カナダに投資したーい!投資信託は?ETFは?どうすれば投資できるの!?

モントリオール・ジャックカルティエ広場日記




突然ですが、筆者のカナダ愛は今人生で最高レベルに達しています!というのも、先日カナダにいったことで、すっかりカナダ(というかモントリオール)をお気に入りになってしまった模様。

【日記】投資信託を運用して旅行資金にできる?カナダ旅行にかかったお金の話
私事ですが、7月13日~7月19日にカナダ・モントリオールに行ってきました。 モントリオールで開催されたIUGG(国際測地学・地球物理学連合)2019総会に参加しました | 青森県八戸市のフリー...

というわけで、投資家なら「カナダに投資して、その収益でカナダに行きたい!」などとくだらないことを考えてしまうものです。

この記事では、その「カナダに投資する方法」を解説。個人的に今ベストだと思っているのは、サクソバンク証券を利用してiシェアーズのカナダETF「EWC」を買うことです。

iShares MSCI Canada ETF | BlackRock

※後日、EWCを本当に買いました。

カナダ株ETF「EWC」を購入するためにサクソバンク証券に口座開設しました
カナダ市場に連動する米国上場ETF「EWC(iシェアーズMSCIカナダETF)」を購入するために、サクソバンク証券に口座を開設したので、その取引の一部始終などを紹介します。 正直、結構マ...

[スポンサーリンク]

インデックス投資家ならカナダに既に投資しているのでは?

カナダへの投資を考える際に、その前に投資信託のポートフォリオ(アセットアロケーション)を考える必要があります。というのも、カナダは先進国の一国ですので、例えば以下のような銘柄にはカナダ株式も含まれています。

★こういう銘柄にはカナダ株式も含まれている

  • eMAXIS slim 先進国株式インデックス
  • eMAXIS slim 全世界株式(オール・カントリー)
  • eMAXIS slim 全世界株式(除く日本)

詳しくはMSCI Kokusai index(MSCIコクサイインデックス)もしくはMSCI World index(MSCIワールドインデックス)の構成国をチェックしてほしいのですが、「先進国」を含むインデックスファンドなら大抵カナダも含まれます

先進国株式(日本除く)の投資先

先進国株式(除く日本の投資先)(ピザロ)

というわけで筆者が保有する投資信託にも、投資先の1つにカナダが含まれていますので、ここからさらにカナダの投資信託 or ETFを買うことは、カナダをオーバーウェイトすることと同じです。

オーバーウェイトとは、投資において、運用時の資産配分を決定する際に、投資対象への配分比率を、基準(ベンチマーク)となる資産の配分比率よりも高くすることを指します。

出典:オーバーウェイト(おーばーうぇいと) | 東海東京証券

オーバーウェイトでもいいじゃない。投資にはこういった遊び心も必要です。ということで。

カナダに投資する主な投資信託

高コスト投信ばかりで検討の余地なし!

というわけで、2019年7月23日現在でSBI証券で購入可能な、カナダに投資する主な投資信託をリストアップしてみました。

カナダに投資する主な非上場投資信託(2019年7月23日現在)
商品名アクティブ
インデックス
購入手数料信託報酬
ダイワ高格付カナダドル債オープン
(年1回決算型)
アクティブ2.16%1.35%
ダイワ高格付カナダドル債オープン
(毎月決算型)
アクティブ2.16%1.35%
マニュライフ・カナダ・リート・ファンドAコース
為替ヘッジあり・毎月
(愛称:カナディアンギフト)
アクティブなし1.5444%
マニュライフ・カナダ・リート・ファンドBコース
為替ヘッジなし・毎月
(愛称:カナディアンギフト)
アクティブなし1.5444%
マニュライフ・カナダ・リート・ファンドCコース
為替ヘッジあり年2回
(愛称:カナディアンギフト)
アクティブなし1.5444%
マニュライフ・カナダ・リート・ファンドDコース
為替ヘッジなし年2回
(愛称:カナディアンギフト)
アクティブなし1.5444%
マニュライフ・カナダ株式ファンドアクティブなし1.9116%
マニュライフ・カナダ債券ファンド
(愛称:メープルギフト)
アクティブなし1.4472%
通貨選択型エマージング・ボンド・ファンド
カナダドルコース毎月分配型
アクティブ3.24%1.6884%

※手数料体系はSBI証券で購入した場合

なんじゃこりゃ~~~!!いかにも手数料でぼったくろうとするファンドばかりのラインナップで、どう考えても投資する気になれません。。。

投信とかもあるけど選んではいけなさそうな雰囲気。。。

マニュライフ・カナダ株式ファンドを買わずに個別株への投資を考えた理由
カナダが好きな筆者は、当然のようにカナダ株式への投資を考えましたが、その際に「マニュライフ・カナダ株式ファンド」は選ばずに直接カナダ株(厳密には米国上場のカナダ企業)を買おうと考えました。 マニ...

