つみたてNISAは本当に複利で運用されてるの?

eMAXIS slim 先進国株式インデックスファンドの運用報告書積立NISA(つみたてNISA)

今日のお題は「つみたてNISAは本当に複利で運用されてるの?

最初に答えを述べておくと、つみたてNISAでは、私たちが購入している投資信託の内部で複利運用されています

投資信託の運用にはいろいろと誤解もありまして、その1つに「分配金が出る投資信託を運用したほうが複利運用になる」という誤解があります。

たとえば、元金(もともとのお金)が100万円あり、この100万円を金利2%(年利)で1年間預金したとすると、1年後には102万円になる。この場合、2万円は、元金に対してついた利子である。この2万円も含めて(つまり102万円を)再び金利2%で1年間預けると、1年後には104万円となるのではなく、104万400円となる。この400円は、利子である2万円についた利子である。このように、利子にもまた利子がつくことを、「複利」という。

出典:複利とは | 知るぽると

「複利」の説明にこう書かれると「運用で発生した利子を再投資することで複利になる = 利子が発生しなければ複利運用できない」とも読めてしまうんですよね。

つみたてNISAはETFを除いてほぼ例外なく分配金が出ないはずですから、「つみたてNISAは本当に複利運用なの?」と気にされる方もいらっしゃるようです。

というわけで、この記事ではつみたてNISAの複利運用について解説します。

[スポンサーリンク]

つみたてNISAは複利運用です

結論から述べると、つみたてNISAは分配金が出ないものの、内部的に複利運用が行なわれていますので、あなたは利子や分配金が発生しないことを気にする必要はありません

安心してください。複利運用ですよ。

運用報告書で確認。つみたてNISAが複利運用の証

これは「eMAXIS slim 先進国株式インデックス」の運用報告書を引用したもので、eMAXIS slim 先進国株式インデックスのマザーファンド(外国株式インデックスマザーファンド)部分の資産を示すものです。

eMAXIS slim 先進国株式インデックスファンドの運用報告書

出典:https://emaxis.jp/pdf/zenunyou/252653/252653_20180626.pdf

オレンジの枠で囲んでいますが、外国株式インデックスマザーファンドは2016年5月から2017年5月までに約68億円の配当金を受け取っています。

この配当金があなたに直接支払われることはない代わりに、投資信託(外国株式インデックスマザーファンド)の純資産に組み込まれます

投資信託の発行口数が一定のままで投資信託の純資産が増えると、基準価額の上昇につながります。

ここでは、外国株式インデックスマザーファンドの基準価額が上昇することで、ベビーファンドであるeMAXIS slim 先進国株式インデックスの基準価額も上昇し、あなたの評価額も上がる、というわけです。

ちなみに、純資産に組み込まれた配当金は、次の株式購入のための代金等に使われます

配当金で購入した株式から配当金を受け取ったら・・・これが複利運用ですよね。

ここではeMAXIS slim 先進国株式インデックスの例を挙げましたが、他の分配金を出さない、つみたてNISA対応の投資信託も同じです。

でも、投資信託の基準価額下がってるけど?(よくある質問)

投資信託の基準価額の計算には、ファンドが受け取った配当金のほか、ファンドが現在保有している株式などの評価額も加味されています

例えば、1年間に68億円の配当金を受け取っても、株式の評価額がそれ以上に下がっていれば、投資信託の評価額も下がります。

投資信託は元本保証ではないので、「よくある複利のイメージイラスト」通りには綺麗に増えないのがやっかいなところですね。

分配金が出ないことでこんなメリットもある

いぬデックスさんから教えていただきました。

投資信託から分配金が出ると、(普通分配金の場合)分配金に課税され、税務署に支払うことになります。

投資信託でもらえる普通分配金と特別分配金
Photo by ぱくたそ 投資信託を始める際には前もって、分配金の有無やその受け取り方についても比較検討しておくことがすすめられています。 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).p...

分配金を出さないことで、税金として支払うはずだったお金を運用にまわせるメリットもあるのです。

ちなみに、つみたてNISAではもともと分配金に課税されない仕組みですが、分配金を再投資すると、その分だけ非課税枠の消費に繋がります。

ファンドの内部的に再投資されることで、非課税枠は消費されないため、それも私たちに有利な運用の仕組みと言えますね。

つみたてNISAの複利運用。期待される利回りはどのぐらい?

