口座開設から積立の終わり方まで。状況別道案内はこちら
   

ドルコスト平均法の解説一覧

ドルコスト平均法の解説一覧

ドルコスト平均法(Dollar Cost Averaging)」とは、投資信託などを毎月定額で購入する投資手法です。つみたてNISAiDeCoは、投資信託をドルコスト平均法で買うことを前提に設計されています。

★「ドルコスト平均法」の最新3記事

ドルコスト平均法は最後に少し値上がりすれば案外儲かる
ドルコスト平均法は日本株のような「レンジ相場」への投資に適している
ドルコスト平均法の注意点。投資信託の価格変動を抑えるなら商品選択を重視すべき

【なぜドルコスト平均法なの?】
私たちは「毎月収入を得て、その一部を投資する」ことで資産を形成すると思います。その場合には、暗黙的にドルコスト平均法を選んだことになります。つまり、「収入の一部を投資する」というスタイルと相性が良いのです。

利用者によっては「毎日積立」や「年一括積立」を利用しているかもしれません。が、これらは長期投資になるほど、毎月積立と大差がなくなります。

毎月積立と毎日積立・年1回積立の比較
特徴解説記事
毎日積立積立頻度を毎日にする
リスク分散できている気がする?
毎日積立との比較
年一括積立積立頻度を年一回にまとめる
長期投資では有利?
年一括積立との比較

解説なぜ投資信託は積立頻度に関わらず成績がほぼ同じになってしまうの?

【注意点とデメリット】
注意点として、「ドルコスト平均法は価格変動を低減する」と説明される場合がありますが、これは違います。もし、あなたが、投資したお金の価格変動を抑えたいと思うなら、ドルコスト平均法以前に、より価格変動の小さい商品を選ぶべきです。

解説注意点:投資信託の価格変動を抑えるならドルコスト平均法より商品選択を重視すべき

ドルコスト平均法のデメリットは、運用初期の価格変動リスクが「投資額が少ない」という理由で実感しにくくなり、多大なリスクを取りがちな点です。投資したお金が増えるほど、1日の価格変動も大きくなりますから、将来のことも考えて商品を選びたいですね。

スポンサーリンク
基礎知識を知りたい

ドルコスト平均法は最後に少し値上がりすれば案外儲かる

この記事では、「だらだら値下がりし続けた投資信託への積立投資」を例題に、途中で低迷しても、最後に少しだけ値上がりすれば利益が出る可能性を紹介します。 「投資で儲ける」という華々しいイメージとは少...
ドルコスト平均法
基礎知識を知りたい

ドルコスト平均法は日本株のような「レンジ相場」への投資に適している

「日本株には投資しない」個人投資家がそう考える理由の1つに「指数(日経平均株価やTOPIX等)が上昇しないから」という話があります。 >RT 投資は貯金より価値があるような風潮だけど ...
2020.05.11
ドルコスト平均法
基礎知識を知りたい

ドルコスト平均法の注意点。投資信託の価格変動を抑えるなら商品選択を重視すべき

この記事では、2つの投資信託の過去18年の基準価額を利用して、ドルコスト平均法による積立投資が資産の価格変動を抑えるとは限らないことを証明します。端的に言えば、「積立なら時間分散なので安心」という考え...
2020.04.23
ドルコスト平均法
基礎知識を知りたい

なぜ投資信託は積立頻度に関わらず成績がほぼ同じになってしまうの?

この記事では、ドルコスト平均法の積立頻度(毎月・毎日)に関わらず、運用成績がほぼ同じになってしまう理由を紹介します。理由は2つです。 ★ドルコスト平均法の積立頻度に関わらず成績が同じになる理...
2020.04.05
ドルコスト平均法
基礎知識を知りたい

ターゲットイヤーファンドにドルコスト平均法での積立投資をシミュレートしてみた

昨日の記事を書いたときに、結構ターゲットイヤーファンドのことが見られていたので、記事にしてみたいと思いました。 「途中でたくさん購入し、運用末期は安定的な運用をしたい」という時に役立つのが「ターゲッ...
2020.05.10
ターゲットイヤー ドルコスト平均法 バックテストシミュレーション
基礎知識を知りたい

ドルコスト平均法とボラティリティ(価格変動)の関係をシミュレートしてみた

この記事では、2001年から運用されている海外株式ファンド(ボラティリティの大きい商品)と、価格変動が固定された架空の投資信託(ボラティリティの低い商品)に、ドルコスト平均法(毎月15日に1万円の定額...
2020.03.31
ドルコスト平均法 バックテストシミュレーション
基礎知識を知りたい

つみたてNISAの年初一括投資は毎月の積立投資とどれほど差が出る?

これは昨日の記事の続きで、今度はつみたてNISAの積立間隔を年単位(年初一括)にしたら、毎月の積立投資とどれほど差がつくかを調べたものです。 つみたてNISAは毎月の積立投資制度のように...
2020.04.04
ドルコスト平均法 バックテストシミュレーション
基礎知識を知りたい

つみたてNISAの毎日積立はほとんどデメリットしかない

つみたてNISAで積立方法を設定するときに、「積み立てる間隔をどうするか」って悩んだことありませんか? 今回は「毎月積立」と、究極の分散投資とも言われる「毎日積立」を比較し、どちらが良いのか比較...
2020.04.03
ドルコスト平均法 バックテストシミュレーション
基礎知識を知りたい

つみたてNISAが「情弱の投資法」であっても、私が積立投資を推奨する理由

積立投資と一括投資について記事にして欲しいとの要望を受けたので、今回はその話題を紹介します。 一括投資の方がリターンも良いしリスクも低い(インデックス投資だと長期には右肩上がりを想定しているから...
2020.03.26
ドルコスト平均法
スポンサーリンク
\シェアしてください/
タイトルとURLをコピーしました