3000円投資生活を始めて3年が経過したので運用損益を紹介します

3000円投資生活を始めて3年体験談




2017年から毎月ほぼ3000円ずつ積み立てる「(ほぼ)3000円投資生活」が3年目になったので、その途中経過を紹介しましょう。

★「3000円投資生活」として以下のファンドに積み立て

  • 世界経済インデックスファンド(原著のおすすめ)

半年前はコロナショックの影響で評価損を抱えていました。それから相場が回復して、再び評価益を手にしています。

書籍「3000円投資生活」の例のように、さすがに「8年で1000万円」を作るほどのリターンではありませんが、バランスファンドに期待できるリターンとしては十分妥当な範囲で運用できています。

それは詳しい推移などを紹介しましょう!

[スポンサーリンク]

3年終了時点の経過

現在までの積み立て状況は以下の通り。

★3000円積立投資の設定

  • 投資先:世界経済インデックスファンド
  • 積立方法:楽天証券 + 楽天カード積立
  • 総投資額:109,400円(※)

※最初は楽天ポイントの積み立ても行っていたので、厳密には毎月3,000円にはなりません。詳しい経過は3000円投資生活を楽天証券でやってみて2年が経ちました

以下は、積立額(橙)とその評価損益(青)、そして利回り3.4%で積み立てた時の理想的な損益(灰)の推移です。

3000円投資生活3年積立時の成績

正直、投資額が少なすぎるので、初期はほとんど投資元本との違いが判りませんね。最近は少し値動きが目立ってきて、コロナショック時には最大で約2万円を減らしています。

3000円投資生活を始めて2年半が経ちました。2020年3月の相場で利益が消失!

(厳密ではないものの)この間の運用利回りは約3.4%になりそうです。世界経済インデックスファンドは株50:債券50のバランスファンドなので、まあこんなもんでしょうね。

「3000円投資生活を実践すると8年間で1000万円」作れるはずなんですが、1000万円にはほど遠いですね!どうなってるんでしょうか。

利回り66.4%必要です。そんなん無理に決まっとるw

ちなみに前回紹介した楽天・全世界株式インデックス・ファンドは資金を他の資産に割り振るために売却しました。

10万円超えたので売ろうか迷う

世界経済インデックスファンドの評価額が10万円を超えたので、今後も継続しようか別の資産に割り振ろうかちょっと迷っています。例えばゴールドなどに移して、株式や債券への偏りを正そうかと。

3000円投資生活の実践レビューは今回が最後かもしれませんね。

[スポンサーリンク]

まとめ

  • 書籍「3000円投資生活」「3000円投資生活デラックス」を参考に積立投資を実施
  • 書籍で紹介されていたおすすめファンドを参考に、世界経済インデックスファンドを選択し、約3年の積み立てを継続
  • 3年間の運用利回りは3.4%程度。コロナショックでは利益を失ったが、その後の相場で回復した

ちなみに筆者はこの3,000円の積み立てを楽天カードを使って楽天証券で行っています。ずぼらな筆者でも確実に積み立てられる素晴らしい仕組みです。

★3000円投資で楽天証券をおすすめできる理由

  • 楽天カード(クレジットカード)で積み立てると、積立額の1%をポイント還元
  • 世界経済インデックスファンドや他の投資信託の残高が10万円を超えると、毎月ポイント還元
  • 新著「3000円投資生活デラックス」でもオススメされている

他の3000円投資生活の話題はこちらから。

3000円投資生活
「3000円投資生活」の記事一覧です。

コメントは承認後に表示されます。