口座開設から積立の終わり方まで。状況別道案内はこちら
   







高配当ETF「REM(iShares Mortgage Real Estate ETF)」に購入した投資家の末路

iシェアーズモーゲージ不動産ETF[銘柄解説] ETF(国内・海外)

高配当な海外ETFがツイッターですごく人気になっています。彼らのツイートの中には、「利回りが維持されれば株価はどうでもいい」といったものもあり、少し違和感を覚えたので、記事にした次第です。

例題に挙げるのは超高配当の海外ETF「REM(iシェアーズ モーゲージ不動産ETF)」です。この商品にもしも1万ドル投資したらどうなったか?を紹介します。

★記事の結論

  • REM(iシェアーズ モーゲージ不動産ETF)は利回り10%を超える高配当ETF。SRETと同じモーゲージREITが主たる投資先
  • 分配金利回りは高いものの、株価クラッシュ時に大幅に値下がりしたため、12年以上運用しても利益が出なかった
  • 利回りも大切だが、商品そのものの理解も大切

筆者も高配当ETFとか少し持ってますし、偉そうなこと言える立場ではないので、自分への戒めとしてこの記事にしたためます。

[スポンサーリンク]

REM(iShares Mortgage Real Estate ETF)とは

REMは「iシェアーズ モーゲージ不動産ETF」といい、資産の大部分をモーゲージREITに投資する商品です。

iShares Mortgage Real Estate ETF | BlackRock

モーゲージREITとは、レバレッジをかけてモーゲージ債(住宅ローン債券(MBS)や商業用不動産ローン債券(SMBS))を運用する金融商品です。SRETの記事で紹介しましたね。

【海外ETF】SRETの驚愕の利回り10%超(毎月分配)と危険な特徴
今日は「SRET」という海外ETFの話を紹介します。 グローバル・X・スーパーディビィデンド・REIT・ETF(ティッカー:SRET) | Global X SRETは韓国企業「Mirae...
  • モーゲージREITとは、レバレッジをかけてモーゲージ債を買い込む不動産投資信託である
  • モーゲージ債とは、多数の住宅ローンの債権をまとめた証券である。サブプライムショック(リーマンショック)では、格付けの低いモーゲージ債(厳密にはモーゲージ債を組み込んだCDOと呼ばれる商品)が多数デフォルトし、世界的な金融危機に波及した

出典:【海外ETF】SRETの驚愕の利回り10%超(毎月分配)と危険な特徴

REMはネット証券から買えないので、多くの方は知りません。ですが、この商品は記事執筆時点の利回りが20.08%もあり、もしネット証券で買えるならば、超高配当ETFとして関心を持たれたと思います。

一方、SRETはネット証券でも買えるので、割と買ってる方がいるようです。

投資するといくら儲かったの?

以下はREM設定時に1万ドルを投資した時、資産がどう推移したかを示すグラフです。分配金は再投資され、手数料は差し引かれたものとして計算されています。

REMに10000ドル投資した時の資産の推移

出典:https://www.ishares.com/us/products/239543/ishares-mortgage-real-estate-capped-etf#/

REMはリーマンショック前夜に設定されました。リーマンショックでは質の悪い債券が「飛んだ」影響で、REMに投資したお金は1万ドルから3,000ドルに減りました。70%も下落しており、米国株式の下落よりも大きいのも特徴です。

その後、2020年までの12年間、必死に分配金を再投資することで1万ドルにまで戻りました。

しかし、2020年の株式市場のクラッシュで再び3,000ドルまで減ってしまったのです。

つまり、設定直後にREMに投資した投資家は12年経過しても、1円も儲かっていないのです。分配金利回りが高いにも関わらず

2020年2月に1万ドルを達成した数日後にまたも急落するのですから、もはやネタか何かとさえ思えてきます。。。

もちろん、切り取る期間を変えれば、パフォーマンスは変わります。しかし、いつ投資しても今回の急落で全て失うわけですが。。。

REMから学べる教訓

REMの事例は、商品の吟味の大切さを物語ります。配当利回りだけで商品を選択せず、商品の本質をしっかり検討する大切さです。

★きちんと金融商品の性格を把握している?

  • その商品は何に投資しているの?
  • その商品はどのくらい値動きするの?
  • リーマンショックの時はどうだった?

実は筆者も「買ってから調べている」ことが多々あるので、正直偉そうなことは言えません

「調べないで買う」って怖いことですよね。なぜ値動きしているのか、どのくらい値動きするのかもよくわからないのですから。

人が不安を感じる原因は「わからないから」です。よくわからないままに買って、よくわからないまま相場に翻弄されると、不安を感じ、場合によっては投資をやめたくなります。

だから「利回りが高いから」で思考停止せず、「なぜ利回りが高いのか」「キャピタルゲインはどのくらい期待できそうか」「損失はどのくらい抱えそうか」も調べたほうが良いと思ったんです。

REMはそれを説明する良い事例だと思い、記事にした次第です。

[スポンサーリンク]

まとめ

  • REM(iシェアーズ モーゲージ不動産ETF)は利回り10%を超える高配当ETF。SRETと同じモーゲージREITが主たる投資先
  • 分配金利回りは高いものの、株価クラッシュ時に大幅に値下がりしたため、12年以上運用しても利益が出なかった
  • 利回りも大切だが、商品そのものの理解も大切

ちなみにモーゲージREITは、あまりキャピタルゲインを期待しにくい商品です。REMが再び2020年2月の水準に戻るためには、また年単位で分配金を受け取らないといけないのだと思います。

元本に戻すための再投資は辛いでしょうね。

他の海外ETFの話題はこちらから。

海外ETFの解説一覧
日本以外の市場(特に米国市場)に上場するETFのことを、一般的に「海外ETF」と呼びます。海外ETFは国内ETFに比べて種類が豊富で、1口100ドル以内で取引できるものが多いのが特徴です。海外ETFで...

この記事に関連するキーワード

ブラックロック 先進国リート 海外ETF

コメント

運営者が承認するまでコメントは表示されません。

  • 投資信託やETFは元本保証ではありません。
  • 本コンテンツで紹介している金融商品が、将来値上がりするとは限りません。
  • 記事執筆時点の情報に基づくため、最新の情報とは差異が生じる可能性があります。
  • 記事を参照したことで生じた損失の補填や保証は一切行いません。
タイトルとURLをコピーしました