つみたてNISAとiDeCoを中心にした投資信託の長期投資ブログ

東北投信

リンクユニット




SBI証券 積立NISA(つみたてNISA)

SBI証券の「つみたてNISA」の積立設定手順を動画で紹介するよ!

投稿日:

あと数日で開始される「つみたてNISA」、あなたはもうどこでどのような運用をするか決めましたか?

もし、まだ決めかねているなら、そんなあなたにSBI証券の「つみたてNISA」設定方法を動画で紹介したいと思います。

ぜひ参考にしてね!

[スポンサーリンク]

【動画】SBI証券の「つみたてNISA」設定手順

動画はこちら

積み立てを設定する動画の解説

この動画では、

  • 投資信託「DCつみたてNISA全海外株インデックスファンド」を
  • 毎月20日に
  • 1万円ずつ積み立て

という設定を行っています。

この設定の根拠は、単に筆者が「これで運用するよ」というだけの話。その詳細は以下の記事より。

つみたてNISAの含み損益の推移
【実績公開】30代筆者「つみたてNISA」運用方針解説!2019年9月Update!!

2018年から始まった「つみたてNISA」。 あなたはもう運用を始めていますか? 金融機関選びとか、投資する商品選びとか、悩ましい部分も多いですよね。 というわけで、以下では30代筆者(@instoc …

続きを見る

SBI証券の取引画面は統一性が無い(笑)のは、個人的に問題だと思うんですが、積み立ての設定手順自体は簡単です。

また、動画の最後のほうでも触れているように、一旦設定した積み立ては変更・停止をいつでも行えます

そのため、間違えたり、積立額を変更したいなと思ったりしたときにも安心です。

NISA枠ぎりぎり注文とは?

動画中では、「NISA枠ぎりぎり注文」と呼ばれる注文を適用しています。

この注文方法は、「つみたてNISA」の非課税額の上限である年間40万円をぎりぎりまで使い切るために有効な手段です。

例えば、毎月3.5万円ずつ積み立てを行うと、年間の積み立て額は42万円となり、上限金額の40万円を2万円オーバーしてしまいます。

この例の場合、11月までに38.5万円を積み立ててしまうため、12月の注文では残りの非課税枠が1.5万円に限られてしまいます。

すると、「NISA枠ぎりぎり注文」を使わない場合には、12月の注文は発注されず、1.5万円の非課税枠は残ったままとなります。

一方、「NISA枠ぎりぎり注文」を利用すると、12月の注文は発注され、1.5万円分の購入が行われます。

つまり、NISAの非課税枠をぎりぎりまで使い切ることを前提とした機能なんです。

ただ、動画中では毎月1万円の積み立てにしていますので、このケースでは年間12万円の積み立てにしかならず、「NISA枠ぎりぎり注文」を利用してもしなくても同じ結果になります。

[スポンサーリンク]

まとめ

正直、「動画を見てね」というだけの記事なので、これ以上特に語ることがありません。

動画をご覧になって、SBI証券を選ぶなり、他の証券会社を選ぶなりしていただければと思います。

参考になりましたら、応援クリック(応援タップ)お願いします!

にほんブログ村 株ブログ つみたてNISAへ
にほんブログ村へ

フッタ広告3

将来のお金の不安を解決するなら「つみたてNISA」がオススメ!!

「2000万円問題」に備えるべく、筆者も毎月積み立てています。

数ある資産運用でつみたてNISAを選ぶ意義はこちら
なぜ「つみたてNISA」を選ぶの?筆者が知人達に勧めている本当のところ

筆者が利用しているSBI証券の口座開設手順はこちら
SBI証券の口座開設方法。開設に要する時間やよく疑問に思うところなど

他の証券会社もチェックするなら
【2019年11月】つみたてNISAオススメ証券会社3選

【2019年11月】今月の投資信託&つみたてNISA関連キャンペーン【ネット証券5社】

2019年11月1日現在で行なわれている、ネット証券5社のつみたてNISAや投資信託関係のキャンペーンをまとめてご紹介。 キャンペーンを機会に口座開設するのも良いし、既に口座をお持ちの場合でもエントリ …

続きを見る

リンクユニット下




アドセンス関連ユニット



本日の人気記事

本日の人気記事

注意事項

  • 金融商品の時価は変動しますので、投資元本を割り込む可能性も承知の上で投資するようになさってください。
  • 本コンテンツで紹介している金融商品は、将来必ず値上がり・利益が生じるとは限りません。
  • 筆者調査の上で記事を執筆しておりますが、記事には不備・間違いが含まれる可能性がございます。必ず、あなたご自身が確認するようになさってください。
  • 記事執筆時点の情報に基づくため、最新の情報とは差異が生じている可能性がございます。記述と現況が異なる場合には、現況を優先いたします。
  • 記事を参照したことで生じた損失の補填や保証などは一切行いません。

-SBI証券, 積立NISA(つみたてNISA)

Copyright© 東北投信 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.