LINE

ブログ「東北投信」の更新情報をLINEとTwitterで配信しています♪(LINEはあなたの個人名は見えませんのでお気軽に追加してね!)

記事への質問は、コメントフォーム(記事の下にあります)・LINE・Twitter・お問い合わせフォームをお使いください。

リンクユニット




ベンチマーク

【ベンチマーク】日本を除く先進国株式に投資する「MSCIコクサイインデックス」の特徴

投稿日:2016年10月28日 更新日:

MSCIコクサイインデックスとは日本を除く先進22カ国の株式から構成される株価指数です。特に先進国株式へ投資を行うインデックスファンド(例えばニッセイ外国株式インデックスファンドeMAXIS slim 先進国株式インデックス)にて、そのベンチマークとして良く利用されています。

個人投資家のブログでも先進国株式に投資される方って多いですよね。

なぜ、つみたてNISAの人気商品は「日本を除く先進国株式」に投資するファンドなのか

つみたてNISAに対応したインデックスファンドのうち、特に人気の高い商品と言えば、 <購入・換金手数料なし>ニッセイ外国株式インデックスファンド eMAXIS slim 先進国株式インデックス の2つ …

続きを見る

ここではMSCIコクサイインデックスの特徴についてチェックしましょう。

[スポンサーリンク]

MSCIコクサイインデックスとは

MSCIコクサイインデックス(MSCI Kokusai Index)は、アメリカのMSCI社が定めた株価指数で、日本を除く先進22カ国の株式から構成されています。別名として「MSCI World ex Japan Index」と呼ばれることもあります。

日本向けに作られた指数のため、一般には日本円ベースで利用されることが多いです。

MSCIコクサイインデックスの構成国

先進国株式(日本除く)の投資先

MSCIコクサイインデックスの構成国のイメージ(ピザロより)

MSCIコクサイインデックスの構成国
アメリカ カナダ オーストラリア ベルギー デンマーク
フィンランド フランス ドイツ アイルランド イスラエル
イタリア オランダ ノルウェー ポルトガル スペイン
スウェーデン スイス イギリス オーストラリア 香港
ニュージーランド シンガポール

MSCIコクサイインデックスの半分以上はアメリカ株式が占めています。

出典:https://www.msci.com/documents/10199/75637607-5053-4a11-bc59-30a604cab1fa

以下はMSCIコクサイインデックスに連動する投資信託の1つであるeMAXIS Slim 先進国株式インデックスの主な投資先を示したものです。

eMAXIS slim 先進国株式インデックスのポートフォリオ

出典:eMAXIS Slim 先進国株式インデックスの月次レポートより

アップルやマイクロソフト、アマゾンなど、日本でも良く知られた著名企業が構成銘柄です。他の投資信託も比率こそ微妙に違いますが、おおよそアメリカの著名企業を中心に1000以上の銘柄が組み入れられています。

MSCIコクサイインデックスのパフォーマンス

過去30年(1970~2019)のチャート(ドル建て)

MSCIコクサイインデックスのチャート(1970~2019)

出典:https://app2.msci.com/products/indexes/performance/regional_chart.html(要Adobe Flash Player)

過去30年(1990~2019)のチャート(ドル建て)

MSCIコクサイインデックスのチャート(1990~2019)

出典:https://app2.msci.com/products/indexes/performance/regional_chart.html(要Adobe Flash Player)

もしも過去15年運用し続けていたら

MSCIコクサイインデックスの過去15年のパフォーマンス

出典:myINDEXで公開されているパフォーマンスを使ってアセロラで作図

MSCIコクサイインデックスの過去の年次リターンはmyINDEXをご覧ください。

MSCI コクサイ・インデックス (KOKUSAI) (円) | myINDEX

上記のグラフは2003年から2018年の年次リターンを利用し、1年間で12万円ずつ投資したときの、2018年末時点の運用成績を求めたものです。

参考までにこのケースの運用成績は、年平均で9.1%の利回りでした。過去のデータに基づく限り、20年運用するとおおよそ年平均で4%~9%程度のリターンが期待できます

MSCIコクサイインデックスの構成銘柄は主にアメリカの株式ですから、過去アメリカの株価が上昇し続けたのが大きいです。

長期投資と元本割れの確率の関係

S&P500、TOPIX、MSCIコクサイインデックス、MSCIエマージングマーケットインデックスの予想元本割れ率の推移

出典:myINDEXで公開されているデータを利用し、筆者作成。

これは過去のMSCIコクサイインデックスのデータを利用し、今後運用し続けたときの運用年数と元本割れの確率の関係を求めたものです。投資信託の運用成績は正規分布になると仮定しており、実際の投資信託の成績の再現には限界がありますので、この結果は必ずしもあなたの将来の運用結果を保証しません

