口座開設から積立の終わり方まで。状況別道案内はこちら
   







3000円投資生活のデメリットは「お金は簡単に増えない」!でも「継続は力なり」!

3000円投資では、毎月決まった金額ずつ増えていくわけではない3000円投資生活

3000円投資生活」の話をしましょう。

3000円投資に限りませんが、「投資信託を積み立てて資産形成する」という話のデメリットに、投資家が考えているほどには簡単にお金が増えない点が挙げられます。また、お金は毎年一定の割合で増えるのではなく、「ある時は少し増えて、またある時は大きく増えて」と変動しながら増えていきます

このあたりを理解せずに、「3000円を積み立てたら、8年間で1000万円になる」と夢みると、失敗するかもしれませんね。

そこで、この記事では「世界経済インデックスファンド」の過去の運用成績を使って、毎月3,000円の積立投資のデメリットと言える部分を紹介します。

[スポンサーリンク]

3000円の積み立ては利益が少なく、将来の不安に応えられない

もしも世界経済インデックスファンドに11年間積立投資したら?

以下の記事で紹介したように、投資信託の過去の運用成績はエクセルなどを使えばある程度推定することができます。

バックテストで「3000円投資生活」の運用結果を推定する方法
あなたが書籍「3000円投資生活(もしくは類似の投資本)」をご覧になって、「これっていくら儲かるのかな?」と思ったらどうします? 大抵は、「3000円投資生活 結果」とか「3000円投資生活 い...

そこで今回は、2016年の書籍で推奨された「世界経済インデックスファンド」に、2009年(世界経済インデックスファンドの運用が始まった年)から11年間、毎月3,000円を積み立てたと仮定して計算してみました。

以下がそのグラフです。

3000円投資を11年間継続してもお金はあまり増えない

出典:SBI証券の基準価額を元に筆者作成

ご覧のように、11年間積み立てると、投資額は約40万円なのに対し、運用で得ている利益はわずか7万円ちょっと(= 477,500 – 402,000)です。

2016年の書籍「3000円投資生活」では「8年間で1000万円を作った」といった触れ込みで宣伝されていたわけですが、当然3000円の積み立てで1000万円に達するわけもなく。1000万円どころか100万円にすら達していないのが現実です。

この「8年間で1000万円」のカラクリは以下の記事で紹介していますが、毎月8万円の積み立てを実行すれば実現可能です。結局のところ、この積立投資は「少額投資で大金を得る一発逆転」するのではなく、「相応の金額を積み立てて相応のリターンを得る」ものなのです。

Amazonレビュアーに指摘された、3000円投資生活の「8年で1000万円」のカラクリを解説する
今日は書籍「3000円投資生活」の話題です。この本では、とある夫妻が「8年間で1000万円」の資産を作った事例が冒頭で紹介されるところから始まります。 が、この具体的な方法は本文中では解説されて...

ちなみに実際には「8年間で1000万円」といいつつ、「もともと貯金がいくらかあった」みたいな話らしく、詐欺的内容だったそうですwwそんなんダメでしょw

毎月3000円にこだわらず、積立額は増やしたほうが良い

投資の目的って、例えば老後資金だったり、子供の学費だったりするわけですが、ご覧の通りに3000円積み立ててもこれらの不安を解消するお金にはなりません。

結局のところ、この投資はある程度慣れたタイミングで積み立て額の増額が必要です。

仮に、毎月の積立額を3,000円から3万円に増額すると、11年間で402万円の投資に対し、利益は約75万円になります。これなら「資産形成できた」と呼んでも差し支えない金額ですね。

投資信託の積み立てはいつでも積立額を増額・減額できるので、あなたの家計の収支に併せてコントロールするのがベストです。

「積み立てたら必ず増える」わけではない

さて、もう一度このグラフを見ましょう。

3000円投資では、毎月決まった金額ずつ増えていくわけではない

出典:SBI証券の基準価額を元に筆者作成

積立投資のよくある誤解の1つに「毎年(毎月)決まった金額ずつお金が増えていく」というものがあります。しかし実際には、投資したお金は「ある年は大きく増えて、またある年はほとんど増えず、それでも時間をかけると確かに増えている」といった推移をたどります。

例えば、2011年の後半から2012年にかけて、評価額(青線)が投資した元本(オレンジの線)を下回っている時期があります(いわゆる元本割れ)。もう1つ、2015年の後半から2017年にかけて、毎月積立を行っているのに、評価額が増えず、利益が減っている時期があります。

このように、どんなに積立投資を継続しても儲からない局面って必ず出てくるのもデメリットの1つです。

この「うまくいかない局面」で積み立てをやめてしまうと積立投資は失敗する可能性が高いです。というのも、往々にして、多くの人が投資をやめたくなるのは、大きく株価が下がって利益が失われたタイミングだからです。

儲かってるときにやめたい人ってほとんどいないんですよ。

3000円投資生活は、端的に言うと「インデックス投資」と呼ばれる部類の投資です。この投資は長期間運用することで利益獲得を目指すものなので、ちょっとした相場の上下に一喜一憂しないことが大切です。

ちなみに失敗しても、そこまで困ったことにはならないので、その点は安心してください。

3000円投資生活に「失敗」はない。継続し続ければきっと大丈夫だよ
もしあなたが「3000円投資生活」を始めて大失敗してしまったら・・・? ★3000円投資について、こんな不安はない? もしかして大金を請求されて人生がめちゃくちゃになるのでは? ...