ダイワ高格付カナダドル債オープンとかポートフォリオの最終利回りが1.8%で信託報酬が1.35%とかやばすぎでしょ・・・w

満足に投資するなら「ETF」を選ぼう

というわけで、非上場の投資信託を選ぶとぼったくりファンドしか出てこないため、まともにカナダに投資するためには個別株かETFを選ぶしかありません。

このうち個別株は大和証券を通すと購入できますが、正直カナダの個別株のことはよく分からないので、ここではETFを選ぶことにします

外国株式 | 大和証券

一部銘柄は米国にも上場しているので、それならSBI証券などでも購入できますね!やったぜ!

iシェアーズから3つのETFが販売されており、うち2つは米国市場に上場しています。

★カナダ市場に連動する主な海外ETF

  • iShares S&P/TSX 60 Index ETF(XIU)※トロント市場上場
  • iShares MSCI Canada ETF(EWC)
  • iShares Currency Hedged MSCI Canada ETF(HEWC)

HEWCはEWCのドルヘッジETFです。このファンドを国内で購入する方法は今のところ見つけていないので、以下EWCの話を紹介します。

米国市場に上場するカナダETF「EWC」をサクソバンク証券で買おう

というわけで、冒頭で述べたように「iShares MSCI Canada ETF(EWC)」を購入すれば、カナダ市場に直接投資可能です。

  1. Exposure to large and mid-sized companies in Canada
  2. Targeted access to the Canadian stock market
  3. Use to express a single country view

出典:iShares MSCI Canada ETF | BlackRock

ただし、このEWCはSBI証券、楽天証券、マネックス証券など、最近米国株手数料引き下げで話題になっている証券会社では購入できません。その代わり、サクソバンク証券を利用すると購入できます

サクソバンク証券でEWCを探す

出典:サクソバンク証券

ああ、これは買うしかない。

ちなみに、本記事執筆時点(2019年7月23日)でサクソバンク証券は特定口座に対応していないため、確定申告などが必要など、ちょっと上級者向けです。

特定口座は開設できますか | サクソバンク証券

カナダ愛が試されている・・・!?

[スポンサーリンク]

まとめ

  • カナダに投資する投資信託は販売されている。が、高コストなアクティブファンドばかりなので、正直資産形成には向かない
  • カナダ株式に直接投資するなら、iシェアーズの米国上場ETF「EWC」を選ぶ。このETFはサクソバンク証券で購入可能
  • 一般的なインデックスファンドにはカナダ株式(やカナダ債券)も含まれているので、特に意識する必要は無い

というわけで、サクソバンク証券に口座開設して、実際にEWCの購入に至ったので、続きはこちら。

カナダ株ETF「EWC」を購入するためにサクソバンク証券に口座開設しました
カナダ市場に連動する米国上場ETF「EWC(iシェアーズMSCIカナダETF)」を購入するために、サクソバンク証券に口座を開設したので、その取引の一部始終などを紹介します。 正直、結構マ...

基本的に筆者はひねくれているようなので、アメリカ以外の国にオーバーウェイト気味に投資したくなるようですw

後日談:カナダ株投資家を名乗りました

この記事を書いたあと、いろいろカナダへの投資方法を調べたことで、今ではカナダ株投資家を名乗るほどに。

今年買って良かった銘柄にEWCを挙げるなど、カナダへの投資を着々と進めています。

【ベストバイストック2019】今年の思い出とともに最愛のカナダ銘柄を語る
ななしさん(@_teeeeest )が「#ベストバイストック2019(Twitter)」という企画を主催されているので、それに便乗して「今年買ってよかった株」の話を紹介します。 ベストバイストッ...

他のカナダ株関連の記事はこちら。

カナダ株式に関する記事一覧
2019年にモントリオールに行ったのがきっかけでカナダが好きになり、いつしか「カナダ株投資家」を名乗るようになったので、カナダ株の話をここにまとめておこうと思います。 ★「カナダ株式」の最新3記事 ...

この記事に関連するキーワード

カナダ株式 筆者の資産形成の話

コメントは承認後に表示されます。