この計算結果によると、元本割れの確率は「S&P500(米国の主要500社からなる株価指数) < MSCIコクサイインデックス  < TOPIX(日本の東証一部上場企業からなる株価指数)」の順番で高まっています。このことは、過去最も運用効率が良かった指数はS&P500インデックスであり、MSCIコクサイインデックスは米国以外の構成銘柄(ヨーロッパ等)の成績があまりよくなかったことを意味します。

個人投資家の中にはMSCIコクサイインデックスよりもS&P500インデックスを選ぶ方もいらっしゃいますが、その背景には過去米国株式の運用成績が良かったことも影響しています

それでもS&P500ではなく、MSCIコクサイインデックスを選ぶメリット

  • S&P500:米国企業から構成されるので、米国が没落したら株価も下がる可能性
  • MSCIコクサイインデックス:先進国株式から銘柄が選ばれるので、その時点で最良の株式が選ばれ続ける

MSCIコクサイインデックスは定期的に構成銘柄や株式の構成比率などが見直されていますので、一国の事情に左右されず、その時点で最良の株式が選ばれ続けるメリットがあります。もしかしたら10年後ぐらいには中国株式が含まれるかもしれませんし、そのような市場の変化に対応するならばMSCIコクサイインデックスのほうが適していると筆者は考えます。

MSCIコクサイインデックスに連動する主な投資信託

非上場のインデックスファンド

MSCIコクサイインデックスに連動する主な投資信託(2019年4月時点)
ファンド名 為替ヘッジ 信託報酬 つみたてNISA iDeCo
たわらノーロード 先進国株式 × 0.216%
たわらノーロード 先進国株式<為替ヘッジあり> 0.216%
iFree 外国株式インデックス(為替ヘッジあり) 0.2052% ×
iFree 外国株式インデックス(為替ヘッジなし) × 0.2052% ×
三井住友DS・外国株式指数ファンド × 0.54% ×
<購入・換金手数料なし>ニッセイ外国株式インデックスファンド × 0.11772% ×
野村インデックスファンド・外国株式 × 0.594% ×
野村インデックスファンド・外国株式・為替ヘッジ型 0.594% ×
i-SMT グローバル株式インデックス(ノーロード) × 0.2052% ×
SMT グローバル株式インデックス・オープン × 0.54% ×
eMAXIS Slim 先進国株式インデックス × 0.11772%
eMAXIS 先進国株式インデックス × 0.648%
つみたて先進国株式 × 0.216% ×
つみたて先進国株式(為替ヘッジあり) 0.216% ×
Smart-i 先進国株式インデックス × 0.216%

たくさん種類があるように思えますが、

  • 種類が多いのは各運用会社がMSCIコクサイインデックスに連動するファンドを売り出しているから
  • 細かい運用方針と信託報酬以外は同じ

なので、「MSCIコクサイインデックスに連動させる」という運用目的は同じです。つまり選択のポイントは、

  • 利用したい証券会社・金融機関で扱っているか
  • 信託報酬が安いかどうか
  • 純資産が多いかどうか
  • あとは運用会社に対する共感を持っているか

などになります。一般には純資産や信託報酬など、ファンドの「スペック」で選ぶことが多いです。

為替ヘッジの有無について

MSCIコクサイインデックスの為替ヘッジについては以下の記事に書きました。

インデックスファンド海外株式の運用成績の比較
MSCIコクサイインデックス(為替ヘッジあり)とヘッジなしとの比較

ネットを(それなりに)探したものの、MSCIコクサイインデックス(為替ヘッジあり)の年次データが見つからなかったので、日興アセットマネジメントの2つの投資信託 日興インデックスファンド海外株式(ヘッジ …

続きを見る

参考:上場投資信託(ETF)の場合

株式と同様に購入できる上場投資信託(ETF)を利用して、MSCIコクサイインデックスに連動する投資信託を買うこともできます。

MSCIコクサイインデックスに連動する主な国内ETF(2019年4月時点)
ファンド名 証券コード 為替ヘッジ 信託報酬 つみたてNISA
MAXIS 海外株式(MSCIコクサイ)上場投信 1550 × 0.15% ×
上場インデックスファンド海外先進国株式(MSCI-KOKUSAI) 1680 × 0.15% ×
iシェアーズ・コア MSCI 先進国株(除く日本) 1657 × 0.19% ×
NEXT FUNDS 外国株式・MSCI-KOKUSAI指数(為替ヘッジなし) 2513 × 0.17% ×
NEXT FUNDS 外国株式・MSCI-KOKUSAI指数(為替ヘッジあり) 2514 0.17% ×

