青森県投資信託ブロガー作!つみたてNISAとiDeCoを使った資産形成ガイド

東北投信




LINE

ブログ「東北投信」の更新情報をLINEとTwitterで配信しています♪(LINEはあなたの個人名は見えませんのでお気軽に追加してね!)

記事への質問は、コメントフォーム(記事の下にあります)・LINE・Twitter・お問い合わせフォームをお使いください。

忍者ボタン

モンテカルロシミュレーション

【モンテカルロ】資産クラス別(S&P500、TOPIX、先進国株式、新興国株式)の予想元本割れ率の推移を求めてみた

投稿日:

この話は昨日の続きです。

昨日の記事では、シャープレシオを0.1刻みでモンテカルロ法を走らせて、各値での元本割れ率の推移を求めました。

シャープレシオと元本割れ率(%)の関係
【モンテカルロ】投資信託のシャープレシオと元本割れ率の関係

今回は、投資信託のシャープレシオを見ただけで、将来の元本割れ率を簡単に想像できるようになろうという話です。 乱数で投資信託の将来成績を予測する「モンテカルロシミュレーション」を利用して、いくつかの条件 …

続きを見る

これをツイッターで紹介したところ、りんりさん(@SandP500ETF )から

というリプライが来たので、今回は

  • S&P500(米国株式。VOOはS&P500に連動する海外ETF)
  • TOPIX
  • 先進国株式(MSCI コクサイインデックス)
  • 新興国株式(MSCI エマージングマーケットインデックス)

の4つの資産クラス別に計算してみよう、という話になりました。

[スポンサーリンク]

今回やりたいこと

4つの資産クラスの元本割れの可能性を乱数で求める

先に述べたように、

  • S&P500(米国株式。VOOはS&P500に連動する海外ETF)
  • TOPIX
  • 先進国株式(MSCI コクサイインデックス)
  • 新興国株式(MSCI エマージングマーケットインデックス)

の4つの資産クラスの過去20年のデータ(リスクとリターン)を利用して、将来同じ成績で運用できた場合の元本割れの確率の推移を求めます。

昨日の記事でも紹介したように、過去がそのまま将来に続く限りは、長く運用し続けるほど元本割れの確率は下がります

前回記事では具体的な商品名などには一切言及しなかったので、今回は上記4つの資産クラスについて、個別に求めてみた、という話です。

4つの資産クラスと具体的な商品との対応

データの求め方

筆者作成のモンテカルロ計算ツール(エクセル)にて、以下の各運用期間ごとに10,000回の計算を行ないました。

  • 1年
  • 5年
  • 10年
  • 20年
  • 30年

この話は、「投資信託の運用成績が正規分布になる」という前提を元にしていますので、今後予想される運用結果とは異なる可能性があります。

TOPIXの前日比から作るQ-Qプロット
【モンテカルロ】投資信託の運用成績は本当に正規分布になるのか検証してみた

過去2つの記事で、モンテカルロ法を用いた投資信託の将来の予想元本割れ率の推移を紹介しました。 投資信託の将来予測において、モンテカルロシミュレーションを利用する際には、その運用成績が正規分布になること …

続きを見る

資産クラス別の元本割れ率の推移

というわけで、今回もグラフにしました。

S&P500、TOPIX、MSCIコクサイインデックス、MSCIエマージングマーケットインデックスの予想元本割れ率の推移

生データはこれ。

資産クラス別(S&P500、TOPIX、先進国株式、新興国株式)の予想元本割れ率の推移
S&P500
(米国)
TOPIX
(日本)
MSCI
コクサイ
(先進国)
MSCI
エマージング
(新興国)
シャープレシオ 0.36 0.26 0.32 0.37
1年 36.64 39.83 37.41 35.64
5年 26.52 33.2 30.43 26.61
10年 20.87 29.32 24.14 21.71
20年 13.42 23.16 16.92 13.6
30年 8.79 18.44 12.28 9.53

