青森県投資信託ブロガー作!つみたてNISAとiDeCoを使った資産形成ガイド

東北投信




LINE

ブログの更新情報をLINEとTwitterで配信しています♪(LINEはあなたの個人名は見えませんのでお気軽に追加してね!)

記事への質問は、コメントフォーム(記事の下にあります)・LINE・Twitter・お問い合わせフォームをお使いください。

忍者ボタン

積立NISA(つみたてNISA)

つみたてNISAを継続する秘訣。何がなんでも20年続けよう

投稿日:

この記事では、つみたてNISAを20年続ける秘訣を考えてみたいと思います。

文章で書くと簡単ですが、20年ってめちゃくちゃ長いですよね。

人生80年と考えると、その4分の1の期間をつみたてNISAと共にするのです。

「20年間も継続できるかな・・・」と不安になりますね。

そこで、考えてみたい、つみたてNISAを20年間継続する方法。

途中でやめてしまって後悔しないように、今のうちにやめる理由を潰していきましょう!

[スポンサーリンク]

そもそも、投資経験者はなぜ投資をやめたのか

投資するお金がない or 過去に損失を出したことがある or 知識がない

つみたてNISAを20年継続するためには、そもそも、なぜ投資経験者は投資をやめたのか、が貴重な資料になるかもしれません。

そこで、日本証券業協会の平成22年アンケート結果より、投資経験者が投資をやめた理由を紹介します。

お察しのとおり、平成22年のアンケートですので、まだつみたてNISAはおろか、一般NISAすら始まってない頃のデータです。

証券投資経験者が投資をやめた理由

出典:http://www.jsda.or.jp/katsudou/kaigi/chousa/newdev_kon/files/10121602.pdf

このグラフは、現在証券投資を行っていない理由で、投資未経験者の回答も含まれています。

ここから、投資経験者の回答分だけを抽出すると以下の通りです。

投資経験者が投資をやめた理由

  1. 投資にまわすお金がない:36.0%
  2. 以前、投資をして損失を出したことがある:35.4%
  3. 投資するタイミングではない:23.2%
  4. リスクが高い:22.9%
  5. よくわからない(知識がない):20.1%

※2つまで複数回答可能

大きく分けると、以下の3つになると思います。

  • 投資に回すお金がない
  • 以前、投資して損失をだしたことがある(リスクが高い、も含む)
  • よくわからない(投資するタイミングではない、も含む)

つみたてNISAを継続するためには、この逆を行えば良いわけですね。

つみたてNISAを20年継続するための秘訣

投資するお金を耐えず確保し続けよう

既にご存知の通り、つみたてNISAは毎月最大3.33万円まで積み立てできる投資です。

そのため、毎月の収入から最大3.33万円を捻出し、積み立てし続ける必要があります。

例えば、

  • 自営業・非正規雇用などで収入が一定しない
  • 子供が生まれた・学校に入学した
  • 会社の業績が悪く、給与が減らされた・退職することになった

といったイベントは、つみたてNISAでの運用を止めざるを得ないきっかけになるかもしれません。

収入の複線化(副業などを通じて、新たな収入を確保する)を計るのでも良いですし、家計に応じてつみたてNISAの積立額を変更するのでも良いですし、そういった対策が必要になりそうです。

つみたてNISAを選ばないのも1つの手

筆者個人としては、自営業者や非正規雇用者は、一般NISAを利用しETF(上場投資信託)を買うのも悪くないと思っています。

ETFを使っても、先進国株式や先進国債券といった、インデックス投資を実行できますし、毎年分配金も得られるからです。

損失への備えと正しい理解を進めておこう

投資は絶対儲かるものではないので、時には損失が出てしまいます。

それでも、投資を止めようと思うほどならば、想像していたよりも大きな損失が出て(もしくは期待を裏切られて)、心理的なダメージを負ったからかもしれません

例えば、以下の記事では、わずか数万円の損失とはいえ、投資を止めてしまった人の例を紹介しています。

インデックス投資で失敗する前に知っておきたいこと

よく、資産形成はインデックスファンドを利用した「インデックス投資」が良いと言われます。 筆者もそうだと思いますし、実際にインデックスファンドを利用した積立投資も実行しています。 が、インデックス投資に …

続きを見る

この事例では、「投資なら毎年x%で儲かる」と期待していたところに、実際はそうではなかったことに期待を裏切られ、投資をやめてしまったようです。

ここから、自分が現在どの程度リスクを取っていて、金融危機ではどの程度損失を被る可能性があるのか、を知ることが大切だと思います。

以下の記事では、つみたてNISAで投資できる各商品の損失見込み額(1年)をざっくりと見積もっています。

損失の見込み額から考える「つみたてNISA(積立NISA)」のオススメ商品を選ぶ方法

つみたてNISAの商品選び。もう終わりましたか? つみたてNISAに限りませんが、投資における金融商品選びって、 ネットで「つみたてNISA オススメ」と検索したり 有名なFPが提案する商品をそのまま …

続きを見る

  1. 株式100%の投資信託:投資額の30~40%/年・・・ハイリスクハイリターン
  2. バランスファンド:投資額の10~20%/年・・・ミドルリスクミドルリターン
  3. 特にローリスクなバランスファンド:投資額の10%未満/年・・・ローリスクローリターン

つみたてNISAの長期投資は勝てる見込みの高い投資ですが、単年では投資額の半分近くを失う嵐のような相場を経験するかもしれません。

そのような最悪の事態を踏まえた上で、投資を始めることが大切です。

「よくわからない・知識がない」は大丈夫

例えば、株式投資なら、どの銘柄を選び、どのようにポートフォリオを組むかを考えるのはとても難しいです。

ですが、つみたてNISAなら、ある程度選択肢となる商品は限られています

また、いつ投資するか、も大した問題ではありません。

つみたてNISAの積立日をあなたの給与日の3日後ぐらいに設定しておき、給与収入を使う前に天引きしてしまえば良いからです。

一緒につみたてNISAの話ができる仲間を見つけてみよう

最後にもう1つ。

つみたてNISAのような長期投資を志す上で、「投資仲間」を作ることは大切だと考える方が多いようです。

なぜ「仲間を作る」ことが大事なのか。それは、投資という行為はどこまでも自己責任原則が貫徹される世界だからこそ、投資家はどこか孤独な存在となりやすいからです。人間は孤独になると頭の回転が悪くなるので間違いを犯しやすい。結局、投資で失敗するというのはそういう状態の時に起こるのではないでしょうか。だから仲間を作ることが大切になる。

出典:“仲間”の存在が長期投資を実践するための支えになる | The Arts and Investment Studies

もし、あなたが1人でつみたてNISAや投資をやっているなら、どこかで投資の話ができる仲間を見つけてみてはいかがでしょうか

なかなか投資話って、お金が絡むので直接面と向かって話しづらい一面もありますよね。

もしそうならば、ツイッターなどに匿名アカウントを作って、ツイッターにいる個人投資家らと仲良くする手もあると思います。

なお、筆者のツイッターアカウントは2つありますので、ぜひお気軽にお声かけください。

[スポンサーリンク]

まとめ

  • 投資経験者が投資をやめた理由は、投資するお金が無くなった or 過去に損失を出した or 投資の知識がなかったから
  • なるべく毎月お金を積み立てられるようにしよう。また、今あなたがどのくらいのリスクを取っているのか(どのくらい損失を抱える可能性があるか)、は把握するようにしよう
  • 投資の仲間をみつけよう。一人でやるよりも、誰か話せる友達がいたほうが、つみたてNISAのような長期投資はうまくいきやすい(と考える人が多い)

さあ、一緒に20年、つみたてNISAを続けましょう。

フッタ広告3

「つみたてNISA」で投資信託を買うならSBI証券がオススメ!!

投資信託の残高に応じてSBIポイントを貰えるのでお得に運用できるんです。

口座開設手順はこちら
SBI証券の口座開設方法。開設に要する時間やよく疑問に思うところなど

今やってるキャンペーン
【2018年11月】SBI証券に口座開設し「つみたてNISAキャンペーン」で現金プレゼントを狙おう!(2018年12月15日まで)

他の証券会社もチェックするなら
投資信託を買いたいあなたへオススメする証券会社3選


【口座開設料・維持費無料】SBI証券のキャンペーンを今すぐチェック

リンクユニット




アドセンス関連ユニット



本日の人気記事

本日の人気記事

スポンサーリンク

[スポンサーリンク]



注意事項

  • 金融商品の時価は変動しますので、投資元本を割り込む可能性も承知の上で投資するようになさってください。
  • 本コンテンツで紹介している金融商品は、将来必ず値上がり・利益が生じるとは限りません。
  • 筆者調査の上で記事を執筆しておりますが、記事には不備・間違いが含まれる可能性がございます。必ず、あなたご自身が確認するようになさってください。
  • 記事執筆時点の情報に基づくため、最新の情報とは差異が生じている可能性がございます。記述と現況が異なる場合には、現況を優先いたします。
  • 記事を参照したことで生じた損失の補填や保証などは一切行いません。

-積立NISA(つみたてNISA)

Copyright© 東北投信 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.