ETFは全体的に信託報酬が低いものの、近年の<購入・換金手数料なし>ニッセイ外国株式インデックスファンドeMAXIS Slim 先進国株式インデックスの信託報酬の引き下げ競争に負けてしまいました。とはいえ、ETFは定期的に分配金が出ますので、分配金目的での投資なら非上場のファンドよりもETFを買ったほうが良いです。

全体的に取引量が少ないものの、MAXIS 海外株式(MSCIコクサイ)上場投信(1550)がこの5種類の中で最も取引量が多いです。1回数万円以内程度の少額投資なら、SBI証券や岡三オンライン証券のように取引手数料が無料になる証券会社を利用したいですね。

他のベンチマークとの比較

日本の投資信託で利用される主なベンチマーク(株式)と投資先の関係
指数 日本株式 先進国株式 新興国株式
MSCIコクサイインデックス × ×
MSCI ACWI(除く日本) ×
MSCI ACWI
FTSE Developed All Cap Index ×
FTSE Global All Cap Index
S&P500 ×
(米国のみ)
×
ダウ工業株価 ×
(米国のみ)
×
CRSP U.S. Total Market Index ×
(米国のみ)
×
TOPIX × ×
日経平均株価 × ×

主な指数との比較

先進国株式を含む株価指数のうち、比較的人気の高い・知名度の高いものと簡易的に比較します。

MSCI ACWIとの比較

MSCI ACWI(オールカントリーワールドインデックス)とは先進国と新興国の株式からなる株価指数の名称です。新興国を含むかどうかでコクサイインデックスと異なります。

ダウ工業株価指数との比較(2019年4月現在)
指数名 株式構成国 銘柄数
MSCIコクサイインデックス アメリカを含む22カ国 1313
MSCI ACWI アメリカや日本を含む47カ国
(※)
2771

※日本では、日本を除いた「MSCIオールカントリーワールドインデックス(除く日本)」を利用することが多いです。

MSCI ACWIの投資範囲
【ベンチマーク】MSCI ACWI(オールカントリーワールドインデックス)の特徴。先進国と新興国の株式に投資

MSCI ACWIは先進国と新興国の計47カ国の株式から構成される株価指数です。MSCIコクサイインデックスに比べるとマイナーな感のある指数でしたが、eMAXIS slim 全世界株式(オール・カント …

続きを見る

ダウ平均株価指数との比較

ダウ平均株価はアメリカの著名30社からなる株価指数です。MSCIコクサイインデックスに比べて銘柄数が極めて限定的で、しかもアメリカの企業に限られる点で異なります。

ダウ工業株価指数との比較(2019年4月現在)
指数名 株式構成国 銘柄数
MSCIコクサイインデックス アメリカを含む22カ国 1313
ダウ平均株価 アメリカ 30
【ベンチマーク】ダウ平均株価(ダウ工業株30種平均)の解説と連動する投資信託の紹介

ダウ平均株価はアメリカの株式市場に上場する著名企業30社から算出される株価指数のことです。ニュースで名前を聞いてご存知の方も多いと思います。 この記事ではダウ平均株価の構成銘柄・過去の成績と、同指数に …

続きを見る

S&P500指数との比較

S&P500指数との比較(2019年4月現在)
指数名 株式構成国 銘柄数
MSCIコクサイインデックス アメリカを含む22カ国 1313
S&P500 アメリカ 500
「S&P500」に投資できる投資信託一覧。みんなが投資する理由

この記事では、「S&P500」に投資する投資信託の一覧と、みんなが「S&P500」を選ぶ理由を紹介します。 おさらいとして、S&P500とは米国の代表的な企業500社からなる株 …

続きを見る

よくある質問

MSCIコクサイインデックスという「商品」はどこで売ってますか

MSCIコクサイインデックスは商品ではない(日経平均株価やTOPIX等と同じ「指数」)なので、商品として購入することはできません。上表「MSCIコクサイインデックスに連動する主な投資信託」を参考に、それをベンチマークにする投資信託やETFをお選びください。

よく分からなければ、ニッセイ外国株式インデックスファンドeMAXIS slim 先進国株式インデックスなどをお選びください。

この指数のリスク(値動きの大きさ)はどのくらいですか?

