがいだいぼうらく、Wall Street Crash)は、1929年に発生した株価大暴落である。単に株価大暴落 (Stock Market Crash)、大暴落 (Great Crash) ともいう。ペコラ委員会によって原因が調査された。一般には世界恐慌のきっかけとされている。(中略)

最初の暴落は1929年10月24日(木曜日)に起こったが、壊滅的な下落は28日(月曜日)と同29日(火曜日)に起こり、アメリカ合衆国と世界に広がる前例の無い、また長期にわたる経済不況の警鐘と始まりに急展開した。株価大暴落は1か月間続いた。

出典:ウォール街大暴落 (1929年) | wikipedia

ダウ工業株価1915-1950

出典:https://www.macrotrends.net/1319/dow-jones-100-year-historical-chart

上記は海外のサービス「macrotrends」より引用した、1915年から1950年までのダウ工業株価のチャート。1929年9月に5,020.55ドルをつけていたダウ工業株価は、およそ4年間値下がりし続け、1932年6月に796.57ドルまで値下がりしました。

年次リターンから、夢も希望もない相場が4年間も継続していることがわかります。

★世界恐慌時の年次リターン

  • 1929年:-17.17%
  • 1930年:-33.77%
  • 1931年:-52.67%
  • 1932年:-23.07%

現在のダウ工業株価が25,000ドル近いことを考えると、長期投資こそ大正解だったのですが、今後似たような相場が発生したときに、運用を継続できるかは怪しいですよね。

ちなみに、2018年10月は1ヶ月で株価が10%程度下落し、今年つみたてNISAをきっかけに投資を始めた方には、試される月となりました。が、1929年の相場では、わずか1日で10%以上の下げを記録しており、相場の崩れ方の規模が違うことがわかります。

週明けの28日(月曜日)、最初の「ブラックマンデー」にはより多くの投資家が市場から引き上げ、その日のダウ工業株平均は13%下落するという記録的なものになり、再び大規模な株価崩壊が起こった。

出典:ウォール街大暴落 (1929年) | wikipedia

2020年3月の相場を世界恐慌になぞらえる理由

2020年3月のクラッシュでは、2020年3月9日にダウ工業平均株価やS&P500指数は約8%の下落を記録しました。この下落の大きさから、1929年の再来を恐れる声が多いのもわかります。

The Dow Jones Industrial Average ended the day down more than 2,000 points, or 7.8%, while the S&P 500 fell 7.6%and the Nasdaq Composite dropped 7.3%

出典:Worst day in a decade: Nasdaq, S&P, Dow down nearly 8% in massive market rout | Fortune

ちなみに筆者が投資しているカナダ株もこの通り。2020年3月はほんと記録尽くしの相場となりましたね。

20年後の損益を計算してみた

では、シミュレーションの結果を紹介。

★今回の検証

  • つみたてNISA運用から5年目に世界恐慌発生
  • つみたてNISA運用から15年目に世界恐慌発生

なお、毎月1万円の積み立てで、利回り6%・リスク無しに運用できた場合、20年後終了時点の成績は468万円でした。

ケース1:5年~9年目に大恐慌が発生する場合

運用20年目の予想成績(5年目に大恐慌が発生)
評価額
積立元本240万円
中央値243万円
複利
(リスクゼロの場合)
468万円
平均値275万円
最頻値242万円
最大値895万円
最低値45万円

以下は、いくつかの毎年の資産の値動きをグラフ化したものです。

つみたてNISA運用5年目で世界恐慌が発生するケース

出典:筆者作成

★凡例

  • 太い赤線:6%の理想的な複利
  • 太い白線:元本(下回ると元本割れ)
  • その他の線:シミュレーションの1番から20番までの運用成績の推移

世界恐慌2年目(6年目)時点で100%のデータが元本割れに陥り、恐慌終了後(9年目以降)も元本に戻らないデータが多数残ります。

20年目に元本割れで終わる確率は47.2%でした。

以下の記事では、実際の指数の過去20年のデータを利用して、20年後の元本割れの確率を13.4%~23.16%と求めており、それよりもはるかに高いことが分かります。

S&P500、TOPIX、MSCIコクサイインデックス、MSCIエマージングマーケットインデックスの予想元本割れ率の推移

出典:筆者作成

実際は投資信託の運用ですから、底値圏で積み立てを継続することで、この計算よりももう少し早く元本割れは回復すると予想されます。それでも年単位での元本割れは避けられません。

