バックテストシミュレーション

バックテストシミュレーション

バックテストシミュレーションは過去の相場のパフォーマンスを用いたシミュレーションのことで、ここでは投資信託の過去の基準価額を利用して行ったシミュレーションのことを指します。

★「バックテストシミュレーション」の最新3記事

ターゲットイヤーファンドにドルコスト平均法での積立投資をシミュレートしてみた
ドルコスト平均法とボラティリティ(価格変動)の関係をシミュレートしてみた
3000円投資生活のデメリットの解説と克服する方法

※より古い記事は下のほうにあります。

例えば、「リバランスすべきだったか」「積立頻度の違いで結果はどう変わったか」のようなことをシミュレーションするには最適です。一方、過去に起こらなかった事象はシミュレーションできないため、未知なる状況には弱いデメリットもあります。

スポンサーリンク
1. 始める前の基礎知識

ターゲットイヤーファンドにドルコスト平均法での積立投資をシミュレートしてみた

昨日の記事を書いたときに、結構ターゲットイヤーファンドのことが見られていたので、記事にしてみたいと思いました。 「途中でたくさん購入し、運用末期は安定的な運用をしたい」という時に役立つのが「ターゲッ...
2020.05.10
ターゲットイヤー ドルコスト平均法 バックテストシミュレーション
1. 始める前の基礎知識

ドルコスト平均法とボラティリティ(価格変動)の関係をシミュレートしてみた

この記事では、2001年から運用されている海外株式ファンド(ボラティリティの大きい商品)と、価格変動が固定された架空の投資信託(ボラティリティの低い商品)に、ドルコスト平均法(毎月15日に1万円の定額...
2020.03.31
ドルコスト平均法 バックテストシミュレーション
1. 始める前の基礎知識

3000円投資生活のデメリットの解説と克服する方法

「3000円投資生活」の話をしましょう。 3000円投資に限りませんが、「投資信託を積み立てて資産形成する」という話のデメリットに、投資家が考えているほどには簡単にお金が増えない点が挙げられます...
2020.07.18
3000円投資生活 バックテストシミュレーション
5. 始めた後の応用知識

つみたてNISAの年初一括投資は毎月の積立投資とどれほど差が出る?

つみたてNISAの積立間隔を年単位(年初一括)にしたら、毎月の積立投資とどれほど差がつくかを調べたものです。 つみたてNISAは毎月の積立投資制度のように思えますが、ボーナス積み立てを活...
2020.07.30
つみたてNISA ドルコスト平均法 バックテストシミュレーション
5. 始めた後の応用知識

つみたてNISAの毎日積立はほとんどデメリットしかない

つみたてNISAで積立方法を設定するときに、「積み立てる間隔をどうするか」って悩んだことありませんか? 今回は「毎月積立」と、究極の分散投資とも言われる「毎日積立」を比較し、どちらが良いのか比較...
2020.07.30
つみたてNISA ドルコスト平均法 バックテストシミュレーション
5. 始めた後の応用知識

もし20年前から投資信託を積み立てていたら、今どんな運用成績になってるの?

つみたてNISAでは、2018年から2037年までの20年間に渡って投資信託を積立購入できます。 20年積立投資を継続したら、将来はいくらになってるの?って結構気になるところですよね。 ...
2020.07.20
バックテストシミュレーション 国内株式
5. 始めた後の応用知識

バックテストで「3000円投資生活」の運用結果を推定する方法

あなたが書籍「3000円投資生活(もしくは類似の投資本)」をご覧になって、「これっていくら儲かるのかな?」と思ったらどうします? 大抵は、「3000円投資生活 結果」とか「3000円投資生活 い...
2020.07.20
3000円投資生活 バックテストシミュレーション
スポンサーリンク
\シェアしてください/