【つみたてNISA】2019年の運用を終えて思ったところとか来年の方針とか

つみたてNISAの2019年12月までの運用成績積立NISA(つみたてNISA)

今年はまだ10日ほど残っていますが、おそらく今年はもうつみたてNISAの非課税枠を使わないと思うので、2019年のまとめなどを紹介します。

★記事の概要

  • 今年は大きく利益が増えた年に
  • 今後も株価が上昇し、利益が増え続けるなら、「高所恐怖症」を克服しないとね
  • 来年の運用方針など

12月27日から、証券市場は2020年の取引になります。

そのため、今月つみたてNISAをまだ積み立てていない方は、遅くとも26日までには積み立てを実行してください。

なお、具体的には投資信託の受け渡し日に左右されますので、心配な方は週明けの23日に積み立てておくと良いと思います。

[スポンサーリンク]

2年間の積み立てと運用成績はどうだった?

現在までの総投資額

2019年12月時点までの総投資額は493,331円でした。

つみたてNISAの2019年12月までの運用成績

筆者つみたてNISA口座

今年は満額利用を予定していましたが、実際にはカナダの行ったとか、金欠だったとかの理由で満額どころか2018年もよりも投資額が少なくなってしまいました

【2019年目標】つみたてNISAを満額(毎月3.33万円)積み立てます【2年目】
今年のつみたてNISA、筆者の目標は満額運用(年間40万円)です。 去年は紆余曲折あって25万円ぐらいしか積み立てられなかったので、今年は満額利用します。 今月の #つみたてNISA の代金を入金!去年は毎月2万円で満額...

11月と12月に金欠で、またしても、積立額不足で積立がスルーされてしまいました。

もっとも、カナダ株を買ったり、他のサービスを使ったりしなければ満額利用できるんですけど、まあ仕方ないですね。

個人的には、「任意で証券口座に入金」よりも「クレジットカード決済で強制入金」のほうが確実に積み立てられる気がした1年間でした。

2019年の運用成績はよかった!

2019年12月までの運用成績は以下の通り。

1枚目が毎月の積み立て額(元本)とその損益推移で、2枚目が損益推移だけを拡大して表示したものです。

つみたてNISAの2019年12月までの運用成績

積み立て額と評価損益の推移(筆者つみたてNISA口座)

つみたてNISAの2019年12月までの運用成績

評価損益の推移(筆者つみたてNISA口座)

2019年は、年初時点で3万円ほどの評価損からスタートする相場でしたが、8月以降は米国株を中心に株価の上昇が続き、現在が最も利益が乗った状態になっています

今年の米国株の上昇率は結構高かったらしいですね。

筆者の投資するファンドは三井住友DCつみたてNISA全海外株インデックスファンドですので、投資先は米国を含む先進国と新興国の株式です。

新興国株式はまだぱっとしないため、主に米国を中心とする先進国株の値上がりが効いています。

私たちは「高所」に慣れなければいけない

昨年は秋以降に「つみたてNISAで買っている投資信託を売りたい」という人が増えたようですが、今年も秋以降に「つみたてNISAで買っている投資信託を売りたい」という人が増えたようです。

そう、運用する投資信託の利益が増えてきたため、利益確定をしたくなった人が増えたのです(2018年は損失が増えて「やめたい」という人が増えたのでしたね)。

つみたてNISAの利益確定問題。いつ売るか。それが重要だ
最近、つみたてNISAで利益確定のために買った投信を売却したい方が増えているように感じます。 つみたてNISA 関連のキーワードを見てると、今はすぐにでも売却して換金したい人が多いみたい。あと18年もあるのに、そんなにこまめに...

