青森県投資信託ブロガー作!つみたてNISAとiDeCoを使った資産形成ガイド

東北投信




LINE

ブログの更新情報をLINEとTwitterで配信しています♪(LINEはあなたの個人名は見えませんのでお気軽に追加してね!)

記事への質問は、コメントフォーム(記事の下にあります)・LINE・Twitter・お問い合わせフォームをお使いください。

忍者ボタン

積立NISA(つみたてNISA)

【2018年8月時点】つみたてNISAオススメ商品ランキング@東北投信版

投稿日:2018年8月17日 更新日:

筆者の独断と偏見で選んだ、「つみたてNISA」のオススメ商品ランキングを発表したく思います。

こういうランキングで安易に投資先を選ぶのは良くないのですが、現在のつみたてNISA対応商品はすでに100本を超えており、投資初心者が選ぶにはかなり難儀するとも感じます。

つみたてNISAの商品選びで迷子になっていたら参考にしていただければ幸いです。

なお、ランキングの根拠は、これまでの各ファンドの様々な計算結果と筆者主観なので、その点はご了承を。

関連記事として、個人投資家ブログの各オススメファンドをまとめて紹介したものも書きました。

【つみたてNISA】みんなのオススメ商品まとめ!投資家ブログでの人気商品を集めました

以前、筆者(@instockexnet)が考える「つみたてNISA」のオススメ商品をまとめたので、今度は他の個人投資家のつみたてNISAおすすめ商品はどれか、を紹介したく思います。 主にツイッター検索 …

続きを見る

[スポンサーリンク]

スライドで簡単解説!

つみたてNISAオススメ商品ランキング

第1位:eMAXIS slim 先進国株式インデックス

現時点では、eMAXIS slim 先進国株式インデックスをもっとも投資先として挙げておきます。

この商品は日本を除く先進国株式に投資できる商品で、主にアメリカ株式のほか、ヨーロッパやアジア・オセアニアなどの株式にも投資します。

【つみたてNISA】eMAXIS slim 先進国株式インデックスが凄いことになっていた!

先進国株式への投資はニッセイ外国株式インデックスファンド。 そう思っていた時代がありました。 しかし、最近になってこの公式は崩れ去っていました。 2018年5月現在、先進国株式への投資は「eMAXIS …

続きを見る

eMAXIS slim 先進国株式を1位に持ってきた理由は、

  • 信託報酬が低い
  • 投資先が十分に分散されている(= 日本を除く先進国株式)
  • 利用者も多いので選びやすい(みんなが選んでるので自分も、という選び方で選びやすい)

などを挙げておきます。

なぜ、つみたてNISAの人気商品は「日本を除く先進国株式」に投資するファンドなのか

つみたてNISAに対応したインデックスファンドのうち、特に人気の高い商品と言えば、 <購入・換金手数料なし>ニッセイ外国株式インデックスファンド eMAXIS slim 先進国株式インデックス の2つ …

続きを見る

eMAXIS slim 先進国株式インデックス自体はリスクの高い商品で、1年で投資額の50%を失う可能性もありますので、リスク許容度の低い人には向いていません

損失など関係なく、がんがん投資できる人(サラリーマンなど)向けです。

第2位:楽天・全世界株式インデックス・ファンド

第2位は楽天・全世界株式インデックス・ファンドです。

楽天全世界株式インデックスファンド
【つみたてNISA】楽天全世界株式インデックスファンドに毎月1万円積み立てると20年後いくらに?

2018年3月現在、投資信託の積み立てについて議論するならば、「楽天・全世界株式インデックス・ファンド(楽天・バンガード・ファンド(全世界株式))」の話は避けては通れません。 2017年9月に設定され …

続きを見る

楽天・全世界株式インデックス・ファンドはeMAXIS slim 先進国株式インデックスの投資先(先進国株式)に日本株式と新興国株式を加えた商品です。

2位に選んだ根拠として、eMAXIS slim 先進国株式インデックスと同じく、

  • 信託報酬が低い
  • 投資先が十分に分散されている(= 日本株式 + 先進国株式 + 新興国株式)
  • 利用者も多いので選びやすい(みんなが選んでるので自分も、という選び方で選びやすい)

を挙げておきます。

逆に、

  • 日本株式と新興国株式が加わることで、若干リスクが高めになる

点で2位にしました。

楽天・全世界株式インデックス・ファンドは、つみたてNISA以外では積極的に投資するつもりがない人に最もよく適していると思います

商品のリスクは高く、やはり1年で投資額の50%を失う可能性はありますので、リスク許容度の高い人向け商品でもあります。

第3位:<購入・換金手数料なし>ニッセイ・インデックスバランスファンド 4資産均等型

第3位は<購入・換金手数料なし>ニッセイ・インデックスバランスファンド 4資産均等型です。

【つみたてNISA】ニッセイ・インデックスバランスファンド(4資産均等型)に毎月1万円積み立てたらいくらに?

資産均等配分型のバランスファンドと言えば、eMAXIS slim バランス(8資産均等型)が有名ですが、他にも、 4資産均等型 6資産均等型 など、いくつかバリエーションがあるんですよね。 本記事で紹 …

続きを見る

1位と2位の商品は、長い目でみれば投資の最適解ではあるのですが、いずれも損失の見込み額が大きく、万人が20年間戦える商品としてはオススメしがたい面もあります。

金融危機が来たときに、その損失の大きさに感情が揺らぎ、途中で投資をやめてしまう可能性があるのです。

そこで、つみたてNISAの中でも低リスク商品として、<購入・換金手数料なし>ニッセイ・インデックスバランスファンド 4資産均等型を挙げたいと思ったわけです。

3位に選んだ根拠として、

  • 信託報酬が低い
  • 債券の比率が50%と高く、ローリスクローリターンな運用を期待できる

また、この商品を選ぶ際の注意点として、以下の点も挙げておきます。

  • リターンも低めになりやすいので、大儲けは期待できない
  • 債券の利回りとインフレ率がほぼ同値になってしまい、パフォーマンスが悪くなる可能性がある

いずれにせよ、<購入・換金手数料なし>ニッセイ・インデックスバランスファンド 4資産均等型は大儲けするための商品でなく、慎重に投資を進めたい投資家のための商品です。

なお、金融危機時は1年で投資額の10~20%程度の損失の可能性はありますので、その点はご注意ください。

第4位:楽天・インデックス・バランス・ファンド(均等型)

第4位は楽天・インデックス・バランス・ファンド(均等型)です。

【つみたてNISA】「楽天・インデックス・バランス・ファンド(均等型)」は新たな定番ファンドになるか!? 

2018年7月20日より、「楽天バンガードシリーズ」に新しいバランスファンドが追加されます。 本日、『楽天・バンガード・ファンド』シリーズに新たなバランス・ファンド3商品が追加されることが発表されまし …

続きを見る

楽天・インデックス・バランス・ファンド(均等型)は<購入・換金手数料なし>ニッセイ・インデックスバランスファンド 4資産均等型と商品性は似ており(似てるのであって、同じではない)、どちらかといえばリスクを抑えて運用したい投資家向けです。

ただ、個人的には楽天・インデックス・バランス・ファンド(均等型)の債券部分で適用される「為替ヘッジ」をどう扱うかで迷ったので、<購入・換金手数料なし>ニッセイ・インデックスバランスファンド 4資産均等型よりも順位を下げました。

投資信託に為替ヘッジは必要か

投資信託を選ぶ際に考えたいのが為替ヘッジの有無です。 ・・・と、書いても、正直なんのこっちゃって感じですよねw 為替ヘッジってなんだろう? 円安や円高とどう関係あるのかな? ヘッジのありとなしはどちら …

続きを見る

為替ヘッジは運用時の価格変動幅を小さく抑えますが、一方でヘッジコストがかかるため、運用成績も悪くなってしまう特徴があります。

なお、<購入・換金手数料なし>ニッセイ・インデックスバランスファンド 4資産均等型同様に、金融危機時は1年で投資額の10~20%程度の損失の可能性はありますので、その点はご注意ください。

第5位:eMAXIS slim バランス(8資産均等型)

第5位はeMAXIS slim バランス(8資産均等型)です。

eMAXIS slim バランス(8資産均等型)はこのランキングで紹介している5ファンドの中では中間的なリスクとリターンを実現する投資信託です。

  • 信託報酬が低い
  • リスクとリターンが中間的
  • つみたてNISA以前から運用実績があり、愛用者も多い

といった特徴から、株式100%のファンドよりもリスクを抑えて運用したい場合の候補として考えて良いと思います。

  1. 最初に株式100%のファンド(eMAXIS slim 先進国株式など)を検討し
  2. リスクが高いと感じたら、eMAXIS slim バランス(8資産均等型)を検討し、
  3. それでもリスクが高いと感じたら、<購入・換金手数料なし>ニッセイ・インデックスバランスファンド 4資産均等型を検討

みたいな流れで考えてみてください。

金融危機時は1年で投資額20~40%程度の損失を被る可能性がありますので、その点は承知の上で投資なさってください。

このファンドをランキングから外した理由

SBI証券の、つみたてNISA月間設定件数(2018年7月)のランキングを参考に、今回筆者ランキングに加えなかった投資信託について、その理由を紹介します。

  1. ひふみプラス
  2. eMAXIS slim 先進国株式インデックス
  3. eMAXIS slim 米国株式(S&P500) 
  4. <購入・換金手数料なし>ニッセイ外国株式インデックスファンド
  5. 楽天・全米株式インデックス・ファンド
  6. eMAXIS slim バランス(8資産均等型)
  7. ニッセイ日経225インデックスファンド
  8. <購入・換金手数料なし>ニッセイTOPIXインデックスファンド
  9.  eMAXIS slim 新興国株式インデックス
  10. 楽天・全世界株式インデックス・ファンド

SBI証券のつみたてNISA設定件数ランキング

出典:https://site2.sbisec.co.jp/ETGate/?_ControlID=WPLETmgR001Control&_PageID=WPLETmgR001Mdtl20&_DataStoreID=DSWPLETmgR001Control&_ActionID=DefaultAID&burl=iris_ranking&cat1=market&cat2=ranking&dir=tl1-rnk%7Ctl2-nisa%7Ctl3-fund&file=index.html&getFlg=on&OutSide=on&OutSide=on#reservedval

ひふみプラス

20年間、好成績を出し続けられるかはわからないからです。

「つみたてNISA」で「ひふみプラス」を選ぶデメリット・リスク要因をだらだらと述べる

知人に「ひふみ投信やひふみプラスってどう思ってる?」って聞かれることが多いので、筆者の勉強がてらにこの記事を書きました。 題して、「「つみたてNISA」で「ひふみプラス」を選ぶデメリット・リスク要因を …

続きを見る

eMAXIS slim 米国株式(S&P500)・楽天・全米株式インデックス・ファンド

投資地域の分散性を考慮して、今回は外しました。

eMAXIS slim 米国株式(S&P500)も楽天・全米株式インデックス・ファンドも米国にある企業に依存するため、仮に将来米国が没落したら同じ運命を辿ります。

その点、eMAXIS slim 先進国株式インデックスは、ベンチマークであるMSCIコクサイインデックスの銘柄入れ替えに伴い、米国依存を回避できる可能性があります(もしかしたら、10年後には中国が加わってるかもしれませんし)。

<購入・換金手数料なし>ニッセイ外国株式インデックスファンド

eMAXIS slim 先進国株式インデックスを選んだので、ニッセイ外国株式インデックスファンドは外しました。

正直どちらを選んでも良いと思いますが、ニッセイ外国株式インデックスファンドはたまに「乖離」をやらかすのが不安材料ということで。

【つみたてNISA】ニッセイ外国株式インデックスファンドの評価と比較。20年後の予想成績も紹介

投信ブロガーがこぞって買う投資信託と言えば「<購入・換金手数料なし>ニッセイ外国株式インデックスファンド」 先進国株価指数の1つである「MSCIコクサイインデックス」に連動し、SBI証券や楽天証券のラ …

続きを見る

ニッセイ日経225インデックスファンド・<購入・換金手数料なし>ニッセイTOPIXインデックスファンド

私たちは日本円や円建ての保険商品は保有していますから、ニッセイ日経225インデックスファンドも<購入・換金手数料なし>ニッセイTOPIXインデックスファンドも、つみたてNISAの主軸にするのは無しだと思います。

例えば、eMAXIS slim 先進国株式インデックスなどと組み合わせて運用するのは問題ありません。

おまけ:筆者は何を買ってるの?

筆者は「三井住友・DCつみたてNISA全海外株インデックスファンド」です。

30代筆者の「つみたてNISA」。運用プランを決めました!(2018年8月Update!!)

2018年から始まった「つみたてNISA」。 あなたはもう運用方針を決めましたか? 金融機関選びとか、投資する商品選びとか、悩ましい部分も多いですよね。 というわけで、以下では30代筆者の「つみたてN …

続きを見る

ランキングに入れてない商品を運用しているというねw

この商品をランキングに入れなかった理由は、

  • 信託報酬が最安ではない
  • リターンの割にリスクが高い

といった理由があります。

個人的に好きな商品ですが、万人にオススメするものではない、ということで。

なお、運用状況は適宜togetterなどでまとめています。

【つみたてNISA】運用実績レポート@東北投信の場合(2018年8月時点)

【実録】つみたてNISA、実際にやってるので途中経過を紹介(随時更新)【体験談】

東北投信(このブログのこと)ではさんざん投資信託のシミュレーションとか、あのファンドがいいとか悪いとか書いてるので、ついでに筆者の「つみたてNISA運用体験談」も紹介。 いろいろ書いてて、「実はやって …

続きを見る

[スポンサーリンク]

まとめ

  • 第1位:eMAXIS slim 先進国株式インデックス(金融危機時の損失見込み額:1年で投資額の~50%)
  • 第2位:楽天・全世界株式インデックス・ファンド(金融危機時の損失見込み額:1年で投資額の~50%)
  • 第3位:<購入・換金手数料なし>ニッセイ・インデックスバランスファンド 4資産均等型(金融危機時の損失見込み額:1年で投資額の10~20%)
  • 第4位:楽天・インデックス・バランス・ファンド(均等型)(金融危機時の損失見込み額:1年で投資額の10~20%)
  • 第5位:eMAXIS slim バランス(8資産均等型)(金融危機時の損失見込み額:1年で投資額の20~40%)

つみたてNISAには他にも様々な商品がありますが、商品選びで困ったらこの5商品を見ておけば十分だと筆者は思っています。

あとは、あなたがどの程度損失に耐えられるのか、にかかっています。

ブログを書いてるような個人投資家はハイリスクハイリターン商品を選んでいることが多いので、彼らの真似をしようとしている場合にはご注意ください。

大切なのは、「誰かがそれを選んでいるから」ではなく、「あなたがその商品と20年間ともに戦えるか」です。

フッタ広告3

「つみたてNISA」で投資信託を買うならSBI証券がオススメ!!

投資信託の残高に応じてSBIポイントを貰えるのでお得に運用できるんです。

口座開設手順はこちら
SBI証券の口座開設方法。開設に要する時間やよく疑問に思うところなど

今やってるキャンペーン
SBI証券の「つみたてNISA口座開設キャンペーン」で現金プレゼントを狙おう(2018年8月31日まで)

他の証券会社もチェックするなら
投資信託を買いたいあなたへオススメする証券会社3選


SBI証券のキャンペーンを今すぐチェック

リンクユニット




アドセンス関連ユニット



本日の人気記事

本日の人気記事

スポンサーリンク

[スポンサーリンク]



注意事項

  • 金融商品の時価は変動しますので、投資元本を割り込む可能性も承知の上で投資するようになさってください。
  • 本コンテンツで紹介している金融商品は、将来必ず値上がり・利益が生じるとは限りません。
  • 筆者調査の上で記事を執筆しておりますが、記事には不備・間違いが含まれる可能性がございます。必ず、あなたご自身が確認するようになさってください。
  • 記事執筆時点の情報に基づくため、最新の情報とは差異が生じている可能性がございます。記述と現況が異なる場合には、現況を優先いたします。
  • 記事を参照したことで生じた損失の補填や保証などは一切行いません。

-積立NISA(つみたてNISA)
-, , , ,

Copyright© 東北投信 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.