過去20年の成績に基づくと、1年間で投資額の最大±50%程度は値が動く可能性があります。参考までにリーマンショックのときには円高も相まって約50%の値下がりとなりましたが、逆に2013年には逆に円安効果もあって50%超の値上がりを経験しています。

iDeCoで購入するならオススメはどれですか?

eMAXIS slim 先進国株式インデックスが無難だと思います。SBI証券、マネックス証券、松井証券のiDeCoで扱っています。

筆者の利用法

筆者はiDeCo(個人型確定拠出年金)を利用して、MSCIコクサイインデックスに連動する「DCニッセイ外国株式インデックス」に投資しています。

2019年3月時点のアセットアロケーション

これは筆者のアセットアロケーションですが、ご覧の通り、先進国株式への投資比率は約70%近くにも達しています。その中核をなすのがMSCIコクサイインデックスをベンチマークにする「DCニッセイ外国株式インデックス」といった状況です。

なお、筆者のiDeCoはSBI証券のオリジナルプランを利用しています。SBI証券のプランの場合、オリジナルならば「DCニッセイ外国株式インデックス」を、セレクトならば「eMAXIS slim 先進国株式インデックス」と、どちらのプランを利用しても先進国株式に投資できます。ファンドの知名度などを考慮すると、今なら後者のセレクトプランでeMAXIS slim 先進国株式インデックスを選んだほうが良いかもしれませんね。

【体験談】SBI証券でiDeCo(個人型確定拠出年金)やってます。毎月の引き落としから運用成果まで紹介

iDeCo(個人型確定拠出年金)ってやってますか? もしまだなら、どの金融機関でiDeCoを始めるか、迷ったりしていませんか? この記事では、筆者が2017年からSBI証券でやっているiDeCoについ …

続きを見る

[スポンサーリンク]

まとめ

  • MSCIコクサイインデックスは日本を除く先進国株式の株価から算出。その比率の約65%は米国株式に依存
  • 過去15年間の利回りは9.1%。どのタイミングで切り出すか、にもよるが、きちんと長期投資を行なえば年平均で4~8%程度の利回りになる(毎年この比率で増えるわけではないので注意)
  • MSCIコクサイインデックスに連動する投資信託は多い。一般的には低信託報酬で純資産の多いニッセイ外国株式インデックスファンドeMAXIS slim 先進国株式インデックスが選ばれやすい

MSCIコクサイインデックスを利用するかS&P500(もしくは他の類似指数)を利用するかは、今のところ決まった答えがなく、「何を信じるか」にかかっています。筆者は先進国株式派なので、MSCIコクサイインデックスに連動する投資信託を利用しています。

余談:MSCIコクサイインデックスのデータを閲覧・ダウンロードできる場所

MSCI コクサイ・インデックス (KOKUSAI) (円) | myINDEX(日本語・円建て/ドル建てもあり)

MSCI International Kokusai World ex Japan Net Real time リアルタイムチャート | Investing.com(日本語・ドル建て)

https://app2.msci.com/(英語・ドル建て・ヒストリカルデータのダウンロード対応・要Adobe Flash Player)

REAL TIME INDEX DATA SEARCH | MSCI(英語・ドル建て・リアルタイムデータ(20分ディレイ))

フッタ広告3

将来のお金の不安を解決するなら「つみたてNISA」がオススメ!!

老後破綻に備えるべく、筆者も毎月積み立てています。

筆者が利用しているSBI証券の口座開設手順はこちら
SBI証券の口座開設方法。開設に要する時間やよく疑問に思うところなど

SBI証券で今やってるキャンペーン
【2019年3月】SBI証券に「つみたてNISA」または「一般NISA」口座を開設し現金プレゼントを狙おう!(2019年5月31日まで)

他の証券会社もチェックするなら
投資信託を買いたいあなたへオススメする証券会社3選


【口座開設料・維持費無料】SBI証券のウェブサイトを今すぐ見る

リンクユニット下




アドセンス関連ユニット



本日の人気記事

本日の人気記事

スポンサーリンク

[スポンサーリンク]



注意事項

  • 金融商品の時価は変動しますので、投資元本を割り込む可能性も承知の上で投資するようになさってください。
  • 本コンテンツで紹介している金融商品は、将来必ず値上がり・利益が生じるとは限りません。
  • 筆者調査の上で記事を執筆しておりますが、記事には不備・間違いが含まれる可能性がございます。必ず、あなたご自身が確認するようになさってください。
  • 記事執筆時点の情報に基づくため、最新の情報とは差異が生じている可能性がございます。記述と現況が異なる場合には、現況を優先いたします。
  • 記事を参照したことで生じた損失の補填や保証などは一切行いません。

-ベンチマーク
-, , , , , , , , , , , , , , ,

Copyright© 東北投信 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.