【2623】iシェアーズのユーロ建て投資適格社債ETFが気になる

3. 商品選択と組み合わせ




iシェアーズから「iシェアーズ ユーロ建て投資適格社債 ETF(為替ヘッジあり)(2623)」というなかなかニッチな商品が販売されていました。

iシェアーズ ユーロ建て投資適格社債 ETF(為替ヘッジあり) | ブラックロック

この2623は主に欧州企業の社債に投資できる商品で、為替ヘッジしている点がメリット。今まで日本円で取引できる商品で、欧州の社債市場に投資できるまともな商品はおそらくなかったと思うので、地味ながら使い道があるのでは?と感じています。

[スポンサーリンク]

2623はどういう商品?

ユーロ建ての社債に投資するETF

「iシェアーズ ユーロ建て投資適格社債 ETF(為替ヘッジあり)」は、ユーロ建てで運用される社債に投資できるETFです。ただ、実態はロンドン証券取引所に上場している「iShares Core Euro Corp Bond UCITS ETF(ティッカー:IEAC)」というETFを為替ヘッジしながら買っているだけです。

まず、利回りなど2623のパフォーマンスの話をしましょう。

2623が投資対象とする欧州適格社債の過去のパフォーマンスを示した図が以下の通り。もちろん将来も同じとは限りませんが、リスクが5%以下に抑えられており、かなり変動性の小さな商品だとわかります。

主な資産クラスのリスク・リターン図

出典:Guide to the Markets | JPモルガンアセットマネジメント

参考までに、IEACの過去3年の標準偏差は5.17%とかなり低い水準です。2623は為替の影響が抑えているため、だいたい似たような水準になると予想します。

一方、2021年2月現在の2623の分配金利回りは0.87%(厳密にはIEACの利回り)です。上図ほどの利回りは得られないものの、米国社債とは少し毛色の異なる商品をポートフォリオに加えることで、分散効果など得られるのでは?と思ったりしています。

さて、次に2623の主な投資対象など。

2623の投資対象国は主にフランスやドイツ、イギリス等ですが、実はアメリカや日本なども含まれていて、割と広く分散されています。加えて構成銘柄数も3,000を超えていますので、比較的安全性は高いように思います。

IEACの主な投資対象国

出典:https://www.ishares.com/uk/individual/en/literature/fact-sheet/ieac-ishares-core-corp-bond-ucits-etf-fund-fact-sheet-en-gb.pdf

なお、格付けはS&P基準でBBB以上としています。

為替ヘッジで「ヘッジプレミアム」が付く?

さて、2623の面白いところは、為替ヘッジしている点。最近の日本円とユーロの金利の関係によると、対ユーロの為替ヘッジを行うことで、ヘッジプレミアムが付きます。ヘッジプレミアムはヘッジコストと逆で、為替ヘッジを行うことで利回りにわずかな上乗せ効果を持ちます。

ユーロのヘッジコスト

出典:為替ヘッジコストについて(2020年8月) | 大和アセットマネジメント

実際には、ヘッジプレミアム分と2623の信託報酬がほぼ同じ程度で相殺される形になります。将来的にはヘッジコストに変わるかもしれませんが、日本もヨーロッパも低成長が続きそうなうちは、ヘッジコストもヘッジプレミアムもほとんど誤差みたいなものだと思います。

2623の使い道

先にも述べたように、「投資地域を分散できる低リスクな商品」との観点で有用かなと感じます。近年はローリスクローリターンで扱いやすい商品がほとんど無くなりました。ポートフォリオを作る際に、国債ではなく社債やゴールドの利用を提案する運用会社もあるほどです。

ここで社債を活用しようとしたときに、私たちが選びやすい商品は限られています。例えば1496(米ドル建ての投資適格社債)やLQD(iシェアーズ iBoxx 米ドル建て投資適格社債 ETF)ぐらいで、どちらも米国を対象としたものですね。

だから、日本市場で欧州市場の社債ETFを日本円で買えるって貴重だと思うんです。

ただ、欧州のことは正直あまりよくわからないというデメリットもありますね。また、2623はまだ出たばかりで取引量が多くないため、ポートフォリオの中核に据えるのは少々リスキーです。他のローリスクな商品とともに、2623を少量を加えることで、よく分散されたポートフォリオになるんじゃないかと思います。

他商品との組み合わせはもう少し時間が経ってから試し見てみます。

その他、2623の特徴

その他、2623の特徴は以下の通り。

iシェアーズ ユーロ建て投資適格社債 ETF(為替ヘッジあり)(2021年2月5日時点)
証券コード2623
投資先主に欧州の投資適格社債
ベンチマークブルームバーグ・バークレイズ・ユーロ社債インデックス TTM
(為替ヘッジ有り、円ベース)
価格2,527円
取引単位1口
購入手数料証券会社に依存
経費率0.28%
純資産1.5億円
分配頻度年2(4/10)
分配金利回り0.87%
運用会社ブラックロック

[スポンサーリンク]

まとめ

  • 主に欧州企業の社債に投資できるiシェアーズ ユーロ建て投資適格社債 ETF(為替ヘッジあり)(2623)
  • 2623の利回りは低いが、為替ヘッジを行っており、ローリスクローリターンな商品として活用できる
  • 2623は販売されたばかりで取引量等が少ないなどのデメリットも

というわけで、この「iシェアーズ ユーロ建て投資適格社債 ETF(為替ヘッジあり)」を、積極的には買わないけどぼちぼち買おうかなと思ったところです。

iシェアーズからは同じタイミングで債券ETFが4つ出ていて、どれも国内ETFとして魅力的な商品です(市況的には微妙なところですが)。円建てで買えるETFが増えるのはありがたいですね。