口座開設から積立の終わり方まで。状況別道案内はこちら
   







【独り言】「BNDW(バンガード全世界債券ETF)」がネット証券でも購入できるようになってほしいなぁ

BNDWの購入はサクソバンク証券で[銘柄解説] ETF(国内・海外)

あまり知られていませんが、「BNDW(バンガード全世界債券ETF)」という海外ETFがあります。

Vanguard Total World Bond ETF(BNDW) | Vanguard

単刀直入に言えば、BNDWはオールカントリーの債券版だと思ってください。

2018年に設定されたBNDWは、経費率0.06%(2020年4月時点)で日本を含む全世界債券に投資できるのが魅力。配分が決まっているので、「どの債券にどの程度投資しようかな」と迷わなくてよいのがメリットです。

ただ、残念ながらサクソバンク証券でしか購入できないのがデメリット。

当面は楽天・全世界債券インデックス(為替ヘッジ)ファンドで代用するしかなさそうです。

楽天・全世界債券インデックス(為替ヘッジ)ファンドの「為替ヘッジ」の話をしよう
2019年2月15日より、楽天バンガードシリーズに「楽天・全世界債券インデックス(為替ヘッジ)ファンド」が仲間入りしました。日本を含む全世界債券に投資する貴重な商品です。 楽天・全世界債券インデ...

[スポンサーリンク]

BNDWはたった1つで全世界債券に投資できる便利なETF

利回り1%程度の超低コスト債券ETF

BNDW(バンガード全世界債券ETF)のメリットは、経費率0.06%(記事執筆時点)という超低コストさと、たった1つで全世界債券に投資できることです。2020年3月現在の構成国比率には、アメリカを中心に日本やフランスなどの先進国が含まれることも確認できます。

BNDW(バンガード全世界債券ETF)の構成国

出典:https://www.vanguardjapan.co.jp/retail/investment-products/funds/detailview/etf/3061/bond/overview/us

この表にはありませんが、新興国は数%程度含まれています。

利回りは約1.2%です。

お買い上げは「サクソバンク証券」で

記事執筆時点ではBNDWはSBI証券とマネックス証券、楽天証券では販売しておらず、サクソバンク証券でのみ購入できます。同社は特定口座未対応なので、購入はちょっと躊躇しますね。

BNDWの購入はサクソバンク証券で

出典:サクソバンク証券

サクソバンク証券
「サクソバンク証券」の記事一覧です。

貴重な「全世界債券」という商品

実は日本もアメリカも新興国もまとめて投資できる「全世界債券」という商品は大変貴重です。BNDW自体も組成されたのは2018年のことで、バンガードの著名な債券ETF(BNDとBNDX)に比べると、知名度が劣るように感じます。

日本でも全世界債券に投資できる商品は、楽天・全世界債券インデックス(為替ヘッジ)ファンドだけです。

楽天・全世界債券インデックス(為替ヘッジ)ファンドの「為替ヘッジ」の話をしよう
2019年2月15日より、楽天バンガードシリーズに「楽天・全世界債券インデックス(為替ヘッジ)ファンド」が仲間入りしました。日本を含む全世界債券に投資する貴重な商品です。 楽天・全世界債券インデ...

楽天・全世界債券インデックス(為替ヘッジ)ファンド | 楽天投信(公式サイト)

この商品は「バンガード・グローバル・ボンド・インデックス・ファンド(※バンガード社の非上場投資信託)」に投資するもので、結局はバンガードの息がかかっているものです。

BNDWと楽天・全世界債券IFの比較
BNDW楽天
全世界債券
投資先日本債券
先進国債券
新興国債券
日本債券
先進国債券
新興国債券
経費率0.06%0.282%
+ 実質コスト
為替ヘッジなしあり
取扱証券会社サクソバンク証券SBI証券
楽天証券
その他ネット証券等

楽天・全世界債券インデックス(為替ヘッジ)ファンドは為替ヘッジ付きなので、割と判断が分かれますよね。

個人的にはBNDWと楽天・全世界債券インデックス(為替ヘッジ)ファンドの併せ持ちにも可能性を感じます。相関関係を使って株式の値動きを打ち消す資産として便利だと思うんです。

日本の投信でも、債券に投資するマザーファンドを組み合わせれば簡単に作れるはず。なので「あまり人気が出ない」と踏んで作らないんですかね。。

[スポンサーリンク]

まとめ

  • BNDW(バンガード全世界債券ETF)を使えば、全世界債券に超低コストで投資できる
  • BNDWの取り扱いはサクソバンク証券のみ。楽天証券やSBI証券では未だ販売されず
  • 日本からは楽天・全世界債券インデックス(為替ヘッジ)ファンドを買うのが無難(あまり人気ないけど)

2020年4月の市況を考えたときに、今から債券にじゃぶじゃぶとお金を投じるのは間違っているかもしれません。とはいえ、3月の下落の時のように、債券の回復力(中央銀行が緩和などおこなったせいですけど)を見ると、やはり下落時の「ヘッジ」目的として、少しだけでも保有していると安心だなぁと思うのです。

なにより、債券売って株を買う代金にもできますしね。

「早くSBI証券や楽天証券のようなネット証券でも売ってくれないかなぁ」とのぼやきでした。

他の全世界債券の話題は以下からご覧ください。

「全世界債券」クラスの解説
「全世界債券」は日本やアメリカ、中国など世界中の国の債券(国内債券、先進国債券と新興国債券)の3つを合わせた資産クラスです。たった1つで世界中の国債や住宅ローン債券(モーゲージ債)などに広く分散投資で...

この記事に関連するキーワード

バンガード・グループ 全世界債券 海外ETF

コメント

運営者が承認するまでコメントは表示されません。

  • 投資信託やETFは元本保証ではありません。
  • 本コンテンツで紹介している金融商品が、将来値上がりするとは限りません。
  • 記事執筆時点の情報に基づくため、最新の情報とは差異が生じる可能性があります。
  • 記事を参照したことで生じた損失の補填や保証は一切行いません。
タイトルとURLをコピーしました