お得なサービスを使って、3000円投資の利益を増やそう

というわけで、「少ない金額で利益を最大化する」「できるだけ続けやすい仕組みを作る」ことを考えると、以下のようなサービスも併用したほうが良いと思うのです。

★3000円の積立投資は以下のサービスを利用すべき!

  • つみたてNISA・iDeCo
  • ポイント投資

例えば、つみたてNISAiDeCoといった非課税制度や、楽天ポイント投資・Tポイント投資といったポイント投資を併用することで、積立投資の利益を増やすことができます。こういった制度もうまく活用しながら、積立投資を継続できたらいいですね。

3000円投資生活で使える非課税制度
制度名メリット解説記事
つみたてNISA運用で得た利益が非課税つみたてNISAの解説記事
iDeCo
(個人型確定拠出年金)
掛け金が所得控除iDeCoの解説記事

ポイント投資を併用して、積立特有の「つまらなさ」をふっとばせ

ちなみに筆者の「3000円投資」は楽天証券で、楽天カードを使って積み立てています。楽天カードの積み立てを使うことで「100円あたり1ポイント」の還元がありますので、3000円なら30ポイントの還元を期待できます。利回り1%相当と考えれば結構大きいですよね。

【経過報告】3000円投資生活を楽天証券でやってみて2年が経ちました
投資信託を積み立てた時に、将来どういう成果になるのか(ぶっちゃけ、いくら儲かるのか)というのは関心を引くテーマです。実際は、ブログ主の運用成果を見てマネをしても、まったく同じ成果にはならないものの、自...
【経過報告】3000円投資生活を始めて2年半が経ちました。2020年3月の相場で利益が消失!
わざわざ紹介するまでもなく「損失を抱えている」のですが(笑)それでも、「3000円投資生活」の2年半時点の成績を紹介しましょう。 いやー、損失だらけの口座を見るのは2015年のチャイナショック以...

貯めたポイントは、分配金の出る他の商品の買い付けに利用しています。そうすることで、「積み立てながら分配金をもらう」みたいな運用になるんです。3000円投資はただ積み立てるだけの運用なので、利益の実感がわきにくいもの。しかも「つまらない」。だからこそ、分配金をもらうと「儲かってる」って感じを実感できますね。

それも長期投資を継続するための1つの案だと思います。

[スポンサーリンク]

まとめ

  • 3000円投資のデメリットは、そもそも投資額が少なすぎて、期待できる利益も少ないところ。3000円だけ積立投資していては、1000万円には程遠い
  • もう1つのデメリットは、どうしてもお金が増えない時、お金が減ってしまう時があること。相場に一喜一憂せずに継続するしかない
  • つみたてNISAやiDeCoなどの非課税制度やポイント投資もうまく活用してお金を増やそう

他の3000円投資の話題はこちらから。

「3000円投資生活」解説一覧。投資初心者におすすめだよ!
3000円投資生活とは、ファイナンシャルプランナーの横山光昭氏によって執筆された書籍。毎月3000円を積立投資しながら、家計改善も行うことで、将来に備えようといった内容です。原著は2016年に発行され...

筆者の運用は以下の記事で紹介しています。

【経過報告】3000円投資生活を楽天証券でやってみて2年が経ちました
投資信託を積み立てた時に、将来どういう成果になるのか(ぶっちゃけ、いくら儲かるのか)というのは関心を引くテーマです。実際は、ブログ主の運用成果を見てマネをしても、まったく同じ成果にはならないものの、自...
【経過報告】3000円投資生活を始めて2年半が経ちました。2020年3月の相場で利益が消失!
わざわざ紹介するまでもなく「損失を抱えている」のですが(笑)それでも、「3000円投資生活」の2年半時点の成績を紹介しましょう。 いやー、損失だらけの口座を見るのは2015年のチャイナショック以...

余談:積立投資で1000万円は作れるか?

もちろん、投資額を増やせば、1000万円は作れます。参考までに、世界経済インデックスファンドに11年積み立てて1000万円を作るには、毎月63,000円の積み立てが必要でした。

Amazonレビュアーに指摘された、3000円投資生活の「8年で1000万円」のカラクリを解説する
今日は書籍「3000円投資生活」の話題です。この本では、とある夫妻が「8年間で1000万円」の資産を作った事例が冒頭で紹介されるところから始まります。 が、この具体的な方法は本文中では解説されて...

世の中には、投資信託の積立投資でアーリーリタイヤしている人がいることも忘れないでください。「継続は力なり」ですよ!

コメント

コメントは承認制です。運営者が承認するまで、投稿は表示されません。

タイトルとURLをコピーしました