アセットアロケーションを分析できるピザ屋「ピザロ!!」リリースしました

アセットアロケーションアセットアロケーション

アセットアロケーション

前回の記事で紹介したアセットアロケーション分析ツール「ピザロ」をリリースしました。

アセットアロケーション分析ツール 「ピザロ!!」 by 東北投信

つみたてNISAに使える「アセットアロケーション分析ツール(ピザロ)」公開のお知らせと3つの利用メリットについて
つみたてNISAに使えるアセットアロケーション分析ツール「ピザロ」をリリースしました。 アセットアロケーション分析ツール 「ピザロ!!」 by 東北投信 このツールは、投資初心者にとって難しいと思われがちな、「具体的な投...

誰でも無料で使えますので、

  • すでにインデックスファンドの運用をしている方(特に「つみたてNISA」)
  • これから、つみたてNISAやインデックスファンドの運用を考えている方

には、ぜひ使ってみて欲しいです。

バグって変な動きした時はお問い合わせフォームから教えてください

お問い合わせはこちら

またはツイッターを。

名前は覚えやすく「ピザロ」の3文字にしました。

本ツールのことを思い出したいときは、「東北投信 ピザ」でグーグル検索してもらえると、きっとすぐに見つかると思います

[スポンサーリンク]

ってわけで「ピザロ」を使って筆者のアセットアロケーションを分析してみる

持っているファンド全てには対応していない(させていない)ので、今回は現在筆者が保有する以下の3ファンドで試してみました。

  • 三井住友・DCつみたてNISA全海外株インデックスファンド
  • DCニッセイ外国株式インデックス
  • eMAXIS 最適化バランス(マイミッドフィルダー)

入力した金額はないしょw

その結果がこちら。

アセットアロケーション

あなたのアセットアロケーション(コピペ用)
アセット割合
日本株式5.1%
先進国株式74.7%
新興国株式4.4%
日本債券7%
先進国債券2.3%
新興国債券2.3%
日本REIT1.7%
先進国REIT2.5%

アセットアロケーション分析ツール「ピザロ!!」 | 東北投信にて分析

ブログ転載用に、わざわざ表作成用のタグをコピペできるテキストエリアも作る親切ぶりです(これは協力していただいたWakabaさん(@ER_Jun2017)のアイディアです)。

筆者自身のアセットアロケーションはたびたび過去記事でも書いてますが、割と先進国株式偏重です。

30代筆者のアセットアロケーションを分析してみた。今後の運用方針も紹介
アセットアロケーション(資産配分)てなかなか決めるの難しいですよね。 「他人はどうしてるんだろう?」って気になりませんか? しかも、株価が下落する相場が続いたりすると「今の自分の運用って正しいのかな」「他の人って、今の相場をどう...

ついでに投資している国なんかも見れたりします。

こうしてみると、先進国偏重というか、アメリカに投資してる割合が高くなりやすいんですよね。

分析ツールを作ってて思ったこと

先進国株式ほぼイコール米国株式

例えば、先進国株式ファンド(eMAXIS slim 先進国株式インデックスとかニッセイ外国株式インデックスファンドとか)って、ファンドごとの違いはあっても、その6割近い金額はアメリカの株式で運用されています

米国株を買いたい、集中投資したいって方は多いんですが、実はそうでない方も米国株には結構な割り合いで投資されています。

やっぱり経済ってアメリカ中心に回っているんだなーと思います。

逆に言うと、アメリカ以外の市場(例えば欧州)とかに投資するのって結構商品が限られるんですよね。

個人的には今後そういう米国以外の市場に投資する商品も買ってみたいなーっと感じたところです。

ちなみに三井住友トラストアセットマネジメントの「欧州株配当貴族インデックスオープン」を選ぶと、投資先にカナダやオーストラリアが含まれるというバグが残ってますw

これは今後やりたい話

投資信託選べるならETF(上場投資信託)も選びたいよね

これは今後の話になるんですが、投資信託でこういうことできるなら、今後はETF(上場投資信託)でも同じもの作りたいよね、って思うところですよね。

日本のETFだと売れてる商品偏ってますが、米国市場のETFだと人気商品も多く、「米国ETFでアセットアロケーション組みたい(けど、ETFを全て覚えるのは大変)」とか思ったりすると思うんです。

また、海外ETFは必然的に英語の資料を当たることが多くなるため、日本語で使えるツールのリリースはかなりの優位性を獲得することにもなります。

数が多いのでちょっと大変ですが、ネタとしては考えておきたいと思います。

モンテカルロ(乱数シミュレーション)や節税見込み額との絡みは加えたい

各インデックスの成績を持たせれば、そこから

  • 現在のアセットアロケーションから求まる20年後の予想成績
  • その成績に達した場合の節税見込み額

なんてのは簡単に計算できます。

これらは将来のアップデートで加えたいと思っています。

モンテカルロ(乱数シミュレーション)ネタはいくつか案がありますので、証券会社等が提供するよくあるツールよりも、もっと個人の資産運用に応用しやすいものを提供できればと思います。

そういえば、

  • 現在支払っている信託報酬
  • 信託報酬の最適化(もっと低コストな商品の提案)

なんてのもできますね。

[スポンサーリンク]

余談:このツールの名前を忘れたら「東北投信 ピザ」で検索してw

アセットアロケーション(円グラフ)を「ピザ」に例えるネタをみて、「ピザ」押しにしました。

できれば、円グラフをピザにするとか、もっと親しみやすさを演出できればと思いましたが、プログラム(API)や開発期間の都合上、そこまでは辿りつけませんでした。

なお、当初は「ピザロケ」でアナウンスしていましたが、どうも収まりが悪いので「ピザロ」の3文字に。

できるだけ覚えやすい名前にしたつもりです。

それでも忘れてしまった場合には、「東北投信 ピザ」でグーグル検索してもらえると、きっとすぐに見つかると思います

というわけで、ぜひ「ピザロ」をあなたの資産運用にお役立てください。

無料ですよ!

アセットアロケーション分析ツール 「ピザロ!!」 by 東北投信

コメント

タイトルとURLをコピーしました