人によっては「儲かりすぎて怖い」と述べている方もいて、損をしても儲かっても結構大変だなぁと思ったところです。

つみたてNISAのような長期投資制度は、今後も株価が上昇することを前提に積み立てを行ないます。

そのため、現在の利益は今後もさらに拡大していく(はずな)わけで、私たちはこれからさらに高いところを目指すことになるのです。

元本という「地平線」はどんどん遠くなって行くのですよ!(たぶん)

東北投信で取材したカンさんは、ご自身のブログでこんなことを述べられています。

利益が増えたり、 また減ったり、 あるいは損失を抱えたり、

上記の道のりは決して平たんではないからこそ、 つみたて投資ではある種の 「いい加減さ」が求められます。

出典:あなたは「つみたてリセットしたい症候群」ってご存じですか? | 投資信託クリニック

儲かっていても損をしていても右往左往せず、適当な気持ちで、のんびりと積み立てていこうではありませんか!

今後のつみたてNISAの方針など

ら、来年こそ・・・w

2020年こそ満額の積み立てを・・・w

いや、非課税枠を無理に使い切る必要はまったくないんですけど、いっぱい積み立てたほうが(おそらく)将来おとくなのでw

ただ、来年は国際学会リベンジでハワイに行く可能性が高いので、きっと来年も満額利用は難しいんだろうなーと。

結局、こういう積み立てをきっちりと実行するためには、相応のお金の入りが大切なので、運用の理屈を捏ねるよりも仕事をがんばれって感じですね。

日本はすでに景気後退が始まってるんですけど、来年のオリンピックで復活してくれることを期待しています。

積み立てる商品は変更しません

来年も同じ商品に積み立てることに

2020年も三井住友DCつみたてNISA全海外株インデックスファンドでいくことにしました。

その代わり、余剰資金を使って、特定口座で楽天全世界債券インデックス(為替ヘッジ)ファンドを随時購入し、株式の価格変動の打ち消し役として頑張ってもらいます。

株式100%のポートフォリオを再考し国内債券を少量加えることを提案する
筆者はこれまで「リスク資産は株式100%とし、現金との比率で資産を管理する」ことを考えていましたが、この方針を改めることにしました。 これまでの検証によると、マイナス金利下とはいえ、多少の国内債券を保有することで、それが大幅な株価下落...

つみたてNISAの仕組みを考えると、実は「数年ごとに積み立てる商品を変更する」という考え方もありだなと最近思っています。

このあたりは今後記事で紹介したいです。

あの商品の素晴らしさに気づくなんてラッキーボーイだぜぃ★

ちなみに、今ある運用アイディアに、為替ヘッジなしの先進国債券と為替ヘッジありの先進国債券、そして国内債券の3つの資産の併せ持ちがあります。

国内債券のみでは利回りが不安なので、為替ヘッジありの先進国債券がサポート役です。

筆者は現在ETFでREITを保有しているため、全体の資産配分は株式に重点を置く8資産均等型みたいな感じになっています。

この資産配分、どこかで見たことあるなーと思ったら、あの「たわらノーロード最適化バランス」でした(つみたてNISAで最も売れていないバランスファンドシリーズ)。

【もっと頑張って!】たわらノーロード最適化バランス5種を熱烈応援【つみたてNISA対応】
たわら最適化バランス太郎です(誰 今回はアセットマネジメントOneの「たわらノーロード」シリーズより、「最適化バランス」について紹介したいと思います。 たわらノーロード | アセットマネジメントOne たわらノーロード最適...

実はたわらノーロード最適化バランスって、仕組みはすごいんじゃないの?」と驚いている今日この頃です。

[スポンサーリンク]

まとめ

  • 今年のつみたてNISAは約23万円を投資。満額利用を目指したが、カナダに行ったなどの理由で満額利用には至らず
  • 損益は過去2年間でもっとも儲かってる状態。つみたてNISAの仕組みを考えると、「高所恐怖症」は克服しなければいけない
  • 来年も同じ商品に積み立てることに。為替ヘッジありの先進国債券を加えることで、株式の価格変動の吸収を試みる

余談:今年の注文は25日ごろまでに

12月25日ごろを超えると、投資信託の引渡し日の都合上、2020年の非課税枠に移ってしまいます

2019年の非課税枠が残っていて、使い切りたい方は週明け23日中に注文を通しておくのが良いと思います。

ちなみに、株式の権利確定日は12月26日ですので、27日以降の決済は2020年の取引になります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました