海外ETF「SRET」の価格が3分の1に激落ちくんで利回り19%に。大人買いしなくて良かった

[銘柄解説] ETF(国内・海外)




2019年の年末に「SRET」という、分配金利回り10%近い海外ETFの記事を書きました。

【海外ETF】SRETの驚愕の利回り10%超(毎月分配)と危険な特徴
今日は「SRET」という海外ETFの話を紹介します。 グローバル・X・スーパーディビィデンド・REIT・ETF(ティッカー:SRET) | Global X SRETは韓国企業「Mirae...

グローバル・X・スーパーディビィデンド・REIT・ETF(ティッカー:SRET) | Global X

あれから3か月ほどたって、現在の価格をチェックすると、なんとたった3分の1にネタで1口だけ買ってたのですが、もっと大人買いしていたら酷い目に合うところでした

いやー、ほんと激落ちくんですね(違

結論を述べると、今回の相場はSRETにとってかなり不利な状況でした。

★2020年3月の相場がSRETにとって不利だった理由

  • そもそも何でも売却される相場だった
  • 新型肺炎でREITの収益性に懸念を持たれた
  • レバレッジをかけて運用するモーゲージREITの存在

この記事では、このあたりを解説しようと思います。

決して、利回りだけで銘柄を選んではいけないのです(押すなよ、押すなよ。

[スポンサーリンク]

SRETの価格急落は、今回の下落に弱い銘柄を多数組み込んでいたから

そもそも、2020年3月の相場で、米国の不動産(REIT)自体が大きく値を下げています。以下は米国不動産ETF「IYR(iシェアーズ米国不動産ETF)」とSRETの価格を比較したものです。

海外ETF「IYR」と「SRET」の株価の比較(2020年3月)

出典:yahoo finance (us)

★2020年年初来からの下落率

  • IYR:29.9%
  • SRET:64.8%

※省略しますが、日本のREITも30%~40%ぐらい値を下げましたね。

REIT自体値を下げているものの、SRETはそれ以上にとんでもなく下げていることがわかりますね。これはSRETがただのREITではないことに起因しています。

この図を思い出してください。

SRETの投資先

SRETの2019年末時点の投資先(出典:https://globalxetfs.co.jp/content/files/SRET-factsheet-JPN-2.pdf

そう、SRETはモーゲージREITホテル/リゾートREITと、まさに今「旬」のものばかりをポートフォリオに組み込んでいたのです。これでは大ダメージを受けても当然です。

【モーゲージREIT】
モーゲージ債(住宅ローンの金利を収入とする債券)を運用するREITのこと。「モーゲージ債を担保にモーゲージ債を買う」という運用を行うため、モーゲージ債の価格が下落すると、レバレッジをかけた分だけ株価が下落するリスクがあります。
【ホテル/リゾートREIT】
ホテルなど観光施設の運営で収益を得るREITのことです。観光客が減ると、ホテル側が施設の賃料収入を払えなくなるので「あとはお察しください」という状況です。

モーゲージREITはどこに行ったの?

2020年3月の暴落で保有比率が大幅に下がった?

ところで、2020年3月25日現在のSRETの上位構成銘柄は以下のようになっています。なんだかカナダ籍企業の名前もちらほら見えますが、実は昨年末の記事にした時点の構成銘柄とかなり異なるようです。

SRETの2020年3月25日時点の構成銘柄

SRETの2020年3月25日時点の投資先(出典:https://globalxetfs.co.jp/funds/sret/

SRETの2019年末時点の構成銘柄

SRETの2019年末時点の主な投資先(出典:https://globalxetfs.co.jp/funds/sret/

これ、実は2020年1月時点で一度指数の「リバランス(構成銘柄の変更)」が行われているのも理由になっているんですが、現在の主な上位銘柄は店舗などを保有する、いわゆる普通のREITが占めているようです。しっかりは見てないんですけど、おそらくモーゲージREITの比率は下がっています。

AGNC INVESTMENT CORPはモーゲージREITですが、2位のMANULIFE US REALはオフィスなどを主体にする普通のREITでした。

例えば、リバランス後も採用されていたPennyMac MortgageやBlackstone MortgageなどのモーゲージREITは、25日時点で構成比率がかなり下がっています。

想像ですが、今回の株価下落で、モーゲージREITの価格は大幅に下がってしまったため、保有比率も小さくなった可能性があります。

参考までに、PennyMac Mortgageの価格推移はこちら。

PennyMac Mortgageの価格推移

なつさん(@raiching77 )に「エアーズロック」と言われてしまうほどの、見事な断崖絶壁っぷりです。

まさかの話題の銘柄が見つかるw

ところで、SRETには「INVESCO MORTGAGE CAPITAL(インベスコ・モーゲージ・キャピタル)」というモーゲージREITが含まれています。この銘柄がいま話題になっています。

住宅ローン担保証券(MBS)に投資する米不動産投資信託(REIT)のインベスコ・モーゲージ・キャピタルは、追加証拠金(追い証)の請求に応じられなくなったと明らかにした。

インベスコ・モーゲージは24日の発表資料で、前日受けた追い証請求に応じられなかったほか、近い将来に見込まれる追い証請求にも対応できない可能性が高いと説明した。関係先と支払い猶予について交渉しているという。

出典:インベスコ・モーゲージ、追い証請求応じられず-支払い猶予で交渉中 | Bloomberg

先に述べたように、モーゲージREITは「モーゲージ債を担保にモーゲージ債を買う」商品なので、担保としているモーゲージ債の価格が下がってしまったのが原因です。

株の信用取引やFXで有り金溶かしちゃう人と同じ話です。

モーゲージ債の価格の下落は、新型肺炎で労働者の雇用が失われ、住宅ローンの返済が滞るのでは?という懸念から来ています。加えて、3月現半の下落では、「すべての金融商品が売られる」という激しい状況だったため、その時にモーゲージ債の価格が下落したのも原因です。

SRETの今後はどう?

基本的にモーゲージREITを組み入れている点や、マイナーなREITを組み入れている時点で、今後も今回と同じようなことは起こりえると思います。

上述のとおりに、モーゲージREITには「モーゲージ債の価格が下がったり、デフォルト(債務不履行)したりすると運営できなくなる」という弱点があるため、現在の「労働者が収入を得られない状況が続く」というのは危機的状況を招く可能性があります。

幸い、景気刺激策が行われるため、すぐダメになる可能性は低いものの、新型肺炎がどこまで感染拡大し、景気にどこまで影響を与えるかが問題になると思ってます。

トランプ米政権と与野党の議会指導部は25日未明(日本時間同日午後)、新型コロナウイルス対策として2兆ドル(約220兆円)規模の景気刺激策で最終合意した。同日中にも上下両院で可決し、早期実施を目指す。4月をめどに家計に現金を給付するほか、企業支援にも9000億ドルを充てる。国内総生産(GDP)の10%にあたる巨額対策で、景気の底割れ回避を目指す。

出典:米与野党、「過去最大」2兆ドルの経済対策で合意 | 日本経済新聞

少なくとも、「やったぜ、利回り19%だぜ」と安易に飛びつく銘柄ではないです。今はあまりにもタイミングが悪すぎますし、どうせREITの経営不振から利回りが減ってしまうのがオチだと思ってます。

[スポンサーリンク]

まとめ

  • 2020年3月の暴落相場でSRETの価格が急落。年初から約70%近い大暴落に
  • 暴落の原因は構成銘柄が今回の環境に弱かったこと。加えて、モーゲージREITのレバレッジ運用が裏目に
  • 今後もさらにモーゲージREITの破綻などがあり得るので、利回りだけで迂闊に買わないように

昔記事書いたときに、

ですが、金融危機にともない、価格は半分かそれ以下に下がってしまう可能性も忘れないようにしてください

出典:【海外ETF】SRETの驚愕の利回り8%(毎月分配)と危険な特徴

と書いたのですが、まさかわずか3か月後で予言があたるとは思ってませんでした。。

分配金目的でREITを選んでいるなら、せめて国内で購入できる「NEXT FUNDS 外国REIT・S&P先進国REIT指数連動型上場投信」みたいなものを選んだほうが安心です。

【2515】NEXT FUNDS 外国REIT・S&P先進国REIT指数連動型上場投信を分配金目的で買いたい話
こんにちは、みらい(@instockexnet )です。 2020年は「年間受領配当金10万円」の目標を掲げており、特にREIT(不動産投資信託)においてはインデックス投信からETF(上場投信)...

他のETFの話題はこちらから。

ETF(国内・海外)の銘柄解説一覧
ここでは国内外のETFの銘柄解説や分配金の話、実際に投資した感想などを紹介していきます。ETFの基本的な話については以下のカテゴリで解説しています。 ETF(国内・海外)ETF(上場投資信託)とは株...

冒頭の激落ちくんの画像はこちらから。

激落ち商品紹介 | レック激落ちくんオフィシャルページ

この記事に関連するキーワード

2020年の株式市場クラッシュ 先進国リート 未来アセット 海外ETF 筆者の資産形成の話

コメントは承認後に表示されます。