ケース2:15年~19年目に大恐慌が発生する場合

運用20年目の予想成績(15年目に大恐慌が発生)
評価額
積立元本240万円
中央値102万円
複利
(リスクゼロの場合)
468万円
平均値106万円
最頻値96万円(!)
最大値275万円
最低値32万円

以下は、いくつかの毎年の資産の値動きをグラフ化したものです。

つみたてNISA運用15年目で世界恐慌が発生するケース

出典:筆者作成

★凡例

  • 太い赤線:6%の理想的な複利
  • 太い白線:元本(下回ると元本割れ)
  • その他の線:シミュレーションの1番から20番までの運用成績の推移

つみたてNISA運用5年目で発生するよりも、かなり大打撃になります。

20年目に元本割れで終わる確率はなんと99.6%

最頻値は96万円(144万円の元本割れ)と、正直救われません・・・。

暴落時はどうすればいいの?

積立投資を継続しよう

先にも述べたように、投資を継続することです。世界恐慌では破壊的な株価の暴落が発生しましたが、その後は相場も回復しました。1933年は年66.69%のプラスリターンになっており、第二次世界大戦が始まる1939年までの6年間のうち、5年はプラスリターンで終わっています。

ダウ工業株価が5,000ドルを回復したのは1958年で、何度か値下がりを挟みつつも、25,000ドルまで値上がりしてきました。

世界恐慌は記録的な暴落相場でしたが、現在の株価はそれよりも高い位置にあるのです。

一番ダメなこと:下落相場の底で売ってしまう

一番ダメなのが、下落相場の底で売却してしまうこと

おそらく、もっとも損をして終わります。

「やれやれ売り」とも言いますが、売却するにしても、せめて相場の底は越えてからのほうが良いです。

購入した株が値下がりし、保有していたところ、相場の回復で買い値に近づいて、売却すること。「やれやれ」の気分を表す表現。市場的には、これらの売却が出ると、戻り基調にある株価の上昇を抑えることがある。

出典:やれやれの売り | 野村證券

[スポンサーリンク]

今回のシミュレーション条件

★世界恐慌時の年次リターン

  • 5年目から9年目の運用成績を、大恐慌当時の年次リターンに置き換え、残りの成績を乱数にて決定
  • 15年目から19年目の運用成績を、大恐慌当時の年次リターンに置き換え、残りの成績を乱数にて決定

20年後の成績をチェックし、元本は割れているのか、利益はどのくらい出ているのか、を調べます。シミュレーションの基本的な条件は以下の通りです。

★シミュレーションの基本条件

  • リターン:6%
  • リスク:18%
  • 積立額:12万円 / 年(毎月1万円。計算の都合上、年初に一括で12万円積み立てるものとする)
  • 試行回数:1,000回

このリスクとリターンは先進国株式・米国株式・日本株式・全世界株式などを購入した際に取りうる運用成績です。

まとめ

  • 1929-1932年のダウ工業株価の相場を参考にシミュレーションを行い、つみたてNISAの運用にどの程度影響があるかを求めた
  • つみたてNISAの運用5年目で発生した場合、20年目で47.2%のデータが元本割れで終わる。この場合には運用を継続することを考えたい
  • つみたてNISAの運用15年目で発生した場合、20年目で99.6%のデータが元本割れで終わる。相場の雲行きが怪しい場合には、一度利益確定するのも1つの手かも

残り19年、なんとか穏やかな相場が続いてほしいですね。

  1. 記事を拝読しました。
    このシミュレーションは、20年間、毎月1万円ずつ均等額積立買付を継続する前提ですが、つみたてNISAとは、最初の1年目で40万円を購入し、残りの非課税運用期間(年初一括投資をすれば20年間)はひたすらホールドするというものです(下記記事ご参考)。
    http://tawaraotoko.blog.fc2.com/blog-entry-1114.html
    つみたてNISAのシミュレーションをするのであれば、40万円を一括投資して20年ホールドすることを20年連続で繰り返し、この20本をトータルで見たときに特定口座よりも儲かるかどうかを検証しなければならないと考えます。

    • みらいあせっとMirai Takebe より:

      たわら男爵さま

      コメントいただきましてありがとうございます。
      まさか、たわら男爵さまにコメントをいただけるとは恐縮です。

      仰ることをよく理解しました。
      たしかに、単純に40万円 × 20年間ではないですね。

      時間はかかれど、検証すること自体は難しくありません。
      結果についてはそう遠くないうちに記事にてリリースいたします。

      東北投信をご覧いただきまして、ありがとうございます。
      今後ともご意見などいただけましたら、大変幸いです。

コメントは承認後に表示されます。