以下の記事でも書きましたが、つみたてNISAの利回りはおそらくこのぐらいです。

過去の実績に基づく、利回りと各ファンドの対比

  • 利回り2%:リスクの低いバランスファンド
  • 利回り4%:平均的なバランスファンド
  • 利回り6%:株式ファンド

※この利回りは20年平均であり、毎年この割合でお金が増えるわけではない点に注意

つみたてNISAで月2万円の投資。将来いくらに?途中で増減額ってできる?
このブログでは「月1万円積み立て」でのシミュレーションは結構記事にしてきたので、今回は月2万円で考えてみたいと思いました。 筆者自身、つみたてNISAの積立額は毎月2万円で、積立額の増額も減額もできるような状態で運用を行なって...

これは、つみたてNISA対象商品がベンチマークに設定する先進国株式や日本株式、米国株式などの過去20年の幾何平均利回りを参考に、筆者がざっくりと求めたものです。

実際には商品ごとに細かい差異があることと、過去の利回りであって、将来もこの利回りで運用できるとは限らない点に注意を要します。

また、上述の通り、投資信託は、良く値上がりした年、あまり値上がりしなかった年、年初来よりも値下がりした年などがあり、2~6%とはその平均です。

なお、この利回りの内訳は配当金や(債券などの)利金収入と、株式・債券そのものの値上がりによる収益です。

上級者向け:多くの人は理想的な複利以下の運用成績になるかも

「リスクはリターンを蝕む」

さて、こういう具体的な利回りを知ると、複利計算機などに投資額と利回りを入力して、将来いくら儲かりそうか、なんて計算したりするもの。

複利計算(元利合計) | 高精度計算サイト

毎月2万円を2%で複利運用したら将来いくらに?とか気になるでしょ?

しかし、投資信託には元本部分の変動があるので、毎年一定の割合で増えるわけではない、という点はこれまでも述べてきたとおりです。

この元本部分の変動がリターンに対して大きすぎる場合、将来の予想成績は複利計算機で求まる結果よりも悪くなる可能性があるのです。

【モンテカルロ】過半数の人の運用結果は目標複利に達しない可能性【つみたてNISA】
※これから述べる話は「車輪の再発明」です。 つみたてNISAで商品を運用する際には、その商品の予想される利回りがどのくらいか、という計算はよくやります(東北投信でもよくやっています)。 というのも、アセットアロケーション...

例えば、以下は「リターン:6%、リスク:18%」という商品に対して1万回積立投資を行なった際に取りうる成績の分布を示したものです。

1万円で20年間積立投資した場合の運用シミュレーションの分布

この計算では、理想的な複利(6%複利)に達しない割合が56.4%(5,640回)に達しており、中央値は理想的な複利よりも低いところにあります。

いわゆる「リスクはリターンを蝕む」というやつです。

要注意!株式投資で複利リターン6%は期待し過ぎている可能性大!【リスクはリターンを蝕む】 | 氷河期ブログ

リスクが高まるとリターンを蝕んでいく | ファンドの海

対策:複利計算機の結果に夢を見過ぎない

この結果は、所詮乱数を用いたシミュレーションなので、将来のことはどうなるかは、将来になってみなければわかりません。

とはいえ、将来のライフプランを考える際には控えめな数値を使っておき、多重に備えを用意することで万全に近づく、と言うことはできます。

  1. 投資信託は毎年一定の割り合いで増えるものではない、と知る
  2. あなたが将来手にする利益は、今複利計算機から求めた試算よりも少ない可能性がある、と知る

つみたてNISAはあなたの将来を助けるツールにはなりますが、信用しすぎるな、ということです。

[スポンサーリンク]

まとめ

  • つみたてNISA対象の投資信託は複利運用されている。あなたに直接分配金は支払われないが、ファンドが受け取った配当金は内部的に再投資されている
  • 過去のデータに基づく限り、つみたてNISA対象投信の期待できる利回りは2~6%程度。毎年同じ割り合いで増えるとは限らない点に注意(よくある失敗談の1つはここを勘違いしている)
  • 乱数の結果は、多くの人が理想的な複利運用の結果に達しない可能性を示す。複利計算機が導く結果にあまり夢を見過ぎないように

繰り返しますが、投資信託は毎年一定の割り合いで増え続ける、との勘違いはなさらないようにしてください。

投資信託の利回りは毎年変動するのです。

さあ、2037年を目指して、引き続き、つみたてNISAライフを楽しみましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました