【モンテカルロ】ローリスク商品に積み立てたほうが良い運用成績になるのでは?という話【つみたてNISA】

ハイリスク商品(先進国株式) vs ローリスク商品(4試算均等)の運用成績の分布。1万回のモンテカルロシミュレーション結果モンテカルロシミュレーション

投資信託の様々な試算を行なってきた結果から思ったのですが、実は「リスクの高い商品を無理に運用する必要は無いのでは?」と思ったのです。

以下の記事では、多くの人は理想的な複利に達しない運用成果に終わる可能性があることを示しています。

【モンテカルロ】過半数の人の運用結果は目標複利に達しない可能性【つみたてNISA】
※これから述べる話は「車輪の再発明」です。 つみたてNISAで商品を運用する際には、その商品の予想される利回りがどのくらいか、という計算はよくやります(東北投信でもよくやっています)。 というのも、アセットアロケーション...

いずれも1万回の乱数計算を行なって導いたもので、運用年数が長くなるほど、またはシャープレシオの低い商品ほど、理想的な複利からは脱落します。

【モンテカルロ】価格変動リスク・運用年数と運用成果が「リスク無し複利」に達しない人の関係
以下の記事では、過半数の人がリスク無しの複利よりも低い運用成績になる可能性があることを紹介しました。 今回は運用年数と、価格の変動を表す「リスク」を変えることで、どういう変化があるのか知りたい、という話です。 結論から述...

しかし、平均値としては理想的な複利よりも良い成績になりやすいため、確率的には「少数の大儲けできる人と、理想的な複利以下で終わる多数の人」というイメージが描けるのです。

つまり、自分自身が「理想的な複利以下で終わる多数の人」に属するなら、最初からリスクを抑えて運用し、より堅実に利益を取りにいったほうがよいのでは、という話です。

そこで今回は、ハイリスク商品とローリスク商品を、つみたてNISAの期間である20年運用したと仮定し、その運用成績を統計的に比較しようという話題を紹介します。

[スポンサーリンク]

今回やりたいこと

ハイリスク商品(シャープレシオの低い商品)は、そのリスクの高さゆえに、

  • 将来の元本が割れる確率が高く推移する
  • 理想的な複利運用にならない確率が高い

ことがわかっています。

【モンテカルロ】価格変動リスク・運用年数と運用成果が「リスク無し複利」に達しない人の関係
以下の記事では、過半数の人がリスク無しの複利よりも低い運用成績になる可能性があることを紹介しました。 今回は運用年数と、価格の変動を表す「リスク」を変えることで、どういう変化があるのか知りたい、という話です。 結論から述...
【モンテカルロ】投資信託のシャープレシオと元本割れ率の関係
今回は、投資信託のシャープレシオを見ただけで、将来の元本割れ率を簡単に想像できるようになろうという話です。 乱数で投資信託の将来成績を予測する「モンテカルロシミュレーション」を利用して、いくつかの条件別に求めてみました。 モンテ...

それならば、無理にリスクの高い投資信託を買わずとも、ローリスクローリターンな投資信託を買ったほうが良いのでは?とちょっと思うようになってきました。

つみたてNISAなどでは、「非課税を最大限に生かすために株式100%で運用しよう」とは言いますが、値動きが大きすぎて、途中でやめてしまっては意味がないですしね。

そこで、今回は、

のそれぞれでモンテカルロシミュレーションを行い、最終的な運用成績の分布を比較しようと思ったわけです。

なお、今回の計算では、毎月1万円の積立投資を20年間行なったとして、正規分布を前提とした乱数シミュレーションで1万回の計算を行います。

20年間「運用」し、運用成績と人数に分布を比較する

乱数のシミュレーション結果

というわけでやってみました。

まずは、予想される運用成果の分布です。

単純に毎月積み立てて貯金した場合の評価額は240万円(1万円 × 12ヶ月 × 20年)となります。

20年間「運用」した場合の期待される運用成績
ハイリスク商品
(先進国株式)
ローリスク商品
(4資産均等)
最高評価額3,147万円1,394万円
平均値468万円391万円
理想的な複利437万円373万円
中央値403万円375万円
最頻値279万円
(32個)
372万円
(53個)
最低評価額35万円128万円
20年間「運用」した場合の運用成績の分布
ハイリスク商品
(先進国株式)
ローリスク商品
(4資産均等)
平均値以上39.05%44.12%
平均値以下60.95%55.88%
理想的な複利以下55.79%49.36%
中央値以下
(元本割れ除く)
33.71%44.64%
元本割れ16.29%5.36%

なんと、「最頻値」が逆転してしまった

最頻値とは、もっとも出現した数の多い値のことです。

統計学における最頻値(さいひんち)またはモード(英: mode)とは、データ群や確率分布で最も頻繁に出現する値である

出典:最頻値 | wikipedia

今回の計算では、

  • 最頻値だけ見ると、ローリスクな商品のほうがハイリスク商品よりも高い評価額になっている
  • ハイリスク商品はリスクを取っているにも関わらず、中央値はわずか28万円の差しかない(仮に積立額を3万円にすると、84万円の差)

という結果を得られました。

市場次第ではありますが、場合によっては4資産均等配分を買ったほうが儲かるかもしれない、という結果になってしまっています。

残念ながら、債券市場はかなり歪みが生じており、今後のパフォーマンスは過去20年間のパフォーマンスよりも低くなる可能性が高いと思います。

とはいえ、「値動きが大きすぎて、積み立てを止めてしまうリスク」を考えると、やはり4資産均等配分型も捨てたもんじゃないと思うわけです。

先進国株式ファンドに20年積み立てた運用結果の最頻値が「たった」39万円の利益ってのがちょっと酷いですw

個数は「32個」なので、出現率は高くないんですが。

出現頻度をグラフにすると

ハイリスク商品(先進国株式) vs ローリスク商品(4試算均等)の運用成績の分布。1万回のモンテカルロシミュレーション結果

ハイリスク商品は275万円より低いところと、575万円より高いところで、ローリスク商品より多く分布する傾向にあります。

自分が幸運かどうか(575万円より高い運用成績が出るか)を賭ける感じにも見えてしまいますね。

無理にハイリスク商品(株式100%のファンド)を買う必要はないのでは?

先に述べたように、つみたてNISAなどでは「非課税を最大限に生かすために株式100%で運用しよう」と言われます。

例えば、以下のコンテンツでは先進国株式60%、新興国株式40%でのポートフォリオを提案しています。

つみたてNISA、メリットを最大限生かしデメリットを抑えた運用方法とは? | モーニングスターつみたてNISA総合ガイド

しかし、今回のシミュレーション結果によれば、最頻値や中央値ベースで見れば、ハイリスク商品もローリスク商品もさほど変わらない結果になる可能性がわかります。

個人的に、この結果を見る限りは、無理にハイリスク商品を買う必要はないのでは?と感じるようになりました。

補足:運用成績がばらつくのはシャープレシオが悪いから

ハイリスク商品(今回の場合、日本を除く先進国株式)の運用成績がばらつくのは、シャープレシオが悪いからです。

シャープレシオの低い商品は、リターンに対してリスクが高くなっているため、最終的な着地点にもばらつきが生じます。

過去20年間で、以下の記事で比較した4つの資産クラス(日本株式、米国株式、日本を除く先進国株式、新興国株式)のうち、最もシャープレシオが良かった市場は米国市場です。

【モンテカルロ】資産クラス別(S&P500、TOPIX、先進国株式、新興国株式)の予想元本割れ率の推移を求めてみた
この話は昨日の続きです。 昨日の記事では、シャープレシオを0.1刻みでモンテカルロ法を走らせて、各値での元本割れ率の推移を求めました。 今回は S&P500(米国株式。VOOはS&P500に...

ここまでの結果を踏まえると、株式インデックスファンドで高いリターンを得るためにS&P500(著名な米国株式500銘柄から成る指数)を買う人が多いのも納得できますね。

なお、S&P500に投資する商品として、eMAXIS slim 米国株式(S&P500)iFree S&P500 インデックスなどがありますね。

[スポンサーリンク]

まとめ

  • ハイリスクな商品(先進国株式)とローリスクな商品(4資産均等配分)をモンテカルロシミュレーションにて比較した
  • その結果、平均値ベースではハイリスク商品が上回るが、中央値や最頻値ベースでは、ローリスク商品と大差がなく、むしろ最頻値は逆転してしまっている
  • ハイリスクな商品はリスクが高い(シャープレシオが低い)ので、最終的な着地点がローリスク商品より悪くなる可能性も

ちなみに、過去のデータに基づく限り、ローリスク商品のほうが価格変動が小さく収まりやすいので、ライフプランを立てやすいメリットもあります

その代わり、大きくお金が増える可能性は低いので、大きなお金を得るためには、収入をコントロールすることが求められます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました