青森県投資信託ブロガー作!つみたてNISAとiDeCoを使った資産形成ガイド

東北投信




LINE

ブログの更新情報をLINEとTwitterで配信しています♪(LINEはあなたの個人名は見えませんのでお気軽に追加してね!)

記事への質問は、コメントフォーム(記事の下にあります)・LINE・Twitter・お問い合わせフォームをお使いください。

忍者ボタン

個人型確定拠出年金(iDeCo) 楽天証券

【iDeCo】楽天証券で確定拠出年金を始めたい。運用などどうすればいい?

投稿日:

楽天証券iDeCoの特徴

出典:https://dc.rakuten-sec.co.jp/

先日、「楽天証券でiDeCoを始める事に関心があるが、運用などわからないから教えて欲しい」という質問をいただきました。

その時は時間的余力が無かったので、「投資信託を100円から買って、自分で学んで欲しい」との回答をしたのですが、今回改めて記事にしたいと思いました。

結論からいうと、やはり「楽天証券に口座開いて、100円から投資信託買ってみてよ。それで慣れたら楽天証券でiDeCoを始めよう」というところを伝えたいです。

100円投資で積み立ててる投資信託
楽天証券の100円投資といふものを私もしてみむとするなり。ポイントざくざくだよ!?

冒頭しか知らないのだよw さて、前回の記事で書いた「100円投資」について、「楽天証券」で始めるとお得だよと紹介しました。 この話は、楽天証券で投資信託の購入代金を楽天銀行から引き落とすと、その都度、 …

続きを見る

運用を始める前にアセットアロケーションをしっかり組んだとしても、実際運用してみたら「怖い。こんなはずじゃなかった」って思うことって多々あります。

だから、経験値とともに、自身にあった運用を見出せるようになってほしいのです。

以下、楽天証券のiDeCoの特徴、商品ラインナップのポイントと、どのように運用するかを一緒に考えていきましょう。


【楽天証券】個人型確定拠出年金の特徴を見てみる

[スポンサーリンク]

楽天証券のiDeCoの特徴

投資信託を買って運用したい人向けの商品ラインナップ

楽天証券のiDeCoの商品ラインナップは、投資信託を買って運用したい人向けに構成されています。

楽天証券に限った話ではありませんが、ネット証券系のiDeCoはどこも投資信託が充実していて、定期預金や保険付帯商品などは1つか2つある程度です。

という状況からも、楽天証券(やネット証券)のiDeCoを使うなら、投資信託の利用を前提に運用を考えます。

たわらノーロードシリーズや楽天バンガードシリーズなど、有名商品ラインナップ

楽天証券のiDeCoの魅力的な商品と言えば、

  • たわらノーロードシリーズ(日経225・国内債券・先進国株式・先進国債券)
  • 楽天バンガードシリーズ(全米・全世界)

あたりが挙げられるでしょうか。

特に、

は個人投資家の人気も高く、このあたりを軸に運用している方も多いはず。

一方、めんどくさがり屋にはセゾン・バンガード・グローバルバランスファンドも悪くないと思います。

ちなみに元本確保型商品は「みずほDC定期預金」の一本だけなので、やはり投資信託メインでの運用になりますね。

資産運用は楽天iDeCoだけでもいい

楽天証券のiDeCo商品ラインナップは、2018年10月31日時点で、

  • 国内株式:6本
  • 国内債券:2本
  • 国内REIT(不動産投資信託):2本
  • 海外株式:5本(うち新興国:1本)
  • 海外債券:4本(うち新興国:1本)
  • 海外REIT:1本
  • 国内外株式:2本
  • コモディティ(金):1本
  • バランス:5本
  • ターゲットイヤー:3本

と、主要な世界の資産セクターをカバーする商品ラインナップになっています。

正直、これらの積み立てだけで資産運用を完結させることも問題なく、「iDeCoへの積み立て + 定期預金・積立定期預金」だけでも老後への備えは十分賄えます。

どんな運用をすればいい?

iDeCo以外の資産運用をやらない場合

以下のファンドのどちらかに積み立てるだけで良いと思います。

投資に関心ない人、あんまり関心を持ちたくないなら、これらに積み立てて、あとはバイアンドフォーゲット(買って、買ったことを忘れろ)です。

もうちょっとしっかり運用したい場合

最初にアセットアロケーションを決める

もうちょっとしっかり考えたい場合には、他の記事でも触れたように、最初にアセットアロケーションを決めます。

アセットアロケーションとは国内債券や国内株式などの比率のことで、ここではまだ具体的な商品名は出ません。

アセットアロケーション
アセットアロケーションとポートフォリオの違い。運用を始める前に決めるのは

つみたてNISAやiDeCo(個人型確定拠出年金)の運用でたびたび出てくる「ポートフォリオ」と「アセットアロケーション」。 よく似ている言葉ですが、実は意味するところが異なる言葉です。 そこで本記事で …

続きを見る

アセットアロケーションとは、運用する資金を国内外の株や債券などにどのような割合で投資するのかを決めることをいいます。アセットとは「資産」、アロケーションとは「配分」という意味を持っています。
資産は、大きく分けて「現預金」「国内株式」「国内債券」「外国株式」「外国債券」「不動産」「商品・金」など、同じような特性を持つ商品のグループを指します。アセットアロケーションは、その人の資産状況やリスク許容度、運用目的などによって人それぞれで適切な配分が異なります。
また、具体的に商品を組み合わせたものをポートフォリオといいます。

出典:アセットアロケーション | SMBC日興証券

私たちは普段日本円資産(円建ての預金や保険など)を保有していますから、アセットアロケーションを考える際には外国株式(先進国株式)を中心に投資先を考えると資産のバランスが取れます。

実際、筆者のアセットアロケーションも先進国株式中心です。

アセットアロケーション

ただし、先進国株式そのものはリスクの高い商品で、1年間で投資額の数十%を失う可能性もあります。

2018年10月は1ヶ月で全世界で約10%の株安になったそうですが、この株安でも「怖い・不安だ」と感じる方も結構いらっしゃいます。

そのような場合には先進国債券国内債券の比率を多めにとります。

ちなみに筆者がオススメする「4資産均等配分」は

  • 国内株式:25%
  • 国内債券:25%
  • 先進国株式:25%
  • 先進国債券:25%

のアセットアロケーションです。

このあたりは以下のようなツールを使って決定することが多いです。

投信アシスト(ポートフォリオ分析で遊んでみて)

アセットアロケーションを決めたら、商品(ポートフォリオ)を決める

アセットアロケーションを決めたら、あとは具体的な商品を決定します。

例えば、先ほどの4資産均等配分ならば、

  • 国内株式:25%・・・三井住友・DCつみたてNISA・日本株インデックスファンド
  • 国内債券:25%・・・たわらノーロード国内債券
  • 先進国株式:25%・・・たわらノーロード先進国株式 or 楽天・全米株式インデックス・ファンド
  • 先進国債券:25%・・・たわらノーロード先進国債券

と、それぞれ対応する商品が決まりますね。

上述の通り、楽天証券iDeCoには定期預金は1つしかないので、預金などの安全商品はiDeCo外で運用することになります。

アセットアロケーションは運用を始めてから変えてもいい

iDeCoは「スイッチング」にて、デメリットなく商品の乗り換えができますので、最初に決めたアセットアロケーションを固持する必要はありません

そういう意味では、最初はリスクを低めに運用を始めて、慣れてきたら株式重視にお金を割り振るのでも良いと思います。

iDeCoの前に。「予行練習」は特定口座(や「つみたてNISA」)で始めてみよう

iDeCoは、

  • 一度入れたお金は60歳(法改正で65歳になるかも)まで出金不可(2018年10月現在)
  • 毎月の掛け金の変更は書類(「加入者掛金額変更届」)申し込み
  • 掛け金の変更は1年で最大1回のみ

と運用上の条件があり、「やっぱりやめたくなった or 運用条件を変えたくなった」ときの手続きが面倒です。

そこで、筆者個人としては、あなたがまったく運用も投資信託のこともわからないうちは、楽天証券の特定口座(や「つみたてNISA」)で練習してみることもオススメ

楽天証券の特定口座やつみたてNISA口座なら、

  • 100円から投資信託を買えます
  • 投資額はいつでも変更できます
  • 運用をやめるのもウェブから簡単に操作するだけ

といった運用上の条件がありません。

楽天証券の場合、特定口座やつみたてNISA口座の資産とiDeCoの資産を同じ画面で管理できますので、慣れてきたら

  • 楽天証券iDeCoで投資信託を買う
  • 楽天証券の特定口座 or つみたてNISA口座で投資信託を買う

と、それぞれのサービスで投資信託を買ってポートフォリオを組むことができます。

特定口座 or つみたてNISA口座なら、eMAXIS slimシリーズのような人気商品も選べますので、iDeCoと特定口座 or つみたてNISAのそれぞれの良いところを生かして運用することも可能になります。

楽天証券iDeCoで発生するコストと支払い方法

  • 加入時に支払うお金:2777円(税込み)
  • 掛け金を支払っているときに払うお金:167円(税込み・毎月)
  • 掛け金を支払っていないときに払うお金:64円(税込み・毎月)

あなたが楽天証券iDeCoに申し込みを行なうと、最初の1回に限り、2,777円の手数料がかかります。

この手数料は初回の掛け金から差し引かれるはずです。

また、毎月積み立てを行なうと、1回の積み立てごとに167円のコストが掛け金から引かれます。

例えば、あなたが毎月1万円積み立てようとしているなら、

  • 1回目の積立額:7,056円(1万円 – 167円 – 2,777円)
  • 2回目以降の積立額:9,833円(1万円 – 167円)

となります。

[スポンサーリンク]

まとめ

  • 楽天証券のiDeCoはたわらノーロードシリーズや楽天バンガードシリーズが特徴的。主要なアセットは一通りそろえてある
  • 元本確保型商品は定期預金が1つだけなので、預金などの安全資産はiDeCo以外で運用しよう。投資信託の運用に関心がないなら、楽天証券のiDeCoはやめたほうがいい
  • しっかり運用を考える際には、最初にアセットアロケーションを考える。株価の下落に不安を感じる人は多いので、最初はリスクを抑えた運用にし、なれたら株式重視に変えてもいい

とりあえず、楽天証券に口座を開設し、100円で投資信託(eMAXIS slim 先進国株式インデックスなど)を買ってみれば良いと思います。

そうすれば、「投信を運用するとどうなるか」がわかってきますから、それから楽天証券でiDeCoを始めても遅くはありません。

100円投資で積み立ててる投資信託
楽天証券の100円投資といふものを私もしてみむとするなり。ポイントざくざくだよ!?

冒頭しか知らないのだよw さて、前回の記事で書いた「100円投資」について、「楽天証券」で始めるとお得だよと紹介しました。 この話は、楽天証券で投資信託の購入代金を楽天銀行から引き落とすと、その都度、 …

続きを見る


楽天証券を今すぐ見る

投信選びになれたら、「楽天証券のiDeCoより、もっと他のiDeCoがいい」って目移りする可能性だってありますしね!


【楽天証券】個人型確定拠出年金の特徴を見てみる

フッタ広告3

「つみたてNISA」で投資信託を買うならSBI証券がオススメ!!

投資信託の残高に応じてSBIポイントを貰えるのでお得に運用できるんです。

口座開設手順はこちら
SBI証券の口座開設方法。開設に要する時間やよく疑問に思うところなど

今やってるキャンペーン
【2018年11月】SBI証券に口座開設し「つみたてNISAキャンペーン」で現金プレゼントを狙おう!(2018年12月15日まで)

他の証券会社もチェックするなら
投資信託を買いたいあなたへオススメする証券会社3選


【口座開設料・維持費無料】SBI証券のキャンペーンを今すぐチェック

リンクユニット




アドセンス関連ユニット



本日の人気記事

本日の人気記事

スポンサーリンク

[スポンサーリンク]



注意事項

  • 金融商品の時価は変動しますので、投資元本を割り込む可能性も承知の上で投資するようになさってください。
  • 本コンテンツで紹介している金融商品は、将来必ず値上がり・利益が生じるとは限りません。
  • 筆者調査の上で記事を執筆しておりますが、記事には不備・間違いが含まれる可能性がございます。必ず、あなたご自身が確認するようになさってください。
  • 記事執筆時点の情報に基づくため、最新の情報とは差異が生じている可能性がございます。記述と現況が異なる場合には、現況を優先いたします。
  • 記事を参照したことで生じた損失の補填や保証などは一切行いません。

-個人型確定拠出年金(iDeCo), 楽天証券

Copyright© 東北投信 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.