元本割れ率が高く推移するほど「運用効率が悪かった = シャープレシオが低い」と言えます。

この結果を見ると、以下のように言えるかと思います。

元本割れ率が高く推移しやすいTOPIX

過去20年の日本市場は株価の変動が大きかった割には、大して儲からない市場でした(いわゆるハイリスクローリターン)。

そのデータに基づいて将来の予測を行なうと、どうしても元本の割れやすい市場として結果が出てしまいます。

運用効率の良いS&P500(米国株式)とやや効率の悪い先進国市場

前提知識として、MSCIコクサイインデックスには、S&P500構成銘柄も含まれています。

コクサイインデックスの約6割はアメリカ市場の銘柄から構成されますので、S&P500より運用効率が悪いということは、米国市場以外の構成銘柄があまり儲からなかった、という話でもあります。

米国株式に集中投資する投資家が多い背景には、米国市場の過去の運用成績が良かったことも1つの要因として挙げられます。

ちなみに冒頭で触れた、りんりさん(@SandP500ETF )も米国市場に投資する投資家のお一人です。

S&P500ETF(VOO)と米国株に投資するりんりのブログ

ちなみに、コクサイインデックスには日本を含みませんので、「日本市場が足を引っ張ったから運用効率が悪い」わけではありません。

意外と効率よく運用できた新興国市場

MSCIエマージングマーケットインデックスとは、中国やインドといった新興国の株式から成る指数です。

今回比較する4つの資産クラスの中で、最もハイリスクハイリターンな市場ですが、計算に用いた期間のシャープレシオは日本よりも良かったです。

値動きの大きくなりやすい市場ではあるので、その価格変動に精神的に耐えられるかどうか、は結構重要です。

つみたてNISAの期間である20年運用しても、元本が割れている可能性はある

昨日も書きましたが、つみたてNISAの期限である20年運用しても元本が割れている可能性は否めません

とはいえ、以下の記事で試算したように、毎年マイナスリターンになるような酷い商品に積み立てても、投資額の大部分は残る可能性が高いです。

もしも「つみたてNISA」の運用に失敗したらどうなる?

2018年1月1日より「つみたてNISA」の制度が開始されました。 もうあなたは利用する証券会社や投資信託を選び終わっていますか? もし、あなたが初めて「つみたてNISA」を利用するのでしたら、 「運 …

続きを見る

「個人投資家はいつまで運用し続けても良い」というメリットを生かして、20年以上の長期投資に賭けるのも一興だと筆者は思います。

[スポンサーリンク]

まとめ

  • 主要な資産クラスであるS&P500、TOPIX、先進国株式、新興国株式の将来の元本割れ率の推移を試算。最初の年が最も高く、運用年数とともに低くなっていく
  • 米国株式に集中する投資家が多い背景には、米国株式が効率的にリターンを得てきた、という過去がある。この試算結果も米国株式の運用効率のよさを反映している
  • つみたてNISAの期限である20年目時点で元本が割れている可能性は13~23%程度。20年という単位にこだわらずに運用したい

あちこちの記事で何度も繰り返しますが、つみたてNISAはできるだけ長く運用することを目指しましょう、ということで。

フッタ広告3

将来のお金の不安を解決するなら「つみたてNISA」がオススメ!!

老後破綻に備えるべく、筆者も毎月積み立てています。

筆者が利用しているSBI証券の口座開設手順はこちら
SBI証券の口座開設方法。開設に要する時間やよく疑問に思うところなど

SBI証券で今やってるキャンペーン
【2018年12月】SBI証券に口座開設し「つみたてNISAキャンペーン」で現金プレゼントを狙おう!(2018年12月15日まで)

他の証券会社もチェックするなら
投資信託を買いたいあなたへオススメする証券会社3選


【口座開設料・維持費無料】SBI証券のウェブサイトを今すぐ見る

リンクユニット




アドセンス関連ユニット



本日の人気記事

本日の人気記事

スポンサーリンク

[スポンサーリンク]



注意事項

  • 金融商品の時価は変動しますので、投資元本を割り込む可能性も承知の上で投資するようになさってください。
  • 本コンテンツで紹介している金融商品は、将来必ず値上がり・利益が生じるとは限りません。
  • 筆者調査の上で記事を執筆しておりますが、記事には不備・間違いが含まれる可能性がございます。必ず、あなたご自身が確認するようになさってください。
  • 記事執筆時点の情報に基づくため、最新の情報とは差異が生じている可能性がございます。記述と現況が異なる場合には、現況を優先いたします。
  • 記事を参照したことで生じた損失の補填や保証などは一切行いません。

-モンテカルロシミュレーション
-

Copyright© 東北投信 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.